HOME > ニュース > 3種類のモードを体験『新・光神話 パルテナの鏡』プレイリポート【E3 2011】

3種類のモードを体験『新・光神話 パルテナの鏡』プレイリポート【E3 2011】

ゲーム ニンテンドー3DS 海外ニュース インプレッション
E3 2011で出展された『新・光神話 パルテナの鏡』。そこで判明した新情報を、プレイリポートとともにお届け!

●シングル、マルチ、ARカードで遊べる『新・光神話 パルテナの鏡』!

 2011年6月7日〜9日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスにて開催中の世界最大のゲーム見本市E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)2011。このE3 2011にプレイアブル出展された『新・光神話 パルテナの鏡』には、通信対戦モードなど、いままで発表されていなかった新要素も収録されていた。これらをプレイリポートとともにお伝え。

 操作方法の詳細については、2011年1月に日本で行われた“ニンテンドー3DS体験会”に出展された時点から大きな変更はなかったので、そちらのプレイリポートを参照してくださいということで、本題のリポートへ。

 E3出展バージョンでプレイできたモードは、ひとり用のシングルプレイ、3対3で戦うマルチプレイ、そしてARカードを使って遊ぶモードの3種類。

プレイを始める前に武器選択
 シングルプレイとマルチプレイでは、遊ぶ前に武器を選択可能。“ニンテンドー3DS体験会”バージョンでは3種類の武器でしたが、今回選べた武器はなんと7種類! スタンダードな剣タイプから、弓、ビット、キャノン、爪などなど、じつにバラエティー豊かな武器が揃っていました。各武器は攻撃範囲や特性などがまったく異なり、武器を変えるたびに同じモードでも違ったゲーム性が楽しめます。また、攻撃方法が変わるだけでなく、足の速さなどにも影響するようでした。
■選択できた武器の名前
・BLADE ・CLAWS ・BOW ・PALM
・CANNON ・ORBITARS ・ARM

シングルプレイ
 シングルプレイでは、3つのチャプターからどれかを選んで遊ぶことができ、それぞれ難度がEASY、NOMAL、HARDとなっていました。各チャプターは、3Dシューティングを楽しめる空中戦、アクション要素も加わる地上戦、そしてボス戦という3つのステージで構成されており、チャプター2では主人公ピットといっしょに戦ってくれる“マグナス”という新キャラクターも登場します。また、チャプターの最後では“GAOL”という初めて見るボスが出現。英語では、“ガオル”と発音されていました。このシングルプレイでは、“敵を倒すたびに試遊できる時間が増えていく”という、ゲームイベントでは珍しいシステムが搭載されていました。つまり、上達すればするほど、長い時間遊べちゃうという!(あくまでE3用に搭載されたシステムらしいので、製品版ではどうなるかわかりません)。

 ちなみに、HARDの歯応えはかなりのもので、僕も何回か挑戦したのですが、けっきょくクリアーできませんでした。E3最終日の閉演間際に、『パルテナ』ブースを担当していた係員のお兄さんに聞いてみたところ、「この3日間を通して、HARDをクリアーできた人はひとりしかいなかったよ」とのことでした。むしろ、ひとりでもクリアーした人がいることに驚きました……。世界は広いですなぁ。
■選択できたチャプターの名前
CHAPTER1(EASY) 「The Return of Palutena」
CHAPTER2(NOMAL) 「Magnus and the Dark Lord」
CHAPTER3(HARD) 「Heads of the Hewdraw」

マルチプレイ
 今回初めてのお披露目となったマルチプレイ。3対3で通信対戦を行うことができました。この対戦システムがおもしろかったので、ご紹介します。まず、自分も相手もキャラクターはピットではなく、ふつうの天使です。そして両チーム(光軍と闇軍)にはそれぞれ戦力ゲージのようなものがあり、自分や味方がやられるたびに、自軍のゲージが減っていきます。で、その戦力ゲージがゼロになると敗北……ではなく、最後にやられた人が”ピット”となって降臨するのです。このピットを倒されてしまうと、ついに敗北となります。しかしピットは通常の天使と異なり、ちょっと強めになっていますから、倒すのもひと苦労。これらの情報を大まかにまとめると、
(1)相手チームにピットが出現したら、味方みんなで倒す!
(2)味方チームにピットが出現したら、倒されないように援護する!
(3)自分がピットになったら、やられないようにがんばる!

