ぶるぁぁぁぁぁぁ!!! 若本節大炸裂なラジオ『癒されBar若本』が大復活!

アニメ
若本規夫によるネットラジオ番組『癒されBar若本』のシーズン3が、『癒されBar若本〜風のワンダラー〜』として、アニメイトTVで8月10日よりスタートする。

●今度のテーマは“ちょっとアダルトな時間”。毎月第2・第4水曜日に配信予定

 若本規夫によるネットラジオ番組『癒されBar若本』のシーズン3が、『癒されBar若本〜風のワンダラー〜』として、アニメイトTVで8月10日よりスタートする。

 2007年に放送されたシーズン1、2009年に放送されたシーズン2に続く今シリーズでは、“ちょっとアダルトな時間”がテーマ。アシスタントは清水香里が務める。毎月第2・第4水曜日に更新される予定で、配信開始に先駆けて、すでにプレ配信版が配信中だ。復活にあたって、おふたりからのコメントも届いているのでご紹介しよう。

IMG_0066

●人気ラジオ番組『癒されBar若本』が復活! 雰囲気もガラリとチェンジ
――『癒されBar若本』が1年ぶりに復活して、第三期シリーズに突入しました。感想をお聞かせいただけますか?
若本規夫さん:『癒されBar若本シーズンZwei』が終わった後、またやりたいなと思ってました。ただやるからにはこれまでの番組とは違った雰囲気の番組にしようと。
――『癒されBar若本』がどんな番組なのか、ご説明いただけますか?
若本さん:トークはあまり得意でない僕だけど、僕を自由に泳がせて、しゃべらせて気楽なラジオを作りたいというスポンサーが現れて始まって。ディレクターやスタッフ、リスナーさんが、若本というパーソナリティをどうころがしていくか。そんな番組かな。そして毎回ゲストを迎えて、素のトークやこの番組ならではのドラマを楽しんでもらえるラジオです。

●今シリーズのパートナーは清水香里さん。若本さんは2度目ぼれ!?
――番組ではシリーズごとに、アテンダントパーソナリティを迎えていますが、今シリーズで清水香里さんを迎えることになったきっかけを教えてください。若本さん:僕はアシスタントではなくアテンダントと呼んでいるんだけど、今回候補の人を決めるにあたって、昨年末にAT-Xで放送された忘年会番組で彼女と一緒になった時、僕の前に現れて、「数年前にラジオでお世話になりました」と丁寧なあいさつをしてくれたのが印象に残ってて。いろいろなイベントでもMCなどやっている様子がうかがえたので、彼女にしようと。実は会ったのは2回だけなんだけど。
決まる時はそんなもんだよ(笑)。
清水香里さん:番組ゲストで呼ばれるかもと伺ってはいたんですけど、その後、マネージャーさんから「アテンダントに決まりました」と言われて。最初、言われた意味が理解できなくて数分無言になっちゃいました(笑)。若本さんには今から8年前くらいに私のラジオ番組にゲストで出演していただいたのが初めてで、2度目の忘年会特番も若本さんはエンディングのサプライズ出演であまりお話もできなかったので、「何でなんだろう」って。若本さんとご一緒させていただくことはすごく楽しみだった半面、プレッシャーもありました。

●コンセプトはパーソナリティもゲストも「素」
――実際に一緒に番組をやられた感想をお聞かせください。
若本さん:初回からこんなにスムーズにのっていけるとは正直思ってなかったので、これからもっとレベルアップしなきゃいけないと思うと怖いかな(笑)。
でもゲストあっての番組だから、我々がシャカリキになってもしょうがないので、ゲストの良い部分を二人でいかに引き出していけるかですね。
清水さん:収録する前に若本さんと打ち合わせをする時間をいただいた時、コンセプトなどをお伺いしたんですが、おっしゃっていたのが「素で」。頑張り過ぎず、無理に盛り上げようしないで自然体でリラックスした状態でやれればいいのかなと。若本さんという大先輩にのっかる気持ちで、他のラジオと違ってゆったりしたおしゃべりができたかなと
思います。
若本さん:僕は無理に楽しそうにしたり、テンションを上げたりするのはやめたくて。その時の気分で笑ったり、時にはしんみりするのもいいし。僕と彼女の素の流れが風にのってゲストに伝わり、ゲストも素になっておしゃべりする。できるだけそういう番組にしたいですね。

