『びっくり! とびだす! 魔法のペン』ARコードを使った新要素を紹介

ニンテンドー3DS ゲーム
魔法のペンでお絵描きをすると、描いた絵が飛び出してくる、お絵描きアドベンチャー。今回は、ARを使った要素を紹介。

●ARでさぁたんが現実世界に飛び出す!

 魔法使いの女の子“さぁたん”となって、魔法のペンでお絵描きをしていくアドベンチャーゲーム。描いた物が立体化する世界で、お絵描きを楽しみながら世界を広げていくのが目的だ。今回は、AR技術を活かした要素を紹介するぞ。

G
G
G

●ミニゲームでARコードをゲットしよう

 ミニゲームでいい成績を残すと、“ARコード”を教えてもらえる。そのコードを本作の説明書に付属する“ARカード”に書き込むことで、飛び出すARモデルがゲットできるのだ。カードのバリエーションは複数用意されているぞ。

AR
AR
AR

ARカード

▲表示されたコードを記入して、ニンテンドー3DSのカメラでARカードを撮影しよう。

AR_19
AR_16
AR

▲カメラでカードを読むと、さぁたんがそこにいるかのように出現! ボタンを押すごとに動きが変化するぞ!

▲一度出したARキャラクターは、図鑑でいつでも閲覧可能だ。

びっくり! とびだす! 魔法のペン
メーカー GAE
対応機種 ニンテンドー3DS
発売日 2011年8月11日発売予定
価格 3990円[税込]
ジャンル アドベンチャー / お絵描き
備考
(C)GAE, Inc. All rights reserved. ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

“テイルズ オブ フェスティバル”10回目記念、描き下ろしイラストを使用したグッズが当たる“一番くじ”が登場

バンプレストは、ハズレなしのキャラクターくじ“一番くじ テイルズ オブ フェスティバル〜Congratulations 10th〜”を、2017年6月10日より順次展開する。

『Far Cry 5』ティザートレーラーが公開 舞台はアメリカ・モンタナ州の“ホープカウンティ”

2016年〜2017年度の決算報告に併せて発表されたUBI Softの『Far Cry 5』について、ティザートレーラーが公開された。

“シブサワ・コウ アーカイブス”全15作のセット商品をSteamストアで期間限定販売!

コーエーテクモゲームスは、“シブサワ・コウ”の活動35周年を記念し、“シブサワ・コウ アーカイブス”にて、2017年5月23日〜5月29日までの期間限定で、全15作品のセット商品をSteamストアで販売する。各作品の単品もお得な価格で購入可能となっている。

『デジモンストーリー サイバースルゥース ハッカーズメモリー』に登場するハッカーチーム&天才ハッカーのエリカを公開

バンダイナムコエンターテインメントは、『デジモンストーリー サイバースルゥース ハッカーズメモリー』について、ハッカーチーム“フーディエ”と天才ハッカーのエリカに関する情報を公開した。

『パラッパラッパー』オリジナルサウンドトラックが2017年5月24日より発売開始!

2017年4月20日にプレイステーション4版が発売開始された『パラッパラッパー』のオリジナルサウンドトラックが、2017年5月24日より発売開始。サントラの発売を記念して、オリジナルクリアファイルがもらえる“TEAM Entertainment PlayStation GameMusicフェア 2017”も開催される。

『レッド・デッド・リデンプション2』の発売時期が2018年春に延期。ゲームの詳細は今夏公開予定

ロックスター・ゲームスが、『レッド・デッド・リデンプション2』の発売を2018年春に延期することを発表した。

『Bloodstained: Ritual of the Night』の進捗状況は20〜30%! 五十嵐孝司氏作品初の日本人キャラが登場【A 5th of BitSummit】

“A 5th of BitSummit”21日のメインステージには、ArtPlay代表取締役のIGAこと五十嵐孝司氏が登場し、『Bloodstained: Ritual of the Night』のキャラクターを紹介した。講演後のインタビューの模様もお届けする。

『青木瑠璃子のI have Controller』、2017年6月5日回は三宅麻理恵さんと『PUBG』、2017年6月19日回は福原綾香さんがゲスト!

FPSやマルチプレイのゲームなど、コアなゲームをやり込む女性声優として話題の“るーりぃ”こと、青木瑠璃子さん。彼女といっしょにゲームを楽しむニコニコ生放送!

『ドウクツジマ』懐かしくてやさしいアクションゲームだぜ!! インタビュー完全版も掲載【とっておきインディーVol.121】

古今東西のキラリと光るインデ ィーゲームを紹介。今週は、『プ チコン3号 SmileBASIC 』で 制作された注目作をお届け。

北米人気アーケード専用ゲーム『killer Queen』開発者が直面した、インディーゲーム開発者の金銭的問題や社会的問題【A 5th of BitSummit】

2017年5月20日、21日に京都勧業館 みやこめっせにてインディーゲームの一大祭典“A 5th of BitSummit”が開催。同イベントにて、アーケード専用ゲーム『killer Queen』を手掛ける、BumbleBear Games CEO/ゲームデザイナーのNikita Mikros氏によるセッションが行われた。その内容をお届けする。