【画像・商品情報追加】『ガンダム』新作は『ガンダムAGE(エイジ)』! レベルファイブ日野氏がストーリー・シリーズ構成担当

ゲーム
2011年6月13日に開催された『ガンダム』シリーズ新作発表会で、新作『ガンダムAGE(エイジ)』の詳細が明らかに! テレビアニメは10月に公開

●日野晃博氏が新たな『ガンダム』を生み出す!

 2011年6月13日に開催された『ガンダム』シリーズ新作発表会で、新作のタイトルが『ガンダムAGE(エイジ)』であること、そしてストーリー/シリーズ構成をレベルファイブの日野晃博氏が務めることが明らかに! さらに、発売日と機種は未定だが、『SDガンダム ジージェネレーション』シリーズの最新作に『ガンダムAGE(エイジ)』が参戦するほか、バンダイナムコゲームスとレベルファイブでもう1本制作中で、ジャンルはRPGとのこと。テレビアニメは10月に公開予定だ。

Keyvisual

●『ガンダムAGE』作品概要

作品テーマ
圧倒的な強さを誇る、謎の敵『UE』を前に、
戦うことによって自己進化する、新たなるガンダムが動き出す。
今ここに、100年3世代に渡る、壮大なガンダム大河ストーリーが幕を開ける

ストーリー

スペースコロニーへの移民が始まって数百年が過ぎた宇宙時代。
地球圏の覇権をめぐる戦争は終わり、平和な時代が到来するかに思われた。
しかし、その平和は、はかなくも崩れ去った。

A.G.101年−(Advanced Generation)
突如、出現した正体不明の敵『UE(Unknown Enemy=アンノウン・エネミー)』によって、スペースコロニー『エンジェル』が攻撃を受け、崩壊した。多くの犠牲を出したこの大惨事は後に『天使の落日』と呼ばれた。その後もUEは地球圏に住む人々を、長きにわたり苦しめることになるのである。

A.G.108年−
UEとの戦いは続き、それまで平和だったスペースコロニー『オーヴァン』もまた襲われることになる。そこに住んでいた7歳の少年フリット・アスノは、戦火に巻き込まれ母親を失う。だが、その母の死に際、家に代々伝わるメモリーユニット『AGEデバイス』を託される。そこには、かつて救世主と呼ばれた古代のモビルスーツ『ガンダム』の設計図が入っていた。フリットは母の思いを受け継いで、『ガンダム』をつくりあげる決意をする。

A.G.115年−
14歳となったフリットは、スペースコロニー『ノーラ』の連邦軍基地アリンストンに引き取られていた。7年間、基地のエンジニア達とともに研究を続けてきた彼は、ついに『ガンダム』を完成させる。ガンダムには、機体を自己進化させる画期的な仕組み『AGEシステム』が搭載されていた。
しかし、ついに、恐れていた時がやって来る…。
UEの魔の手が、平和なコロニー『ノーラ』にまで迫ってきたのだ。
そして今、フリットは自らがつくりあげた『ガンダム』を動かして戦う。
果たして、フリットは14年もの間、一度も勝利できなかった恐るべき敵『UE』に打ち勝つことができるのか…?

AGEシステム
アスノ家が研究してきた生物の進化の謎を数値化したものに、フリットが自己成長の発想を追加した。戦闘によるデータ収集を行い、独自に進化する。パイロットと共に成長するため、登録されたパイロット用のオンリーワンシステムとなる。現在、このシステムを搭載した『ガンダム』を動かせるのは、主人公・フリットのみ。ガンダムを起動させるには、アスノ家の血筋(AGEデバイス)がキーとなっている。『AGEシステム』+機体+フリット=『ガンダム』成立となる。

AGEデバイス
アスノ家に代々伝わるメモリーユニットで『ガンダム』の設計図や『AGEシステム』の基本理念などのデータが記録されている。そのデータはアスノ家が独自に研究を重ねたものと、過去から蓄積されて来た技術記録の融合であり、まさに“一子相伝の秘伝書”とも言うべき非常に優れたものなのである。

スタッフ
企画…サンライズ
原作…矢立 肇 富野 由悠季
監督…山口 晋
ストーリー/シリーズ構成…日野晃博
キャラクターデザイン原案…長野拓造
キャラクターデザイン…千葉道徳
メカニックデザイン…海老川兼武 石垣純哉 寺岡賢司
企画協力…レベルファイブ
制作協力…創通 ADK
製作…サンライズ 毎日放送

●『ガンダムAGE』主要キャラクター&メカニック

01
02
03

フリット・アスノ
幼いながら民間の技術者として軍の整備部に所属し、母から託された『AGEデバイス』の中にあったデータをもとに、『ガンダム』と『AGEシステム』を開発する。

