HOME > ニュース > 娯楽の新しい構造“Wii U”――任天堂カンファレンス詳報をお届け【E3 2011】

娯楽の新しい構造“Wii U”――任天堂カンファレンス詳報をお届け【E3 2011】

ゲーム Wii ニンテンドー3DS ビジネス
Wiiの後継機“Wii U”が明らかとなった、任天堂カンファレンスの詳報をお届けする。

●イノベーションという共通の血が流れる新ハード

 現地時間2011年6月7日、アメリカ・ロサンゼルスでついに開幕となった世界最大のゲーム見本市E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)2011。その直前に行われた任天堂のプレスカンファレンスで、Wiiの後継機“Wii U”が発表となった。その場で明らかにされたのはコントローラーのデザインのみで、6.2インチのディスプレイを中央に搭載した、携帯ゲーム機と据え置き機の中間といった印象だ。そのほかの詳細については別記事で紹介するとして、ここではカンファレンス全体の模様をお届けしよう。

<関連記事>コントローラには6.2インチ液晶を搭載! 『Wii U(ユー)』画像とスペックを公開【E3 2011】

 オープニングを飾ったのは、任天堂を代表するタイトル『ゼルダの伝説』シリーズに関する新情報。生オーケストラによりゲーム音楽の演奏に合わせて、前方の巨大スクリーンではシリーズの歴史を振り返るラッシュ映像が流れ、それが終了するとともにステージには宮本茂氏が登場した。「うーん、『ゼルダ』」と満足気な表情を浮かべた同氏はまず、宝箱を開ける、妖精を助けたとき……といった特徴的な効果音を生オーケストラで演奏するという仕掛けで来場者たちをよろこばせる。続けて『ゼルダの伝説』シリーズの今後の展開について明らかにした。タイトル関連での新情報としては、2011年9月にニンテンドーDSiウェアで『ゼルダの伝説 4つの剣』が登場、さらにシリーズ25周年を記念してコンサートを行うことも明らかにした。このコンサートは全世界を対象に今年の秋より順次実施予定。またコンサート開催に合わせてふたつの音楽アルバム、『時のオカリナ』のサウンドトラックと、フルオーケストラ演奏を収めたアルバムが発売されることも発表された。

<関連記事>『ゼルダの伝説』25周年で驚きの構想が続々発表に【E3 2011】

DSC_0561
DSC_0578

 宮本氏による『ゼルダの伝説』関連プレゼンに続いては、任天堂のグローバルプレジデント岩田聡氏が登場。同氏が登場するということは、早くも噂のWii後継機がお披露目か? と期待が高まったが、ここではひとまずそのコンセプトのみを紹介。「私たちは過去に、ニンテンドーDSとWiiを発表した際、ゲーム人口の拡大という目標をかかげました」と話し、その結果「いまや性別、年齢の隔たりはなくなった」と語る。しかし、「メンタル面ではまだギャップがある」と岩田氏。具体例としてWiiはカジュアルなゲームが中心というイメージを抱かれていることを説明するとともに、「あらゆる層に満足してもらうゲーム機を作るのは、業界として成し遂げていないことです」と、“メンタル面のギャップ”に悩まされるのは任天堂に限らないことを強調する。これを踏まえたうえで岩田氏は、発表会の後半で発表するWii後継機は“奥深く幅広く”仕上がったもので、業界が成し遂げていないことを実現するものであると宣言した。「奥深いゲームを可能にすると同時に、Wiiよりも幅広い人たちにアピールすることができ、ゲームの見かたも変えるものでしょう。イノベーションのゴールとは、すべてのゲームプレイヤーのためになるものをお届けすること。この新しいプラットフォームは、私たちのゴールへの大きな一歩になると思います」(岩田)。

DSC_0770

 ただし、この新ハードの登場は来年になるとのことで、岩田氏は「今年はニンテンドー3DSマーケーットでの興奮が待っている」と話し、ステージをニンテンドウ・オブ・アメリカのプレジデントであるレジー・フィザメイ氏に譲った。

DSCF4731

 レジー氏は岩田氏の言葉通り、今後ニンテンドー3DSで発売予定の注目タイトルを一挙に紹介。『マリオカート』(日本は発売日未定、北米で2011年ホリデーシーズン発売予定)、『スターフォックス64 3DS』(日本では7月14日、北米で9月に発売予定)、『スーパーマリオ』(日本では発売日未定、北米では2011年内)、『光神話 パルテナの鏡』(日本では2011年、北米では2011年後半発売予定)の続報に加えて、新たなタイトルとして『ルイージマンション2』(日米ともに発売日未定)がお披露目。また、サードパーティーについても『エースコンバット3D』、『テトリス』、『Cave Story 3D』、『バイオハザードリベレーションズ』、『Driver Renegade』、『パックマン&ギャラガ ディメンションズ』、『鉄拳3D』、『メタルギアソリッドスネークイーター3D』が紹介され、レジー氏は「ニンテンドー3DS用に発売されるソフトのラインアップはいままでにないものとなります」と胸を張った。さらに「それを強化するもの」として、ニンテンドーeショップが北米でもスタートしたことを紹介。日本同様、『3Dクラシックス エキサイトバイク』の無料配信、ニンテンドー3DSダウンロードソフト『ポケモン立体図鑑BW』の登場といった展開が用意されていることを発表した。

<関連記事>“Wii U“だけじゃない、ニンテンドー3DSの強力なタイトルラインアップも公開【E3 2011】

DSCF4733
DSCF4755
DSCF4765
DSCF4786
DSCF4797

 ここからいよいよ、話題はWii後継機へ。レジー氏はWiiというハード名があっとう間に馴染み深いものとなった背景には、言葉の響きが“We(私たち)”に通じているものだったからとし、それに続く後継機は“あなたにピッタリ”という意味を加えた名前になると説明。そして、“Wii U”というハード名を明らかにした。このあとステージ上では、Wii Uのデモ映像やWiiとの互換性、特徴的なコントローラーの仕様、さらには各国の著名クリエイターから届いたWii Uへの期待の声&対応タイトルなどが続々と公開に。そちらの模様については別記事にて詳しくお届けするので、そちらをチェックしてほしい。

<関連記事>Wii U、任天堂のカンファレンスで明らかになったYou(あなた)に向けたハードのすべて

 カンファレンスの最後でレジー氏は、ニンテンドーDS、Wii、ニンテンドー3DS、そして今回のWii Uにはイノベーションという共通の血が流れていると力説。そして、今回の発表について「始まりに過ぎません、体験はこれからも続きます」と語った。

 なお、任天堂は今年のE3開幕に合わせてNintendo Network @ E3 2011を開設している。会期中は毎日アップデートが行われ、主要開発陣とのインタビュー映像も公開されるとのこと。もちろんWii Uに関する情報もアップされるので、興味がある人はぜひチェックしてほしい。

DSCF4832
DSCF4971

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL