ダウンロードコンテンツ&ゲームシステムを紹介!!『機動戦士ガンダム 新ギレンの野望』

PSP
本作は、コアな『ガンダム』ファンを中心に熱烈な支持を集めている、『ギレンの野望』シリーズの最新作。今回は、従来のシリーズから一新されたゲームシステムを、本誌編集者がゲームをプレイした感想とともに紹介。

●生まれ変わったゲームシステムとダウンロードシナリオを公開!

 本作は、コアな『ガンダム』ファンを中心に熱烈な支持を集めている、『ギレンの野望』シリーズの最新作。今回は、従来のシリーズから一新されたゲームシステムを、本誌編集者がゲームをプレイした感想とともに紹介。また、有料ダウンロードコンテンツとして配信予定となっている、4人のキャラクターのシナリオを公開! パイロットとして戦えるほか、技術士官になれる異色の内容も!?

●ワールドマップ&拠点

 前作では、宇宙も地球も、複数のエリアでマップが区切られていた。本作では、宇宙と地球で各1枚の、巨大なマップに変更された。拠点に侵攻すると、ターンの終わりに局地戦が行われる仕組み。

01
02
03
04

エリアの区切りがなくなり、部隊展開の自由度がアップした。なお、ワールドマップ上で、赤(ジオン軍の領地)か青(連邦軍の領地)で囲まれている場所が拠点だ。

拠点内には、拠点を制圧している勢力のユニットが配備される。拠点内のユニットの配置は、任意に変更が可能。

拠点近くのマスでは、突破コマンドが使えることがある。突破を使うと、目の前に敵部隊がいても無視して拠点に侵攻できるのだ。

05
06

拠点戦は自軍と敵軍が行動した後に発生し、1度に最大5ターンまで行われる。なお、拠点戦はコンピューターに任せることも可能。

●生産機体数制限

 軍全体で保有できるユニットは、最大で300となる。また、ガンタンクなら15機まで、ガンダムなら1機のみといった具合に、機体ごとに生産数に上限がある。ガンダムを300機作ったりすることはできないので、バランスよく生産しよう。

07

量産機は多数作れるが、専用機は少数しか作れない。

●命令

 パイロットシナリオや司令官シナリオでは、基本的に自分の部隊以外は、すべてコンピューターが操作する。ただし、功績を上げたり、ターンの経過で入手できる発言力ポイントを消費することで、指定したユニットを1ターンだけ動かせる。

08

必要な発言力ポイントは少ないので、気軽に使える。

●パイロットと機体の編入

 命令と同じく、パイロットや司令官のシナリオで使えるコマンド。大量の発言力ポイントを消費することで、ユニットを自分の部隊に引き入れられる。編入できるのは自軍のみで、キャラクターの場合は自分より階級が低い者。階級は低いが有能なキャラクターを編入すれば、部隊がより強力になる。

11
12

キャラクターの能力やユニットの性能が高ければ高いほど、編入に必要な発言力ポイントは増加。

●ダウンロードコンテンツ紹介

13
14

<ハサウェイ・ノア>
ブライト艦長の息子、ハサウェイとなって戦場を駆けるシナリオ。偶然に出会ったが、シャアのもとに去ってしまったクェス・パラヤという少女を助けることができるのか? 強敵がひしめく戦場で、自身はもちろん、クェスも守らなくてはならない。

15
16
17

<ギュネイ・ガス>
強化人間のギュネイ・ガスが主人公。負けん気が強いギュネイは、総帥でありエースパイロットでもあるシャアを超えることを目標にしている。連邦軍のエース、アムロを見事討ち取って、シャア超えを果たせるか?

18
19
21
22

<テム・レイ>
技術士官の立場でプレイできる変わり種シナリオ。ダウンロードコンテンツならではの要素のひとつだ。部隊は一切操作せずに、兵器の研究と開発のみを行う。シナリオが進むと、自身が出撃する場面も出てくる!?

