『三國志12』プレイステーション3版も発売決定! 新要素を追加して2012年11月登場予定

コーエーテクモゲームスは、Windows PC版が発売中の歴史シミュレーション『三國志12』のプレイステーション3版を、2012年11月に発売することを決定した。

●新たにプレイステーション3で紡がれる『三國志』シリーズ

 コーエーテクモゲームスは、すでにWindows PC版が発売中の歴史シミュレーション『三國志12』について、プレイステーション3版を2012年11月に発売することを発表した。
 『三國志12』は、過去のシリーズで好評だった各システムを正統進化させつつ、効果絶大の策略“秘策”や臨機応変な采配が勝負のカギとなるリアルタイム戦闘、そしてシリーズ初のオンライン対戦の導入など、革新的な新機軸を多数導入した作品。また、キャラクターのイラストもすべてウェストアップ表現にて描き下ろされ、登場人物の個性をより引き立たせ、人間ドラマを盛り上げる工夫がなされてる。
 さらに、プレイステーション3版では、城門強化や部隊強化などの種々の効果を持つことで野戦による戦いを白熱させる“強化陣・兵法陣”や、見どころある人物を発掘、育成することで、新たに武将として抜擢できる“武将抜擢システム”などの、オリジナル要素を多数追加。劉備が漢中を平定した直後が舞台の“漢中王劉備”を始め、史実と仮想を合わせて新たに3本のシナリオを追加されている。さらに、武将やイベント、戦法なども追加され、より進化した『三國志12』の世界を体験できるのだ。以下、リリースより抜粋。


■秘策
勢力拡大の強力な武器となる秘策。秘策には戦闘パートで使用するものと、戦略パートで使用するものの2タイプがあるが、いずれも組み立てた戦略や戦術にあわせ、ここ一番のタイミングで放つのが勝利へのカギとなる。

▲秘策を開発する際の秘策選択画面。ここで開発期間や費用を見ながら開発する秘策をひとつ選択する。

▲秘策を発動した際のムービーの1シーンで最後に名前と効果が表示されるシーン。

■戦闘
三國志12』の戦闘はリアルタイムで進行。敵部隊の動きと戦況を見極め、臨機応変に味方部隊を動かすことが求められます。

▲曹操が戦法を発動したシーン。曹操の戦法“魏武の強”は範囲内の味方全部隊を一気に強化する強力な戦法。

▲曹操が戦法を発動したシーン。曹操の戦法“魏武の強”は範囲内の味方全部隊を一気に強化する強力な戦法。

▲交戦中、突如発生する一騎討ちシーン。相手の手札を見ながら、“反撃”、“必殺”をいつ使うかがポイント。

■オンライン対戦
三國志12』では戦闘部分を使って、プレイヤー同士のオンラインでの対戦が可能対戦を重ねることで自軍の陣容を強化し全国の強敵たちと腕を競い合うことができる。

▲オンライン対戦で、自勢力の様々な情報が表示された画面。この画面を起点に、編制画面やランキング画面などに移動する。

▲オンライン対戦で、対戦相手とマッチングした画面。自分と対戦相手の編制や戦績などが確認できる。

■兵法陣(へいほうじん)と強化陣
PS3版では陣の役割を強化。より戦術を駆使した野戦での奥深い攻防が楽しめるようになる。

▲新規に追加された兵法陣を巡る攻防。防御側は兵法陣をおとされるまで、兵法陣のさまざまな効果を享受している。

▲新規に追加された強化陣を巡る攻防。防御側は強化陣を落とされるまで、周囲にいる特定の兵科の味方部隊が強化されている。

■武将選抜システム
PS3版の新規要素。選抜した武将に修行をさせることで、覇業への強力な助けとすることができる。

▲候補者から1人、抜擢する候補者を選ぶ。

▲育成期間が終了し、その人物を武将として登用した直後で、挨拶しているシーン。

■追加シナリオ
【漢中王劉備】
新規追加される史実シナリオのひとつで、劉備が漢中を平定し、漢中王に即位した直後のシナリオ。ここから三国の激しい闘いがくり広げられる



(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
※画面は開発中のものです。