『テイルズ オブ エクシリア』連載第1回:キャラクターCGへのこだわり

ゲーム プレイステーション3
バンダイナムコゲームスより2011年9月8日に発売予定のRPG『テイルズ オブ エクシリア』。本作に込めたこだわりを開発スタッフが語る連載がスタート。第1回は、キャラクターCG作成を担当したナムコ・テイルズスタジオの武者匡彦氏が登場。

 バンダイナムコゲームスより2011年9月8日に発売予定のRPG『テイルズ オブ エクシリア』。シリーズ生誕15周年記念タイトルたる本作に込めた並々ならぬこだわりを、開発スタッフに語ってもらうぞ。今回は、キャラクターCG作成を担当したナムコ・テイルズスタジオの武者匡彦氏だ。


●“揺るぎなき信念のRPG”にふさわしいCGを

ナムコ・テイルズスタジオ
武者匡彦氏

皆さん、こんにちは!
ナムコ・テイルズスタジオの武者と申します。キャラクター作成班(通称、キャラ班)を代表して、お話をさせていただきます。

テイルズ オブ』シリーズのキャラクターCGを作成するうえで毎回こだわるのは、キャラクターデザイナーの藤島康介先生、いのまたむつみ先生の作風をいかにCGで表現するか、という点です。『エクシリア』のキャラクターCGは、技術的には『ヴェスペリア』の進化形でありつつ、『グレイセス』などで培ったノウハウも活かしています。また、『エクシリア』は比較的シリアスなドラマがくり広げられていくので、その雰囲気に合うよう、CGの頭身を低くせず、両先生のイラストとほぼ同じ頭身で作成することになりました。

『ヴェスペリア』(左写真)では“アニメ”的な表現を、『グレイセス』(右写真)では“水彩画”のような雰囲気を目指しました。いずれも、頭身は両先生のイラストより若干低いです。

『エクシリア』の主人公、ジュードとミラ。どの角度から見てもイラストのイメージとずれないCGを作るのが、難しくも楽しいんですよね。

今回はシリーズで初めて、藤島先生といのまた先生が“共作”なさるということで、両先生がデザインしたキャラクターのCGが並んでも、違和感がないように配慮しなくてはなりませんでした。ただ、この点に関しては、両先生の作風を踏まえてCGを作成するだけで、意外とすんなり、納得がいくものに仕上げることができましたね。両先生も“共作”ということを意識してイラストを描かれたようで、それがそのまま、CGを並べたときの違和感のなさにもつながったのではないでしょうか。

ちなみに、いのまた先生が描いたミラのイラストを見たときは、正直、「この髪型をCGで表現できるかしら!?」と思いましたが、がんばりました!

また、物語の序盤でジュードとミラは全身ビショ濡れになるのですが、ここで注目してみてほしいのが髪の表現です。とくにミラは、髪が濡れていることが見るからに伝わるかと。こういったシーンのために、濡れたとき専用の全身CGも用意しました。

主人公のふたりを始め、どのキャラクターにも愛着はありますが、僕が個人的にとりわけ気に入っているのはイバルですね。『エクシリア』において、イバルはCGに“遊び”を盛り込める貴重なキャラクターだったんです。イベントシーン作成担当の渋江(康士氏。2011年8月26日更新の記事にて登場予定)から、「こんなポーズや表情ができるCGを作ってほしい」とリクエストされたとき、彼もイバルで“遊ぶ”つもりだということがわかりました(笑)。

ミラのお世話をする“巫子”のイバル。ミラの旅に同行するジュードに対して、感情をあらわにします。

アルヴィンのような“大人”もいい味を出していますよ。『ヴェスペリア』や『グレイセス』のように、CGがある程度デフォルメされている作品で、アルヴィンのような顔のキャラクターを描いたら、ちょっと“怖い人”になってしまうかもしれませんが、『エクシリア』のように頭身が高く、デフォルメがほとんどないCGなら大丈夫だと思いました。ローエンに対しては、ほかの開発スタッフから「顔が濃いね〜」と言われたりもしましたが、それもまた本作ならではの味かと。

傭兵のアルヴィン(上写真)と、老執事のローエン(下写真)。顔のシワなどを細かく描き込みました。

●キャラクターのオシャレも多種多様

本編のお楽しみ要素またはダウンロードコンテンツとして用意しているキャラクターの衣装も、僕たちキャラ班が作成しました。たとえば『アイドルマスター2』風の衣装は、『アイドルマスター2』の開発チームからアイドルのCGデータや資料を預かって作ったものです。とは言え、『エクシリア』とはCGの頭身などがだいぶ違うので、預かったCGデータに手を加えるのではなく、ほとんど“見ながら”作ることになりましたね。これまでに公開している“学園衣装”や“水着”などのほかにも、皆さんのオシャレ心をくすぐる衣装をいろいろ作りましたので、続報をどうぞお楽しみに。

