『ヒーローズファンタジア』各キャラクターの未公開必殺技カットを一挙公開

ゲーム PSP
アニメ10作品のキャラクターたちが共演を果たす新作RPG『ヒーローズファンタジア』。今回は、アニメ表現を用いた各キャラクターの必殺技シーンを公開。

●アニメ表現を多用した究極の必殺技演出に酔いしれろ!

 バンプレストが贈る新たなキャラクター混載シリーズは、アニメ10作品のキャラクターたちが集結したRPG。各作品世界がクロスオーバーすることで紡がれるストーリーとともに、アニメ表現を活かした演出も大きな魅力のひとつだ。今回は、各キャラクターの必殺技演出を一挙に公開していくぞ。

■カズマ:衝撃のファースト・ブリッド (作品名:『スクライド』)

 “アルター能力”と呼ばれる特殊能力を持つカズマの必殺技は、その力によって変化した右腕“シェルブリッド”から強力なパンチを叩き込むもの。背中の羽のうちの1枚を消費することで爆発的な推進力を生み出し、その加速を利用して敵に突撃しつつ拳を叩き込む。

01_020000284
01_020000301
01_020000373
01_020000429
01_020000491
01_020000500

■オーフェン:我は砕く原始の静寂 (作品名:『魔術士オーフェン』)

 オーフェンの武器は音声魔術。呪文を唱えると高エネルギーの波動を放出する。手のひらで空間そのものを歪ませ、それを開放することで巨大な衝撃波が発生。爆砕が敵を飲み込む、強力な必殺技を放つ。

05_060000106
05_060000219
05_060000405
05_060000454
05_060000602
05_060000660

■リウイ:リウイパンチ (作品名:『魔法戦士リウイ』)

 魔法戦士といいながら、じつは肉弾系ファイターであるリウイは、杖を振りかざすものの、けっきょく本能の趣くままに拳をくり出す必殺技“リウイパンチ”で敵を粉砕する。

06_010000120
06_010000272
06_010000294
06_010000535
06_010000588
06_010000666

■読子・リードマン:ザ・ペーパー (作品名:『R.O.D -READ OR DIE-』)

 紙の束を刀状にして敵を切り裂く読子の技。トランクから放出された紙の束を自在に操り、紙の手裏剣や紙飛行機を敵の急所目掛けて発射する。

02_030000195
02_030000281
02_030000404
02_030000523
02_030000550
02_030000614

■ケロロ:アンゴル・モアの黙示録撃(ハルマゲドン) (作品名:『ケロロ軍曹』)

 地球侵略のためにさまざまな手段を持つケロロの必殺技は、モアへの攻撃要請。本来の姿に戻ったモアがくり出す“ルシファースピア”は、威力をぐっと抑えて地球を叩くだけで、とてつもない破壊力を伴った攻撃として敵を襲う!

keroro02
keroro03
keroro04
keroro05
keroro06

■鴇羽舞衣:カグツチ (作品名:『舞-HiME』)

 特殊能力“HiME”の使い手である舞衣は、両手を交差して精神を集中させることで、彼女の体からカグツチが出現。そして、彼女の意思に従うかのように、カグツチから巨大な火炎球が放出される。

0000337
0000553
0000787
0000860
0000926
0001152

■音無小夜:斬撃 (作品名:『BLOOD+』)

 刀の使い手である小夜は、彼女の血をブレードに浸透させた後、敵目掛けてジャンプし、一気に振り下ろす一撃を決める。

03_040000259
03_040000524
03_040000763
03_040000833
03_040001025
03_040001064

■黒:電撃 (作品名:『DARKER THAN BLACK-黒の契約者-』)

 ワイヤーつきのナイフを投擲して攻撃する黒。彼の必殺技は、ベルトに仕込んだワイヤーを敵にからませ、手のひらから発生させた電撃をワイヤーに伝えて攻撃する強力な一撃だ。

02
03
05a
07
08a
09

■リナ=インバース:竜破斬(ドラグ・スレイブ) (作品名:『スレイヤーズREVOLUTION』)

