【スクープ】『ファンタシースターオンライン2』の最新画像を一挙公開!【情報追加】

ゲーム PC ニュース
本日(2011年7月26日)秋葉原UDX”UDXシアター”で開催された『ファンタシースターオンライン2』メディアブリーフィング。そこで初公開となったさまざまなゲームシステムの詳細とスクリーショットを公開!

●『PSO』10周年記念作品が本格始動!!

logo

 家庭用ゲーム機初の本格オンラインRPGとして2000年12月に発売された『ファンタシースターオンライン(PSO)』。その正統後継作品であり10周年記念作となるのが『ファンタシースターオンライン2』だ。今回のブリーフィングでは、『PSO』シリーズプロデューサーの酒井智史氏から『PSO2』のコンセプトや世界観などが紹介された。

●世界観とストーリー

 全宇宙を旅する船団”オラクル”。プレイヤーは、オラクルの惑星調査隊として組織された”アークス”の一員となり、さまざまな惑星に降り立って調査を行っていく。そして、アークスの敵として登場するのが”ダーカー”と呼ばれる宇宙生命体。また、ダーカーだけでなく、各惑星に生息する原生生物やメカニックなどもときにはプレイヤーの前に敵として現れる。プレイヤーが最初に向かうのは惑星”ナベリウス”の森林地帯。そこで凶暴化した原生生物の鎮圧が最初の任務となる。

【プロローグ】
ヒューマン、ニューマン、キャストの三種族により構成された惑星間航行船団、通称”オラクル”。
外宇宙への進出が可能となったとき、新たな歴史は始まった。

そして、新光歴283年。
すでに”オラクル”の活動範囲は数多くの銀河に渡っていた。

外宇宙にて、新たに発見された惑星には
調査隊として組織された”アークス”が降下し、調査と交流を行う。
そしてまた次の惑星へと渡り、新たな探索と発見を繰り返す。
それこそが”アークス”の役割であった。

新たな冒険を求める”アークス”は互いに協力し、未知の惑星へと進んでゆく。
その先にあるものが何なのかを知るために。

そして今、新たな”アークス”が無限の星々へ旅立とうとしていた……。

オラクル色
アークスシップ色

●無限の冒険

 一般的なオンラインRPGにおいては、レベル上げやアイテム入手のために、同じ場所を何度も行き来するプレイが多くなりがち。そのため、やがて冒険感が薄れ、作業的なプレイになってしまうこともある。そこで『PSO2』では、つねに新鮮な気持ちで驚きのある冒険を楽しめるように”無限の冒険”をコンセプトとした数々の新システムを取り入れているとのこと。

■ランダムフィールド
一部の目標となる場所を除き、文字通りフィールドの地形やエネミーの配置、発生イベントなどがランダムで生成される”ランダムフィールド”を搭載。これにより、毎回未知の土地に足を踏み入れるような緊張感があり、新鮮な気持ちでプレイすることができる。

■インタラプトイベント
冒険に驚きを盛り込むために、パーティーを襲うハプニング的な”インタラプトイベント”を用意。その内容は、「特定のエネミーを何体倒せ」といったシンプルなものから「敵の罠に囚われた仲間を救出せよ」といった熱いシチュエーションまでさまざま。毎回、何が起こるか分からないハプニングが、プレイヤーに新鮮な刺激と熱いモチベーションを与えてくれる。

■マルチパーティーエリア
PSO2』では、プレイヤー同士の新たな出会いの場も用意される。それが、複数のパーティーが同時に存在できる”マルチパーティーエリア”だ。このエリアでは最大12名でのマルチプレイが可能になるとのこと。他パーティーとの予期せぬ出会いが、よりドラマチックな展開を生み出すだろう。

`郢01
`郢02
`郢03
`郢04
`郢05
`郢06
`郢07
`郢08
`郢09
`郢10
`郢11
`郢12
`郢13
`郢14
`郢15
`郢16

●オンラインRPG最高峰のアクション”ハイブリッドカスタムアクション”

 多彩で豊富なアクションは『ファンタシースター』シリーズの特徴。『PSO2』ではアクションの醍醐味や爽快感、戦略性をより深く感じられるように新たなアクションが追加されている。

■ジャンプ
シリーズ初となるジャンプアクションを採用。ジャンプしてエネミーを攻撃、浮かせたエネミーに追い打ち、といったジャンプを活かした攻撃アクションが可能になる。また、ジャンプは移動にも使えるため、必然的にフィールドが立体的に構成され、高台に上って射撃系武器でエネミーを狙い撃つなど、高低差を活かした戦略的な攻撃も可能になる。

■TPSスタイル
これもシリーズ初の要素となる”TPS(Third Person Shooter)スタイル”を導入。このスタイルでは、キャラクター後方からの視点となるため、射撃系武器で目標を正確に狙い撃つことができるようになり、空中から落下してくるエネミーの卵を狙い撃ったり、ヘッドショットなど弱点を狙うことで、より効率よくエネミーを倒すことができるようになる。RPGでありながら、シューティングのようなプレイが可能で、とくに遠距離攻撃を得意とするレンジャーやフォースを操作するおもしろさが格段にアップしているとのこと。

■オリジナルコンボ
武器やアイテムをあらかじめ設定しておき、バトル中にそれらをすばやく使用できる”アクションパレット”。このシリーズお馴染みのシステムが、『PSO2』でさらに進化。パレットにどの武器を入れ、必殺技をどの順番で使うか、という”オリジナルコンボ”の設定が可能になっている。

