『戦国無双3 Empires』シリーズ最新作が登場

プレイステーション3
実在の戦国武将たちを操って、戦場を駆け巡るアクションゲーム『戦国無双』。その最新作である『戦国無双3 Z』をベースに、国取りというシミュレーション要素を加えて新たなゲーム性を実現した作品が、今回初お披露目となる『戦国無双3 Empires』だ。

●武勇と知略で天下を獲れ!

 実在の戦国武将たちを操って、戦場を駆け巡るアクションゲーム『戦国無双』。その最新作である『戦国無双3 Z』をベースに、国取りというシミュレーション要素を加えて新たなゲーム性を実現した作品が、今回初お披露目となる『戦国無双3 Empires』だ。“政略パート”で自国を発展させつつ、“戦闘パート”で領土を広げて天下統一を目指せ!

■使用可能な武将は600人以上!

 本作には、『戦国無双3 Z』に登場した40人の無双武将(専用のグラフィックを持つ武将)を始め、600人以上もの武将たちが登場。しかも、そのすべての武将を操作することが可能なのだ。さらに、エディット機能を利用すれば、外見や攻撃のモーションを設定し、オリジナル武将を作ることもできる。

sengoku01
sengoku03

■箱庭形式の内政を採用

 ビジュアル的にわかりやすい内政のシステムを採用したことも、本作の特徴のひとつと言える。箱庭的な城下町の中に内政施設を作ると、それが見た目に反映される。町の発展する様子がひと目でわかるようになっているのだ。農地や寺町といった施設を好きな場所に設置し、自分だけの城下町を作ろう。

sengoku05
sengoku06

■戦略性を高める“新拠点システム”

 『Empires』シリーズならではの拠点システムが、本作でさらに進化を遂げた。周囲の拠点を砲撃する“大筒拠点”や、大鷲による拠点間の移動が可能になる“鷲拠点”など、戦場にはさまざまな効果を持った拠点が配置されている。さらに、それぞれの拠点にはレベルがあり、レベルが高いほど制圧が難しくなる。弱い拠点から狙うも、一気に強い拠点を落とすも遊び手次第というわけ。

sengoku02
sengoku04

※詳しくは週刊ファミ通2011年6月16日号(2011年6月2日発売)をチェック!

戦国無双3 Empires
メーカー コーエーテクモゲームス
対応機種 プレイステーション3
発売日 2011年8月25日発売予定
価格 6090円[税込]
ジャンル アクション・シミュレーション / 歴史
備考 PlayStation Network対応、開発:ω-Force、プロデューサー:鯉沼久史
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved. ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『モンスターハンター:ワールド』体験会が東京・名古屋で11月に開催! 参加受付が開始

カプコンは、プレイステーション4用ソフト『モンスターハンター:ワールド』について、2017年11月25日・26日に東京都内で体験会を開催する。かねてより発表されていた名古屋での体験会(11月18日・19日)と併せて、参加者の募集を開始した。

『巨影都市』に登場する脅威の“巨影”たち! 本作に登場する作品の基礎知識を紹介

2017年10月19日より発売が開始されたプレイステーション4用ソフト『巨影都市』。ここで、本作を遊ぶ前に知っておくとより『巨影都市』を楽しめる情報を紹介していこう。第1回は、“巨影”たちの出典に関してまとめて紹介。

“ω-Force”20周年記念スペシャルグッズ『真・三國無双』ロゴ立体ダイキャストが予約受付開始

コーエーテクモゲームスは、『真・三國無双』、『戦国無双』、『討鬼伝』などのタイトルを手掛ける開発チーム“ω-Force”の誕生20周年を記念したスペシャルグッズとして、『真・三國無双』ロゴ立体ダイキャストの予約受付を開始した。

『Re:ゼロ VRで異世界生活』高精細、広視野角などに対応したプレイステーション VR版とPC版の配信が決定

シーエスレポーターズの日本アニメデジタルグッズブランド“Gugenka from CS-REPORTERS.INC”は、『Re:ゼロから始める異世界生活』のスマートフォンVRアプリ『VRでエミリアと異世界生活-膝枕編&添寝編』と『VRでレムと異世界生活-膝枕編&添寝編』のプレイステーション VR版とPC版を配信することを発表した。

『Horizon Zero Dawn Complete Edition』12月7日発売、最新DLC“凍てついた大地”も収録の完全版

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、各種アップデートやDLCを収録した『Horizon Zero Dawn(ホライゾン ゼロ・ドーン)Complete Edition』を2017年12月7日に発売する。価格は5900円[税別]。

『巨影都市』の挿入歌とエンディング曲などを収録した飯田舞のミニアルバム『ふたりの空』が発売&配信開始

グランゼーラが運営する音楽レーベル“グランゼーラミュージック”は、バンダイナムコエンターテインメントのプレイステーション4用ソフト『巨影都市』の挿入歌・エンディング曲などを収録した飯田舞のミニアルバム『ふたりの空』の音楽CD発売、各音楽サイトでの配信を開始した。

『グランツーリスモSPORT』発売! 早期購入特典はゲーム内で使用できる3台のマシン

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、『グランツーリスモSPORT』を2017年10月19日に発売した。

スマホ向け新作ゲーム『けものフレンズぱびりおん』の事前登録が開始、TGS2017のPVも公開

ブシロードは、スマートフォン向けに配信予定のアプリ『けものフレンズぱびりおん』の事前登録を開始した。さらに公式サイトを更新し、“東京ゲームショウ2017”で紹介されたPVを一般公開している。

『F1 2017』パッチ1.9が配信、フォトモードの追加や観戦機能などを強化

ユービーアイソフトは、発売中のプレイステーション4、Xbox One用ソフト『F1 2017』について、パッチ1.9の配信を開始した。

『東方紅舞闘V』Nintendo Switch版が11月2日発売、Joy-Conでの画面分割プレイにも対応

メディアスケープは、“Play,Doujin!”ブランドより、CUBETYPEの『東方紅舞闘V』Nintendo Switch版を2017年11月2日に発売する。価格は3000円[税込]。