●サブタイトルは若本さんお気に入りの雑誌がヒント
――今回の番組名のサブタイトルに“風のワンダラー”と入っている理由を教えてください。
若本さん:『風の旅人』という“心の旅”をコンセプトにしたグラフ文化誌があるんですけど、すごく気に入って、こういう雰囲気を番組で表現できないかなと思ったのがきっかけで。
実際に誌面で掲載されている詩を朗読できないかと問い合わせたら、快諾してくれて。ただコラボみたいに見えてしまうからサブタイトルで誌名は使わないでほしいと。それで番組のサブタイトルを考えている時、ふと“旅人”をドイツ語でなんて言うのかなと調べたら“Wanderer(ワンダラー)”で。これならそのままじゃないからいいかなと(笑)。語感もいいし。“風のツーリスト”じゃ旅行代理店みたいで、締まらないしね。「どんなところにも飛んでいきたい」というコンセンプトにも合うので決めました。

●風のように耳に届く、大人が聴ける番組に
――前シリーズと同じ部分、また変わったところがあったら挙げていただけますか?
若本さん:これまではゲストにお酒を出したり、にぎやかな雰囲気だったけど、今回はのんびりした気持ちで風のように耳に届く、大人が聴ける番組にしたくて。今までのリスナーは驚くかもしれないけど、我々も成長しないといけないから。ゲストを迎えてトークしたり、ドラマを演じたりするのは変わりません。でもドラマもバラエティっぽい内容だったけど、奥行きが深いものにできたらいいなと考えてます。
清水さん:ドラマパートはおうちで台本を読んでる時はすごく緊張しましたが、実際にこんな近くで素晴らしい声や演技を聴けるのがうれしかったです。
――呼ばれるゲストはどのように決められるんですか?
若本さん:だいたいスタッフに任せますね。僕もノミネートするけど、みんな、忙しい人達だから。
僕も毎回、誰が遊びに来てくれるのか、楽しみ。

●お悩み相談コーナーでは若本さんが一刀両断!
――メールを募集するコーナーもありますがご説明いただけますか?
若本さん:“若本規夫に訊け”は皆さんからの相談メールにお答えします。どんな相談事でもいいけど、独断と偏見でズバズバいくから。新聞や雑誌の悩み相談の回答者みたいにうまくできないので即決します。
清水さん:今回の回答もすごく速かったですよね(笑)。
若本さん:相談というのはする時点で答えが決まってるんだよ。それを相手が言ってくれるかどうかで。僕は一刀両断するけどね(笑)。
清水さん:あと皆さんから“心の旅”をテーマにしたメールも募集してます。
若本さん:誰でも心の旅をしていて、いつも頭の中で一人ごとを言うことで自分というパーソナリティを保っている。そんな一人ごとを気軽に送ってもらえれば。心象風景でもいいし、実際に旅をしたエピソードでもいい。あなたにとっての心の旅だと思えれば。うさばらしでも書いてスッキリするならOKです。

●今までになかった自由で新しいラジオを目指す
――最後に番組を楽しみにしている皆さんへメッセージをお願いします。
清水さん:『癒されBar若本』の常連の皆さん、よろしくお願いします! 普段の私は友達といる時もしゃべりっぱなしでテンションが高いほうですが、いつもは見せていない素の、のんびりした私も見ていただけると思います。若本さんとゲストの方のお話は心に響くことが多くて。大先輩のお話はなかなかお伺いする機会がないので、リスナーの皆さんと同じように楽しみにしてます。
若本さん:前シリーズから聴いてくれてる人には進化した『癒されBar若本』を感じてほしいですね。
そして今回から初めて聴いてくれる人は自然に流れる風のような心地良さを、番組を通して感じてください。今までになかった、自由で新しいラジオを作っていきたいのでサポートよろしく!

