[海外ゲームニュース]ゲームオブザイヤーは『Walking Dead』に! 『ダークソウル2』など新作も続々発表されたSpike VGA

2012年12月8日、米テレビ局Spikeのゲーム賞“Spike Video Game Award 2012”が行われた。

●今年もスゴいぜ来年もヤバいぜ

vga7.jpg

▲メインMCを務めたのはサミュエル・L・ジャクソン。ゲーム画面にも度々乱入し、『コール オブ デューティ ブラックオプス2』のあのテロリストに頭突きをカマしていた。マザファッカ!

 2012年12月8日、米テレビ局Spikeのゲーム賞“Spike Video Game Award 2012”(以下、Spike VGA)が行われた。

 Spike VGAは、歴史あるものすごい権威ある賞というわけではないのだが(今年で10回目)、そこはエンターテイメントの国の大手局の一大プログラムということで、ハリウッドスターがプレゼンターを務め、有名バンドによるライブもあり(今年はリンキン・パークとテナシャスD)、そして未発表タイトルがドドーンと公開される、非常に注目度が高い賞となっている。

 今年のゲーム・オブ・ザ・イヤーに選ばれたのはゾンビサバイバル漫画/ドラマ『ウォーキングデッド』のゲーム版『The Walking Dead: The Game』だった。
 TellTale Gamesによって開発された本作は、Xbox 360、プレイステーション3、PC/MACはおろかiOS向けにも配信された超マルチプラットフォームなダウンロードタイトルだ。
 ゲーム・オブ・ザ・イヤーという言葉から想像しがちな、数十億かけてフルプライスのパッケージで出すようなタイトルとはスタイルが異なり。ゲーム的にも、3DグラフィックだがアクションやFPSではなくオールドスクールなアドベンチャーの体裁を取っている本作がゲーム・オブ・ザ・イヤーを獲得したというのは感慨深い。コンテンツの強さと丁寧な作り込みが評価を得たのだとすれば、ゲーム業界に新たな潮流を生み出すかもしれない。なお本作は日本向けにローカライズ・配信がされていないのだが、本誌ではプレイインプレッションを掲載しているので、気になる人はそちらも参考にしてみてほしい。
 そのほかには、『風ノ旅ビト』も3部門を受賞。受賞コメントで先日発表されたグラミー賞へのノミネートについて触れたところで、思わず感極まるというシーンも印象深かった。
 また、『ディアブロIII』や『ギルドウォーズ』といった強豪を押しのけてベストPCゲームを『XCOM: Enemy Unknown』が取ったり、『ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ』が、『デッド オア アライブ 5』、『鉄拳タッグトーナメント2』、『ストリートファイターX(クロス)鉄拳』に競り勝ってベスト格闘技ゲームに輝くといった辺りも、思わずうならされる結果。

 そしてみんなのお楽しみ、新作の発表関連では、既報の通り『ダークソウル2』が発表(その後、フロム・ソフトウェアからプレスリリースも出た)。そのほかにも注目作の最新トレイラーが続々と公開されたほか、プラットフォームやパブリッシャーを明かさず突然発表された謎の新作『The Phantom Pain』が話題を呼び、海外のフォーラムやメディアでは、「これは『メタルギア』シリーズの新作ではないのか」といった憶測が飛び交っている(あくまでウワサで盛り上がっているだけなので注意)。

 まぁとりあえず言えるのは、来年以降も超スゲーゲームがいっぱい楽しめそうってこと。本コーナーでは2013年も海外のハードコアゲームをバリバリ紹介していく予定なのでお楽しみに!


vga5.jpg vga4.jpg

▲「おお、このなんかスゲェ感じのファンタジーもの、なんだ?」という期待感からタイトルが出てきた所でドーンと湧いた『ダークソウル2』。プレスリリースによると専用ゲームサーバーも用意されるとか。イェイ!

pp5.jpg pp8.jpg

▲謎が謎を呼ぶ新作『The Phantom Pain』。Joakim Mogrenなる人物が率いるMoby Dick Studioというスウェーデンのスタジオが制作をしているようなのだが、誰もこのJoakim Mogrenなる人物を知らないことから「これは~~のアナグラムに違いない」といった推理合戦が加熱している。ちなみに、ゲーム業界人ならほぼ登録されているだろうMobygamesやLinkedInといったデータベース/SNSにもそれらしい人物は見つからず……。

vga13.jpg vga15.jpg vga14.jpg

▲『Castlevania: Lords of Shadow 2』は……おっと、現代のシーンが!?

vga10.jpg

▲『Gears of War: Judgement』は、地獄の日々が始まったEデイの30日後を描く。連行されている人、最初はマーカスかなと思ったんですがベアードたちっぽい。

vga1.png vga6.jpg

▲『アンチャーテッド』シリーズを手掛けたNaughty Dogの新作『The Last of Us』もババーンと新映像を公開。海外の発売日も2013年5月7日に決まった様子。

▲『Bioshock Infinite』は主人公ブッカーが初めてヒロインのエリザベスちゃんに会うシーンに始まり、ゲームプレイ映像をふんだんに公開。上の画像を見てもいろいろ戦場に干渉できそうなアイコンが出ていてヤバい!

vga11.jpg vga12.jpg

▲オープニングでカマしたのは『South Park: The Stick of Truth』。なんか神々しいロン毛でヒゲの人(神)がアサルトライフルを持っていたり、ケツの穴は出たり、実に不謹慎な感じでした。ぜひローカライズしてほしいんですが!

vga9.jpg vga8.jpg

▲オネーちゃんを引き連れて登場したスヌープ・ライオン(超有名ラッパー、スヌープ・ドッグの別名義)が紹介したのは『アサシン クリードIII』のDLC「The Tyranny of King Washington」。ゲーム内容は明かされなかったが「ワシントンが実は……」、「えー!」みたいな展開を期待。