アイドル風、“歌姫”風、学園風、水着などなど……。

また、帽子やメガネといった“アタッチメント”の作成も僕たちが担当しました。アタッチメント自体は『ヴェスペリア』にもあった要素ですが、今回は、大きさや色などを編集できちゃいます。馬場(英雄氏。本作のプロデューサー)に提案したときは驚かれましたけれど、すぐにゴーサインを出してもらえました。多分、僕たちが楽しんで作っていることが伝わったんだと思います(笑)。

ぬいぐるみのアタッチメント“子ドラゴン”は、肩に付けるのが基本ですが、付ける位置や大きさ、角度を調整すれば、帽子のようにもなります。

エクシリア』は、キャラクターが叫んだり悲しんだりと、感情をあらわにするイベントが散りばめられていまして、プレイしていただければ、きっと“CG”ではなく“キャラクター”が物語を紡いでいることを実感していただけると思います。キャラクターの豊かな表情や仕草に、ぜひ注目してください!

(C)いのまたむつみ (C)藤島康介 (C)2011 NAMCO BANDAI Games Inc.
※画面は開発中のものです。

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『ICARUS ONLINE』シャリング族専用の新クラス“マジシャンを実装、キャラを育成しやすいプレミアムサーバーがオープン!

2017年5月25日、WeMade OnlineとNHN ハンゲームはPC用MMORPG『ICARUS ONLINE』において、シャリング族専用の新クラス“マジシャン”を実装した。

『モンスターハンターダブルクロス』Nintendo Switchで発売決定!

カプコンは、『モンスターハンターダブルクロス』を、Nintendo Switchで発売することを発表した。

週刊ファミ通企画:読者によるゲーム採点 USER'S EYE

『週刊ファミ通』に毎号掲載されている、読者の方々に最近のゲームを採点していただくコーナー「ユーザーズアイ」への投稿を募集いたします。

かわいいだけじゃない骨太なインディーゲーム5選【A 5th of BitSummit】

“A 5th of BitSummit”に出展されていたゲームの中から、担当記者注目のタイトルを紹介する短期集中連載記事の2回目は、ゲーム実況女子が独自の視点で魅力を探った5タイトル。

海外出展エリアで出会ったハイセンスなインディーゲーム6選【A 5th of BitSummit】

“A 5th of BitSummit”に出展されていたゲームの中から、担当記者注目のタイトルを紹介する短期集中連載記事の1回目は、海外デベロッパー製の6タイトル。

ベストヒット町内会4月分公開!

本誌ファミ通町内会に掲載されたネタの中から選りすぐりの傑作を紹介するベストヒット町内会! 生町内会の視聴者投票で決定した月間最優秀作品を含む、名作の数々を凝視せよ! さらにWebだけのオリジナルコーナー、ピンク報告書&デジタル街レポも更新。最新投稿者ランキングもあります。おいしいお菓子がございます。お茶も沸かしてございます。

1988年のKONAMI作STG『サンダークロス』がPS4で6月8日に配信決定、欧州版と北米版も同時収録!

ハムスターは、同社が運営するプレイステーション4“アーケードアーカイブス”において、KONAMIのシューティングゲーム『サンダークロス』を2017年6月8日に配信開始する。

大人気ゲーム対戦番組『いいすぽ!』がeスポーツの祭典を11月にお台場で開催!

フジテレビ系列で好評放送・配信中のオリジナルゲーム対戦番組『いーすぽ!』が、2017年11月18日・19日にフジテレビ社屋を使用し、“Tokyo E-sports Festival”を開催すると発表した。

美しくも儚い世界観が魅力のPS4向け2DアクションRPG『Hyper Light Drifter』が発売開始

国内外のインディーゲームのローカライズ・パブリッシングを手掛けるPLAYISMは、アメリカのインディーゲーム開発チーム“Heart Machine”が開発したプレイステーション4用2DアクションRPG『Hyper Light Drifter』の発売を2017年5月25日より開始した。

“黒川塾(四十七)”はeスポーツの現状と課題をテーマに関係者が熱く語る eスポーツの明日はどこにあるのか?

2017年5月24日、黒川文雄氏が主催するトークイベント“エンタテインメントの未来を考える会”(黒川塾)の第47回が開催された。その模様を大ボリュームでリポートする。