“ノワール”ってそもそも何だ!? ライムスター宇多丸のラジオで『L.A.ノワール』大特集

ゲーム Xbox 360 プレイステーション3
7月2日にTBSラジオの番組“ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル”で、ロックスター・ゲームスと『L.A.ノワール』特集の第2回が放送された。

●そうだったのか! ノワールジャンルがよくわかる好特集

DSCF5614

 2011年7月7日に発売された、ロックスター・ゲームスの『L.A.ノワール』。7月2日にTBSラジオの番組“ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル”で放送された、ロックスター・ゲームスと『L.A.ノワール』特集の第2回の模様をダイジェストでお届けする。

 ロックスター・ゲームスの歴史に焦点を置いた6月25日放送回にひき続いての特集となる今回は、「ノワールとはなんぞや?」(宇多丸)がテーマ。特殊翻訳家・映画評論家の柳下毅一郎氏と、『映画秘宝』アートディレクターであり、映画『冷たい熱帯魚』の脚本も手掛けた高橋ヨシキ氏をゲストに迎え、ジャンルとしてのノワールがわかって『L.A.ノワール』がもっと楽しくなるという、ディープでためになる放送となった。

DSCF5621

 まずは柳下氏が映画史の点から“フィルムノワール”とは何なのかを解説。フランスの映画批評家ニーノ・フランクがこう呼んだのが始まりで、1940年代から50年代にかけてアメリカで作られた、おもにモノクロの犯罪映画を指す。画面が暗い、夜が多い、男を破滅させるファム・ファタール(運命の女)が出てくるといった特徴は、当時の時代背景が大きく関わっているという。

 フィルムノワールが撮られるようになる少し前と言えば、ナチスドイツが台頭する時代。その結果としてユダヤ人の映画関係者がハリウッドに逃げてきたことで、ドイツ表現主義を代表する不安といったテーマや、歪んだ影の多い画面が持ち込まれたのだ。実際、フリッツ・ラング、オットー・プレミンジャー、ビリー・ワイルダーといった、フィルムノワールの名作を撮った監督は、ナチスドイツから逃れて亡命してきた人々だ。

 合わせて、戦争によって結果的に女性の社会進出が進んだということもフィルムノワールの形成に影響しているとか。戦後、男たちが復員してくると反動で女性を家庭のよき妻・母としての役割に戻そうとするイデオロギーが生まれたが、その裏では、女性によって自分たちの仕事などが奪われるのではないかという不安が生まれる。この不安もまた、フィルムノワールの女性像に影を落としているらしい。

 ちなみに、フィルムノワールの男たちは「見下げ果てた人物ばかり」(高橋氏)で、柳下氏いわく“騎士”のイメージがあるハードボイルドとは異なる。倫理的に道を外れた男たちが、悪女たちの魅力によって、気がつくと犯罪の泥沼に引きずり込まれ、身を破滅させていく、それがフィルムノワールのひとつの形なのだ。

DSCF5644

 フィルムノワール入門となる映画の紹介も行われた。柳下氏は、大定番の映画としてビリー・ワイルダー監督の『深夜の告白』と『サンセット大通り』を挙げた。『深夜の告白』は、フレッド・マクマレイ演じる保険外交員が、バーバラ・スタンウィック演じる美しき人妻に誘惑されて不倫関係に堕ち、保険金目当ての殺人事件に手を貸してしまうという話。男を乗せて自分で計画したように思わせてしまうバーバラ・スタンウィックの悪女ぶりは、後の多くの映画の悪女像に影響を与えているとのこと。

 一方の『サンセット大通り』は、高橋氏いわく「『ハリウッド・バビロン』感のど真ん中」、柳下氏いわく「悪女とハリウッドの裏面史がわかる」という1本。ハリウッドの栄光の裏にあるどろどろとした暗部は『L.A.ノワール』でも事件の重要なテーマとして出てくるので注目だ。

 続いてオットー・プレミンジャー作品では、何本もあるというフィルムノワールの傑作から『ローラ殺人事件』を一例としてピックアップ。刑事が殺人事件を調べていて死人のローラに惹かれていってしまうという『ローラ殺人事件』は、高橋氏いわく「デビッド・リンチの『ツイン・ピークス』は、これにインスパイアされたと言っても過言ではない」とのこと。

 フリッツ・ラング作品は『飾窓の女』と『スカーレット・ストリート』を挙げ、ファム・ファタールの誘惑によりふとしたきっかけで犯罪に引きずり込まれてしまう悪夢の好例として紹介。ちなみに両作品で男を惑わせる主演女優を務めたジョーン・ベネットは、実生活でも彼女とエージェントの浮気を疑った夫が発砲事件を起こしているそうな。

 さらに、オーソン・ウェルズ監督作品から『黒い罠』と『上海から来た女』が紹介され、高橋氏からは、『スティーブ・マーティンの四つ数えろ』の名も挙がった。これは、さまざまなフィルムノワールのシーンを切り貼りしてスティーブ・マーティンとやり取りしているように見せかける、まさに「反則技」(高橋氏)のフィルムノワールネタコメディ。「これを見るだけでノワールを30本ぐらい見たことになる」(高橋氏)とのこと。