24
25
26

ジオン軍が誇る武人、ランバ・ラルが主役のシナリオ。原作ではガンダムに善戦するも敗れたラルだが、本作では立ち回りかた次第で、ガンダムをも打ち破ることができるはずだ。

※詳しくは週刊ファミ通2011年8月18・25日合併号(2011年8月4日発売)をチェック!

機動戦士ガンダム 新ギレンの野望
メーカー バンダイナムコゲームス
対応機種 PSP(プレイステーション・ポータブル)
発売日 2011年08月25日発売予定
価格 6280円[税込]
ジャンル シミュレーション / ロボット
備考
(C)創通・サンライズ

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

その極上のカクテルが真実へのカギとなる。もうひとつのサイバーパンクバーテンADV『The Red Strings Club』が日本語対応で配信

Deconstruct TeamのPC用アドベンチャーゲーム『The Red Strings Club』が、日本語対応で本日より配信開始。

『フルメタル・パニック! 戦うフー・デアーズ・ウィンズ』 5月31日発売決定! 初回限定版や早期購入特典情報も公開

バンダイナムコエンターテインメントは、プレイステーション4用ソフト『フルメタル・パニック! 戦うフー・デアーズ・ウィンズ』を2018年5月31日発売予定であることを明らかにした。

ゲームクリエイター中裕司氏がスクウェア・エニックスに入社

ゲームクリエイターの中裕司氏が、自身のTwitterにて、2018年1月にスクウェア・エニックスに入社したことを発表した。

あのNBAがeスポーツに本格参入! NBA 2K Leagueのキーパーソンに聞く、eスポーツとしての『NBA 2K』シリーズの可能性

NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)と『NBA 2K 』シリーズの発売元である2Kの親会社、テイクツー・インタラクティブがプロフェッショナルeスポーツリーグNBA 2K League を共同設立。その詳細に迫る。

『Rolling Gunner』開発メンバーインタビュー、かつて僕らを夢中にしたアーケードシューティングゲームの“未来”は、自分たちで切り拓く!

かつてアーケードゲームの開発に携わっていたメンバーが中心となって制作されている、PC用同人シューティングゲーム『Rolling Gunner(ローリングガンナー)』。約3年に及ぶ開発期間の終了を間近に控え、プロジェクトの主要メンバーにゲームの魅力と開発エピソードを伺った。

『モンスターハンター:ワールド』発売当日アップデート情報が公開、イベントギャラリーやプーギーが追加

カプコンは、プレイステーション4用ソフト『モンスターハンター:ワールド』について、発売当日の2018年1月26日に配信されるアップデートver.1.01の情報を公開した。

発売日をチェック! 今週発売されるゲームソフト一覧【2018年1月22日〜2018年1月28日】

2018年1月22日(月)〜2018年1月28日(日)発売予定のゲームソフトをまとめて紹介。

サイバーコネクトツーが監修するオリジナル短編アニメ『メカウデ』が国内クラウドファンディングをスタート

TriFスタジオは、自社で制作するオリジナルアニメ作品『メカウデ』の国内向けクラウドファンディングを“CAMPFIRE”でスタートしたことを発表した。

『デッド オア アライブ エクストリーム ヴィーナス バケーション』プレス対抗フォトリポート企画“うちのルナちゃんを見てくれ”inファミ通.com

コーエーテクモゲームスのTeam NINJAが開発する『デッド オア アライブ エクストリーム ヴィーナス バケーション』が、2017年11月15日よりDMM GAMESでサービス中。2018年1月18日のアップデートでは、新キャラクター・ルナが登場した。本記事では、プレス対抗フォトリポート企画“うちのルナちゃんを見てくれ”を展開するほか、担当ライターによるルナの感想もお届けする。

パッチ4.2 暁光の刻は1月30日に公開! 第41回『FFXIV』プロデューサーレターLIVE

『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)の次期大型アップデート“パッチ4.2 暁光の刻”の魅力が紹介された、第41回プロデューサーレターLIVEの模様をお伝えする。