“ロトの伝説三部作”がWiiに! 『ドラゴンクエスト25周年記念 ファミコン&スーパーファミコン ドラゴンクエストI・II・III』

ゲーム Wii
2011年5月27日をもって、シリーズ誕生25周年を迎えた『ドラゴンクエスト』シリーズ。それを記念して、あの“ロトの伝説三部作”ファミコン版&スーパーファミコン版がWiiで登場する。

logo_wiidq1_2_3

●シリーズの原点を当時のまま復刻

dq25th_logo

 2011年5月27日をもって、シリーズ誕生25周年を迎える『ドラゴンクエスト』シリーズ。それを記念して、あの“ロトの伝説三部作”ファミコン版&スーパーファミコン版がWiiで登場する。

 『ドラゴンクエスト』シリーズ25周年を記念する本作は、ファンのあいだで“ロトの伝説三部作”として知られる『ドラゴンクエスト』、『ドラゴンクエストII』、『ドラゴンクエストIII』のスーパーファミコン版に、なんとファミコン版まで揃え、当時のまま遊べるよう復刻したWii用ソフト。収録されるのは、以下の6タイトル。ファンなら昔遊んだときの楽しい思い出とともに、改めてプレイすることで得られる、新たな発見を体験できることだろう。

 なお、この記念作品には、6タイトルのゲームが遊べるWiiソフトに加えて、ステキな記念特典が同梱される。ぜひ、今後の情報にも注目してほしい。

■『ドラゴンクエスト』(ファミコン)

logo_fcdq1

1986年5月27日発売。
平和だったアレフガルドの世界に闇の覇者・竜王が現れ、世に平和をもたらしていた“光の玉”を奪い去ってしまった! ふたたび闇に閉ざされた世界を救うため、伝説の勇者・ロトの血を引く主人公、つまりあなたは、竜王討伐の旅に出る――。

package_fcdq1_package_photo
ph_fcdq1_01
ph_fcdq1_02

■『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』(ファミコン)

logo_fcdq2

1987年1月26日発売。
前作から100年後、かつてアレフガルドの地を救った勇者の血を引く子孫によって、新たに3つの国が興された世界。そこに現れた大神官ハーゴンは魔物たちを闇の世界から呼び出し、世界を破滅に導こうとしていた! ローレシアの国の若き王子はハーゴンを討伐すべく、同じ勇者の血を引くふたりの仲間を捜し出すため旅立つ。

package_fcdq2_photo
ph_fcdq2_01
ph_fcdq2_02

■『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』(ファミコン)

logo_fcdq3

1988年2月10日発売。
小国アリアハンの勇敢なる戦士・オルテガの息子である主人公は、16歳の誕生日を迎えたある日、王様から重大な使命を告げられる。それは、亡きオルテガの遺志を継ぎ、闇の国より現れた魔王・バラモスを倒すことだった。世界を救うため旅立った主人公を待ち受けていた、驚きの運命とは……!?

package_fcdq3_photo
ph_fcdq3_01
ph_fcdq3_02

■『ドラゴンクエストI・II』(スーパーファミコン)

logo_sfcdq12

1993年12月18日発売。
ファミコンで発売された『ドラゴンクエスト』、『ドラゴンクエストII』を、スーパーファミコン用ゲームとしてリメイク。それぞれの作品を別々に遊ぶことができる。スーパーファミコンの機能を活かし、ファミコン版からグラフィック、サウンドなどが大幅に強化されている。

package_sfcdq12_photo
ph_sfcdq1_01
ph_sfcdq1_02
ph_sfcdq2_01
ph_sfcdq2_02

■『スーパーファミコン ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』(スーパーファミコン)

logo_sfcdq3

1996年12月6日発売。
ファミコンで発売された『ドラゴンクエストIII』をスーパーファミコン用ゲームとしてリメイク。グラフィックやサウンド面がパワーアップされているだけでなく、新たな職業や性格システムが追加されているなど、もはや新作ともいえる内容となっていた。

