“PHANTASM Live 〜漆黒のミサ〜”でファンタズムが渋谷にリアルブート!

アニメ ゲーム
『カオスヘッド』に登場し、同作の楽曲や『シュタインズ・ゲート』のエンディング曲など、科学アドベンチャーシリーズでおなじみとなっているバンド“ファンタズム”のワンマンライブが、2011年7月30日、東京渋谷の恵比寿リキッドルームにて開催された。

●ファンタズムが渋谷に顕現!

 『カオスヘッド』に登場し、同作の楽曲や『シュタインズ・ゲート』のエンディング曲など、科学アドベンチャーシリーズでおなじみとなっているバンド“ファンタズム”。ゲームやアニメなど、2次元世界から現実世界へとリアルブートされたファンタズムのワンマンライブが、2011年7月30日、東京渋谷の恵比寿リキッドルームにて開催された。

 同ライブは昨今のアニメやゲームのライブとは異なり、サイリュームなどの光りモノの持ち込みが禁止されて実施。開演をいまかと待ちわびるファンの熱気が高まるなか、会場に雷鳴が轟く。照明が落とされ、揺れるシャンデリアとステージの映像のみが煌々と光を放つと、バンドメンバーが続々と登場する。そして、最後に満を持してヴォーカルのFES(cv:榊原ゆい)がステージに姿を現し、テレビアニメ『カオスヘッド』の挿入歌となっていた『磔のミサ』を激しく歌い上げる。会場のファンも拳を振り上げ、声を張り上げて盛り上がっていく。

phan01
phan02
phan03
phan04

 1曲目が終わると、「漆黒のミサへようこそ。ファンタズムは今夜だけの幻影。かつて私が妄想し、小羊たちが渇望した祈りは、今日届いたわ。大いなる意志は再び私を召喚した。またこうして君たちの前に魂をさらけ出せる。この私の悦びをどうか感じて。私を見つめて。世界はより深く邪神王に蝕まれ、狂気と絶望の淵へと墜落してしまった。けれど、今日も空気はとても澄んでいるから、この漆黒の闇の底で私は歌うわ」と語るFES。そう、今回のライブはファンタズムのライブ、ということで完全にファンタズムのFESとしてファンへ語りかけるという構成となっていたのだ。MCのシナリオを手掛けたのは、原作のシナリオを担当した林直孝氏ということで、ファンもその世界観に圧倒されていた。

phan05
phan07
phan09
phan10
phan13
phan20

 途中、『闇に光を灯す者』を歌い終えると、会場には『シュタインズ・ゲート』でおなじみの『Gate of Steiner』が流れ始める。そしてここからは、『運命のファルファッラ』や『プレギエーラの月夜に』など、『シュタインズ・ゲート』関連楽曲を披露。会場からは曲の合間にFESに心酔しきったファンから、「FES―――――!」という叫びが聞こえ始め、その世界観が徐々にファンの心をわしづかみにしていく。さらに『カオスヘッド』の挿入歌などがくり広げられ、最後の曲は現在テレビアニメ放送中の『シュタインズ・ゲート』エンディングテーマ『刻司ル十二ノ盟約』。会場を歌で漆黒に染め上げたFESは、「ありがとう」というひと言とともにバンドメンバーを引き連れてステージを後にする。

phan11
phan12
phan14
phan15
phan17
phan18
phan16
phan22

 すると会場からは、「アンコール!」という声が響き渡る。その声は徐々にリズムを変化をさせていき、最終的には「FES!」コールに。このファンからの声に応えるように、再びステージへと降臨したFESは、スローバラード『アレルイヤの福音』で会場を魅了すると、続けて『グラジオール』を披露。Xbox 360版『カオスヘッド ノア』のエンディング曲から、PC版『カオスヘッド』のエンディング曲という構成に、すっかり心をわしづかみにされるオーディエンス。そして、「ラストォォォォ!」というFESの力強いシャウトが響き渡ると『密教の首飾り』へ。これまで以上にヒートアップする会場。熱気に包まれる中、FESもよりアツく激しく同曲を歌い上げ、ライブは幕を終了。最後の最後まで、一貫してFESとして、ファンタズムとしてライブをやり遂げた榊原は、ライブ中つねに睨みをきかせ続けた目を、このときばかりは少し緩めて、会場のファンを温かい眼差しで見つめ続けた。そして、アツく盛り上がったファンたちは、「ファンタズムは今夜だけの幻影」とFESは語ったが、まぎれもなくそこにファンタズムが存在したことを実感したことだろう。

