アマガミスト品川へ集う! 『良子と佳奈のアマガミ カミングスウィート!』公開録音イベントが開催

ゲーム
2011年6月11日に開催された、インターネットラジオ番組『良子と佳奈のアマガミ カミングスウィート!』の公開録音イベントのリポートをお届け。

●パーソナリティーと大勢のファンがイベントを盛り上げた公開録音!

 恋愛シミュレーションゲーム『アマガミ』に出演する新谷良子さんと阿澄佳奈さんがパーソナリティーを務めるインターネットラジオ番組『良子と佳奈のアマガミ カミングスウィート!』の公開録音イベントが2011年6月11日に開催された。このイベントは、3月13日に秋葉原で開催予定となっていたが延期となり、3ヵ月の時間を経て、会場を東京都・品川のTHE GRAND HALLに移して開催された。会場の規模が拡大したことにより追加募集も行われ、結果的に400名以上ものファンが参加する、大規模なイベントとなった。ここでは、全『カミングスウィート!』ファン必見のイベントの模様をリポートしていくぞ。

●息ピッタリ! 4人のパーソナリティーが公開録音イベントをお届け

 公開録音イベントは、メインパーソナリティーの新谷良子さん(桜井梨穂子役)、阿澄佳奈さん(美也役)の2名と、ゲストパーソナリティーの寺島拓篤さん(梅原正吉役)、歌手のazusaさん(テレビアニメ『アマガミSS』のオープニング曲などを担当)を加えた4名で進行。新谷さんと阿澄さんは、『アマガミ』の制服を着たコスプレ姿で登場! 参加者からは「おー!」、「かわいい!」と歓声が上がり、会場の盛り上がりは開幕から最高潮に達した。

01
02

「出オチでスミマセン」と言って登場した新谷さんは、『アマガミ』の中多紗江をイメージしたコスプレで登場。一方、阿澄さんは、「輝日東高校のモブ(一般人キャラ)の子です」と発言し、会場の笑いを誘っていた。

 続いて、azusaさんとアマガミスト(『アマガミ』をこよなく愛する人のこと)の寺島さんがゲストパーソナリティーとして登場。4人の和気藹々としたトークとともに、公開録音はスタートした。

03
04

新谷さんと阿澄さんは、azusaさんに「かわいいー!」と連呼。

05
06
07
08
09
10

 最初のコーナーは、リスナーから寄せられたふつうのお便りを読み上げる"ふつおた"。選ばれたお便りの送り主が公開録音の会場にいることもあり、パーソナリティーのコメントを直に受け取れた参加者もいた。これぞ、公開録音の醍醐味! 「梅原に彼女ができないのはどうしてですか?」というお便りに寺島さんは、「どんなにイイヤツだって彼女ができないことはあるんだよ」、「共通点はありますか?」という質問には「男であること以外はないね。あんなイイヤツいないよ(笑)」と返答。

11
12

 新谷さんに「声は梅原と似ているよね」と言われると、「僕が声やってるんだからそりゃそうだよ! 収録からそんなに年とってないよ!」とツッコミを入れた。そのほか、「高校のときから変わったことは?」という質問には、新谷さんが「じゃあ、あすみん(阿澄さんのニックネーム)女子っぽく答えて」と無茶振りをする。その質問に対し、「メイクが……髪の毛が……茶色くなったよ」と回答をする阿澄さん。ふだんの『アマガミ カミングスウィート!』と同じく、不思議な空気を作り出す阿澄さんの発言により、会場は爆笑の渦に包まれていった。

13
14

 続いてのコーナーは、リスナーに初恋の思い出を投稿してもらう"甘酸っぱい初恋の思い出"。今回の公開録音のための特別企画だ。リスナーの投稿を読みつつ、パーソナリティーの恋愛トークがスタート。学生時代の出来事を中心としたリスナーの甘酸っぱい投稿が読み上げられ、パーソナリティーと参加者から「ピュア!」、「切ない!」など、さまざまな声が上がった。

15
16
17

 公開収録の最後に行われたのは、通常の放送でも恒例となっている、"にぃに!何かいいことあったでしょ〜"のコーナー。ゲーム中のイベントのワンシーンをパーソナリティーが演じる人気コーナーだが、今回は特別編ということで、月刊誌テックジャイアンの付録として付いてきた『アマガミ ちょっとおまけ劇場 EX3』のイベントを再現。キャストは、イベントに登場するヒロインの森島はるかを新谷さんが演じ、主人公役を阿澄さん、寺島さん、azusaさんがそれぞれ演じることに。寺島さんは、さすが本職ということで、イケメンな主人公を演じた。一方、azusaさんはかわいらしい声で主人公を演じ、会場からは「かわいい!」という声が上がっていた。最後に挑戦したのは阿澄さん。通常の放送を聴いている人にはおなじみの"佳奈雄"(阿澄さんが演じる『アマガミ』の主人公の名前)が出現し、絶妙な(?)変態紳士ぶりを表現。新谷さんをはじめ、寺島さんとazusaさんも笑い声を入れないように必死だったが、逆に会場はというと、終始笑いに包まれていたことは言うまでもない。

18
19
20
21

「私のせいじゃなくて、みんなの何かがそうさせるの! 操られているの!」と弁解する阿澄さん。それ、本当なんですか……?

