“Live5pb.2011”5時間にわたるアツいライブ!

ゲーム アニメ ニュース
2011年11月19日(土)東京・水道橋のTOKYO DOME CITY HALLにて2日間に渡って開催されている5pb.のライブイベント“Live5pb.2011”の2日目が開催された。

2011年11月19日(土)東京・水道橋のTOKYO DOME CITY HALLにて2日間に渡って開催されている5pb.のライブイベント“Live5pb.2011”の2日目が開催された。2日目は例年通り、ライブ中心の構成となっており、5pb.所属アーティストや5pb.作品の楽曲を歌うアーティスト、作品の出演者たちが一堂に会し、アツい夜を彩った。

 イベントのトップバッターを務めるのは、いとうかなこと志倉千代丸のふたり。『宇宙エンジニア』を歌い上げるいとうと、ギターを弾く志倉が同曲を披露し、初っ端から会場をアツくさせる。


5pb/5pb23.jpg 5pb/5pb24.jpg

■いとうかなこ+志倉千代丸

 今回のイベントでMCを務めるのは、『シュタインズ・ゲート』に出演した声優の白石稔と山本彩乃。先日結婚したことを発表した白石は、イベント冒頭から「結婚おめでとうー!」という会場からの声で祝福される。この後も白石はことあるごとに結婚ネタでいじり倒され、そのたびに照れ笑いを浮かべていた。一方の山本も、志倉氏にキツいひと言を浴びせたり、無茶なネタ振りをするなど「あの子は悪魔なんです」(志倉)と言わしめるほどの活躍ぶりで、会場を盛り上げた。

 なお、今回のイベントでは出演アーティスト全員に、来年チャレンジしたいことや抱負を質問。「来年からAsrielは6年目になるので、第2章じゃないですけれど、新しい挑戦をしていきたいです。近日中にも大きな告知があります」(KOKOMI)、「このステージ(TOKYO DOME CITY HALL)ぐらい大きなステージで、ワンマンライブができれば」(アフィリア・サーガ・イースト)、「来年はちょうどアニバーサリーな年。ちょっといろいろやってみようかなぁと思っています」(田村直美)といったまじめなものから、「(ライブで)空を飛びたい」(いとう)、「Kicco○○というイベントをしたい。Kiccoひとり相撲とか」(Kicco)という一風変わった回答、「気が向いたら引っ越しをしたい」(長谷川)、「引っ越した家に友だちを100人呼びたい」(下田)、「免許をとりたい」(小坂)、「来年こそリア充になる!」(nao)という超個人的な回答まで、さまざまな回答が飛び出した。


5pb/5pb35.jpg 5pb/5pb34.jpg 5pb/5pb33.jpg

■MCを務めた白石稔(左)と山本彩乃(右)。

 前日である2011年11月18日に行われた“Live5pb.乙女カーニバル”と打って変わって、今回の“Live5pb.”はアーティストによるライブが中心の構成。1stステージと2ndステージの2部構成となっており、1stステージでは怒濤のライブを披露。いとうに続いて登場した、今井麻美が自身が作詞作曲をした『いっしょ。』や、『シュタインズ・ゲート』で演じた牧瀬紅莉栖の心情を思い浮かべて作詞したという『サ・ヨ・ナ・ラ』で会場を盛り上げると、小坂りゆ、KOKOMI、Kiccoがゲーム主題歌を歌い上げ、会場のボルテージを上げていく。また、Live5pb.で初お披露目となったアフィリア・サーガ・イーストも、今回のLive5pb.で3周年ということで、より洗練されたパフォーマンスで会場のオーディエンスを魅了した。


5pb/5pb20.jpg 5pb/5pb21.jpg

■今井麻美

5pb/5pb31.jpg 5pb/5pb32.jpg

■小坂りゆ

5pb/5pb29.jpg 5pb/5pb30.jpg

■KOKOMI

5pb/5pb27.jpg 5pb/5pb28.jpg

■Kicco

5pb/5pb01.jpg 5pb/5pb02.jpg

■アフィリア・サーガ・イースト

 1stアルバムを発売したばかりの長谷川明子は、1stアルバム収録の『Simply Lovely』と『おにぎりマーチ』をメドレー形式で披露したほか、作曲家の伊藤賢治がショルダーキーボードで参加して『蒼凛のペンデュラム』を歌い上げる。naoはアップテンポな楽曲を2曲連続で披露し会場をアツくさせると、続く彩音がパワフルな歌声とパフォーマンスで会場のボルテージを上昇。独自の設定でMCのふたりを翻弄した、今井麻美と喜多村英梨によく似たアーティストのユニットARTERY VEINのふたりは、アツく血をたぎらせた会場のファンの血をさらに燃え上がらせ、1stステージを興奮のまま締めた。


