すぎやま氏と行く音楽の旅――“第25回 ファミリークラシックコンサート ドラゴンクエストの世界”が開催

ゲーム
『ドラゴンクエスト』シリーズの楽曲を手掛けるすぎやまこういち氏による毎年恒例のオーケストラコンサート“ファミリークラシックコンサート ドラゴンクエストの世界”が、2011年8月3日の東京・上野にある東京文化会館大ホールで開催された。

●『ドラクエ』の音楽を作ることは「天から与えられた職業」(すぎやま氏)

 『ドラゴンクエスト』シリーズの楽曲を手掛けるすぎやまこういち氏による毎年恒例のオーケストラコンサート“ファミリークラシックコンサート ドラゴンクエストの世界”が、2011年8月3日の東京・上野にある東京文化会館大ホールで開催された。25回目となる今年は、『ドラゴンクエストVII〜エデンの戦士たち〜』の楽曲で構成。国民的RPGと呼ばれる『ドラゴンクエスト』のコンサートというだけあって、老若男女問わず非常に幅広い年齢層のファンが足を運んだ。ちなみに、スタッフに話を聞いたところファミリークラシックコンサートは非常にリピーターが多いのが特徴だと言う。十年以上にわたって通い続けている人も少なくないそうで、作品だけでなく音楽でも多くの人を魅了していることがうかがえる。なお、今回は会場の都合で写真撮影ができなかったため、コンサートの模様をお見せすることはできないが、座席はほぼ満席。開演までのあいだ『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』を起動してすれちがい通信をする人がいたりと、ならではの光景を見ることもできた。

110803fcc25omotebig
110803fcc25urabig

 さて、コンサートの内容だが、開幕を告げる『序曲のマーチVII』の冒頭の高音が会場に鳴り響いた瞬間、身震いするほどの興奮を得るとともに、それだけで早くも「あー、来てよかった!」と大満足してしまった。記者は専門知識があるわけではないので音楽について語る言葉は多くないのだが、『序曲』はたとえシリーズ作品を遊んだことがない人でもまず間違いなく知っているであろうし、個人的にあのメロディーは無条件に気持ちを高揚させてくれるものだと考えている。『ドラゴンクエスト』シリーズが国民的RPGならば、『序曲』は国民的楽曲と呼んでもいいのではないだろうか。……さすがに言い過ぎな気もするが、少なくとも今日会場でいっしょに『序曲』を生で聴いた人はこの意見に同意してくれるはずだ。

 楽曲の魅力は言わずもがなの本コンサートだが、もうひとつ外せないものにすぎやま氏の“お話”がある。曲の合間に行われるお話では、『ドラゴンクエスト』シリーズの話題はもちろんのこと、同氏の音楽およびコンサートに対する思いなども聞くことができて非常に興味深い。たとえば今回のお話ですぎやま氏は、自分が『ドラゴンクエスト』シリーズの楽曲を作ることについて「天から与えられた職業。天職です」と説明していた。また、『ドラゴンクエスト』シリーズに限らずファンタジー作品のおもしろさとは“旅のおもしろさ”を感じることである、と持論を展開したすぎやま氏。そして自身が手掛ける音楽にもそれに近いものがあると説明し、聴くときには“音楽の旅”を楽しんでほしいと呼び掛けた。

 『ドラゴンクエスト』シリーズと言えば、今年25周年を迎え、9月15日にはWiiで『ドラゴンクエスト25周年記念 ファミコン&スーパーファミコン ドラゴンクエストI・II・III』が発売される。お話の中ですぎやま氏は同作にも言及。『I』のころは容量の都合でキャラクターの絵が正面を向いているものしかなかったこと、『I』と『II』にあった“ふっかつのじゅもん”などを振り返り、「『ドラゴンクエストI・II・III』では書かなくてもいいんですよ!」(※)とうれしそうに語っていた。

※収録されている各ソフトでひとつずつ、中断データを記録することができるが、原作通りふっかつのじゅもんも使用可能

 『VII』の楽曲で構成された今回のコンサートだが、アンコールではニンテンドーDS用ソフト『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2 プロフェッショナル』の楽曲『天空の世界』を披露。すぎやま氏的にこの選曲は来場者の予想外を突くという狙いがあったとのことで、会場はその通りの反応を見せることに。意外なラストも含め、すぎやま氏との音楽の旅を来場者は存分に楽しんだようだった。