アセム・アスノ
フリットの子。

キオ・アスノ
アセムの子。

04
05
06

エミリー・アモンド
母を亡くしてノーラへとやって来た7才のフリットの、最初の友だち。

グルーデック・エイノア
地球連邦軍中佐。とある宇宙戦艦の艦長。

ミレース・アロイ
地球連邦軍中尉。とある宇宙戦艦の艦内システム統括。

07
08
09

ガンダムAGE-1ノーマル

ガンダムAGE-1タイタス

ガンダムAGE-1スパロー

10
11
13

ガフラン
(人型)

ガフラン
(ドラゴン型)

ジェノアス

●商品・サービスのラインアップも発表

GUNPLA_AG_3MS

AG(アドバンスドグレード) 1/144 ガンダムAGE-1 ノーマル(中央)/タイタス(右)/スパロー(左)
2011年10月より順次発売予定 各630円

新ブランドのガンプラ。劇中に登場するもビルスーツを1/144スケール(全高約12.5センチメートル)でプラモデル化。道具・塗料は一切不要。“ゲイジングチップ”が1枚付属しており、後述の『ゲイジングバトルベース』や『ゲイジング ハロ』でこれをスキャンすると、バトルシミュレーションゲームが楽しめる。

GUNPLA_AG_normal

AG 1/144 ガンダムAGE-1ノーマル

GUNPLA_HG_normal
GUNPLA_HG_normal2

HG(ハイグレード) 1/144 ガンダムAGE-1ノーマル
1260円 2011年9月下旬発売予定

HG(ハイグレード)シリーズは健在。また、MG(マスターグレード)シリーズ、メガサイズシリーズなども続々商品化予定。

m
^
X
C

GB(ゲイジングビルダー) 1/100 ガンダムAGE-1ノーマル
2011年10月発売予定 2940円
1/100サイズ(全高約19センチメートル)の彩色・組み立て済フィギュア。全身15ヵ所が可動し、肩・胴体などに“ゲイジングチップ”計4枚を搭載。こちらも『ゲイジング バトルベース』や『ゲイジング ハロ』と連動して遊べる。

別売りのパーツ“Gウェア”(各1260円、2011年10月発売予定)や、今後のGBシリーズのパーツを使えば、カスタマイズも可能。

換装イメージ

G
Q
GAGE_ING_BATTLE_BASE

ガンダム専用軌道装置 エイジデバイス
2011年10月発売予定 2415円

アスノ家に伝わる、ガンダムを起動するキーアイテムを商品化。キャラクターのボイスや効果音を収録し、7つのパイロットシミュレーションゲームが楽しめる。

ゲイジング ハロ
2011年10月発売予定 5985円

主人公のパートナーロボット“ハロ”をモチーフにした玩具。“ゲイジングチップ”が内蔵されたガンプラやフィギュアをスキャン(ゲイジング)すると、液晶画面に自分のモビルスーツが登場。店頭設置の『ゲイジングバトルベース』と同様のゲームが楽しめる。また、戦績を“エイジデバイス”に記録すれば、“エイジデバイス”のレベルアップも可能。

『ゲイジングバトルベース』
2011年10月稼動予定 プレイ無料 プレイ人数:1人
“ゲイジングチップ”が搭載されたガンプラ、フィギュアをスキャン(ゲイジング)すると、自分のモビルスーツが画面に現れ、バトルシミュレーションが楽しめる。ガンプラ(AG)シリーズの場合、機体を1〜3体までゲイジングでき、小隊を組んで敵と戦う。フィギュア(GB)シリーズの場合、手・脚のパーツ換装により1体のモビルスーツの強さをカスタマイズして戦う。戦績を“エイジデバイス”に記録すると、“エイジデバイス”のレベルアップが可能。レベルアップした“エイジデバイス”を再び接続すると、戦いを有利に進められるようになる。

Q
t
f

ゲイジングハロ画面

フィギュアゲイジング

デバイス記録

G
t
Q

エイジデバイスとゲイジングバトルベース

フィギュアとゲイジングバトルベース

ゲイジング相関イメージ

●新たなるデジタルカードゲーム『ガンダムトライエイジ』!

