gloops、“今後のビジョンと海外戦略”記者発表会を開催【TGS2012】

2012年9月20日、千葉県の幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ2012。同イベントに、Mobageで『大熱狂!!プロ野球カード』や『大召喚!!マジゲート』などの人気ゲームを排出しているgloopsが、ビジネスデイの初日に、“今後のビジョンと海外戦略”記者発表会が開催。

●DeNAとMobageにおける海外事業の包括契約を締結

gloops0920/KO5_1198.JPG

 2012年9月20日、千葉県の幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ2012。同イベントに、Mobageで『大熱狂!!プロ野球カード』や『大召喚!!マジゲート』などの人気ゲームを排出しているgloopsがブースを出展をしている。ビジネスデイの初日には、“今後のビジョンと海外戦略”記者発表会を開催。今回初お披露目となる新作や海外戦略について語られた。


 発表会は、gloopsが満を持して2012年9月下旬に配信する新作『大激突!!ガーディアンブレイク』のプレゼンテーションから幕を開けた。ステージには同社のソーシャルゲーム事業本部の加藤寛之エグゼクティブプロデューサーが登壇。バトルゲームを得意とする同社の強みを活かし、「いままでの経験と熱意を込めた」(加藤)という本作は、『大乱闘』シリーズ最新にして最高傑作と自ら言わしめるほどの自信作になっているという。とくにバトルシステムについては、多人数参加型チェスバトルという新システムを採用。これまでのデッキシステムではなく、チェスのように自由にプレイヤーがカードを配置し、その配置によって戦況が大きく変わるというシステムになっているとのこと。「能力が高い人が絶対的に勝つわけではない」(加藤)というそのシステムによって、幅広いバトル系ゲームファンのハートをガッチリとつかみたい思惑があるようだ。なお、東京ゲームショウ2012のgloopsブースでは、本作をひと足早く遊べる模様。会場へ来た人はぜひプレイしてみよう。加藤氏いわく「クオリティーの高いコンパニオンが丁寧に説明してくれます」とのことなので、そちらも要チェックだ。


gloops0920/KO5_1187.JPG gloops0920/KO5_1184.JPG gloops0920/KO5_1177.JPG
gloops0920/KO5_1280.JPG

 新作発表ののち、gloopsの代表取締役社長の川方慎介氏による事業説明に。川方氏は、gloopsがもともと広告代理店から始まり、約3年前本格的にソーシャルゲーム事業に参入、そこから急成長を遂げ、社員数は6名から427名に、売上は1億円から237億円に、同社タイトルの登録者数は1800万人以上になっていると説明。その急成長をさらに推し進めるための今後の戦略として掲げられているのが、“世界で勝つ!”というスローガン。国内で大きな成功を収めた要因として挙げられた、ゲームユーザーの動向などを調べるデータ分析部署の経験と自分たちの得意な分野に対する“選択と集中”を、海外市場に向けても実践し、世界のソーシャルゲーム市場でも成功してみせるという意気込みを見せた。


gloops0920/KO5_1289.JPG gloops0920/KO5_1287.JPG gloops0920/KO5_1283.JPG

 加えて、DeNAとの海外向けMobageに関する包括契約を締結したことを発表。DeNAがgloopsのコンテンツへの集客サポート、ノウハウの提供などを行い、gloopsは年内5タイトル、2013年度中に5タイトルの計10タイトルを海外向けに提供するという。川方社長は最後に、「これまで我々はSAPと呼ばれていたが、今後はソーシャル・エンターテインメント・プロバイダー、SEPとして邁進していきます」という力強い言葉で、発表を締めた。


gloops0920/KO5_1298.JPG gloops0920/KO5_1311.JPG gloops0920/KO5_1312.JPG
gloops0920/KO5_1315.JPG gloops0920/KO5_1317.JPG gloops0920/KO5_1384.JPG
gloops0920/KO5_1399.JPG

 そして今回の発表会のゲストとして、DeNAの守安功代表取締役社長も登場。川方社長とともに、今回の契約および世界進出についてのトークセッションを行った。

「ソーシャルゲーム市場は我々が『怪盗ロワイヤル』を始めてから約3年で、4000億とも5000億とも言われるようになりました。そのMobageの成長、国内市場をいっしょに作ってきたのが、gloopsさん。昨年国内市場に関して包括的な契約をさせていただき、大きな成果が出ました。両社の(世界進出に対する)想いはいっしょ。海外市場での成功は簡単ではありませんが、両社の強みが活かせれば、きっと大きな成果が出ると思います」(守安)

 守安氏によるとすでに北米のGoogle Playのトップセールスランキング10位以内に3本のタイトルがランクインしていると、徐々に海外でも成果が出てきていることを説明。一部、日本のコンテンツは海外で受け入れられないのでは? という声もあったが、「日本のコンテンツは世界中の中でももっとも進んでいて、世界でも受け入れられることがわかってきた」(守安)と自信をのぞかせた。

 Mobage内でナンバー1の作り手であるgloopsと日本で最大級のプラットフォーマーであるDeNAがタッグを組むことで、日本発のコンテンツが世界中のゲームファンを楽しませてくれることになりそうだ。両社の動向については今後も目が離せない。