情報管理の強化を加速し今後もネットワーク事業を推進――ソニー株主総会は過去最大の出席者数に

ゲーム プレイステーション3 PSP
2011年6月28日、ソニーは都内のグランドプリンスホテル新高輪で第94回定時株主総会を開催した。

●PlayStation Networkの利用者数は全世界で90%まで回復

 2011年6月28日、ソニーは都内のグランドプリンスホテル新高輪で第94回定時株主総会を開催した。

 ソニーはこの数年間、ハードェア、コンテンツ、ネットワークサービスの戦略的融合を積極的に推進するなど売上拡大に務めたが、2010年度の売上高および営業収入は前年度比0.5%減少の7兆1813億円となった。しかしながら、連結営業利益は為替の悪影響を大きく受けたものの1998億円となり、前年度に比べ約6.3倍と大幅に増加。とくにネットワークプロダクツ&サービス分野の損益改善が連結営業利益の大幅な増加に。その要因は、売上原価率の大幅な改善、増収による売上総利益の増加など、また、分野全体の損益変動にプラスの影響を与えたカテゴリーとして、プレイステーション3においてハードウェアのコストの大幅改善やソフトウェア売上数量の増加があったゲーム事業などがあげられている。

 ここからゲーム関連の話題を中心にピックアップする。PlayStation Networkへの不正アクセスによるサービスの一時的休止といった事件が発生したが、これについて議長を務めた代表執行役 会長 兼 CEOのハワード・ストリンガー氏は「利用者や株主の皆様にご心配とご不便をお掛けした」とお詫びの言葉を述べた。また、2011年4月1日付で代表執行役 副社長に就任したコンスーマープロダクツ&サービス事業担当の平井一夫氏は、経緯と現状について、「2011年4月21日(日本時間)不正アクセスを認識し、サービスを停止」したこと、現在は「一部地域を除いて全面復旧」、今後の施策について「情報管理の強化を加速」を報告。「今回の事件をしっかり分析にして今後に活かしたい」と発言。

 その後の株主との質疑応答でもPlayStation Networkへのサイバーアタックについて、セキュリティの甘さや今後の対策などへ質問が相次いだ。PlayStation Networkからの情報漏洩やサービス停止についてストリンガー氏は、グローバル化するサイバーテロに関して、今回の事件はソニーのみが攻撃対象とされたわけではないことにも言及しつつ、ソニーとしては専門部署を立ち上げ、専門企業や専門家との協議うえ対策を施し、現在は万全な体制でPlayStation Networkを運営していることを強調。今後もブランドの信頼回復に全力を尽くすとコメントした。加えて、ほぼ全世界で復旧したPlayStation Networkの再開とともに、利用者は90%戻ってきており、徐々に信頼も回復していると説明した。また、サイバー攻撃の標的にされた要因を問われたストリンガー氏は、ビデオゲームを中心とした「ソニーの知的財産や資産を無料で利用したかったことに起因したでは」との見かたを示した。ここで平井氏も「我々だけで知的財産という問題だけはなく、プレイステーションビジネスは、サードパーティーの皆様に我々のプラットフォームに投資をしていただき、ユーザーの皆様に楽しんでいただくというビジネスモデルです。海賊版が出回ってしまうという事態をソニーとしては見過ごすわけにはいかない。海賊版に乗っ取られてしまうとプラットフォームビジネスがうまく回っていかなくなり、ユーザーの皆様にソフトウェアを提供できないくなってしまう」と延べ、ソニーとしては知的財産に関しては今後も引き続き、積極的に保護する施策を取っていくことを約束した。
 日本のPlayStation Networkの全面復旧に関しての言及はなかったが、現在公式サイトで「1日も早くお客様に全てのサービスをお楽しみいただけるよう、引き続き、サービス全面再開のための準備に取り組んでおりますが、関係機関との協議をはじめとする様々な調整に今しばらくの時間を必要としております」(2011年6月24日付)としている。

 PlayStation Networkへの不正アクセス事件など、株主の関心も高かったためか、参加者数はソニーとしては過去最高の8360人となった今回のソニーの株主総会。PlayStation Networkの不正アクセス対策、セキュリティ強化などの対策を取り、今後もネットワーク事業を推進していくことが随所でアピールされた。日本のゲームファンとしては、まずはPlayStation Networkの一日でも早い全面復旧を望みたいところだ。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『ツキトモ。 -TSUKIUTA. 12 memories-』4人のキャラクターのメインストーリーとゲームオリジナル私服を紹介

