AMDアワードで『ポケットモンスターブラック・ホワイト』が理事長賞を獲得

ゲーム
社団法人デジタルメディア協会は2011年5月31日、デジタルメディア業界の発展を目指し、優秀なデジタル・コンテンツ等の制作者を表彰する“デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー‘10/第16回AMDアワード”の授賞作を発表した。

●「新しいポケモンの世界を見せている」として受賞

 社団法人デジタルメディア協会は2011年5月31日、デジタルメディア業界の発展を目指し、優秀なデジタル・コンテンツ等の制作者を表彰する“デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー‘10/第16回AMDアワード”の授賞式を明治記念館で開催した。年間コンテンツ賞“優秀賞”授賞作品9作品の中から、“大賞/総務大臣賞”および“AMD理事長賞”の授賞作品が発表され、ゲーム関連ではポケモンのニンテンドーDS用ソフト『ポケットモンスターブラック・ホワイト』がAMD理事長賞に輝いた。以下、すべての受賞リストをリリースより抜粋する。


■大賞/総務大臣賞 The AMD Grand Prize
作品:AKB48コンセプト
制作・関連会社等:秋元 康
受賞理由:”会いに行けるアイドル”というコンセプトで、無名の少女たちが国民的アイドルになっていくプロセスを専用劇場で観せる企画。リアルの世界での活動に止まらず、業界初のテレビ電話オーディションの実施、実公演直後からのネット配信など、情報通信インフラの発展を無理なく巧みに活用して、リアルとバーチャルの新しい市場を創造した。


■AMD理事長賞 The AMD Chairman Award
作品:ポケットモンスターブラック・ホワイト
制作・関連会社等:株式会社ゲームフリーク
受賞理由:数多くの過去の資産を持つ大作であるにもかかわらず、モンスターを全種類一新。従来通りの作品性をよしとせず、新しいポケモンの世界を見せている。パソコンとの連動や通信機能の活用など、革新的要素も満載で、そのチャレンジ精神を高く評価する。結果として、幅広い層からの支持を得て、DSソフト史上最速で販売本数500万本を突破した。


■年間コンテンツ賞「優秀賞」The AMD Award
作品:IS Parade
制作・関連会社等:AH Project Team/株式会社博報堂/株式会社スパイスボックス/株式会社ティー・ワイ・オー アイ・ディ事業部/株式会社AID-DCC/千房けん輔
受賞理由:短文が羅列されるだけのTwitterを、フォロワーがプラカード型のキャラクターになってパレードに参加し、発言内容は吹き出しで表示され、ズームイン/アウトも可能とした。文字だけの表現を斬新な表示インタフェースで、美しく、かつ楽しく可視化することに成功している。

作品:Android
制作・関連会社等:Google Inc.
受賞理由:スマートフォンやタブレットPC等の携帯情報端末向けを主ターゲットに、オープンソースOSとして、先行するiOSを凌駕する普及実績を示し、スマートフォン等の新しい個人端末市場を活性化させた。

作品:AKB48コンセプト
制作・関連会社等:秋元 康
受賞理由:専用劇場を作り、無名の少女たちが国民的アイドルになっていくプロセスを観せる企画に対して。その活動は、劇場の公演にとどまらず、現代の情報通信技術を活用することにより、リアルとバーチャルの新しい市場を創造した。

作品:告白
制作・関連会社等:「告白」製作委員会
受賞理由:中島哲也監督が、日本社会そのものを最新のデジタル映像で描く試みは、一つのジャンルを形成しており、映像表現の可能性を切り開き続けている。湊かなえの同名ベストセラーが原作の本作は、作品の評価だけでなく、3週連続で前週を上回る成績を残し、興収は38.5億円に達し、商業的成功も収めた。

作品:コロニーな生活☆PLUS
制作・関連会社等:株式会社コロプラ
受賞理由:携帯電話の位置情報送信機能を利用したシミュレーションゲーム、いわゆる「位置ゲー」のパイオニア的存在で、2010年4月には100万ユーザーを突破、2011年2月現在約170万ユーザー。近くのコロニーとのコミュニケーション機能や数多くのゲーム内アイテム等の取引以外にも、全国各地の老舗店舗や鉄道会社、旅行会社等と提携し、ゲームと連動させるなど、ゲームと現実をリンクさせて、地域活性化に寄与している。

作品:Sony Presents「2010 FIFAワールドカップ 南アフリカ 3D」
制作・関連会社等:スカパーJSAT株式会社/ソニー株式会社
受賞理由:国内初のW杯の3D中継。先例のない3D生中継を、スカパー!HDの3D専門チャネルでソニーとの共同作業により実現し、3D映像の迫力と魅力を認知させた。放送コンテンツのライブ3D化の可能性を示し、TVをはじめ劇場での利用など、ライブコンテンツへの活用が期待できる。

作品:ポケットモンスターブラック・ホワイト
制作・関連会社等:株式会社ゲームフリーク
受賞理由:4年ぶりの完全新作となる今作では、150種類以上の新たなポケモンが登場し、冒険の舞台も一新された。また、パソコンとの連動や、通信機能を活用した遊びの充実など、革新的な要素が満載である。子どもたちは勿論、大学生・社会人・親世代に至る幅広い層からの支持を得て、DSソフト史上最速で販売本数500万本を突破した。

作品:もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
制作・関連会社等:株式会社ダイヤモンド社
受賞理由:ドラッカーの経営書を、高校野球の女子マネージャーの行動を通して平易に解説することで、書籍の大ヒットとともに、電子書籍で10万部以上のダウンロードを達成した。我が国で「電子書籍元年」といわれた年のエポックとなった。

作品:Ustream
制作・関連会社等:Ustream Asia株式会社
受賞理由:ライブの動画配信サービスで、個人の映像配信やプロのアーティストや放送局との連動配信など、誰もが簡単に生配信できるシステムを提供し、リアルタイム映像の面白さを世界に広めた。Twitterなど他のアプリとも連動でき、ニュース報道のあり方を変える可能性も秘めた新しいソーシャルメディアプラットフォームを創出した。


■功労賞 The Life Achievement Award
受賞者:トマ・シルデ氏(ジャパンエキスポ創立者)、ジャン=フランスワ・デュフール氏(ジャパンエキスポ創立者)、
サンドリーヌ・デュフール氏(ジャパンエキスポ創立者)、シボ・紗江氏(ジャパンエキスポ国際関係&コンテンツ担当)
受賞理由:10年以上にわたり、フランスにおいて日本文化とエンターテインメントを紹介するジャパンエキスポを開催し、欧州最大のフェスティバルに育て上げ、アニメ・ゲーム等のデジタルコンテンツの欧州向け発信においても中心的な役割を果たしている。

■江並直美賞(新人賞) The Naomi Enami Award
受賞者:児玉 裕一 氏 (映像ディレクター)
受賞理由:美しく端正な映像を、邪魔しない自然でシンプルなインタフェースを使ったインタラクティブな映像で、ネットでの商品紹介や通販のあり方やイメージを革新し、コマーシャルの新しい方法を提案し続けている。今後、どのような新しい映像を見せてくれるか、最も注目される映像作家の一人である。


■リージョナル賞 The Regional Achievement Award
作品:あおもり映像コンテンツ・プロモーション事業
制作・関連会社等:青森県企画政策部広報広聴課
受賞理由:職員が直接撮影・制作した映像素材を誰もが使えるよう動画共有サイトで公開し、地域発コンテンツ制作を促すという、オリジナルな企画であり、地域の創意工夫が込められている。アクセス数の伸長が活発で、2次創作品も投稿されるなど、事業のモデル性については非常に価値が高い。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

セガが『スペースチャンネル5』『コミックスゾーン』の映画制作について米国メディア企業・ピクチャースタート社と合意

2022年8月20日、セガは、自社のゲームソフト『スペースチャンネル5』と『コミックスゾーン』について、米国ピクチャースタート社と映画作品開発をすることに合意した。

1000円でどこまでゲーマーは満足できるのか。無料ではないがジュース並みの価格、魅力満載な低価格Steamゲームの世界

Steamは低価格でそこそこ楽しめるタイトルが満載。1000円あればどこまで充実できるのか? 筆者が“せんべろ”ならぬ“せんゲー”に挑戦してみた。

『パズドラswitch』中1から今日まで遊び続けるパズドラー編集者によるパズドラダンジョン制作記。アトリのダンジョンがメディアチャレンジ企画で特別賞に!

『パズドラswitch』メディアチャレンジ企画が開催! エディットモードの魅力を改めて伝えるとともに、コンテストに応募したオリジナルダンジョンの作成風景を交えながらダンジョンを紹介していく。

『遊戯王』一番くじ第2弾が2023年1月下旬に発売決定。闇遊戯の最後のデュエルを表現したパネル付きフィギュアなどが先行公開

BANDAI SPIRITSは、2023年1月下旬に“一番くじ 遊☆戯☆王シリーズ vol.2”を発売することを発表。価格は1回800円[税込]。

『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記 10周年記念イベントや『ドラゴンクエストウォーク』イベントを満喫しました!(第389回)

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX オンライン』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままにまったりと冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第389回(通算489回)。

『パズドラ』が映画『ワンピース フィルムレッド』とのコラボを9/1より開催。麦わらの一味とシャンクスの娘ウタが登場

ガンホー・オンライン・エンターテイメントはパズルRPG『パズル&ドラゴンズ』にて、映画『ONE PIECE FILM RED』とのコラボを2022年9月1日(木)より開催すると発表した。

ドラマ『岸辺露伴は動かない』第3期が12月に放送決定。高橋一生ら出演俳優も続投。気になる続報は10月ごろに発表予定

NHKは、テレビドラマ『岸辺露伴は動かない』の新作となる第3期を、2022年12月に放送することを発表した。

バウヒュッテが座面を約1.5倍に拡張する『ゲーミング座布団』を発売。ゆったり快適、あぐらゲーマーにもおすすめ

ゲーミング家具ブランド“Bauhutte”(バウヒュッテ)は、2022年8月より、ゲーミングチェアの座面を1.5倍に拡張する“ゲーミング座布団ラージ BC-150G-BK”を発売した。

“ときめきメモリアル Girl’s Side 感謝祭”に梶裕貴、森田成一、三木眞一郎、緑川光ら豪華ゲストが登壇。先行抽選チケットの申し込みも受付中

コナミデジタルエンタテインメントは、2022年9月17日(土)、18日(日)に開催する“ときめきメモリアル Girl’s Side 感謝祭”の各公演ゲストが決定したと発表した。

【ラスアス】PS5『The Last of Us Part I』フルリメイクされた本作の機能や特徴をノーティードッグのメンバーが紹介する動画が公開

2022年8月19日(金)、ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、2022年9月2日(金)発売予定のプレイステーション5用ソフト『The Last of Us Part I』について、“PlayStation5 フィーチャー&ゲームプレイトレーラー”を公開した。