セガサミーホールディングスの平成23年3月期決算短信発表、増収増益に

ゲーム ビジネス
2011年5月13日、セガサミーホールディングスは平成23年3月期決算短信を発表した。

●コンシューマ事業は海外で苦戦

 2011年5月13日、セガサミーホールディングスは平成23年3月期決算短信を発表した。

 資料によれば、売上高は3967億3200万円(前期比3.1%増)、営業利益は687億5000万円(前期比87.3%増)、経常利益は681億2300万円(前期比89.6%増)、当期純利益は415億1000万円(前期比104.8%増)と、増収増益となっている。

 事業別に見ると、『ぱちんこCR北斗の拳』が20万台を超える販売を記録したパチンコ遊技機事業、前期実績を大幅に上回る30万2000台を販売したパチスロ遊技機事業、『戦国大戦』や『WORLD CLUB Champion Football Intercontinental Clubs 2009-2010』、『ボーダーブレイク』などを展開したアミューズメント機器事業が好調だった。

 また、アミューズメント施設事業が4期ぶりに黒字転換。東日本大震災及び計画停電等の影響で、セガ国内既存店舗売上高は前期比99.3%となったものの、運営力強化等に取り組んだ結果、売上高は457億2100万円(前期比16.6%減)、営業利益は3億4200万円(前期は営業損失13億3800万円)となった。

 コンシューマ事業については、海外市場向けタイトル『Sonic Colors』や『SHOGUN 2:Total War』、国内市場向けタイトル『ファンタシースターポータブル2 インフィニティ』などを販売。国内での販売はおおむね堅調だったものの、海外では厳しい市場環境を受け、新作販売が低調に推移。ゲームソフト販売本数は、米国783万本、欧州823万本、日本・その他263万本、合計1871万本となり、前期実績の2675万本を下回った。結果、売上高は895億5000万円(前期比26.5%減)、営業利益は19億6900万円(前期比68.9%減)となった。

 次期通期の売上高は4,500億円(前期比13.4%増)、営業利益は600億円(前期比12.7%減)、経常利益は590億円(前期比13.4%減)、当期純利益は330億円(前期比20.5%減)の見込み。コンシューマ事業では、『マリオ&ソニック AT ロンドンオリンピック(仮題)』をはじめとした複数の主力タイトルを投入し、ゲームソフト販売本数は、米国924万本、欧州1068万本、日本・その他336万本、合計2329万本で前期比458万本の増加を見込むという。また既存の携帯電話向けパチスロ・パチンコゲームサイトのスマートフォン対応など、スマートフォン・SNSなどの新たなプラットフォームにも引き続き積極的に取り組むとのことだ。

●サミー、タイヨーエレックを完全子会社化

 2011年3月期決算と同時に、セガサミーホールディングスの子会社であるサミーが、タイヨーエレック(サミーの子会社)を完全子会社化することが発表された。完全子会社化の目的は、さまざまな外部環境のもと、タイヨーエレックが効率的かつ独創的なパチンコ・パチスロ機開発を継続し、事業規模の成長を持続させていくため、またタイヨーエレックが独自ブランドを継続するためとのこと。

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『アサシン クリード オデッセイ』消費社会のプレッシャーと選択をテーマに描いた実写トレーラー“人生の選択”が公開

ユービーアイソフトは、2018年10月5日発売予定のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『アサシン クリード オデッセイ』 について、実写トレーラー“人生の選択”を公開した。

テレビアニメ『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』2019年4月より放送開始決定、PVも公開

『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』を原作とするテレビアニメが2019年4月より放送されることが決定、PVも公開された。

工画堂スタジオが新作『夢現Re:Master』を発表! ジャンルは“キラ☆ふわガールズラブゲーム制作会社ADV”【TGS2018】

2018年9月20日から9月23日まで、千葉・幕張メッセにて開催される東京ゲームショウ2018(20日・21日はビジネスデイ)。初日となる20日、工画堂スタジオが新作ゲーム『夢現Re:Master』を、Nintendo Switch、プレイステーション4、プレイステーション Vita、PC向けに発売すると発表した。2019年2月発売予定。

『キャサリン・フルボディ』“Catherine “理想の声” ”4人目の声優は悠木碧さんに決定&プロゲーマーときど氏がアクションパズルに挑戦!

アトラスは、2019年2月14日発売予定のプレイステーション4およびプレイステーション Vita用ソフト『キャサリン・フルボディ』の初回生産限定版に含まれる“Catherine “理想の声” ”の4人目の声優が悠木碧さんであることを発表した。また、アクションパズルにプロゲーマーのときど氏がチャレンジすることも公開した。

誰でも手軽にゴルフを楽しめる『みんなのGOLF VR』トレーラーが公開、TGS2018では世界初試遊出展を実施中

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、プレイステーション4用(PS VR必須)ソフト『みんなのGOLF VR』について、日本国内向けにトレーラーを公開したことを発表した。また、本作は本日(2018年9月20日)〜23日に幕張メッセで開催されている東京ゲームショウ2018で、ユーザーに向けた世界初試遊出展も実施している。

工画堂スタジオが“しまりすさんちーむ”が開発を手掛ける新作『夢現Re:Master』を発表!【TGS2018】

2018年9月20日から9月23日まで、千葉・幕張メッセにて開催される東京ゲームショウ2018(20日・21日はビジネスデイ)。初日となる20日、工画堂スタジオが新作ゲーム『夢現Re:Master』(ゆめうつつ リマスター)を発売すると発表した。

『オメガラビリンス ライフ』登場キャラクターや“おっぱいじゃんけん”などゲームシステムの最新情報が公開

ディースリー・パブリッシャーは『オメガラビリンス ライフ』について、登場キャラクターや“おっぱいじゃんけん”などゲームシステムの最新情報を公開した。

PSクラシックの収録タイトルは日本と海外で異なる、携帯機の新型については現時点で発表の予定なし。SIE織田氏合同インタビュー抜粋【TGS2018】

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)シニアバイスプレジデント 兼 日本ビジネスオペレーション部門 部門長の織田博之氏のメディア合同インタビュー抜粋版をお届けする。

PS4向けに“新しく、かつ原点に立ち返った”シリーズ最新作『お姉チャンバラORIGIN』が世界初公開!【TGS2018】

2018年9月20日から9月23日まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2018(20日・21日はビジネスデイ)。初日となる20日、ディースリー・パブリッシャーブースにて開催されたメディアブリーフィングで、プレイステーション4用ソフト『お姉チャンバラORIGIN』が発表された。ここではそのブリーフィングの模様をリポート。

『ロックマン11 運命の歯車!!』ボスキャラクターの“アシッドマン”と“ツンドラマン”に関する情報が公開

カプコンは、2018年10月4日発売予定のプレイステーション4、Nintendo Switch、Xbox One、PC用ソフト『ロックマン11 運命の歯車!!』について、ボスキャラクターの“アシッドマン”、“ツンドラマン”に関する情報を公開した。