バンダイナムコエンターテインメントは、2017年春頃の発売を予定しているプレイステーション Vita用ソフト、『ツキトモ。 -TSUKIUTA. 12 memories-』に登場するキャラクターたちの最新情報を公開した。

動画初公開エリアでのデモプレイも! 人気声優・石川由依さん&齊藤陽介プロデューサーが駆け付けた『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』ステージ【台湾ゲームショウ2017】

2017年1月19日(木)〜1月24日(火)、台湾の台北世貿中心(台北ワールドトレードセンター)にて、台北ゲームショウ2017が開催中。一般公開日3日目(2017年1月22日)に行われた、『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』のステージをリポートする。

『LET IT DIE』ジャパンプレミア開催 神田沙也加さんと浜野謙太さんがサプライズ出演! 豪華声優陣が発表に

ガンホー・オンライン・エンターテイメントより2017年2月2日に配信を控えているアクション『LET IT DIE』。その配信を間近に控えて、1月22日に東京・Zepp東京にて“『LET IT DIE』ジャパンプレミア”が開催された。

実写映画版『ねこあつめ』本ビジュアルはキャット版&キャスト版の両A面、追加キャストのコメントも

ヒットポイントより配信中のスマートフォン用ゲーム『ねこあつめ』を原作にした実写映画『ねこあつめの家』(2017年4月8日全国公開予定)について、本ビジュアルが解禁。

『東亰ザナドゥ eX+(エクスプラス)』、PS4版『イースVIII -Lacrimosa of DANA-(ラクリモサ・オブ・ダーナ)』の中文版発売日発表にどよめき! 日本ファルコムのステージをリポート【台北ゲームショウ2017】

2017年1月19日(木)〜1月24日(火)、台湾の台北世貿中心(台北ワールドトレードセンター)にて、台北ゲームショウ2017が開催中。一般公開日3日目に行われた日本ファルコムのステージをリポートする。

デルがゲーミングノートPCの2017年春モデルを発表! 13インチのVR対応『ALIENWARE』のほかに低価格ゲーミングノートも登場

2017年1月20日、デルは新製品発表会を開催した。ゲーミングノートPC『New Inspiron 15ゲーミング』や『New ALIENWARE 13』のほかに、タブレット形態にも変形するノートPC『New XPS 13 2-in-1』など、多彩なラインアップを公開。

『FFXV』に台湾料理が登場!? 『FFXII ザ ゾディアック エイジ』のデモプレイも行われた『ファイナルファンタジー』ステージは大盛況!【台北ゲームショウ2017】

2017年1月19日(木)〜1月24日(火)、台湾の台北世貿中心(台北ワールドトレードセンター)にて、台北ゲームショウ2017が開催中。同イベント期間中の1月21日に行われた『ファイナルファンタジー』ステージの模様をリポートする。

人気声優・井上喜久子さん(17歳)も参加した『ダンガンロンパ』ステージの模様をお届け!【台北ゲームショウ2017】

2017年1月19日(木)〜1月24日(火)、台湾の台北世貿中心(台北ワールドトレードセンター)にて、台北ゲームショウ2017が開催中。ここでは、1月20日に行われた『ダンガンロンパ』ステージの模様をリポート!

PS4 Pro&PS VRの安定供給はいつ? SIEのアジア戦略キーパーソン・織田博之氏と江口達雄氏に聞く、現状と今後の展望【台北ゲームショウ2017】

2017年1月19日(木)〜1月24日(火)、台北世貿中心(台北ワールドトレードセンター)にて、台北ゲームショウ2017が開催中。1月20日のSIETブースのステージおよび、台湾メディア向けに設けられたSIEのアジア戦略キーパーソンへの共同取材の模様をお届けする。

“ぷよぷよカフェ”での対戦イベントは有名JKプレイヤーいーちゃんさんも参戦して大盛況!

2017年1月21日、“ぷよぷよカフェ”池袋店にて、来店者と『ぷよぷよ』上級プレイヤーが対戦できるイベントが開催された。その模様をお届けしよう。