任天堂が2012年3月期第1四半期決算短信を発表、業績予想を下方修正

Wii DS ニンテンドー3DS
2011年7月28日、任天堂は平成24年(2012年)3月期第1四半期決算短信を発表。また、2011年4月25日に発表した業績予想・配当予想を修正した。

●円高や広告宣伝費、研究開発費が影響

 2011年7月28日、任天堂は平成24年(2012年)3月期第1四半期決算短信を発表。また、2011年4月25日に発表した業績予想・配当予想を修正した。

 第1四半期では、ニンテンドー3DSは『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D』などが好評を博したものの、ヒット作が少なく、ハードの販売台数は144万、ソフトウェアの販売本数は1213万本となった。Wiiは、欧米で『マリオカートWii』を同梱した本体セットを販売した効果もあり、ハードの販売台数は156万台となったが、新規タイトルが少なかったことの影響で、ソフトの販売本数は1344万本に留まった。

 このほか、円高の影響や、先ほど発表されたニンテンドー3DSの値下げに伴う在庫補償の影響などから、売上高は939億円(うち、海外売上高770億円、海外売上高82.0%)となった。また、ニンテンドー3DSの広告宣伝費やWii Uの研究開発費などが要因となり、営業損失は377億円、経常損失は425億円、四半期純損失は255億円となった。

 また、2012年3月期第2四半期と、2012年3月期通期の連結業績が、下記のように修正された。

2012年3月期第2四半期連結業績予想数値の修正(2011年4月1日〜2011年9月30日)
○前回発表予想
売上高 3600億円
営業利益 200億円
経常利益 300億円
四半期純利益 180億円

○今回修正予想
売上高 2400億円
営業損失 500億円
経常損失 550億円
四半期純損失 350億円

2012年3月期通期連結業績予想数値の修正(2011年4月1日〜2012年3月31日)
○前回発表予想
売上高 1兆1000億円
営業利益 1750億円
経常利益 1850億円
当期純利益 1100億円

○今回修正予想
売上高 9000億円
営業利益 350億円
経常利益 350億円
当期純利益 200億円

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

【『フォーオナー』特設サイト】ヒーロー別攻略“ヴァルキリー”公開、使いやすい弱攻撃と回避行動からのカウンターを覚えよう!

ユービーアイソフトより2017年2月16日発売予定のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『フォーオナー』。ファミ通.com特設サイトにて、ヒーロー別攻略を公開中!

『ヒア・ゼイ・ライ -眠りし者たち-』テレビモニターでのプレイやPS4 Proに対応するアップデートが配信

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、プレイステーション VR専用ソフトして配信されていた『ヒア・ゼイ・ライ -眠りし者たち-』について、本日2017年2月21日に配信したオンラインアップデートにより、テレビモニターでのプレイとプレイステーション4 Proに対応したことを発表した。

行くのか? 行かないのか? アニメ『ユーリ!!! on ICE』×ナンジャタウンのコラボイベントが3月3日よりスタート

ナンジャタウンにて、アニメ『ユーリ!!! on ICE』とのタイアップイベント“ユーリ!!! on ICE in ナンジャタウン〜開幕!グランプリファイにゃル〜”が、2017年3月3日(金)〜5月7日(日)の期間限定で開催される。

『仁王』有料DLC第1弾“東北の龍”4月下旬に配信決定、新たな武器種・シナリオ・キャラクター・ステージなどが収録

コーエーテクモゲームスは、発売中のプレイステーション4用ソフト『仁王』について、有料ダウンロードコンテンツ第1弾“東北の龍”を、2017年4月下旬に配信開始することを発表した。

“ワンダーフェスティバル2017[冬]”開催 各社の展示フィギュアをフォトリポート!!

2017年2月19日、幕張メッセで“ワンダーフェスティバル2017[冬]”が開催。展示されていたフィギュアの数々を、主要なメーカーブースごとに、フォトリポートという形で紹介していこう。

『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』プレイムービー02が公開、現実世界で展開される原種とのバトルシーンを収録

コーエーテクモゲームスは、2017年3月30日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』について、現実世界で展開される原種とのバトルシーンが収録された“プレイムービ ー02”を公開した。

『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』第4弾PVと第2弾CMが公開

バンダイナムコエンターテインメントは、2017年3月16日発売のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』について、第4弾プロモーション映像と第2弾テレビCMを公開した。

『ザ・キング・オブ・ファイターズ XIV』追加キャラクターやコスチュームを紹介する最新トレーラーが公開

SNKは、発売中のプレイステーション4用ソフト『ザ・キング・オブ・ファイターズ XIV』について、最新トレーラーを公開した。

『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』スピンオフ企画“アッシュ・ローラー VS クライン 千年の戦い”が開始

バンダイナムコエンターテインメントは、2017年3月16日発売のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』について、公式サイトとTwitterによるスピンオフ企画“アッシュ・ローラー VS クライン 千年の戦い”を開始した。

『GRAVITY DAZE 2』手書きのようなグラフィックの制作工程、短期間でクオリティーを落とさず背景を制作するカギとなった“自動化”についてリポート【GCC’17】

2017年2月18日、大阪府立国際会議場にて関西圏のゲームクリエイターを対象としたカンファレンス “GAME CREATORS CONFERENCE’17”が開催された。ここでは、セッション“『GRAVITY DAZE 2』のアートコンセプトと背景制作”についてお届けする。