 『アマガミ ちょっとおまけ劇場』はテックジャイアンの毎号の付録となっているため一部は現在入手困難だがコチラにてデータが期間限定でダウンロード配信(2011年6月30日まで)されている。興味がある人は購入してほしい。
 大盛況のまま公開録音は終了したが、公開録音の後には参加者がプレゼントを賭けてのジャンケン大会を開催。ジャンケンで勝ち残った参加者3名には、パーソナリティー4名のサイン入りCDが贈られた。

22

 また、イベントの最後には、azusaさんが生ライブを披露!! 『i Love』(テレビアニメ『アマガミSS』前期オープニングテーマ)、『君のままで』(テレビアニメ『アマガミSS』後期オープニングテーマ)、『stories』(『テレビアニメ「アマガミSS」キャラクターイメージソングス For You・・・』の収録曲をセルフカバー)の3曲を熱唱。前半のイベントとは打って変わり、しっとりとしたazusaさんのラブソングが会場を包み込んだ。

23
24
25
26

 ライブの最後にazusaさんは、「いま歌った『stories』という曲は、私が『アマガミ』と関わるようになってから、ファンの方と触れ合い、キャストの皆さんと接していく中で生まれた曲なんです。今日はこうやって皆さんといっしょに歌うことができてうれしかったです。ありがとうございました」とコメントした。

 イベント終了時の挨拶にてazusaさんは、「お客さんの反応を見ながらラジオを収録するのはすごく楽しかったです。つぎの公開録音に呼ばれなかったら、客席でコッソリと見たいと思います(笑)」とコメント、寺島さんは「azusaさんの橘さん(『アマガミ』の主人公のこと)が聞けてよかったです(笑)。また公開録音ができるように、これからも熱い想いをエンターブレインさんに贈ってください」とコメントした。メインパーソナリティーの阿澄さんは「皆さんと集まって楽しい時間を過ごすことができて、本当によかったなと思います。とりあえずのところ、ラジオの収録はまだ続いているので(笑)、ぜひ聴いてください」とイベントの感想を語った。最後に新谷さんは、「あすみんが言ったように、いつまで続くかはわかりませんがラジオは終わらないんです。いまのところは(笑)。アニメの本放送も終わりましたが、ラジオを続けていられるのは、私たちとスタッフさんとファンの方の『アマガミ』への強い愛があるからだと思います。機会があれば、また皆さんといっしょに楽しみたいと思いますので、よろしくお願いいたします」とコメントし、イベントを締めくくった。新谷さんが「次回があったらまた来てくれますか!?」と問いかけると参加者は盛大な拍手でそれに答え、大盛り上がりのまま公開録音イベントは終了を迎えた。

27

また、今回パーソナリティーを務めた4名から、イベントの感想をお伺いしたので紹介するぞ。

――本日の公開録音の感想をお願いします。

新谷良子さん 無事に開催できて本当によかったです! 皆さんにたくさん楽しんでいただけてうれしかったです。あすみんと『アマガミ』の制服を着られたことも楽しかったな。本当にうれしいことだらけでした☆

阿澄佳奈さん たくさんのリスナーさんに集まっていただき、いっしょに楽しい時間を過ごすことができて本当にうれしかったです! 念願の2度目の公開録音だったので、とても楽しみにしていたのですが、いつもと同じ雰囲気で臨めてよかったなと思いました♪

寺島拓篤さん 個人的には、お客さんとの一体感を毎回楽しみにしています(笑)。『アマガミ』って本当にいいですね! 楽しかったです!

azusaさん 『カミングスウィート!』のラジオには何度かお邪魔したことがあるのですが、お客さんもいっしょとなると、盛り上がりがすごいですね!! 今日はテレビアニメ『アマガミSS』の前期・後期オープニングテーマ2曲と『stories』を歌わせていただきました。音楽を通して、みんなと『アマガミ』の思い出を振り返られたかな?

――イベントで印象に残ったことがあれば教えてください。

新谷良子さん 寺島さまの胸に宿る大好きなあの子(『アマガミ』のヒロインのひとり、七咲逢のこと)と、azusaさんのボイスです。寺島さまも、azusaさんも「さすが!」としか言いようがない。すばらしいおふたりをゲストに迎えられて本当にうれしかったです!!