5pb/5pb13.jpg 5pb/5pb12.jpg
5pb/5pb14.jpg 5pb/5pb15.jpg

■長谷川明子(左)+伊藤賢治(右)

5pb/5pb36.jpg 5pb/5pb37.jpg

■nao

5pb/5pb09.jpg 5pb/5pb10.jpg

■彩音

5pb/5pb04.jpg 5pb/5pb05.jpg 5pb/5pb06.jpg

■ARTERY VEIN

 2ndステージは、『カオス・ヘッド』、『シュタインズ・ゲート』、『ロボティクス・ノーツ』の出演者が登場する“科学アドベンチャーLIVE 第0章”からスタート。ファンタズムのFES(CV:榊原ゆい)による『刻司ル十二ノ盟約』、『運命のファルファッラ』で会場の空気を作り上げると、トークコーナーへ。トークコーナーでは、『カオス・ヘッド』から咲畑梨深役の喜多村英梨、星来オルジェル役の友永朱音、『シュタインズ・ゲート』から牧瀬紅莉栖役の今井麻美、桐生萌郁役の後藤沙緒里、『ロボティクス・ノーツ』から八汐海翔役の木村良平、瀬乃宮あき穂役の南條愛乃が出演。各出演者に作品の印象などを質問したものの、原作者である志倉氏がつぎつぎに話の腰を折っていくため、あまり作品に関する話題に触れられることはなかった。

 さらに、会場では、“ロボティクス・ノーツの中に出てくる声援を会場の皆さんにお願いしたいのコーナー”を実施。会場に詰めかけたオーディエンスが声優として、ロボット大会の声援収録に挑戦。同作のディレクターを務める梶岡俊樹氏も登場し、声援の説明。ロボット大会に登場する“ミスタープレアデス”というキャラクターの「アイアム、ミスタープレアデス!」という決め台詞に合わせて、会場のファンが「ミスタープレアデス!」と叫ぶというもので、「ギャラはいらないんで」という木村や白石、今井、さらには志倉氏もいっしょに声援に参加した。

 また、各出演者に加え、『カオス・ヘッド』で岸本あやせを演じた榊原ゆい、『シュタインズ・ゲート』で4℃役を務めた白石と、天王寺 綯役の山本も参加して、科学アドベンチャーシリーズのシナリオを担当する林直孝氏書き下ろしの朗読劇を披露。プラモデルを買う為に秋葉原へやってきたロボ部のメンバーが、お店の場所を聞くために桐生萌郁に話しかけたところ、未来ガジェット研究所の円卓会議に参加することになってしまうというストーリー。『カオス・ヘッド』のキャラクターも入り交じり、コラボという名のご都合主義的空間、ダイバージェンス1119%台というめちゃくちゃな設定でストーリーは進行。その目的は、“シュタインズ・ゲート劇場版のストーリーについて”考えるというもの。最初はそれぞれに劇場版に関する意見を挙げていくのだが……。カオスなキャラクターたちによる、カオスな展開に、会場からは、絶えず笑いが漏れていた。


5pb/5pb25.jpg 5pb/5pb26.jpg

 なお、今回“科学アドベンチャーLIVE 第0章”と題されていたのは、科学アドベンチャーシリーズには多数の曲があるということで、ライブイベントをやりたいからという理由。ステージのスクリーンには、“科学アドベンチャーライブ第1章2012年秋開催決定!! か!?”と表示され、一瞬拍子抜けしたものの、「いまは大人の事情で「か!?」とついていますが、2012年にやるぞ、ということで」と志倉氏も力強く宣言。こちらも見逃せないイベントとなりそうだ。

