“ガンホーフェスティバル 2011&RJC2011”リポート

ゲーム PC PSP
“ガンホーフェスティバル 2011&RJC2011”の模様をまとめてお届けする。

00

 2011年6月4日、ガンホー・オンライン・エンターテイメントが、ディファ有明にてオフラインイベント“ガンホーフェスティバル 2011&RJC2011”を開催した。森下一喜CEOが開会挨拶。当初の開催から震災の影響で遅れたことに触れ、エンターテインメント企業としてRJCを行い、楽しませていくという決意を語った。それでは、当日発表された内容を紹介していこう。

●『トイ・ウォーズ』は『魔法少女まどかマギカ』とのコラボも決定

01tw01

 まずはオンラインTPS(3人称視点シューティング)『トイ・ウォーズ』から。プロモーション担当の塩島百合氏が今後のプロモーション計画を発表。公式大会T-1甲子園の第2回大会を2011年8月に開催するとのこと。また、ネットカフェイベント“T-1カーニバル”の第3回を名古屋で7月上旬に、第4回を東京で7月下旬に開催する。そのほか、ユーザー開催の大会などについても、公式サイトでの告知、景品の提供、観戦モード実装の調整などによってサポートしていく方針を発表した。また、今後のコラボレーションアバターアイテムについては、『ストライクウィッチーズ』とのコラボレーション第2弾を実施するほか、『魔法少女まどかマギカ』とのコラボレーションも決定。

01tw11

 本作の特色であるアニメなどとのコラボレーションや声優は強化していくようで、齋藤和寛氏からは新キャラクターの声優オーディションの経過報告が行われた。また、アップデート計画やユーザーの要望への返答などについても公開。それぞれの事項については細かいのでスライドのデータを見てほしいが、初心者へのフォローを行いつつ、新モードや武器のアップグレードシステム、新たなアバタータイプの“ヒーローシリーズ”など、コンテンツを充実させ、イベント等でプレイヤーコミュニティーを活性化し、独自色で勝負していくようだ。

01tw02
01tw03
01tw04
01tw05
01tw06
01tw07
01tw08
01tw09
01tw10

●Android版『RO Mobile Story』はauとタイアップ決定

 携帯電話・Androidスマートフォンで展開されている『ラグナロクオンライン Mobile Story』では、Android版でauとのコラボレーションを行うことが明かされた(詳細は後日発表)されたほか、“G'z One IS11CA”、“AQUOS PHONE IS12SH”、“REGZA Phone IS11T”へのプリインストールが発表に。ドコモのAndroidケータイでもサービス開始を予定している。

02rm01
02rm02
02rm03

 iモード版では、新マップ“グラストヘイム”や2-2次職の実装予定を発表。また、Android版とiモード版合同で、『ラグナロクオンライン』との連動イベント第2弾として、“たれ猫クルー[0]”がもれなく当たるキャンペーンを予定している。

02rm04
02rm05
02rm06
02rm07
02rm08_p1

●『ECO』は『ストライクウィッチーズ』コラボや新番組発表

 オンラインRPG『エミル・クロニクル・オンライン』では、『ストライクウィッチーズ』との新コラボレーションが発表。同じくコラボレーションを行う『トイ・ウォーズ』と、両方のゲームアカウントを登録すると、抽選でゲーム内アイテムがもらえるというキャンペーンもスタートする。

03eco01
03eco02
03eco03

 そのほかのプロモーション展開としては、マンガ作成ソフト“コミPo!”に、本作のキャラクターモデルやスクリーンショットを収めた無料体験版が登場するほか、イリスカードのイラストやデータを収録したビューワーソフトを、スマートフォン向けに発表。また、ステージに登壇していた原田ひとみ、竹内幸輔、桜川めぐが出演する生放送番組“えこなまっ!”が、7月よりニコニコ動画で月1回配信されることが決定。番組主題歌は桜川めぐが歌う。

03eco04
03eco05
03eco06
03eco07
03eco08

 今夏実装のSAGA14では、舞台はバオバブの森のお口へ。ティタ・タイタスにフォーカスしたストーリーが展開され、4階層からなるダンジョンも用意されている。さらに、飛空城やフィールドで釣りが可能に。宝箱やモンスターが釣れることもあるほか、飛空城ファームの収穫アイテムと釣り上げたアイテムにより、戦闘用のアイテムやアバターの精製が可能になるという。そのほか、ドミニオン世界の仕様変更なども発表された。

03eco09
03eco10
03eco14
03eco11
03eco12
03eco13
03eco15
03eco16
03eco19
03eco17
03eco18
03eco20
03eco21
03eco22
03eco23
03eco24

●『RO』次期大型アップデート発表、RWCは10月に韓国で開催

04ro06

 オンラインRPG『ラグナロクオンライン』では、今秋実装予定の次期大型アップデート“Episode9.0Bifrost(ビフロスト)”の情報が公開に。ビフロストにはスプレンディッドの北東から進むことができ、クエスト進行は最低レベル98以上から。“猫耳と尻尾の男クエスト”の続編が描かれる。特別なエンチャントによってさらなる性能を付与できるアイテムも登場する。

