『シムシティ』シリーズ最新作が発表! EA Game changersリポート【GDC 2012】

アメリカ・サンフランシスコのモスコーニセンターで開催中のGDC(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス) 2012。“EA Game changers”にて、『シムシティ』シリーズの最新作が発表された。

●SIMCITY is BACK!

 2012年3月5日~9日(現地時間)、アメリカ・サンフランシスコにて開催中のGDC(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス) 2012。現地時間2012年3月6日(日本時間2012年3月7日)、Wホテルにて、エレクトロニック・アーツの新作発表会“EA Game changers”が行われた。


EA/04.JPG EA/05.JPG

ルーシー・ブラッドショー氏

 本イベントで最初に登壇したのは、EAのマクシスレーベル担当副社長ルーシー・ブラッドショー氏。ブラッドショー氏は、マクシスが開発する『シムシティ』シリーズ最新作が10年ぶりに発売されることを発表し、会場を大いに沸かせた。

 最新作はその名も『シムシティ』。PC用ソフトとして開発されており、日本国内で2013年に発売予定。Maxis Man(ヒーロー)とDr. Vu(悪党)の戦いを描いた“シムシティ ヒーロー&悪党セット”が付いた初回限定版も用意される。


EA/00logo.jpg

add/Casino City.jpg add/Crash Scene.jpg
high_school.jpg
EA/02concept.jpg EA/03concept2.jpg
EA/06.JPG EA/07.JPG EA/08.JPG

▲初公開の映像に会場中が興奮!

 この『シムシティ』は、マクシス独自のGlassBoxエンジンを採用しており、現実世界で見渡せるものすべてがシミュレーション可能になるという。また、プレイヤーが都市を作って管理できるのはもちろん、マルチプレイモードで、友だちと一緒に都市を作ることも可能になっている。また、プレイヤーが行った選択が、都市の特性、地域の状況、そして仲間のプレイヤーなど、『シムシティ』の世界全体に影響を及ぼすという、シリーズ初の試みを搭載。さらに、気候変動、再生可能資源の調査、自然災害など、さまざまな地球規模の問題にも取り組むことになるとのこと。

 発表会では、世界をシミュレートして変えていくというコンセプトの『シムシティ』にゆかりのある人物として、映画『不都合な真実』の映画監督を務めたデイビス・グッゲンハイム氏、Twitterの共同創業者であるビズ・ストーン氏(現在はThe Obvious Corporationを立ち上げ活動)、世界にきれいな水を届けるために活動しているCharity Water代表のスコット・ハリソン氏が登場し、トークショウを行った。


EA/09.JPG EA/10.JPG EA/11.JPG

▲デイビス・グッゲンハイム氏

▲ビズ・ストーン氏

▲スコット・ハリソン氏



Maxis, SimCity, SimCity 2000, SimCity 3000, The Sims and Need for Speed are trademarks of Electronic Arts Inc. Mass Effect is a trademark of EA International (Studio and Publishing) Ltd. John Madden, NFL and FIFA are the property of their respective owners and used with permission. All other trademarks are the property of their respective owners.