 魔法を得意とするリナの必殺技は、両手のあいだに発生させた赤光を放出する強力なもの。決まれば、街ひとつを吹き飛ばすほどの威力を誇る。

00_000000233
00_000000629
00_000001246
00_000001303
00_000001336
00_000001440

■蘇芳・パブリチェンコ:狙撃 (作品名:『DARKER THAN BLACK-流星の双子-』)

 契約者である蘇芳の技は、流星核の力で体から出現させた対戦車ライフルを用いた、連続での発砲。最後に、契約の対価として一匹の鶴が折られる。

suou01
suou02
suou03
suou04
suou05
suou06
ヒーローズファンタジア
メーカー バンダイナムコゲームス
対応機種 PSP(プレイステーション・ポータブル)
発売日 今冬発売予定
価格 価格未定
ジャンル RPG / アニメ
備考 開発:ウィッチクラフト
(C)秋田禎信・草河遊也/角川書店・TBS (C)神坂一・あらいずみるい/富士見書房/スレイヤーズR製作委員会 (C)サンライズ (C)BONES・岡村天斎/DTB製作委員会・MBS (C)BONES・岡村天斎/DTBG製作委員会・MBS (C)水野良・横田守/魔法戦士リウイ製作委員会 (C)吉崎観音/角川書店・サンライズ・テレビ東京・NAS・BV (C)2001,2002 スタジオオルフェ/アニプレックス (C)2005 ProductionI.G・Aniplex・MBS・HAKUHODO (C)2011 NBGI ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

ついに開催! 『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』をひと足早く試遊できるイベントの大阪会場の模様をお届け!【DQXIカウントダウンカーニバル】

2017年5月27日を皮切りに全国5都市で実施される“ドラゴンクエストXI カウントダウンカーニバル”。世界最速で試遊できる大阪会場の模様をお届けします!

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』のWeb映像が公開、勇者たちの30年間が蘇る!

スクウェア・エニックスは、2017年7月29日発売予定のニンテンドー3DS、プレイステーション4用ソフト『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』について、Web映像「あの頃、僕らは勇者だった」を公開した。

『Far Cry 5』海外での発売日は2018年2月27日であると発表、アナウンスメントトレーラーが公開【海外ニュース】

ユービーアイソフトの『Far Cry 5』のアナウンスメントトレーラーが公開され、海外における発売日は2018年2月27日であることが明らかになった。

『ARMS』先行オンライン体験会“のびーるウデだめし”のプレイリポートをお届け! 発売前にパーティマッチで遊べるチャンス!!

任天堂から2017年6月16日に発売が予定されているNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)用ソフト『ARMS』。その先行オンライン体験会が、2017年5月27日の9時00分よりスタート。その模様をリポートしよう。

『モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.』インターネット通信で3DS版とのマルチプレイが可能! セーブデータの相互移行も可能

『モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.』について、マルチプレイやセーブデータ相互移行の情報が公開された。

『モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.』スペシャルパック発売決定、ハンター仕様のハード本体とソフトがセットに

カプコンは、Nintendo Switch用ソフト『モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.』と、特別なデザインのNintendo Switch本体をセットにした“『モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.』スペシャルパック”を、2017年8月25日(金)に発売することを発表した。

『モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.』8月25日(金)発売決定!

カプコンは、Nintendo Switch用ソフト『モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.』を、8月25日(金)に発売することを発表した。

『銀魂』屈指の“泣ける”エピソードを実写映画『銀魂』キャスト&スタッフ陣によりオリジナルドラマ化! dTVで独占配信決定

映像配信サービス“dTV”が小栗旬主演で初の実写映画化を果たした劇場版『銀魂』のキャスト・スタッフが集結したオリジナルドラマを制作し、2017年7月15日(土)から独占配信することを発表した。また、アニメ『銀魂』と同じキャスト陣によるムービーコミックなども配信中。

Discover Japan! と叫びたくなる国産インディーゲーム7選【A 5th of BitSummit】

“A 5th of BitSummit”に出展されていたゲームの中から、担当記者注目のタイトルを紹介する短期集中連載記事の3回目は、日本国内に拠点をおくデベロッパー製の7タイトル。