『ファイナルファンタジーXIII-2』で立ち寄るふたつの拠点【画像追加】

プレイステーション3 Xbox 360 ゲーム
『ファイナルファンタジーXIII』では語られなかった真実。世界の根幹に関わる謎が、続編『XIII-2』で解き明かされ、物語は真の決着を迎える! 今回は、ふたつの拠点とバトル画面を公開しよう。

●謎多き遺跡と、新しい居住地

 本作の舞台は、『ファイナルファンタジーXIII』で起こった出来事により、高度な文明が崩壊した世界。宙に浮かび、人類の楽園として栄華を誇った“コクーン”も、都市機能を失い、生活基盤が破壊されている。それでもコクーンに留まる者が多い一方、未開の大地“グラン=パルス”に移住する者たちもいた。今回は、本作のメインキャラクターであるノエルとセラが立ち寄ることになる、グラン=パルスの海岸線に作られた居住地“ネオ・ボーダム”と、コクーンにあるビルジ遺跡を紹介しよう。

01

前作に登場した“ノラ”の面々が暮らすネオ・ボーダム。突如現れたノエルは、ノラのメンバーに不審の目で見られる。しかし、その主要な原因は、ノエルが語った“受け入れがたい話”にある。ノエルはいったい、何を言ったのか?

02
03

旧時代の居住区が多数見られるビルジ遺跡。その周辺には、学術調査のために駐留する研究者や、彼らをモンスターから守る軍人たちの拠点がある。ここで発掘されたと思しき巨大な腕は、“アトラス”という巨人の一部らしい。

04
05

ビルジ遺跡にやって来たノエルとセラ。なぜかふたりは脅威と見なされ、コクーンの治安維持を担う“警備軍”に包囲されてしまう。注目は、セラの近くにいるモーグリ。本作では、旅の同行者として大活躍するという。

06

ノエルとセラが紡ぐ物語の裏側で、コクーンとも、グラン=パルスとも異なる雰囲気の場所に佇むライトニング。ここは“神殿”らしいが……?

●パーティーメンバーをパラダイムで制御する

 バトルでは、直接攻撃が得意な“アタッカー”や、回復のみを行う“ヒーラー”といった、キャラクターのロール(役割)を切り換えながら戦う。どのキャラクターがどのロールを担うかは、事前に設定しておく必要があり、その組み合わせのことを“パラダイム”と呼ぶ。リアルタイムで変動する戦況に合わせて、臨機応変にパラダイムを変更(=パラダイムシフト)することが、本作のバトルのキモとなるのだ。

07

“バスター&ジャム”は、属性魔法による攻撃が得意な“ブラスター”と、敵を弱体化する“ジャマー”で編成されたパラダイム。ジャマーで敵の耐性を下げ、ブラスターの属性攻撃の威力をアップ。

08

カウンター以外の攻撃手段は持たないが、敵からのダメージを最小限に抑えられる“ディフェンダー”。ふたりともこのロールだと、“デュアルシールド”という鉄壁のパラダイムになる。

●追加画像を以下で公開!

100027_movie01_RGB
100027_movie02_RGB
110714_event04_(JP)fix_RGB
110714_event05_(JP)fix_RGB
battle_100023_360(JP)fix_RGB
battle_100032_PS3(JP)fix_RGB
battle_100034_360(JP)fix_RGB
fleld02_bilge_RGB
fleld04_bilge_RGB

※詳しくは週刊ファミ通2011年7月28日号(2011年7月14日発売)をチェック!

ファイナルファンタジーXIII-2
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 プレイステーション3 / Xbox 360
発売日 2011年12月発売予定
価格 価格未定
ジャンル RPG / ファンタジー
備考 ディレクター:鳥山求、キャラクターデザイナー:野村哲也、アートディレクター:上国料勇、シナリオ:渡辺大祐、ストーリー協力:映島巡、ムービーディレクター:生守一行、蒲原博、コンポーザー:浜渦正志、水田直志氏、鈴木光人氏、プロデューサー:北瀬佳範
(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

【週間PVランキング】『龍3』、『龍4』、『龍5』のPS4版発売決定の話題が今週のPV数1位を獲得【05/19〜05/25】

ファミ通ドットコムの、2018年5月19日〜5月25日の週間PVランキングをお届け!

『Detroit』インタビュー リアルなだけのグラフィックは無意味!? 小物ひとつに意味を込めるアートチーム【Quantic Dream特集その3】

インタラクティブなストーリーテリングで世界中のゲームファンの心をつかむフランスの開発会社Quantic Dream。最新作『Detroit: Become Human』(以下、『デトロイト』)の発売を記念して、同スタジオのコアスタッフへのインタビューを敢行した。今回は、作り込まれたビジュアルで見るものを圧倒する、アートチームへのインタビューをお届けする。

ヴィッセル神戸に入団したイニエスタのスゴさは、ゲームを使えば一発でわかった

イニエスタがJリーグに来るということで、彼の能力をサッカーゲームで見てみました。

【艦これ プレイ漫画/水本正】艦々日和 第189回 提督と、サマール沖東方へ

プレイ漫画で『艦これ』の世界を追体験! サマール沖東方で遭遇したのは……!?

『シュタインズ・ゲート』好き編集者が秋葉原の聖地を巡礼! 開催中のARラリーのチェックポイントもご紹介

AbemaTV、TOKYO MXほかにて放送中のアニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ』。同作の舞台である東京・秋葉原にて、作中に登場する名所を巡るARラリーが2018年5月31日まで開催中。

『CoD: WWII』プロ対抗戦第2回リポート Rush Gamingが依然トップ

プロチーム6団体によるプレイステーション4用ソフト『コールオブ デューティワールドウォーII』を用いた賞金総額1000万円のesports大会“『CoD: WWII』プロ対抗戦”。その第2回が、2018年5月19日に開催された。

『Detroit』発売記念特別インタビュー 生みの親デヴィッド・ケイジ氏に訊く。会社設立から『Detroit』を生み出すまでの道のり【Quantic Dream特集その2】

世界中のゲームファンの心を揺さぶるインタラクティブなアドベンチャー作品を生み出してきたフランスのスタジオQuantic Dream。今回は、最新作『Detroit: Become Human』(以下、『デトロイト』)の発売を記念して、スタジオ設立からいまに至るまで、CEO兼ゲームクリエイターとしてスタッフを取りまとめるデヴィッド・ケイジ氏へのロングインタビューをお届けする。

あの熱狂的EGファンほか、選手陣や試合会場をフォトリポート 『レインボーシックス シージ』シーズン7グローバルファイナル

現地時間の5月19日、20日(日本時間5月20日0時〜)にアメリカ・アトランティックシティで開催されたPC版『レインボーシックス シージ』プロリーグ?Rainbow six Pro League Season 7”グローバルファイナルをフォトリポートで紹介する。