 科学アドベンチャーLIVEを締めるのは、同作の主題歌を歌うアーティストたちによるライブステージ。nao、アフィリア・サーガ・イースト、いとうかなこが出演し、おなじみの楽曲の数々で会場をアツくした。


5pb/5pb38.jpg 5pb/5pb39.jpg

■ファンタズム

5pb/5pb03.jpg 5pb/5pb17.jpg

 “科学アドベンチャーLIVE 第0章”終了後は、再び通常のLive5pb.へ。Zwei、長谷川明子と下田麻美によるユニット“Secret Character”、Asrielが登場し、会場のボルテージを上げていく。そしてトリを飾るのは、Xbox 360用ソフト『DUNAMIS15(デュナミスフィフティーン)』でグランドエンディング曲を歌い上げた田村直美。自身が作詞を手掛けた『刻印』を披露すると、さらにサプライズで田村の代表曲のひとつである『ゆずれない願い』を歌い上げる。色あせないパワフルな歌声が会場に響き渡ると、会場もサイリュームの光りをかざし、大歓声で応える。笑顔で歌い上げる田村と会場のファンがひとつとなり、大いに盛り上がった。


5pb/5pb46.jpg 5pb/5pb48.jpg 5pb/5pb47.jpg

■Zwei

5pb/5pb41.jpg 5pb/5pb40.jpg 5pb/5pb42.jpg

■Secret Character(長谷川明子・下田麻美)

5pb/5pb44.jpg 5pb/5pb45.jpg 5pb/5pb18.jpg

■田村直美

5pb/5pb08.jpg 5pb/5pb07.jpg

■Asriel

 アンコールには、今井麻美、Zwei、彩音の3組が登場。志倉氏がギターで参加しながら、それぞれの代表曲で会場を盛り上げる。イベントの最後には、出演者がひとりひとり会場のファンに向けてコメントを残す。初参加となった田村は「初めて参加しました田村直美です! こんな楽しいことやってるなんて知らなかった! 聞いたら4回もやってるって言うじゃない! 知らなかった! 社長、また来てもいい?」と笑顔でコメント。志倉氏も「皆さんのおかげで非常に盛り上がりました。皆さんが盛り上げてくれないと僕らもしょぼーんってなっちゃうので、皆さんのおかげでLive5pb.が成功しました」と会場のファンに感謝の言葉を伝える。そして、最後は出演者のサイン入りボールを会場に投げてイベントは終了。5時間という長丁場のライブは最初から最後までアツく激しく、会場のファンも出演者も一体となったイベントとなった。


5pb/5pb22.jpg
5pb/5pb19.jpg

■Live5pb.2011セットリスト
01. 宇宙エンジニア / いとうかなこ
02. いっしょ。 / 今井麻美
03. サ・ヨ・ナ・ラ / 今井麻美
04. 最初のMELODY / 小坂りゆ
05. レムリアに捧ぐ / KOKOMI
06. ココロ…晴れ / Kicco
07. 情熱のウォブル / Kicco
08. 飛行実習~Learn To Fly~ / アフィリア・サーガ・イースト
09. ニーハイ・エゴイスト / アフィリア・サーガ・イースト
10. Simply Lovely〜おにぎりマーチ:メドレー / 長谷川明子
11. 蒼凛のペンデュラム / 長谷川明子・伊藤賢治
12. きりひらけ! グレイシー☆スター / nao
13. happy shinin’ days / nao
14. Fullmoon Rhapsody / 彩音
15. Endless Tears… / 彩音
16. ラスト・ジャッジメント / ARTERY VEIN
17. パンドラの夜 / ARTERY VEIN
18. 刻司ル十二ノ盟約 / ファンタズム
19. 運命のファルファッラ / ファンタズム
20. シンクロしようよ / nao
21. La*La*Laラボリューション / アフィリア・サーガ・イースト
22. A.R / いとうかなこ
23. Hacking to the Gate / いとうかなこ
24. スカイクラッドの観測者 / いとうかなこ
25. 風の旋律 / Zwei
26. イナンナの見た夢 / Zwei
27. Last Engage / Secret Character(長谷川明子・下田麻美)
28. LABYRINTH / Asriel
29. nocturne / Asriel
30. 刻印 / 田村直美
31. ゆずれない願い / 田村直美
EN01. 花の咲く場所 / 今井麻美
EN02. 小指のパラドックス / Zwei
EN03. コンプレックス・イマージュ / 彩音