 というゲームであることがわかります。実際、何回かマルチプレイを遊んだのですが、6人が入り乱れて戦うハチャメチャ感と駆け引きのバランスがとても心地よく、ついアツくなって「ぅおーい!」みたいな声を出してしまいました。

ARカード
 こちらは本編のゲームとは別のお楽しみ要素です。対応のARカードを読み込むと、パルテナ様やピット、敵キャラクターなどがカードの上にポンと出現します。これだけならふつうのARカードですが、『パルテナ』はそれだけでは終わりません。カードどうしを向け合い、Aボタンを1回押すと・・・・・・キャラクターたちが自動でバトルを始めるのです!(もちろん勝敗も決まります) また、たとえばピットのARカードであっても、武器違いバージョンなど、何種類もあるようでした。ARカードの種類がどれくらいあるのかは不明ですが、とにかくカードを集めるもよし、強いカードを探すもよし、といった感じでしょうか。

●着々と完成に近付いている印象の『新・光神話 パルテナの鏡

 E3に出展されていた『新・光神話 パルテナの鏡』は、今年1月に国内で行われた“ニンテンドー3DS体験会”のときに遊べたバージョンとは、まるで完成度が異なりました。内容もそうですが、グラフィックも段違いに美しくなっていたように見えましたし(実際、ものすごくキレイになっているはず)。また、驚きのマルチプレイやARカードといった新要素も徐々に判明し、いよいよ完成へと近付いている印象を受けました。2011年内には発売予定とのことですが、一刻も早く製品版で遊んでみたいですね!(text by デイリー松尾)

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『ストV AE』はときど、ふ〜ど、板橋ザンギエフを含む有力候補たちがウィナーズでDAY2に進出。『KOF XIV』は決勝トーナメントのメンバーが決定【EVO Japan 2019】

2019年2月15日、福岡県の福岡国際センターにて、格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVO Japan 2019”のDAY1が実施された。

『ファークライ ニュードーン』プレイレビュー! あの“終末”から17年後を描くまさかの新作は、ポストアポカリプスに新たな文脈を加えた意欲作

ユービーアイソフトより2019年2月15日に発売された『ファークライ ニュードーン』。『ファークライ5』の17年後を舞台にした本作の“刺激”をレビューしていこう。

アプリ『プリンセスコネクト!Re:Dive』のテレビアニメ化が決定! 制作は『マナリアフレンズ』などを手掛けるCygamesPicturesが担当

サイゲームスより配信中のスマートフォン向けアプリ『プリンセスコネクト!Re:Dive』のテレビアニメ化が決定。

アニメ『ペルソナ5』で主人公たちが通う秀尽学園高校のジャージを商品化! こだわりの再現度を見よ

アニメ『ペルソナ5』より、主人公たちが通う秀尽学園高校のジャージを再現したアイテムが登場。アトラスDショップにて現在予約受付中。

原由実さん&原紗友里さんが『オーバークック2』とVRホラーゲーム『ホラー SENSE』を遊ぶ! ニコ生特番が2019年2月17日(日)20時より放送

『原由実の○○放送局 大盛』の特番が、2019年2月17日(日)20時より、ニコニコ生放送にてスタート。

ミンゴスが『ドラゴンクエストビルダーズ2』に挑戦する『今井麻美のニコニコSSG』特番が2019年2月16日(土)19時から配信!

2019年2月16日(土)19時より『今井麻美のニコニコSSG』の特番を配信決定。今回は、ミンゴスがリスナーさんといっしょに『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』をプレイします。

『デビル メイ クライ 5』発売前夜イベント“SSS Devil Night”開催決定! イベント参加者の募集を開始

『デビル メイ クライ 5』発売前夜イベント“SSS Devil Night”の開催が決定した。

ネタバレ注意! 『キングダム ハーツIII』最強キーブレードを入手しよう

『キングダム ハーツIII』に登場する最強のキーブレードの入手方法を紹介。これを入手すれば、あの敵も楽勝!?

『メトロ エクソダス』攻略情報! 過酷な世界を生き延びるために役立つ知識を伝授

2019年2月15日に発売された『メトロ エクソダス』で覚えておくべきテクニックをお伝えする。