『ギアーズ オブ ウォー 3』人類存亡を賭けた戦いがここに終結する!

ゲーム Xbox 360
圧倒的なグラフィックと、深みのあるストーリーがファンを惹きつけてやまない、TPS(三人称視点シューティング)シリーズの最新作。突如襲ってきた地底人ローカストと人類との存亡を賭けた戦いが、ここに終結する!

●人類の命運を懸けた戦いは最終章へ

 圧倒的なグラフィックと、深みのあるストーリーがファンを惹きつけてやまない、TPS(三人称視点シューティング)シリーズの最新作。突如襲ってきた地底人ローカストと人類との存亡を賭けた戦いが、ここに終結する! シリーズ完結編ということで、かつてないほどの進化を遂げた本作。新マップや新武器を加え、戦いの幅はさらに広がった。また、シリーズの特徴とも言えるXbox LIVEによるオンラインプレイは、より魅力溢れるものに進化した。今回は、全世界の取材陣を招いて行われた、開発元のエピック・ゲームズへのプレスツアーで判明した新情報を交えつつ、ゲームの全貌に迫る!

gia001

●サバイバルは、さらに熾烈に!

 惑星セラを舞台に、人類とローカストによる熾烈な戦いが描かれる本作。前作から登場した惑星セラの地底に蠢くローカストの新勢力、ランベントも加わって展開される、三つ巴のサバイバルバトルは予断を許さない。地表に散り散りとなったCOG(統一連合政府)軍の中で、人類の命運を託されたのはマーカス・フェニックス軍曹率いるデルタ部隊。マーカスを始めとするデルタ部隊のメンバーたちによる密度の濃い人間ドラマも、本作のストーリーを盛り上げる大きな要素と言えるだろう。ゲームシステム面では、アクション・シューティングを軸に、ボタンひとつでアクションを実現する"カバーシステム"に、これまで以上に磨きがかけられている。物陰に隠れたり、敵を盾にするといった、本作ならではの要素が戦いをより魅力的なものにしている。

gia002
gia003

●ゲーム4本分のボリューム

 全三部作のシリーズ完結編となる本作は、そのボリュームもハンパではない。本作に収録されているのは全部で4つのゲームモード。ストーリーモードと、最大10人が参加しての対戦プレイ"マルチプレイヤー"、『3』で初めて搭載される"Beast"、そしてサバイバルモードの"Horde"だ。シリーズ最長のシナリオとなるストーリーモードはもとより、対戦・協力プレイは前作からさらに洗練されており、「4つのゲームを、1本のパッケージで提供しているようなもの」と、デザインディレクターであるエピック・ゲームズのクリフ・ブレジンスキ氏も自信を持つ。

【4つのゲームモードを搭載】
ストーリーモード:人類とローカストを巡る戦いに終止符が打たれることに。4人が参加しての協力プレイも可能となっている。

マルチプレイヤー:マルチプレイでは、6つのゲームモードを実装。5対5のチーム対抗戦となる"チーム デスマッチ"などを楽しむことができる。

Beast:初収録のモード。プレイヤーはローカストとなって、COGを制限時間内に殲滅する。プレイが進むごとに使えるローカストの種類が増えていく。

Horde:前作から登場した協力プレイのモード。最大5人で、迫り来るローカストの猛攻に耐えるサバイバルモードだ。『3』では、さらに進化している。

●Horde 2.0、ついに解禁!!

前作で初収録され、ユーザーからの絶大な人気を集めたオンラインモードの"Horde"。迫り来るローカストを相手に、最大5人の仲間が協力して生き残るこのモードが、劇的に進化した。"Horde 2.0"では、サバイバル要素をさらに強調。5人の仲間は"ベース(要塞)"を拠点にウェーブと呼ばれる、押し寄せるローカストと相対することになる。もちろん、プレイを進めるごとに敵はより強力になっていく。多数の新マップで襲い来る50のウェーブを、5人で凌ぎ切れ!

gia004

●“拠点”を守る要素が追加

 前述の通り、"要塞(ベース)"を築いて戦うことになる"Horde 2.0"。拠点となるのは"コマンドポスト"で、ひとつのマップに複数のポイントが設置可能。プレイヤーがひとり"コマンドポスト"にいれば、そのエリア内での敵の出現を防止できるので、まさに"拠点"として機能する。また、"貨幣システム"も導入された。"Horde 2.0"では、すべての行為が貨幣に換算され、敵を倒したりチームメイトを助けることで、お金がもらえることに。もらったお金を使って装備や武器をカスタマイズしたり、リスポーン(再生)することも可能だ。なお、お金は、前作の武器や装備と同様に、仲間うちで共有して使うこともできる。

gia005

●要塞をより強固に

 "Horde 2.0"では、獲得した貨幣を使って"ベース"を強固にできる。用意されているアイテムは、バリアやデコイ(囮)、見張りなど。ちなみに、破壊されたアイテムは、お金さえ払えば修復が可能だ。また、破壊されずに残ったアイテムはレベルアップも行える。要塞をより強固にして、戦いを有利に進めよう。

gia006

●バラエティーに富んだ要素も

 "Horde 2.0"では、プレイをより一層楽しむためのさまざまな要素が用意されている。今回明らかになったのは"ビッグヘッドモード"。こちらは、文字通りキャラの頭と手足がデフォルメされ、大きくなった状態で遊べるモード。声も幼くなっており、敵を倒すと血ではなく、紙の花吹雪が散るという演出も。また、新キャラや新武器なども用意。新たな武器としては、"クリーバー"が初お披露目。こちらは重くて少々扱いづらいが、強力な威力を持った大太刀だ。

gia007

※週刊ファミ通2011年6月30日号(2011年6月16日発売)には開発スタッフインタビューも掲載!

