剣と魔法のファンタジー世界を舞台にくり広げられる戦いを描いたプレイステーション・ポータブル用ソフト『シャイニング・ブレイド』。今回は、ユキヒメや他の仲間たちに関するシステムの情報をお届けしよう。

●それぞれの特性を考慮して戦うことが勝利の秘訣

 セガから2012年3月15日に発売されたRPG『シャイニング・ブレイド』。今回は、主人公レイジの愛刀にして相棒であるユキヒメのハイテンションモードと、仲間たちの個性(パーソナリティ)などについて紹介する。

■ユキヒメのハイテンションモード

主人公レイジが使う”霊刀・雪姫”には、化身としての人格、ユキヒメがいる。
彼女の気分を盛りたてることで”霊刀・雪姫”は最大限の力を発揮し、レイジは強力な力を得て戦うことができるのだ。ユキヒメがハイテンション状態になると、”霊刀・雪姫”の刀身が開いて青く発光するようになるぞ。

▲左が通常時、右がハイテンションモードの状態

◇ハイテンションモードの仕組み

▲ユキヒメは、レイジの行動内容によって機嫌度が上下する。前述の通り、機嫌度が一定以上に上昇すると“ハイテンション状態“となり、レイジのステータスが上昇する。
▲レイジが敵を攻撃するとユキヒメの機嫌度が上昇する。さらに敵を撃破することができれば、機嫌度がよりアップするのだ。
▲戦闘中だけでなく、ふだんからユキヒメと絆を深めておくことも重要。ハイテンションモードにはユキヒメの機嫌が大きく影響しているため、彼女との絆が深まった状態で戦闘に臨めば”霊刀・雪姫”の力を引き出しやすくなるのだ。
▲ただし、組んでいるパーティが女性ばかりだったり、女性とのリンクアタックをくり返していると、ユキヒメとしてはなかなか気分が乗らないかも!?

■ケルベロスのモードチェンジについて

以前紹介したサクヤだけでなく、なんとケルベロスもモードチェンジできる事が判明! 見た目に伴い、能力にもいろいろ変化があるようだ。

▲ケルベロスの全身が光に包まれ、そのシルエットが変わってゆく。
▲光の中から現れた真紅のケルベロスは、いったいどんな力を持っているのだろう?

■仲間のパーソナリティについて

レイジを含む各キャラクターは、それぞれ”パーソナリティ(個性)”を持っている。
パーソナリティはそのキャラクターの性格や技能を色濃く反映しており、戦闘中に一定の条件下でランダムに発動するのだ。パーソナリティには、有利なものもあれば不利に働くものもある。どちらの場合でも戦闘に与える影響は無視できないので、どのキャラクターがどういったパーソナリティを持っているのかを事前にチェックし、その効果を踏まえた上でパーティを編成する必要がある。

▲猫が好きなフェンリルは、近くに猫系のキャラクターがいるとパーソナリティ”猫好き”が発動する。
▲男性恐怖症であるエルミナは、パーソナリティにもそれが反映されている。また、アイラの為に努力して魔法を覚えた側面も表現。パーソナリティは単なるキャラクターの能力というより個性そのものなのだ。
▲妹であるアルティナがそばにいると”妹想い”のパーソナリティが発動するラナ。このように、人間関係が反映されているケースもある。
▲異種族に対して大きな抵抗心を持つエルフ族のアルティナ。そんな彼女の心情も、物語の展開によって変化が生まれてくる。そうした心の変化を受けて、パーソナリティが変わることもあるのだ。

■デュオについて

本作では、移動時に”デュオ”を行うことで、すべてのキャラクターが仲間をひとり連れて行動できる。
デュオ状態の仲間は操作キャラクターの後ろにつき従って移動するため、うまく使いこなすことで戦闘を格段に有利に展開することができるのだ。連れられている仲間は敵の攻撃を受け付けないという特徴もあるので、前線に取り残されてピンチになっている仲間を助けたりする場合などにも役立つぞ。

(C) SEGA