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

【追記あり】『Call of Duty:WWII(コール オブ デューティー ワールドウォー 2)』は2017年11月3日発売! トレーラーがお披露目【海外ニュース】

ActivisionのミリタリーFPSシリーズの『Call of Duty』。本シリーズの最新作『Call of Duty:WWII(コール オブ デューティー ワールドウォー 2』が、2017年11月3日に発売されることが海外にて発表された。

【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】集計期間:2017年04月17日〜2017年04月23日

ようやく上位をうかがう新作が登場、『ファイアーエムブレム Echoes(エコーズ) もうひとりの英雄王』が首位を獲得

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』デルカダール王国で出会う“稀代の帝王”とふたりの英雄とは?

2017年7月29日発売予定の『ドラゴンクエスト』シリーズ本編最新作、『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』の最新情報が到着。

【ゲームジャンル別総選挙 第4回】アクション・アドベンチャーゲームのナンバーワンは? “アクション・アドベンチャーゲーム総選挙”投票受付中(5月8日23:59まで)

ファンにもっとも愛されているゲームを、ジャンルごとに選んじゃおうというゲームジャンル別総選挙。第4回として投票を受け付けるジャンルは“アクション・アドベンチャーゲーム”。あなたが「これぞ!」と思うアクション・アドベンチャーゲームのタイトルに、ぜひ1票を投じてください。

『アノニマス・コード』の序盤ストーリーが明らかに!――志倉千代丸氏&齋藤光二氏のインタビューも一部掲載

5pb.は、週刊ファミ通2017年5月11・18日合併号(2017年4月27日発売)において、プレイステーション Vita&プレイステーション4用ソフト『アノニマス・コード』(2017年発売予定)の最新情報を発表した。

『ラビ×ラビ -パズルアウトストーリーズ-』ギミック満載の不思議な迷宮から脱出しよう!

シルバースタージャパンは、週刊ファミ通2017年5月11・18日合併号(2017年4月27日発売)にて、プレイステーション Vita用ソフト『ラビ×ラビ -パズルアウトストーリーズ-』の最新情報を公開した。

『DiRT 4(ダート 4)』過酷でクレイジーなオフロードレースに挑め!!

ユービーアイソフトは、週刊ファミ通2017年5月11・18日合併号(2017年4月27日発売)にて、プレイステーション4、Xbox One用ソフト『DiRT 4(ダート 4)』の最新情報を公開した。

シミュレーションゲーム史に燦然と輝く『信長の野望』シリーズの最新作、『信長の野望・大志』がついに始動

コーエーテクモゲームスは、週刊ファミ通2017年5月11・18日合併号(2017年4月27日発売)にて、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)、プレイステーション4、PC用ソフト『信長の野望・大志』の最新情報を公開した。

『ダンガンロンパ』シリーズの開発スタッフが制作に携わっている新作RPG『ザンキゼロ』

スパイク・チュンソフトは、週刊ファミ通2017年5月11・18日合併号(2017年4月27日発売)にて、プレイステーション Vita、プレイステーション4用ソフト『ザンキゼロ』の最新情報を公開した。

【今週の週刊ファミ通】『艦これ』四周年???&?『星のカービィ』25周年記念特集!! 『?????スプラトゥーン2』最新情報?や『グラブル』DLCもある大ボリュームのGW前合併号(2017年4月27発売号)

本日(2017年4月27日)発売の週刊ファミ通2017年5月11・18日合併号の表紙は、四周年を迎えた『艦隊これくしょん -艦これ-』。“しばふ”さんの作画による、吹雪、白雪、初雪、深雪の特型駆逐艦“4”隻が飾ります。