 なお、ライブ終演後にはMAGES.の金谷プロデューサーのTwitterにて、「ファンタズムはまだまだ続きます! アニサマ、アルバム、ライブDVD! とか」とコメント。今後の続報にも期待がかかるところだ。

phan06
phan08
phan19
phan21
phan23
phan24

PHANTASM Live 〜漆黒のミサ〜
セットリスト
01. 磔のミサ
02. 遥かなるイディヨナ
03. イノセンス〜殺戮の創世記詩編 最終章より〜
04. 闇に光を灯す者
05. 運命のファルファッラ
06. マスカレード〜ノア第三章列王新世紀編より〜
07. プレギエーラの月夜に
08. 麗しきセデュース
09. EUPHORIA〜償いのレクイエム〜
10. 罪過に契約の血を
11. 贖罪のエロティカ
12. 祈りのヴァイオレット
13. 翡翠のカヴィリエーレ
14. 嘆きのアラベスク
15. 刻司ル十二ノ盟約

――Encore――
16. アレルイヤの福音
17. グラジオール
18. 密教の首飾り

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『ドロヘドロ』シルバーネックレスが発売。カイマン、心、煙のマスクを再現したちょっと自慢したくなる仕上がり

ユートレジャーは、『ドロヘドロ』に登場するカイマン、心、煙のマスクを再現したネックレスの予約受付を開始した。価格は各19800円[税込]。

【FGO】CBC2020開催、アルテラ(サンタ)復刻決定。“スペシャルトーク in 大阪”生放送新発表まとめ

“FGOスペシャルトーク in 大阪”にて公開された『Fate/Grand Order』やFGO PROJECTの最新情報をまとめてお届けする。

折りたたみスマホ“Galaxy Z Flip”2/28(金)発売決定! 開くと約6.7インチの大画面、閉じるとコンパクトサイズに

Galaxyは、ふたつ折りできるスマートフォン“Galaxy Z Flip(ギャラクシーゼットフリップ)”を2020年2月28日(金)より発売開始する。開くと約6.7インチの大画面サイズ、折りたたむと手のひらに収まるコンパクトデザインとなっている。

【FGO】フィンの宝具演出&モーション改修決定。さまざまなデータやランキングが公開【カルデアパークキャラバン大阪】

“FGO カルデアパークキャラバン 2019-2020”大阪会場でフィン・マックールのバトルモーション改修&宝具演出のリニューアルが発表された。

ユニクロ『スーパーマリオ』モチーフの新作Tシャツ(UT)発売。シックなデザインの8種類のバリエーション

ユニクロのTシャツ“UT”から、“スーパーマリオ”モチーフの新作Tシャツ8種類が発表された。

『仮面ライダー電王』10年ぶりの復活! 『りさいくるずー』、『映画 ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』“東映まんがまつり”のサブタイトルが解禁!

2020年4月24日公開予定の“東映まんがまつり”について、本イベントにて上映予定の映画のサブタイトルが解禁された。

【今日は何の日?】『ニーア オートマタ』3周年。ヨコオタロウ氏が描く世界観と2B、9S、A2ら魅力的なキャラに心奪われる人が続出

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。2017年2月23日は、『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』が発売された日です。

本日2/23にアニメ『鬼滅の刃』15話〜26話が無料一挙放送

アニメ『鬼滅の刃』15話〜第26話の無料一挙配信が本日2月23日(日)にAbemaTVで実施。配信時間と配信ページを紹介する。

【ニチアサレビュー】早くも正体バレ!? 『ヒーリングっど プリキュア』第3話、2人目のプリキュア・キュアフォンテーヌが登場

2020年2月16日に、アニメ『ヒーリングっど プリキュア』第3話が放送された。不思議な生き物・ラビリンたちと出会ってプリキュアに変身することになったのどかは、温泉旅館で2人目のプリキュア・キュアフォンテーヌと出会う。

【週間PVランキング】『FF7 リメイク』レッドXIIIの声優や召喚獣などを紹介した記事が首位に【2/14〜2/20】

ファミ通ドットコムで2020年2月14日〜2月20日に掲載した記事の週間ページビュー(PV)ランキングTOP10をお届け!