『ラグナロク〜光と闇の皇女〜』やり込み要素“蜃気楼”を紹介

新米冒険者のリトとなり、グランツリッター半島を舞台にした戦乱に身を投じることになるシミュレーションRPG。今回は、やり込み要素のひとつ"蜃気楼の塔"を紹介しよう。さらに、サブシナリオの登場人物も併せて公開。

●蜃気楼の塔の制覇を目指そう!!

 新米冒険者のリトとなり、グランツリッター半島を舞台にした戦乱に身を投じることになるシミュレーションRPG『ラグナロク〜光と闇の皇女〜』。今回は、やり込み要素のひとつ"蜃気楼の塔"を紹介しよう。さらに、サブシナリオの登場人物も併せて公開。

●蜃気楼の塔とは?

 蜃気楼の塔は、シナリオ11話をクリアーすると挑戦できるようになるフリーバトルマップのこと。全24階となっており、強力なボスキャラクターが存在している。何度も挑戦して、全24階の制覇を目指せ!

025
027

●サブシナリオの登場人物が判明

壮大なドラマが楽しめるメインシナリオとは別に、各キャラクターの個性にスポットを当てたサブシナリオも用意されている。ここでは、新たに判明したサブシナリオ専用キャラクターを紹介しよう。

034
031

カカ
年齢:45歳
性別:男
神と崇められるほどの腕を持つ、自称天才料理人。熱血漢で思い込みが激しい。

グラトス(写真右)
年齢:44歳
性別:男
職業:ロードナイト
元傭兵で、現在は魔物討伐や盗賊退治を生業としている。細かいことを嫌う性格。

030
032

マヤ
年齢:14歳
性別:女
グラトスのひとり娘。幼いころに母親を失ったためか、戦争や争いごとを嫌う。

ディオ
年齢:19歳
性別:男
職業:ロードナイト
気のやさしい青年。グラトスに師事して剣の腕を磨き、魔物退治を行っているのだ。

※詳しくは週刊ファミ通2011年9月29日号(2011年9月8日発売)をチェック

ラグナロク〜光と闇の皇女〜
メーカー ガンホー・オンライン・エンターテイメント
対応機種 PSP(プレイステーション・ポータブル)
発売日 2011年10月27日発売予定
価格 5985円[税込]
ジャンル RPG / シミュレーション・戦略
備考 プレミアムボックスは10290円[税込]、開発:アポロソフト、チャイム、キャラクターデザイン:Tomatika
(C)Gravity Co., Ltd. & Lee MyoungJin(studio DTDS). All rights reserved. (C)2011 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. ※画面は開発中のものです。