●非常に、危険です!

 ついに発表された『Call of Duty』シリーズ最新作『Call of Duty: Black Ops 2』。本作では、2025年と大胆な舞台変更を行っている。昨日公開された映像では無人機や多脚戦車など未来の兵器が続々と登場していたが、果たしてああいった戦場は実現するのか? 
 元アメリカ海兵隊中佐オリバー・ノース氏や、軍用ロボット技術などに詳しく『ロボット兵士の戦争(原題:Wired for War)』などの著書を持つ安全保障問題の専門家P.W.シンガー氏ら、事情通が語るドキュメンタリー映像がYouTubeの公式チャンネルで公開中だ。シンガー氏がさらに兵器の無人化が進んだ未来を現実のものとして語る一方、ノース氏は電子戦による兵器や航空機のハイジャックを警告する……。

 本作のティザーサイトで紹介されていたFPS Russiaの映像では、本当に4基のローターで飛ぶ機銃つき小型無人機のプロトタイプが登場。もはや絵空事と笑っていられないのかもしれない……。(ちなみに、ほかの映像もFPSファンならグッと来る内容なので、このチャンネルはオススメです。)