04ro05
04ro04
bif03
bif04
bif05
bif06
bif07
bif08
04ro03
04ro02

 そのほか、スキルリセット時などに便利な、スキルポイントが十分あれば前提スキルとまとめて習得可能な“スキル自動取得システム”と、パーティー募集・検索が簡単に行える“パーティー掲示板システム”を6月に実装。結婚費用がお得になるキャンペーンなども実施する。そして、自分が所持しているアイテムを対象に買取が行える“買取露店システム”と、同一マップ内の露店に対してアイテムを検索できる“露店検索システム”を今夏に実装予定。モンスターへの変身や、MVPモンスター討伐時に討伐者名や時刻などが刻まれた墓標が立つ“モンスター墓標システム”、各職業ごとに用意された乗り物で移動できるようになる騎乗システムなどを年内に実装予定している。

04ro01
04ro07
04ro08
04ro09
04ro10
04ro11
04ro12
04ro13

 マランアイランドと“生体工学研究所 04”の新情報も。生体工学研究所に出てくるMVPタイプの敵はレベル160にもなり、阿修羅覇凰拳なども使ってくるそうなので、キツいことになりそうだ。

 そして、世界大会“RWC 2011”が10月15日に韓国で行われることが発表に。日本でもパブリックビューイングなどを予定している。

 おまけとして、忍者上位職のアートワークなども披露された。男性キャラクターは“影狼”、女性キャラクターは“朧”と呼ばれる。ちなみにガンスリンガーの上位職も計画中のようだが、そのコンセプトは“中二病”だとか。

04ro14
04ro15
04ro16
04ro17
04ro18
04ro19
04ro20
04ro22
04ro21

●『RO』のブラウザゲーム登場

05rog01

 また、ガンホーの廣瀬高志氏より、ブラウザゲーム『ラグナロクオンライン ギルドマスターズ』を今夏サービス予定であることが発表された。プレイヤーはギルドマスターとなって、ギルドのメンバーやキャンプ地を強化しながら、ダンジョンを攻略したり、キャンプ地をモンスターから防衛したり、他国と領土争いを展開することになる。

05rog02
05rog03
05rog04

 プレイは2フェーズに分かれており、フェーズ1ではそれぞれのギルドが各国領土内でギルド育成やモンスター討伐を行い、対プレイヤー戦に意欲的なギルドは異世界で他国との領土争いを行う。フェーズ2ではクリアー条件となるラストダンジョンに挑めるようになり、国全体で協力していくことになる。

 『ラグナロクオンライン』との連動要素もあり、本作での功績や戦利品を『ラグナロクオンライン』の攻城戦やモンスター討伐に役立つアイテムに変換可能。基本プレイ料金は無料となっている。

05rog05
05rog06
05rog07

●RJC決勝は新ルールを活用した激しいバトルを展開

06rjc03

 『ラグナロクオンライン』の最強ギルド決定戦“RJC2011”決勝には、予選を勝ち抜いた8ギルドが登場し、激しいバトルをくり広げた。第1回戦の“Jumpin' Now!”対“+Nirvana+”戦から、“Jumpin' Now!”がスナイパーの罠スキルを活用してブラストマインで“+Nirvana+”のパラディンを沈めるなど、各ギルドの戦略に実況陣が思わずうなるシーンもしばしば。新ルールとして消費アイテムが無料になったことをどう利用するかが見所となっていた。

 優勝したのは“Greensleeves”。“くまー将軍”との決勝は、クリエイターの“アシッドデモンストレーション”の撃ち合いに始まり、アサシンクロスの“ソウルブレイカー”など、さまざまなスキルを使った一進一退の攻防で、第5戦までもつれ込む熱戦に。解説の中村聡伸氏の言葉を借りるならば「あらゆるスキルがここで見られる!」という、頂点を決める戦いにふさわしいものだった。

 オンラインFPS(一人称視点シューティング)などと異なり、オンラインRPGのギルド戦では、初見では何が行われているのかわかりにくいのが事実。しかしながらRJCでは毎年、各職業の注目のスキルや効果、それがどう戦いに影響してくるのかといった説明に時間を割いており、まったくプレイしたことがない人(実在する。たとえばゲスト目当ての人とか)でも説明さえ聞いていれば展開を理解できるようにしている。実況でも、状況の説明や展望、決着がついたあとも、ターニングポイントとなった部分について即座にわかりやすく解説していたのに好感を持てた。

06rjc02
06rjc04
07oth05

●コスプレステージ、ゲストライブも

 会場のステージイベントではそのほか、PSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『ラグナロク〜光と闇の皇女〜』について森下一喜CEOと開発チームのトークセッションや、恒例のコスプレステージ、中野腐女シスターズ/腐男塾のライブなどが盛り沢山。オンラインゲームだけでなく、コンシューマー(家庭用ゲーム機)、ケータイ/スマートフォンと、ガンホー尽くしの1日だった。

07oth02
07oth01
07oth03
07oth04
07oth06
07oth08
07oth09
07oth10
07oth11

(C)Gravity Co., Ltd. & Lee MyoungJin(studio DTDS). All rights reserved.
(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
(C)2011 SK-IMEDIA Co.,Ltd./ Gravity Co., Ltd./ GungHo Online Entertainment, Inc.
(C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
(C)2010 第501統合戦闘航空団
Copyright(C) 2010-2011 ComiPo! LLP All rights reserved.

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL