『テイルズ オブ エクシリア』連載第1回:キャラクターCGへのこだわり

ゲーム プレイステーション3
バンダイナムコゲームスより2011年9月8日に発売予定のRPG『テイルズ オブ エクシリア』。本作に込めたこだわりを開発スタッフが語る連載がスタート。第1回は、キャラクターCG作成を担当したナムコ・テイルズスタジオの武者匡彦氏が登場。

 バンダイナムコゲームスより2011年9月8日に発売予定のRPG『テイルズ オブ エクシリア』。シリーズ生誕15周年記念タイトルたる本作に込めた並々ならぬこだわりを、開発スタッフに語ってもらうぞ。今回は、キャラクターCG作成を担当したナムコ・テイルズスタジオの武者匡彦氏だ。


●“揺るぎなき信念のRPG”にふさわしいCGを

ナムコ・テイルズスタジオ
武者匡彦氏

皆さん、こんにちは!
ナムコ・テイルズスタジオの武者と申します。キャラクター作成班(通称、キャラ班)を代表して、お話をさせていただきます。

テイルズ オブ』シリーズのキャラクターCGを作成するうえで毎回こだわるのは、キャラクターデザイナーの藤島康介先生、いのまたむつみ先生の作風をいかにCGで表現するか、という点です。『エクシリア』のキャラクターCGは、技術的には『ヴェスペリア』の進化形でありつつ、『グレイセス』などで培ったノウハウも活かしています。また、『エクシリア』は比較的シリアスなドラマがくり広げられていくので、その雰囲気に合うよう、CGの頭身を低くせず、両先生のイラストとほぼ同じ頭身で作成することになりました。

『ヴェスペリア』(左写真)では“アニメ”的な表現を、『グレイセス』(右写真)では“水彩画”のような雰囲気を目指しました。いずれも、頭身は両先生のイラストより若干低いです。

『エクシリア』の主人公、ジュードとミラ。どの角度から見てもイラストのイメージとずれないCGを作るのが、難しくも楽しいんですよね。

今回はシリーズで初めて、藤島先生といのまた先生が“共作”なさるということで、両先生がデザインしたキャラクターのCGが並んでも、違和感がないように配慮しなくてはなりませんでした。ただ、この点に関しては、両先生の作風を踏まえてCGを作成するだけで、意外とすんなり、納得がいくものに仕上げることができましたね。両先生も“共作”ということを意識してイラストを描かれたようで、それがそのまま、CGを並べたときの違和感のなさにもつながったのではないでしょうか。

ちなみに、いのまた先生が描いたミラのイラストを見たときは、正直、「この髪型をCGで表現できるかしら!?」と思いましたが、がんばりました!

また、物語の序盤でジュードとミラは全身ビショ濡れになるのですが、ここで注目してみてほしいのが髪の表現です。とくにミラは、髪が濡れていることが見るからに伝わるかと。こういったシーンのために、濡れたとき専用の全身CGも用意しました。

主人公のふたりを始め、どのキャラクターにも愛着はありますが、僕が個人的にとりわけ気に入っているのはイバルですね。『エクシリア』において、イバルはCGに“遊び”を盛り込める貴重なキャラクターだったんです。イベントシーン作成担当の渋江(康士氏。2011年8月26日更新の記事にて登場予定)から、「こんなポーズや表情ができるCGを作ってほしい」とリクエストされたとき、彼もイバルで“遊ぶ”つもりだということがわかりました(笑)。

ミラのお世話をする“巫子”のイバル。ミラの旅に同行するジュードに対して、感情をあらわにします。

アルヴィンのような“大人”もいい味を出していますよ。『ヴェスペリア』や『グレイセス』のように、CGがある程度デフォルメされている作品で、アルヴィンのような顔のキャラクターを描いたら、ちょっと“怖い人”になってしまうかもしれませんが、『エクシリア』のように頭身が高く、デフォルメがほとんどないCGなら大丈夫だと思いました。ローエンに対しては、ほかの開発スタッフから「顔が濃いね〜」と言われたりもしましたが、それもまた本作ならではの味かと。

傭兵のアルヴィン(上写真)と、老執事のローエン(下写真)。顔のシワなどを細かく描き込みました。

●キャラクターのオシャレも多種多様

本編のお楽しみ要素またはダウンロードコンテンツとして用意しているキャラクターの衣装も、僕たちキャラ班が作成しました。たとえば『アイドルマスター2』風の衣装は、『アイドルマスター2』の開発チームからアイドルのCGデータや資料を預かって作ったものです。とは言え、『エクシリア』とはCGの頭身などがだいぶ違うので、預かったCGデータに手を加えるのではなく、ほとんど“見ながら”作ることになりましたね。これまでに公開している“学園衣装”や“水着”などのほかにも、皆さんのオシャレ心をくすぐる衣装をいろいろ作りましたので、続報をどうぞお楽しみに。

