『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』ソーシャルゲームで捜査開始! Mobageで事前登録受付がスタート

バタフライとフォアキャスト・コミュニケーションズは2011年11月16日、Mobage向けのソーシャルゲーム『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』の事前登録受付を開始した。

●公安9課のメンバーとして難事件に立ち向かえ!

 バタフライとフォアキャスト・コミュニケーションズは2011年11月16日、Mobage向けのソーシャルゲーム『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』の事前登録受付をフィーチャーフォン向けに開始した。

 本作は、人気アニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』を題材にしたソーシャルゲーム。同作を手掛けたスタッフが新たに書き下ろしたオリジナルストーリーが展開される。プレイヤーは、公安9課に配属された新人捜査官として、草薙素子、バトー、トグサといったおなじみのメンバーとともに捜査を行ったり、タチコマを指揮して、難事件の解決を目指す。

 正式サービスは2011年12月を予定しており、事前登録は正式サービス開始の前日午後2時59分までとなっている。事前登録者には、本サービス開始後にゲーム内で特典アイテムがプレゼントされるとのこと。

■ゲーム概要(リリースより)
静かな夜。人はネットから解放される。
「この雪が止まない限り、僕は蛹のままだ」

プレイヤーは、内閣総理大臣直轄の防諜機関・公安9課の新人として、先輩である草薙素子やバトー、トグサ達とともに、国民の生命・生活を脅かす犯罪の捜査やテロリズムの抑止・検挙を行います。草薙素子たちと難事件を解決しよう!

(C)士郎正宗・ Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会
(C) Butterfly・4cast