ゼロ、マヤ、サルバドール、アクストンの4人のプレイヤーキャラクターからひとりを選び、辺境の惑星“パンドラ”での激しい戦いに挑む本作。今回は、新たに判明した日本語キャストを紹介。

●前作に登場したキャラクターの日本語音声もバッチリ収録!

 新時代のFPS(一人称視点シューティング)として世界中のファンから好評を博した『ボーダーランズ』の続編。本作には、前作のプレイヤーキャラクターだったリリスやローランドといった、前作『ボーダーランズ』でおなじみのキャラクターの一部が再登場するぞ。本作における彼女らは、プレイヤーにクエストを与える役目を担っているのだ。もちろん、彼女たちの音声も日本語、英語ともにバッチリ収録。日本語音声は、今井麻美や平川大輔、高木渉などの人気声優が担当している。

■今回判明した日本語キャスト

リリス:今井麻美
タイニー・ティナ:春井柚佳
モーデカイ:山本匠馬
ローランド:平川大輔
クラップトラップ:高木 渉
エンジェル:日高里奈

●表現規制はいっさいなし

本作は、CERO:Z(18歳以上のみ対象)の取得にともない、表現規制をいっさい行わない方針で開発が進められている。そのため、日本版も北米版と同じコンテンツが楽しめるのだ。

●バリエーション豊かな武器

 同じものであっても付加される属性や色が異なるなど、同じ形、同じ性能の武器を見つけることは困難なほどの種類が存在する、武器のランダム生成システム。前作で好評を博したランダム生成は本作でも健在だ。さらに、本作では新たな種類の武器が追加され、総数は前作の5倍に。多彩な武器を駆使して戦いに挑め!

●豊富なカスタマイズ要素

 前作ではカラーの変更しか行えなかったキャラクターカスタマイズも進化している。カラー変更に加え、ヘッドやスキンといったキャラクターの部位も自由に変えられるようになっている。なお、カスタマイズパーツは、受注したクエストをクリアーしたり、特定条件の達成を目指す"チャレンジ”をこなすことで入手可能。

●過酷な環境下でのバトル

ゲームの舞台は前作と同じ辺境の惑星パンドラだが、実際に戦いがくり広げられるエリアのバリエーションが増加。木々の生い茂ったジャングルや永久凍土が広がるツンドラなどが追加されているのだ。新たな環境を舞台にした壮絶な戦いを生き抜け。

※詳しくは週刊ファミ通2012年8月23・30合併号(2012年8月9日発売)をチェック


ボーダーランズ2
メーカー Take-Two Interactive Japan
対応機種 PS3プレイステーション3 / X360Xbox 360
発売日 2012年10月25日発売予定
価格 各7140円[税込]
ジャンル シューティング・RPG / SF
備考 開発:Gearbox Software