(photo:オフィシャル)


ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『ポップスリンガー』インタビュー・海外クリエイターが1990年代の魔法少女モノにインスパイアされて、ポップでファンキーなアクションシューティングを開発したワケ

レイニーフロッグから2022年4月28日に配信されたNintendo Switch用ソフト『ポップスリンガー』。開発を手掛けるFunky Can Creativeのディレクター、ホセ・ルイス・アブレウ氏に開発の経緯などを聞いた。1990年代に放送された魔法少女モノのアニメや古典的な日本の映画、テレビ番組にインスパイアされたという本作だが、発想の源は?

『初音ミク Project DIVA MEGA39’s+』音楽ゲームのSteam版に佐々木琴子が挑戦【ファミ通LIVE】

ゲーム・エンタメ総合情報サイト、ファミ通.comの編集部からお届けするWeb生放送番組"ファミ通LIVE"。2022年5月27日の放送では、声優の佐々木琴子さんが『初音ミク Project DIVA MEGA39’s+』のSteam版に挑戦します。

『ワンピース』のエモいシーンをフィギュア化した一番くじが登場。ルフィ&シャンクス、ロー&コラソン、ロビン&オルビアたちの感動のシーンが蘇る

『ワンピース』公式Twitterは、作中の名シーンを再現したフィギュアが景品の“一番くじ ワンピース エモーショナルストーリーズ”を発売することを発表した。価格は1回700円[税込]。

『パワプロ2022』を遊び尽くす公式攻略本がファミ通から本日発売。“パワフェス”や“サクセス”、“栄冠ナイン”などのデータや攻略法もばっちり掲載!

KADOKAWA Game Linkageは、KONAMIから発売中のNintendo Switch、PS4用ソフト『eBASEBALLパワフルプロ野球2022』の公式ガイドブックを、本日発売する。

アニメ『RWBY 氷雪帝国』が7月3日より放送開始! 原作シリーズでおなじみのキャラクターたちのアニメデザインも解禁

アメリカのルースター・ティース・プロダクションズが制作し、現在第8シーズンまで展開中のWEBアニメ『RWBY(ルビー)』を題材にした新作テレビアニメ『RWBY 氷雪帝国』が、2022年7月3日よりTOKYO MXなどで放送開始することが発表された。

『攻殻機動隊 SAC_2045』展覧会が渋谷パルコで6月3日より開催。草薙素子やタチコマがデザインされたTシャツなど記念グッズも販売

『攻殻機動隊 SAC_2045』シーズン2の公開を記念した展覧会「攻殻機動隊 SAC_2045 EXHIBITION “In The Shell”」が渋谷PARCOで6月3日より開催される。

『海腹川背』『ラッシング・ビート』『ピンボール』の3タイトルが、本日(5月27日)から“Nintendo Switch Online”に追加

“Nintendo Switch Online”に加入することで遊ぶことができる、“ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online”、“スーパーファミコン Nintendo Switch Online”に、本日2022年5月27日、『海腹川背』、『ラッシング・ビート』、『ピンボール』の3タイトルが追加された。

『アイドルマスター シンデレラガールズ』とアパレルブランド“R4G”のコラボ商品が発売決定。第1弾はトロピカル☆スターズをイメージしたロンTやアクスタなど全7アイテム

バンダイファッションブランド事業部は、『アイドルマスター シンデレラガールズ』とアパレルブランド“R4G”のコラボグッズを2022年5月27日12時より予約受付を開始する。第1弾では、トロピカル☆スターズをイメージした7種類のアイテムが販売される。

『ポケモン』ぎゅっと抱きつく姿がかわいいケーブルカバー第4弾が5月下旬よりカプセルトイで登場。ハート形のしっぽがキュートなピカチュウやポッチャマ、ミュウなど全6種

2022年5月26日(木)、キタンクラブは、“ポケモン ぎゅっと抱きつきケーブルカバー4”を2022年5月下旬よりカプセルトイにて発売することを発表した。

【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】集計期間:2022年05月16日〜2022年05月22日

『Nintendo Switch Sports』が、4週連続の首位獲得。新作『太閤立志伝? DX』が2位に