■レベルについて
PSO2』にはプレイヤーレベルはなく、クラスと呼ばれる職業レベルのみとなる。クラスレベルを上げることでスキルと呼ばれる能力を獲得していき、自分の戦術に合わせてキャラクターを成長させることができる。自分だけの戦略や戦術でエネミーに立ち向かうことで、よりプレイヤー自身のスキルが反映されるバトルが可能になっている。

さらに巨大エネミーにつかまれて投げられる。ジャンプアクションで、倒れたドラゴンの背中に乗って弱点を攻撃するなど、これまでのシリーズではなかったシチュエーションも存在。これらオンラインRPGでも最高峰のアクションを総称して”ハイブリッドカスタムアクション”と名付けられている。『PSO2』で味わうことができる新世代のアクションに期待は高まるばかりだ。

A
A
A
A
A
A
A
A
A
A
A

●究極のキャラクタークリエイト

 『PSO』以降、『ファンタシースター』シリーズといえば、個性的なキャラクターを作成できるキャラクタークリエイトが大きな特徴のひとつとなっている。今回の『PSO2』ではその部分がさらに進化し、究極のキャラクタークリエイトが実現。簡単かつ直感的な操作、自由度の高さ、豊富なパーツ、そのすべてがパワーアップして、この世界にオンリーワンの特徴的なキャラクターを生み出すことができるようになる。おなじみの種族とクラス(職業)はもちろん健在。種族は、人間と同様の万能性を持つヒューマン、精神力を高めたニューマン、人工生命体のキャストの3種族から選択可能。クラスは、近接戦に長けたハンター、中距離で戦うレンジャー、遠距離で戦う魔法使いのフォースの3種が用意されている。これらを組み合わせてキャラクターを作成する。容姿については、顔や体型それぞれに。パーツの配置と組み合わせを自由に設定でき、モーフィングで形を変えられるため、キャラクターバリエーションは無限大。あらかじめ用意されたベースキャラを元に作成できる”簡単設定”も用意されているため、面倒や手間を感じることなく、思い通りのキャラクターを作成することができそうだ。

CC01
CC02
CC03
CC04
CC05
CC06
CC07
CC08
CC09
CC10
CC11
CC12
CC13
CC14
CC15
CC16
CC17
CC18
CC19
CC20
CC21
CC22
CC23
CC24
CC25
CC26

●インターフェイス

UI01
UI02
UI03

●ロビー

r
r
r

(C)SEGA ※画面は開発中のものです。

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

アニメスタジオ“TRIGGER”。『グレンラガン』『キルラキル』を生み出した、その成り立ちと作品を語る――舛本和也氏×若林広海氏対談

『天元突破グレンラガン』、『キルラキル』、そして最新作『プロメア』を手掛けたアニメスタジオ“TRIGGER”。本スタジオがいかにして設立されたのか、そしてどのようにして名作を生み出したのか。その歴史をふたりのキーマンにうかがった。

『DQ11』のシルビア&ロウが“BRING ARTS”シリーズに登場! ロウの杖やムフフ本など、パーツも豊富

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』より、BRING ARTS <シルビア & ロウ>が2019年10月に発売されることが発表された。

『ポケットモンスター』シリーズで“最初に選ぶポケモン3匹”総選挙開催! 皆さんのポケモンとの思い出をお聞かせください

週刊ファミ通が『ポケットモンスター』シリーズで“最初に選ぶ3匹のポケモン”に関するアンケートを開催中! 皆さんのアツい想いをお寄せください!!

収録時間は450分越え!『ゲームセンターCX 15th感謝祭 有野の生挑戦 リベンジ七番勝負』Blu-ray&DVDの収録内容公開

2019年8月2日に発売される『ゲームセンターCX 15th感謝祭 有野の生挑戦 リベンジ七番勝負』のBlu-ray&DVDの収録内容が明らかに。発売記念イベントの開催も決定!

『ヤングアニマル』がバックナンバー大量無料試読&100円[税抜]購入キャンペーンを開催。紙版&電子版の同日配信を記念

青年マンガ誌『ヤングアニマル』が5月24日発売の11号から紙版との同日配信を開始。それに伴ったキャンペーンが開催される。

『メギド72』アンケート! 「好きなメギドは?」「あなたの自慢のパーティーは?」メギド愛を存分にお聞かせください!

週刊ファミ通7月18日号(7月4日発売)では、『メギド72』の特集を掲載予定です。特集内の特別企画としてアンケートを実施します。

BitSummit 7 Spiritsがアワード6部門のノミネート作品を発表。『RPGタイム!』、『アンパッキング』、『BELOW』が3部門でノミネート

BitSummit 7 Spiritsにて、事前選考を行った6つのカテゴリーのノミネート作品が発表された。

“ディライトワークス インディーズ”がBitSummit 7 Spiritsに出展決定。『タイニーメタル 虚構の帝国』が日本最速体験可能に

ディライトワークスのインディーゲームレーベル“ディライトワークス インディーズ”が、BitSummit 7 Spiritsに出展。

『あんスタ』テレビアニメ、放送情報の詳細が公開!【7月放送開始】

2015年4月からサービスを開始し、現在3周年を迎えた大人気スマートフォンアプリゲーム『あんさんぶるスターズ!』のアニメ放送が2019年7月からスタート。同番組放送に関する詳細情報が公開。

『ライアン・マークス リベンジミッション』の最新ゲーム画像が到着。映画のような臨場感を体験できるVRシューティングアクションに注目!

2019年5月30日に発売を控えた“VRシューティングアクション”『ライアン・マークス リベンジミッション』の魅力を紹介。