“PHANTASM Live 〜漆黒のミサ〜”でファンタズムが渋谷にリアルブート!

アニメ ゲーム
『カオスヘッド』に登場し、同作の楽曲や『シュタインズ・ゲート』のエンディング曲など、科学アドベンチャーシリーズでおなじみとなっているバンド“ファンタズム”のワンマンライブが、2011年7月30日、東京渋谷の恵比寿リキッドルームにて開催された。

●ファンタズムが渋谷に顕現!

 『カオスヘッド』に登場し、同作の楽曲や『シュタインズ・ゲート』のエンディング曲など、科学アドベンチャーシリーズでおなじみとなっているバンド“ファンタズム”。ゲームやアニメなど、2次元世界から現実世界へとリアルブートされたファンタズムのワンマンライブが、2011年7月30日、東京渋谷の恵比寿リキッドルームにて開催された。

 同ライブは昨今のアニメやゲームのライブとは異なり、サイリュームなどの光りモノの持ち込みが禁止されて実施。開演をいまかと待ちわびるファンの熱気が高まるなか、会場に雷鳴が轟く。照明が落とされ、揺れるシャンデリアとステージの映像のみが煌々と光を放つと、バンドメンバーが続々と登場する。そして、最後に満を持してヴォーカルのFES(cv:榊原ゆい)がステージに姿を現し、テレビアニメ『カオスヘッド』の挿入歌となっていた『磔のミサ』を激しく歌い上げる。会場のファンも拳を振り上げ、声を張り上げて盛り上がっていく。

phan01
phan02
phan03
phan04

 1曲目が終わると、「漆黒のミサへようこそ。ファンタズムは今夜だけの幻影。かつて私が妄想し、小羊たちが渇望した祈りは、今日届いたわ。大いなる意志は再び私を召喚した。またこうして君たちの前に魂をさらけ出せる。この私の悦びをどうか感じて。私を見つめて。世界はより深く邪神王に蝕まれ、狂気と絶望の淵へと墜落してしまった。けれど、今日も空気はとても澄んでいるから、この漆黒の闇の底で私は歌うわ」と語るFES。そう、今回のライブはファンタズムのライブ、ということで完全にファンタズムのFESとしてファンへ語りかけるという構成となっていたのだ。MCのシナリオを手掛けたのは、原作のシナリオを担当した林直孝氏ということで、ファンもその世界観に圧倒されていた。

phan05
phan07
phan09
phan10
phan13
phan20

 途中、『闇に光を灯す者』を歌い終えると、会場には『シュタインズ・ゲート』でおなじみの『Gate of Steiner』が流れ始める。そしてここからは、『運命のファルファッラ』や『プレギエーラの月夜に』など、『シュタインズ・ゲート』関連楽曲を披露。会場からは曲の合間にFESに心酔しきったファンから、「FES―――――!」という叫びが聞こえ始め、その世界観が徐々にファンの心をわしづかみにしていく。さらに『カオスヘッド』の挿入歌などがくり広げられ、最後の曲は現在テレビアニメ放送中の『シュタインズ・ゲート』エンディングテーマ『刻司ル十二ノ盟約』。会場を歌で漆黒に染め上げたFESは、「ありがとう」というひと言とともにバンドメンバーを引き連れてステージを後にする。

phan11
phan12
phan14
phan15
phan17
phan18
phan16
phan22

 すると会場からは、「アンコール!」という声が響き渡る。その声は徐々にリズムを変化をさせていき、最終的には「FES!」コールに。このファンからの声に応えるように、再びステージへと降臨したFESは、スローバラード『アレルイヤの福音』で会場を魅了すると、続けて『グラジオール』を披露。Xbox 360版『カオスヘッド ノア』のエンディング曲から、PC版『カオスヘッド』のエンディング曲という構成に、すっかり心をわしづかみにされるオーディエンス。そして、「ラストォォォォ!」というFESの力強いシャウトが響き渡ると『密教の首飾り』へ。これまで以上にヒートアップする会場。熱気に包まれる中、FESもよりアツく激しく同曲を歌い上げ、ライブは幕を終了。最後の最後まで、一貫してFESとして、ファンタズムとしてライブをやり遂げた榊原は、ライブ中つねに睨みをきかせ続けた目を、このときばかりは少し緩めて、会場のファンを温かい眼差しで見つめ続けた。そして、アツく盛り上がったファンたちは、「ファンタズムは今夜だけの幻影」とFESは語ったが、まぎれもなくそこにファンタズムが存在したことを実感したことだろう。