【交響曲「ドラゴンクエストVII」エデンの戦士たち】
指揮とお話:すぎやまこういち
管弦楽:東京都交響楽団
ソロ・コンサートマスター:矢部達哉

セットリスト
<第1部>
・序曲のマーチVII
・エデンの朝
・封印されし城のサラバンド
・王宮のホルン
・憩いの街角〜パラダイス〜時の眠る園〜うたげの広場〜憩いの街角
・のどかな家並
・哀しみの日々
・失われた世界〜足どりも軽やかに
・迫り来る死の影
・血路を開け〜強き者ども

<第2部>
・スフィンクス〜大神殿
・小舟に揺られて〜海原の王者
・愛する人へ
・トゥーラの舞〜復活のいのり
・魔塔の響き
・哀しみを胸に〜やすらぎの地
・魔法のじゅうたん
・遙かなる空の彼方へ
・オルゴ・デミーラ
・凱旋そしてエピローグ

Copyright 2011 Sugiyama Kobo. All Rights Reserved.

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

ローソンのデザート4種類が新登場。抹茶好き必見のデザート3種類と、サクサクパイといちごソースのミルフィーユクレープがラインアップ

ローソンは、全国のローソン店舗のデザートコーナーにて、新たなデザート4種類を発売する。

『PUI PUI モルカー』ぬいぐるみポーチ、ジオラマポーチの予約受注がスタート。作品のキャラクターや世界観を忠実に再現したデザインに

2021年6月22日、2時はアニメ『PUI PUI モルカー』のグッズ“PUI PUI モルカーもこもこぬいぐるみポーチ”、“PUI PUI モルカージオラマポーチ”の予約受注を開始した。

2021年上半期にもっともツイートされたゲームは『原神』、関連人物はころん(すとぷり)、国内eスポーツチームはDeToNator。Twitter上でのデータが公開

2021年6月22日、Twitter Japanは2021年上半期のTwitterにおけるゲームとeスポーツに関するデータを公開。期間中にもっとも話題になったゲーム、eスポーツチームなどが明らかとなった。

アニメ『アズールレーン びそくぜんしんっ!』דマンハッタンロールアイスクリーム”がコラボ。キャラクターをイメージしたコラボメニューなどが登場

2021年7月9日(金)より、マンハッタンロールはアニメ『アズールレーン びそくぜんしんっ!』とコラボし、登場キャラクターをイメージしたコラボメニューやリジナルグッズを、期間限定での販売することを発表した。

『新すばらしきこのせかい』バトルの基本やシンクロコンボ・マッシュアップなど、キモとなるシステムの詳細が公開。新キャラも明らかに

スクウェア・エニックスは、2021年7月27日発売予定のNintendo Switch、プレイステーション4、PC用ソフト『新すばらしきこのせかい』について、最新情報を公開した。

『夢幻戦士ヴァリス』クラウドファンディング企画がスタート。支援コースの詳細も公開!

2021年6月22日、エディアは『夢幻戦士ヴァリス』のクラウドファンディング企画“ヴァリス復活応援プロジェクト”を、“Makuake”にて開始した。合わせて支援コースやリターン品の詳細も公開。

“AlienwareX”シリーズのプレミアムゲーミングパソコン“New Alienware x17”と“New Alienware x15”が発売開始

デル・テクノロジーズは、本日2021年6月22日(火)、Alienware Xシリーズのプレミアムゲーミングパソコン“New Alienware x17”と“New Alienware x15”の販売を開始した。

『ドラゴンクエストX』×Zoffコラボアイウェアが7月2日より再販決定! スライムやメタルスライムがモデルのアイテムが多数登場

メガネブランド“Zoff”は、『ドラゴンクエストX オンライン』とのコラボアイウェアを2021年7月2日(金)11時より再販する。

【Amazonプライムデー】Switchのインディータイトルがお得に。『カップヘッド』『UNDERTALE』『オーバークック2』など人気タイトルがラインアップ

Amazon.co.jpのプライム会員を対象にした年に一度の大型セール“プライムデー”。セール対象となったNintendo Switch向けインディータイトルをピックアップして紹介!