アイドル風、“歌姫”風、学園風、水着などなど……。

また、帽子やメガネといった“アタッチメント”の作成も僕たちが担当しました。アタッチメント自体は『ヴェスペリア』にもあった要素ですが、今回は、大きさや色などを編集できちゃいます。馬場(英雄氏。本作のプロデューサー)に提案したときは驚かれましたけれど、すぐにゴーサインを出してもらえました。多分、僕たちが楽しんで作っていることが伝わったんだと思います(笑)。

ぬいぐるみのアタッチメント“子ドラゴン”は、肩に付けるのが基本ですが、付ける位置や大きさ、角度を調整すれば、帽子のようにもなります。

エクシリア』は、キャラクターが叫んだり悲しんだりと、感情をあらわにするイベントが散りばめられていまして、プレイしていただければ、きっと“CG”ではなく“キャラクター”が物語を紡いでいることを実感していただけると思います。キャラクターの豊かな表情や仕草に、ぜひ注目してください!

(C)いのまたむつみ (C)藤島康介 (C)2011 NAMCO BANDAI Games Inc.
※画面は開発中のものです。

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『フルメタル・パニック! 戦うフー・デアーズ・ウィンズ』 5月31日発売決定! 初回限定版や早期購入特典情報も公開

バンダイナムコエンターテインメントは、プレイステーション4用ソフト『フルメタル・パニック! 戦うフー・デアーズ・ウィンズ』を2018年5月31日発売予定であることを明らかにした。

ゲームクリエイター中裕司氏がスクウェア・エニックスに入社

ゲームクリエイターの中裕司氏が、自身のTwitterにて、2018年1月にスクウェア・エニックスに入社したことを発表した。

あのNBAがeスポーツに本格参入! NBA 2K Leagueのキーパーソンに聞く、eスポーツとしての『NBA 2K』シリーズの可能性

NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)と『NBA 2K 』シリーズの発売元である2Kの親会社、テイクツー・インタラクティブがプロフェッショナルeスポーツリーグNBA 2K League を共同設立。その詳細に迫る。

『Rolling Gunner』開発メンバーインタビュー、かつて僕らを夢中にしたアーケードシューティングゲームの“未来”は、自分たちで切り拓く!

かつてアーケードゲームの開発に携わっていたメンバーが中心となって制作されている、PC用同人シューティングゲーム『Rolling Gunner(ローリングガンナー)』。約3年に及ぶ開発期間の終了を間近に控え、プロジェクトの主要メンバーにゲームの魅力と開発エピソードを伺った。

『モンスターハンター:ワールド』発売当日アップデート情報が公開、イベントギャラリーやプーギーが追加

カプコンは、プレイステーション4用ソフト『モンスターハンター:ワールド』について、発売当日の2018年1月26日に配信されるアップデートver.1.01の情報を公開した。

発売日をチェック! 今週発売されるゲームソフト一覧【2018年1月22日〜2018年1月28日】

2018年1月22日(月)〜2018年1月28日(日)発売予定のゲームソフトをまとめて紹介。

サイバーコネクトツーが監修するオリジナル短編アニメ『メカウデ』が国内クラウドファンディングをスタート

TriFスタジオは、自社で制作するオリジナルアニメ作品『メカウデ』の国内向けクラウドファンディングを“CAMPFIRE”でスタートしたことを発表した。

『デッド オア アライブ エクストリーム ヴィーナス バケーション』プレス対抗フォトリポート企画“うちのルナちゃんを見てくれ”inファミ通.com

コーエーテクモゲームスのTeam NINJAが開発する『デッド オア アライブ エクストリーム ヴィーナス バケーション』が、2017年11月15日よりDMM GAMESでサービス中。2018年1月18日のアップデートでは、新キャラクター・ルナが登場した。本記事では、プレス対抗フォトリポート企画“うちのルナちゃんを見てくれ”を展開するほか、担当ライターによるルナの感想もお届けする。

パッチ4.2 暁光の刻は1月30日に公開! 第41回『FFXIV』プロデューサーレターLIVE

『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)の次期大型アップデート“パッチ4.2 暁光の刻”の魅力が紹介された、第41回プロデューサーレターLIVEの模様をお伝えする。

『ブレイブルー』10周年ANNIVERSARYサイトにて新イメージイラストが公開 『ブレイブルー』のこれまでの歴史を振り返るページも

アークシステムワークスは、2D対戦格闘ゲーム『ブレイブルー』の10周年をお祝いする“BLAZBLUE 10th ANNIVERSARY”サイトを更新したことを発表した。