 そのほか、カラーの作品では、ブライアン・デ・パルマの『ブラック・ダリア』をチョイス。ジェイムズ・エルロイの原作は実際のブラック・ダリア事件と捜査内容などが異なるものの、「現在のノワール感、(当時の)LAのイメージを決めたもの」(柳下氏)と評した。「実直に生きていたとしても、裏には闇がある。『ブラック・ダリア』の刑事たちは、死体を通してそれを見てしまう」と柳下氏が語ると、高橋氏は「デビッド・リンチっぽいですよね」と、すかさず指摘していた。一方、宇多丸に「これだってノワールだよ、というものは?」と問われた高橋氏は『エンゼル・ハート』を紹介。私立探偵の主人公が自己同一性喪失の危機の最中、女性とズブズブの関係になって地獄に堕ちていくという構造という点でノワール風だとしていた。

 書籍については滝本誠氏の『渋く、薄汚れ。フィルム・ノワールの快楽』を「ぜひ読んで欲しい」と柳下氏。エルロイの“暗黒のLA”4部作にくわえ、高橋氏が「聖書のような本」と評するケネス・アンガーのハリウッドの裏面史『ハリウッド・バビロン』が参考書籍として挙がっていた。

 高橋氏は最後にゲームについても触れ、これまでのゲームのように、誰を倒して、ここに行けば終了というものではなく、嘘を見抜いて捜査をする曖昧さが画期的であると評価。「人間嘘泣きにダマされることもあるんですよ。そこが初めてゲームになったと思うんですよね」と語り、「ロックスター・ゲームスは、1を入れたら1が出るというものじゃない(新たなレベルの)ゲームに進もうと考えているんだろうと思いました」と絶賛。宇多丸が「人間のわからなさに踏み込んでいくのは、それこそノワール」とまとめ、見事に着地させた。

 柳下・高橋両氏による独特な表現での映画紹介などすべてを紹介しきれなかったが、前回の放送同様、特集部分はポッドキャストで公開されているので、詳細はそちらをチェックしてみてほしい。

flashback_JK_初回_small

 なお、7月27日発売予定のライムスターのミニアルバム『フラッシュバック、夏』から、この日は『ザ・サウナ』と『イントゥ・ザ・ナイト』が“宇宙初”オンエアー。前者はサウナについて歌った暑い(!?)ハードサウンド、後者は80年代ポップスをイメージした、夏の夜の街にくり出す瞬間のなんとも言えないワクワク感が詰まったパーティーチューンとなっていた。『L.A.ノワール』ともども、“オススメです!”((C)宇多丸)

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『原由実の○○放送局 大盛』次回はラストアルバムの新曲を初公開!

声優・歌手として活躍する原由実さんのニコ生番組『原由実の○○放送局 大盛』第54回が、2018年2月21日(水)20時より配信開始。

『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』の“13人ライブ”ってどんなもの? 田中琴葉の到着を記念したプチ特集も【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年3月8日号(2018年2月22日発売)では、スマートフォン用アプリ 『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』の最新情報を掲載。

韓国のeスポーツ団体“KeSPA”のキーマンにインタビュー。eスポーツ隆盛の背景にあるのは、行政との連携【闘会議2018】

KeSPA(KOREA e-SPORTS ASSOCIATION)戦略事業担当のジャスティン・リー氏のインタビューをお届け。韓国においてeスポーツが発展した背景や、今後のKeSPAの目標などをうかがった。

『ロックマン クラシックス コレクション』 Nintendo Switch版が5月24日発売決定!

カプコンは、Nintendo Switch用ソフト『ロックマン クラシックス コレクション』シリーズを、2018年5月24日に発売することを明らかにした。

『グランブルーファンタジー』2月末のイベントやリミットボーナスについての情報をお届け!【先出し週刊ファミ通】

スマホやPCで遊べる話題沸騰のRPG『グランブルーファンタジー』。週刊ファミ通2018年3月8日号(2018年2月22日発売)では、同作の最新情報を月イチでお届けする連載企画“グランブルーファンタジー情報局 グラ通”の第20回を掲載。

『スーパーロボット大戦X』高河ゆん、浅井真紀がデザインした主人公たちとその乗機をお届け!!【先出し週刊ファミ通】

2018年2月22日発売の週刊ファミ通2018年3月8日号では、ついに判明した本作オリジナルの主人公たちを一挙掲載! アニメ作品のロボット13機の、初公開となる戦闘シーンと合わせて紹介!!

『協撃 カルテットファイターズ』4人同時マルチプレイが楽しめるシューティングゲーム【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年3月8日号(2018年2月22日発売)では、協力が超アツイシューティングゲーム『協撃 カルテットファイターズ』の新作スクープを掲載。

『モンスターハンター:ワールド』狩猟の舞台は龍結晶の地へ! 亜種モンスターも徹底解析!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年3月8日号(2018年2月22日発売)では、カプコンのハンティングアクション最新作『モンスターハンター:ワールド』攻略企画第6回を掲載!

『New ガンダムブレイカー』ガンダムバルバトスルプスレクスを始めとする新規参戦機体をチェック!【先出し週刊ファミ通】

2018年2月22日発売の週刊ファミ通2018年3月8日号では、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』から初参戦となるガンプラ3体と、新システム“インナーフレーム”の詳細が明らかに!