『コードギアス』シリーズ最新作『コードギアス 亡国のアキト』が2012年8月4日に劇場上映決定

大ヒットを記録したテレビアニメ『コードギアス 反逆のルルーシュ』と『コードギアス 反逆のルルーシュ R2』。この『コードギアス』シリーズの流れを受け継いだ、待望の最新作『コードギアス 亡国のアキト』が、2012年8月4日より、劇場上映されることが決定した。

●『コードギアス 亡国のアキト』第1章が2012年8月4日より劇場上映決定

coad02.jpg
coad01.jpg

 大ヒットを記録したテレビアニメ『コードギアス 反逆のルルーシュ』と『コードギアス 反逆のルルーシュ R2』。この『コードギアス』シリーズの流れを受け継いだ、待望の最新作『コードギアス 亡国のアキト』第1章が、2012年8月4日より、劇場上映されることが決定した。

 本作では、物語の舞台をヨーロッパ戦線に移し、新たな主人公・アキトが、超大国・ブリタニア帝国に戦いを挑む物語が描かれる。『天空のエスカフローネ』、『ノエイン もうひとりの君へ』などの赤根和樹氏を監督に迎えた同作。キャラクターデザイン原案にCLAMP、キャラクターデザインには木村貴宏と前作に引き続いた人気タッグが実現。そのほか、メカデザイン、脚本など、豪華クリエイター陣が集結している。

 なお、主題歌は坂本真綾の歌う『モアザンワーズ』(作詞:岩里祐穂/作曲:菅野よう子)となっている。


■あらすじ

 皇暦2017年。王位継承権を剥奪された少年ルルーシュが、仮面の男“ゼロ”となり、母国でもある超大国、神聖ブリタニア帝国に大規模な反抗活動“ブラック・リベリオン”を起こしていた。反ブリタニアの気運が高まる中、ブリタニア帝国は、圧倒的な戦力をもってこれの制圧を行う。同じ時のヨーロッパ。ここでも圧倒的な武力によって侵攻を行うブリタニア帝国に対し、ヨーロッパ連合国E.U.は防衛線を徐々に下げていた。敗戦の色濃いE.U.軍に特別に編成された特殊部隊「W-0」に所属するパイロット、日向アキト。元ブリタニア貴族の少女、レイラ・マルカルを司令官に据えたW-0部隊は、E.U.人のバックアップと日本人の少年少女のみで構成されたナイトメア部隊から成り、生還の確率が低い無謀な作戦に投入される。


coad03.jpg coad04.jpg
coad05.jpg coad06.jpg
coad08.jpg coad07.jpg

■日向アキト
(声:入野自由)

■レイラ・マルカル
(声:坂本真綾)

coad09.jpg coad10.jpg coad11.jpg

■新KMF アレクサンダ

【キャスト】
日向アキト:入野自由
レイラ・マルカル:坂本真綾

【スタッフ】
原作:サンライズ、大河内一楼、谷口悟朗
監督:赤根和樹
脚本:赤根和樹、浅川美也
構成協力:森田 繁
キャラクターデザイン原案:CLAMP
キャラクターデザイン:木村貴宏
総作画監督:島村秀一
ナイトメアデザイン原案:安田 朗
メカデザイン:寺岡賢司、沙倉拓実、宮本 崇、アストレイズ
3DCG アニメーションディレクター:井野元英二
3DCG:オレンジ
色彩設計:中山久美子
美術監督:佐藤豪志
美術設定:金平和茂
音楽:橋本一子




(C)SUNRISE/PROJECT G-AKITO Character Design (C)2006-2011 CLAMP