ガンダムトライエイジ
第0弾は2011年7月下旬稼動予定、第1弾は2011年10月上旬稼動予定 1プレイ100円

プラットパネルリーダー搭載の新型カード筐体。好きなモビルスーツやパイロットのカードをパネルに配置すると、そのモビルスーツとパイロットがモニター上に瞬時に登場。攻撃したい場所にカードを動かしてバトルを楽しもう。
2011年10月上旬稼動予定の第1弾は、『機動戦士ガンダムAGE』が中心のラインアップで登場予定。

.jpg

●『ガンダムトライエイジ』カード関連画像

GUNDAM_AGE_1_NORMAL_CARD
GUNDAM_CARD
00GUNDAM_CARD
UNICORN_GUNDAM
Flit_Asuno_CARD
AMURO_RAY_CARD
SETSUNA_F_SEIEI_CARD
BANAGHER_LINKS_CARD
iccard

●『ガンダムトライエイジ』ゲーム画像

1
2
burst
hissatuwaza_GUNDAM
ability
hissatuwaza_UNICORN.bmp
targetphaze_edited-1
tubazeriai
perfect
(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・毎日放送

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

【集英社ゲームズ】『Captain Velvet Meteor: The Jump+ Dimensions』に『サマータイムレンダ』から小舟潮などが参戦。『SOULVARS』はPCと家庭用ゲーム機向けにリリース決定

集英社ゲームズは、インディーゲームの祭典INDIE Live Expo 2022にて『Captain Velvet Meteor: The Jump+ Dimensions』などの最新情報を公開した。

【講談社ゲームクリエイターズラボ】『FAMILY BATTLE タッグアリーナ』『違う冬のぼくら』『十三月のふたり姫』が8月6日に配信決定

2022年5月22日に開催されたインディーゲームのオンラインイベント“INDIE Live Expo 2022”にて、講談社ゲームクリエイターズラボの3タイトル、『FAMILY BATTLE タッグアリーナ』『違う冬のぼくら』『十三月のふたり姫』が2022年8月6日に発売されることが明らかにされた。

『シン・ウルトラマン音楽集』(6/22発売)のジャケットと収録内容詳細が公開。44Pブックレットには鷺巣詩郎作曲のフルスコア2曲を収録

現在公開中の映画『シン・ウルトラマン』の劇中使用楽曲を集めた2022年6月22日(水)発売の音楽集CD『シン・ウルトラマン音楽集』のジャケット・収録内容詳細が公開された。

神と人との戦いを描く2D探索アクション『LOST EPIC』PS5/PS4版が7月28日発売決定、Steam版も同日フルリリース

ワンオアエイトによる2D探索アクション『LOST EPIC』(ロストエピック)がプレイステーション5、プレイステーション4向けに、7月28日にリリース予定であることが明らかにされた。早期アクセスで提供されていたSteam版も、フルリリース版が同日の7月28日に配信される。

“ウルトラマン特集”ファンが選ぶ10エピソードが6月25日にファミ劇で再放送決定。本作のファンで知られる田村亮、宮島咲良、荒井義久のコメントも到着

2022年6月25日(土)、ファミリー劇場は“「ウルトラマンHDリマスター版」ファンが選ぶ10エピソード”を再放送する。第23話“故郷は地球”や第39話“さらばウルトラマン”などが選出されている。

『呪術廻戦』より七海建人のフィギュアが登場。ネクタイを緩める仕草で大人っぽさを表現

2022年5月18日(水)、コトブキヤはフィギュア“ARTFX J 七海建人”の予約を開始した。

『SIGNALIS』2022年秋発売決定。名状しがたき奇怪な世界と物語が堪能できる、往年の名作にインスパイアされたコズミックホラー

PLAYISMはrose engineが開発するサバイバルホラーゲーム『SIGNALIS』のSteam版をHumble Gamesと協力して、2022年秋に発売することを発表した。

『ティモシーとムーの塔』Steamにて8月9日発売決定。古きよきレトロゲーム風味の高難度塔登り2Dアクションゲーム

PLAYISMはKibou Entertainmentが開発する高難易度塔登り2Dアクションゲーム『ティモシーとムーの塔』をSteamにて2022年8月9日に発売することを発表した。

『ドラゴノーカ』Steam版2022年内配信決定。竜の背中にある村を開拓・発展させ、やがて家族もつくれる牧場系村運営SLG

DLSiteで販売中のスローライフシミュレーションゲーム『ドラゴノーカ』のSteam版の配信が決定した。Steam版のパブリッシャーはPLAYISMが担当する。

『グーニャモンスター』がSteam向けに配信決定。寺田てら氏デザインによるかわいいキャラクターで暴れ回る3対1の非対称型バトルアクション

MUTANは、PC(Steam)用ソフト『グーニャモンスター』を発売予定であることを発表。本作は、ぐにゃぐにゃのファイターたちによるパーティー格闘ゲーム『グーニャファイター』などで知られるMUTANによる最新作。イラストレーター・寺田てら氏がデザインするかわいいキャラクターを操作し、3人の“バスター”とひとりの“モンスター”に分かれて遊ぶ、3vs1の非対称型バトルアクション。