スパイクから2011年12月17日発売予定のPlayStation Vita用ソフト『忍道2 散華』。今回は、本作に登場するキャラクターや忍術“風黒羽”、刻を斬り一瞬で仕留める“斬刻”について紹介する。

●忍者アクションを駆使して任務を遂行せよ

 スパイクから2011年12月17日発売予定のPlayStation Vita用ソフト『忍道2 散華』。今回は、本作に登場するキャラクターや忍術“風黒羽”、刻を斬り一瞬で仕留める“斬刻”について紹介する。

■物語
 時は室町後期。一条家の統べる小国・宇高多を巡り、隣国の赤目家、新興寺社勢力の阿無璃他により引き起こされた“宇高多の乱”。あれから束の間の平穏を取り戻したかに見えた宇高多は、新たな戦火に包まれようとしていた。
 一条家の譜代である風天家の家督を継いだ風天寅三郎久秀が、東の大国・芳穣家を後ろ盾として謀反に及び、それに呼応するかのように、阿無璃他も再び決起したためである。
 ときを同じくして、ひとつの忍の里が消滅した。風華忍者同胞の裏切りにより、一夜にして消えた忍衆。その業火にすべてが焼失したと思われた中、ただひとり、辛くも一命を取り留めた者がいた。その忍び名を“火祭のゼン”という。

■登場キャラクター
火祭のゼン(CV:三木眞一郎)

▲業火に包まれた里から逃げ延びた瀕死だったところをザジに救われ一命を取り留めるゼン。顔に傷を負わせ、同胞を皆殺しにした裏切り者への復讐を果たすため、陰謀渦巻く戦火に身を投じることとなる。

爪紅のサン(CV:早見沙織)

▲一命を取り留めたゼンの前に現れた風華のくのいち。ゼンの幼馴染でもある。焼失した風華の里の生き残りは己だけと思っていたゼンは彼女の姿を見つけて安堵するのだが……。

黒鷹のザジ(CV:小西克行)

▲飛鳥忍者の頭領。瀕死のゼンを助け、飛鳥の里の忍としてかくまう。復讐に燃えるゼンの姿に過去の自分を重ね、助力と助言を行う。面倒見がよく、仲間を失くしたゼンにとって頼れる存在となる。

■伝説の忍びが編み出した空翔ける忍術“風黒羽”
プレイヤーが隠密行動をとる宇高多の地には、侵入者を排除するために造られた外壁門や
聳える天守閣といった通常の人間では越えることが不可能な高俊な建造物が多く存在し、任務遂行のためにはそれらを越えなくてはならない。ゼンの新アクションである“風黒羽”を使えば、見張りに気付かれることなく一気に目的地まで詰め寄ることができる。新しく用意されたステルスアクションとオープンワールドの高低差を利用することで潜入の幅が広がるとともに、敵から身を隠し任務を有利に進めることが可能となる。

▲高所からジャンプし風黒羽で滑空。空を翔けることで自由度が広がる。
▲見張りの死角を突くことで、無益な戦闘をせずに潜入することもできる。

オープンワールドの世界を自由に駆け抜けられる忍者アクションとして、前作に登場した“鉤鎖”も登場。鉤鎖を利用すれば、越えることができないと思われた建造物の屋上に一気に跳び移ることが可能だ。

▲敵に見つかった際に鉤鎖で屋根に跳び移れば逃亡の手助けにもなる。
▲侵入者を拒む堅牢な門も鉤鎖で跳び越えれば容易に潜入できる。

■“斬刻”を駆使して血華を咲かせろ!
本作には相手のときの流れを止めて華麗に葬り去る戦闘アクション“斬刻”が登場。画面下部中央に表示されている“斬刻ゲージ”を消費することで発動できるこのアクションは、ゲージが溜まった状態で△ボタンを長押しすると斬刻モードに移行。表示されるコマンドを時間内に入力できると、ダイナミックなアクションとともに敵を仕留めてくれる。斬刻ゲージは消費しても任務中に自動回復していく。これを利用することで、アクションが苦手なプレイヤーでも簡単に敵を沈めることができる。さらに斬刻は、複数の敵を同時に選択し連続で殲滅することも可能。その場合は次々に表示されるコマンド入力を成功させる必要があるが、成功したときの爽快感は計り知れない!

<斬刻の流れを連続画面写真で解説>

▲斬刻モードに移行すると画面は白黒になりコマンドが 表示される。敵がこちらを振り向く前に入力するのだ!
▲コマンド入力が成功すると斬刻アクションが発動。 地形を利用した華麗なアクションで敵の眼前に迫る!
▲ゼンの存在に気付く間もなく喉を掻き斬られる見張り番。 しかしゼンの攻撃はこれだけでは終わらない。
▲敵を軸にしダイナミックに回転するゼン。遠心力を利用して、さらに斬りつけていく!
▲飛び散る血飛沫!一連のアクションは忍びならではの身軽さとスピードで華麗に展開する!
▲最後に関節を砕き音も無く完全に絶命させるゼン。 ステルスアクションが苦手な人も簡単にくり出せるぞ!