package_sfcdq3_photo
ph_sfcdq3_01
ph_sfcdq3_02
ph_sfcdq3_03
ph_sfcdq3_04

※『ドラゴンクエスト』シリーズ公式サイトはこちら

ドラゴンクエスト25周年記念 ファミコン&スーパーファミコン ドラゴンクエストT・II・III
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 Wii
発売日 2011年9月発売予定
価格 価格未定
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 シナリオ&ゲームデザイン:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、企画・開発:スクウェア・エニックス、制作・販売:スクウェア・エニックス
(C)1986 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)1987 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)1988 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)1993 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)1996 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/HEART BEAT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)2011 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
「Wii」「ファミコン」「スーパーファミコン」は任天堂株式会社の登録商標です。
※各ソフトのパッケージ写真はイメージです。ソフトはWii専用ディスクに収録され、パッケージ本体は製品には含まれません。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

【『フォーオナー』特設サイト】ヒーロー別攻略“ヴァルキリー”公開、使いやすい弱攻撃と回避行動からのカウンターを覚えよう!

ユービーアイソフトより2017年2月16日発売予定のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『フォーオナー』。ファミ通.com特設サイトにて、ヒーロー別攻略を公開中!

『ヒア・ゼイ・ライ -眠りし者たち-』テレビモニターでのプレイやPS4 Proに対応するアップデートが配信

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、プレイステーション VR専用ソフトして配信されていた『ヒア・ゼイ・ライ -眠りし者たち-』について、本日2017年2月21日に配信したオンラインアップデートにより、テレビモニターでのプレイとプレイステーション4 Proに対応したことを発表した。

行くのか? 行かないのか? アニメ『ユーリ!!! on ICE』×ナンジャタウンのコラボイベントが3月3日よりスタート

ナンジャタウンにて、アニメ『ユーリ!!! on ICE』とのタイアップイベント“ユーリ!!! on ICE in ナンジャタウン〜開幕!グランプリファイにゃル〜”が、2017年3月3日(金)〜5月7日(日)の期間限定で開催される。

『仁王』有料DLC第1弾“東北の龍”4月下旬に配信決定、新たな武器種・シナリオ・キャラクター・ステージなどが収録

コーエーテクモゲームスは、発売中のプレイステーション4用ソフト『仁王』について、有料ダウンロードコンテンツ第1弾“東北の龍”を、2017年4月下旬に配信開始することを発表した。

“ワンダーフェスティバル2017[冬]”開催 各社の展示フィギュアをフォトリポート!!

2017年2月19日、幕張メッセで“ワンダーフェスティバル2017[冬]”が開催。展示されていたフィギュアの数々を、主要なメーカーブースごとに、フォトリポートという形で紹介していこう。

『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』プレイムービー02が公開、現実世界で展開される原種とのバトルシーンを収録

コーエーテクモゲームスは、2017年3月30日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』について、現実世界で展開される原種とのバトルシーンが収録された“プレイムービ ー02”を公開した。

『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』第4弾PVと第2弾CMが公開

バンダイナムコエンターテインメントは、2017年3月16日発売のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』について、第4弾プロモーション映像と第2弾テレビCMを公開した。

『ザ・キング・オブ・ファイターズ XIV』追加キャラクターやコスチュームを紹介する最新トレーラーが公開

SNKは、発売中のプレイステーション4用ソフト『ザ・キング・オブ・ファイターズ XIV』について、最新トレーラーを公開した。

『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』スピンオフ企画“アッシュ・ローラー VS クライン 千年の戦い”が開始

バンダイナムコエンターテインメントは、2017年3月16日発売のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』について、公式サイトとTwitterによるスピンオフ企画“アッシュ・ローラー VS クライン 千年の戦い”を開始した。

『GRAVITY DAZE 2』手書きのようなグラフィックの制作工程、短期間でクオリティーを落とさず背景を制作するカギとなった“自動化”についてリポート【GCC’17】

2017年2月18日、大阪府立国際会議場にて関西圏のゲームクリエイターを対象としたカンファレンス “GAME CREATORS CONFERENCE’17”が開催された。ここでは、セッション“『GRAVITY DAZE 2』のアートコンセプトと背景制作”についてお届けする。