 なお、ライブ終演後にはMAGES.の金谷プロデューサーのTwitterにて、「ファンタズムはまだまだ続きます! アニサマ、アルバム、ライブDVD! とか」とコメント。今後の続報にも期待がかかるところだ。

phan06
phan08
phan19
phan21
phan23
phan24

PHANTASM Live 〜漆黒のミサ〜
セットリスト
01. 磔のミサ
02. 遥かなるイディヨナ
03. イノセンス〜殺戮の創世記詩編 最終章より〜
04. 闇に光を灯す者
05. 運命のファルファッラ
06. マスカレード〜ノア第三章列王新世紀編より〜
07. プレギエーラの月夜に
08. 麗しきセデュース
09. EUPHORIA〜償いのレクイエム〜
10. 罪過に契約の血を
11. 贖罪のエロティカ
12. 祈りのヴァイオレット
13. 翡翠のカヴィリエーレ
14. 嘆きのアラベスク
15. 刻司ル十二ノ盟約

――Encore――
16. アレルイヤの福音
17. グラジオール
18. 密教の首飾り

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『ドラゴンクエストライバルズ エース』真3弾カードパック“星降りの決戦”が配信開始。武闘家のアナザーリーダー“ハッサン”が登場

スクウェア・エニックスは、対戦デジタルカードゲーム『ドラゴンクエストライバルズ エース』の真3弾カードパック“星降りの決戦”を本日2021年2月25日(木)より配信開始した。

【週間PVランキング】『スプラ3』『戦国無双5』『聖剣伝説LoM』などが発表されたニンテンドーダイレクトのニュースがランキングを席巻!

ファミ通ドットコムで2021年2月12日〜2月18日に掲載した記事の週間ページビュー(PV)ランキングTOP10をお届けする。

『とある科学の超電磁砲T』御坂美琴の等身大アクリルスタンド(19万8000円)が発売決定。家に帰ればいつでもレールガン

AMUSE QUESTは、オンラインショッピングサイト・A!SMART(アスマート)にて、『とある科学の超電磁砲T』新グッズの予約販売を開始した。御坂美琴の等身大アクリルスタンドは19万8000円[税込]。

スタジオジブリ全26作品の魅力を詰め込んだ『スタジオジブリ全作品集』が4月21日発売。作品解説や制作秘話などを収録

講談社は、スタジオジブリのアニメ26作品をまるごと一冊で紹介する書籍『スタジオジブリ全作品集』を2021年4月21日に発売すると決定し、予約受付を開始した。

『ドトリ』Switch版が配信開始。さらわれた妹を取り戻すリスの物語を描いた横スクロールアクション

CFKは、Nintendo Switch版『ドトリ』の配信を開始した。また、3月9日までの期間限定でニンテンドーeショップとSteamストアにて同作の20%OFFセールも開催中。

アニメ『約束のネバーランド』を紹介。2期も好評放送中。アマプラ一気観で追いついてみては?【アマゾンプライムビデオおすすめ】

現在アマゾンプライムで第1シーズン・全12話が配信されているアニメ『約束のネバーランド』。鬼の餌となる“食用児”たちの脱出劇を描いたサスペンスですが、鬱々とした展開を吹き飛ばす爽快感も味わえると話題のようです。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』アスカが双刃薙刀を構えたフィギュア発売決定。あみあみ公式サイト撮り下ろし画像が公開

大網は、あみあみオンラインショップで取り扱い中のフィギュア“シン・エヴァンゲリオン劇場版 式波・アスカ・ラングレー [EVA2020] 1/6スケール 完成品フィギュア”の撮りおろし画像を公開した。

Netflixアニメ『パシフィック・リム:暗黒の大陸』日本語吹き替え版予告編の第2弾が公開。キーアート&新場面写真も解禁!

2021年3月4日より配信される、Netflixオリジナルアニメシリーズ『パシフィック・リム:暗黒の大陸』について、日本語吹き替え版予告編の第2弾、キーアート、新場面写真が公開された。

アニメ『ケロロ軍曹』OP曲『君にジュースを買ってあげる』が懐かしい! グループ魂のパフォーマンスにエモさ大爆発

2021年1月1日、YouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』に降臨した人気バンド・グループ魂。アニメ『ケロロ軍曹』のOP曲として注目を集めた『君にジュースを買ってあげる▽』(※▽はハートマーク)を披露し、懐かしさのあまりファンを驚かせたようで……。

日本のサッカーシーンとともに育ってきた『サカつく』が25周年! シリーズを振り返りつつ、最新作『サカつくRTW』を紹介

1996年にセガサターンで初代作が発売され、『サカつく』の愛称で親しまれてきた『プロサッカークラブをつくろう!』。そんな『サカつく』シリーズが2021年2月23日、25周年に突入した。これを記念して、シリーズを振り返りつつ、最新作『サカつくRTW』を紹介!