阿澄佳奈さん 1回目の公開録音と同じく、また制服を着られたことがうれしかったです! やっぱり恥ずかしくもありましたが、せっかくの機会だし……ということで着ちゃいました。でも、あの格好で"にぃに!何かいいことあったでしょ〜"のコーナーをやったのは、いま思い返してみても、なんだかとってもシュールでしたね……(笑)。

寺島拓篤さん アマガミストの皆さんの甘酸っぱっぷり(笑)。新谷さんと阿澄さんの制服姿。azusaさんの初々しい演技と、やさしい歌声。アニメが終わって『アマガミ(エビコレ+)』が発売されてもなお、テンションの下がることのないアマガミストたちの勇姿! どれも印象に残りました。

azusaさん 『アマガミ』の主人公くんになりきってのセリフ読み。もっとたくさんゲームをプレイして、感情移入の練習をしておけばよかった(笑)。つぎからはゲームをやる時、主人公くんのセリフを声に出して読みながらプレイします!! あと、毎回思うのですが、ほかの出演者の皆さんのトークがおもしろすぎまーーす!!

――ファンへのメッセージをお願いします。

新谷良子さん 『アマガミ』を愛していただけて、ありがとうございます。これからも愛し続けてください。私たちも精一杯愛し続けますっ! そしてまた、お会いしましょうねっ♪

阿澄佳奈さん いつも応援してくださるリスナーの皆さんがいて、ステキなゲストさんがいて、りょーこさんがいて……という空間が何よりも幸せに感じました! 本当にありがとうございました☆ そしてこれからもどうぞよろしくです♪

寺島拓篤さん いつもいつも応援ありがとうございます! みんなほんとにカッコイイよ! こんな熱いヤツら、なかなかいないよ! また皆さんと楽しい会ができるようにこれからも熱い応援をよろしくお願いします!

azusaさん 『アマガミ』と出会って私の人生はすごく変わりました!! 毎回ラジオやイベントで暖かく迎え入れてくれるファンの皆さんにはとっても感謝しています! 『アマガミSS』のオープニング曲などでの参加ですが、私も『アマガミ』ファミリーの一員になれたような気がして、本当にうれしかったです!!

28
29

なお、今回の公開録音は、2011年7月29日発売予定の『ラジオCD 「良子と佳奈のアマガミ カミングスウィート!」Vol.11』の特典として収録されることが決定している。イベントに参加できなかった人は、このCDを聴いてイベントの盛り上がりを感じてほしい。
また、今回メインパーソナリティーとして登場した新谷さんの最新アルバムCDと、今回のイベントでライブを行ったazusaさんのCDの情報もお届け。新谷さん、azusaさんのファンなら必ずチェックだ!

UNLOCKER!
2011年6月22日発売
3300円[税込]

UNLOCKER!』特設サイトはコチラ

30
31

『i Love』
2010年7月21日発売
1350円[税込]

『君のままで』
2010年10月20日発売
1350円[税込]

(C)2009, 2011 ENTERBRAIN, INC.

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

【『戦場のフーガ』開発記録】『インターミッション』第50回

サイバーコネクトツー松山社長が『戦場のフーガ』の開発秘話を赤裸々に解説する『インターミッション』。第50回をお届け。

【新生! サイバーコネクトフォー】『チェイサーゲーム』シーズン2 第33話 悪事千里(3)

アニメ業界の闇に切り込む内容となったシーズン2の『チェイサーゲーム』は、実在のゲーム制作会社サイバーコネクトツーを舞台にしたゲーム業界お仕事マンガ。シーズン2の第33話を掲載。

【ブログ】【ChinaJoy 2024】開催まであと1週間弱!ChinaJoyの見どころを勝手に推測!

今年で21回目を数える「ChinaJoy」。7月26日から7月29日まで、例年どおり上海新国際博覧中心で行われる。この「ChinaJoy」の見どころを推測!

【シェインの正体 “戦争×復讐×ケモノ”マンガ】『戦場のフーガ 鋼鉄のメロディ』第50話

ファミ通.comで連載されている“戦争×復讐×ケモノ”をテーマにしたドラマティックシミュレーションRPG『戦場のフーガ』の公式コミカライズ、『戦場のフーガ 鋼鉄のメロディ』の第50話を掲載。

【漫画の裏側を語る!】『チェイサーゲーム』原作コラム 『デバッグルーム』シーズン2 第32回

サイバーコネクトツー松山社長が『チェイサーゲーム』の短期連載期間中、ゲーム業界のウラ秘話を赤裸々に解説する『デバッグルーム』のシーズン2の第32回をお届け。

【『戦場のフーガ』開発記録】『インターミッション』第49回

サイバーコネクトツー松山社長が『戦場のフーガ』の開発秘話を赤裸々に解説する『インターミッション』。第49回をお届け。

【宮崎太一郎氏、享年52歳】『チェイサーゲーム』シーズン2 第32話 浮沈要塞(11)

アニメ業界の闇に切り込む内容となったシーズン2の『チェイサーゲーム』は、実在のゲーム制作会社サイバーコネクトツーを舞台にしたゲーム業界お仕事マンガ。シーズン2の第32話を掲載。

【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】集計期間:2024年06月24日〜2024年06月30日

HDリメイク作品『ルイージマンション 2 HD』が首位を獲得