ギアーズ オブ ウォー 3
メーカー 日本マイクロソフト
対応機種 Xbox 360
発売日 2011年9月22日発売予定
価格 価格未定
ジャンル アクション・シューティング / SF
備考
©2011, Epic Games, Inc. All Rights Reserved. Epic, Epic Games, the Epic Games logo, Gears of War, Gears of War 2, Marcus Fenix and Crimson Omen Logo are trademarks or registered trademarks of Epic Games, Inc. in the United States of America and elsewhere. Microsoft, the Microsoft Game Studios logo, Xbox, Xbox 360, Xbox LIVE, and the Xbox logos are trademarks of the Microsoft group of companies. ※画面は開発中のものです。
※本ソフトはCEROより"18歳以上のみ対象"の指定を受けておりますが、掲載にあたっては本誌掲載基準に従い配慮しております。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『ブレイドアンドソウル』EPIC9大型アップデート実施、ジャパンチャンピオンシップ2018の予選もスタート!

2018年6月20日、エヌ・シー・ジャパンはPC用オンラインRPG『ブレイドアンドソウル』において、“EPIC9 大型アップデート”を実施した。

『マビノギ』自分好みの家が作れる新規ハウジングシステムを実装!

2018年6月20日、ネクソンはPC用オンラインRPG『マビノギ』において、新規ハウジングシステムを実装した。

『テイルズウィーバー』“Episode3 Chapter6:Evergreen Haven”実装! 本編としては約3年ぶりの新チャプター

2018年6月20日、ネクソンはPC用オンラインRPG『テイルズウィーバー』において、“Episode3 Chapter6:Evergreen Haven”を実装した。

テレビアニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ』 Blu-ray&DVDのエビテン限定特典“アクリルスタンド”のデザインを公開!

ECサイト“エビテン[ebten]”にて予約受付中のテレビアニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ』について、限定特典である“アクリルスタンド”のデザインが公開された。

アケアカNEOGEO『ザ・キング・オブ・ファイターズ 2000』と『幕末浪漫第二幕 月華の剣士 〜月に咲く華、散りゆく花〜』が6月21日より配信開始

ハムスターは、『アケアカNEOGEO ザ・キング・オブ・ファイターズ 2000』(プレイステーション4、Xbox One)と『アケアカNEOGEO 幕末浪漫第二幕 月華の剣士 〜月に咲く華、散りゆく花〜』(Nintendo Switch)を、2018年6月21日より配信することを発表した。

桜井政博氏が『スマブラSPECIAL』を語る! 今週のファミ通コラムは必見です!【先出しファミ通】

2018年6月21日発売の週刊ファミ通では、2018年6月13日の“Nintendo Direct:E3 2018”において詳細情報が公開された『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』のディレクター、桜井政博氏の定例コラムを掲載しています。

【アンケート】カントー地方で出会えるポケモンへの愛、『ポケットモンスター』シリーズへのメッセージをお願いします!

週刊ファミ通2018年7月26日号(7月12日発売)では、『ポケモン』の特集記事を掲載予定です。本特集では、『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』のカントー地方で出会えるポケモンにフィーチャーしたアンケートを実施し、ファンの皆さんからコメントを掲載したいと考えています。好きなカント―地方で出会えるポケモンへの愛や、『ポケットモンスター』シリーズへのメッセージを、ぜひお教えください!

心霊ホラーシリーズ第2弾『NG』の発売日が9月13日に変更

エクスペリエンスは、プレイステーション Vita用ソフト『NG』の発売日を2018年8月9日から、9月13日に変更することを発表した。

『ブラッククローバー カルテットナイツ』“ミモザ”のキャラクターPVが公開、クローズドβテスト実施も決定

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年9月13日発売予定のプレイステーション4用ソフト『ブラッククローバー カルテットナイツ』について、ゲームに参戦するキャラクター“ミモザ”のPVを公開した。また、発売に先駆けたクローズドβテストを開催することを決定、参加者10000名の募集を実施している。

DMM版『PUBG』が35%オフ! 購入者先着1000名に“ドン勝Tシャツ RED”を配布

DMM GAMESは、PUBG Corp.と協業してサービス中のPC用バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』において、ソフトを通常価格より35%オフの1950円で購入できる期間限定サービスを2018年6月20日より実施する。