セガサミーホールディングスの平成23年3月期決算短信発表、増収増益に

ゲーム ビジネス
2011年5月13日、セガサミーホールディングスは平成23年3月期決算短信を発表した。

●コンシューマ事業は海外で苦戦

 2011年5月13日、セガサミーホールディングスは平成23年3月期決算短信を発表した。

 資料によれば、売上高は3967億3200万円(前期比3.1%増)、営業利益は687億5000万円(前期比87.3%増)、経常利益は681億2300万円(前期比89.6%増)、当期純利益は415億1000万円(前期比104.8%増)と、増収増益となっている。

 事業別に見ると、『ぱちんこCR北斗の拳』が20万台を超える販売を記録したパチンコ遊技機事業、前期実績を大幅に上回る30万2000台を販売したパチスロ遊技機事業、『戦国大戦』や『WORLD CLUB Champion Football Intercontinental Clubs 2009-2010』、『ボーダーブレイク』などを展開したアミューズメント機器事業が好調だった。

 また、アミューズメント施設事業が4期ぶりに黒字転換。東日本大震災及び計画停電等の影響で、セガ国内既存店舗売上高は前期比99.3%となったものの、運営力強化等に取り組んだ結果、売上高は457億2100万円(前期比16.6%減)、営業利益は3億4200万円(前期は営業損失13億3800万円)となった。

 コンシューマ事業については、海外市場向けタイトル『Sonic Colors』や『SHOGUN 2:Total War』、国内市場向けタイトル『ファンタシースターポータブル2 インフィニティ』などを販売。国内での販売はおおむね堅調だったものの、海外では厳しい市場環境を受け、新作販売が低調に推移。ゲームソフト販売本数は、米国783万本、欧州823万本、日本・その他263万本、合計1871万本となり、前期実績の2675万本を下回った。結果、売上高は895億5000万円(前期比26.5%減)、営業利益は19億6900万円(前期比68.9%減)となった。

 次期通期の売上高は4,500億円(前期比13.4%増)、営業利益は600億円(前期比12.7%減)、経常利益は590億円(前期比13.4%減)、当期純利益は330億円(前期比20.5%減)の見込み。コンシューマ事業では、『マリオ&ソニック AT ロンドンオリンピック(仮題)』をはじめとした複数の主力タイトルを投入し、ゲームソフト販売本数は、米国924万本、欧州1068万本、日本・その他336万本、合計2329万本で前期比458万本の増加を見込むという。また既存の携帯電話向けパチスロ・パチンコゲームサイトのスマートフォン対応など、スマートフォン・SNSなどの新たなプラットフォームにも引き続き積極的に取り組むとのことだ。

●サミー、タイヨーエレックを完全子会社化

 2011年3月期決算と同時に、セガサミーホールディングスの子会社であるサミーが、タイヨーエレック(サミーの子会社)を完全子会社化することが発表された。完全子会社化の目的は、さまざまな外部環境のもと、タイヨーエレックが効率的かつ独創的なパチンコ・パチスロ機開発を継続し、事業規模の成長を持続させていくため、またタイヨーエレックが独自ブランドを継続するためとのこと。

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『Gジェネ クロスレイズ』PS4&Switch&Steamで2019年発売&第1弾PVを公開! 台北ゲームショウ2019のステージ生配信も決定

バンダイナムコエンターテインメントは、プレイステーション4、Nintendo SwitchおよびSteam用ソフト『SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ』について、2019年発売予定であることと、第1弾プロモーション映像を公開した。また、2019年1月24日〜28日に台湾で行われる“台北ゲームショウ2019”でのステージの実施が決定した。

『SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ』PS4、Switch、Steamで2019年発売決定! 参戦作品など詳細情報一挙公開

バンダイナムコエンターテインメントは、『ジージェネ』シリーズ最新作『SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ』をPS4、Nintendo Switch、Steamで2019年に発売することを発表した。

タイトー、“アミューズメントICカード”サービスに対応。対応タイトル第1弾は『ストリートファイターV タイプアーケード』

タイトーは、コナミアミューズメント、セガ・インタラクティブ、バンダイナムコアミューズメントの3社が導入している規格“アミューズメントICカード”対応のサービスの運用を開始することを発表した。また2019年2月14日より、全国のタイトーステーション及びタイトーFステーションにて、“アミューズメントICカード”対応のNESiCAを発売する。

Switch版『ドラゴンクエストXI』 堀井雄二氏や齊藤陽介氏らが出演する公式生放送が1月25日に配信! 今回はボイスキャスト特集

スクウェア・エニックスは、 2019年発売予定のNintendo Switch用ソフト『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』 の公式生放送“いれちゃん!S〜ドラゴンクエストXI S公式生放送〜ボイスキャスト発表特集#1”を、1月25日に配信することを発表した。

『バイオハザード RE:2』体験版“1-Shot Demo”が300万ダウンロード突破! スペシャルSNSキャンペーンも開催中

カプコンは、2019年1月25日発売予定のプレイステーション4、Xbox One、PC(Steam)用ソフト『バイオハザード RE:2』の体験版“1-Shot Demo”について、ダウンロード数が全世界で300万回を突破したことを発表した。

ゲーマー向きの仕事は踊り子? 社会保険労務士? SHAKAとStylishNoobの内面を適職診断RPG『ユーキャンクエスト』で見抜く

プロゲーミングチーム・DeToNator所属のSHAKA氏とStylishNoob氏は、日本トップクラスのストリーマー(配信者)だ。彼らの適性が気になったので、適職診断RPG『ユーキャンクエスト』をプレイしてもらった。

レオンハルトにEX武器実装! 合わせてキャラ性能調整と覚醒70解放が実施『ディシディアFF オペラオムニア』最新情報

スマホアプリ『ディシディアFF オペラオムニア』に、『FFII』から参戦しているレオンハルトのEX武器が実装。合わせて、キャラクター性能調整とクリスタル覚醒70の解放が行われる。本稿では、アップデート(2019年1月22日)時点での性能を解説。

“声優紅白歌合戦 2019”第1弾出演者が発表! 大塚明夫、武内駿輔、井上喜久子、横山智佐らが出演

2019年4月14日(日)、千葉県・舞浜アンフィシアターにて開催される、“声優紅白歌合戦 2019”の記者発表会が行われ、第1弾出演者やチケット販売情報が公開された。

『キングダム ハーツ』“つながりのお守り”をモチーフにしたネックレス&ブレスレットが登場、1月22日より予約受付開始

ユートレジャーより、『キングダム ハーツ』に登場する“つながりのお守り”をモチーフにしたネックレスとブレスレット3種類が登場。2019年1月22日12:00より予約受付が開始される。

『エースコンバット7』インタビュー。開発者がオープニング映像や無線のセリフなどでこだわったポイントは?

発表から約3年。世界中のエースパイロットが待ち望んだ『エースコンバット』シリーズの最新作が、2019年1月17日に発売された。それを記念して、開発の中心人物である河野一聡氏と下元学氏にインタビューを実施した。