『サカつく7』の発表会に片瀬那奈やU字工事らが登場!【『サカつく7』キャスト発表会】

ゲーム PSP
2011年5月13日、セガのPSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『J.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう!7 EURO PLUS』(以下、『サカつく7』) のキャスト発表会が、東京・秋葉原にあるUDX Theaterで開催された。

●予約特典情報や新コンテンツも発表

 2011年5月13日、セガのPSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『J.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう!7 EURO PLUS』(以下、『サカつく7』) のキャスト発表会が、東京・秋葉原にあるUDX Theaterで開催。会場には、本作を手掛けた山田理一郎プロデューサーのほか、女優の片瀬那奈、お笑い芸人のU字工事ら主演キャスト陣が出演した。

001

 Jリーグに所属するサッカークラブを率いて、クラブ運営や試合采配などを行いながらJリーグでの優勝、アジア制覇、そして世界の頂点を目指すサッカークラブ運営シミュレーションゲーム『J.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう!』シリーズ。その記念すべき第1作目が発売されたのが1996年2月のこと。その後、さまざまなハードでシリーズ作が発売され、15周年記念作として『サカつく7』が登場する。登壇した山田理一郎プロデューサーは、「『サカつく』1作目が出たときは大学生で、寝る間を惜しんでプレイしたのを思い出します」と当時を振り返り、「そういうソフトに関われたこと、15周年記念タイトルにも参加できたことをうれしく思っています」(山田)と喜びを語った。

002

 続いて、ゲストとして元サッカー日本代表選手の福田正博氏が登場。「『サカつく』をプレイしたことはありませんが、『サカつく』の魅力をたっぷりと教えてもらいにやって来ました」(福田)とのことで、山田氏から『サカつく7』の新規要素を中心に『サカつく』シリーズの魅力が紹介された。ここでは、『サカつく7』の新規要素をまとめて紹介する。

003

■ゲームの舞台となるのはJリーグ+欧州6大リーグ
これまでのシリーズではJリーグから世界を目指すというスタイルが主流だった『サカつく』だが、本作ではゲームの舞台がJリーグ+欧州6大リーグ(イタリア・イングランド・オランダ・スペイン・ドイツ・フランス)と広がり、Jリーグはもちろん欧州リーグからでもゲームをスタートすることが可能となった。初めてゲームをスタートするとき、欧州ではランクの低いクラブしか選択できないが、今回はプレイデータを引き継いで再スタートが行えるため、成長させたデータを引き継げば欧州の強豪クラブで最初から始めることができる。

■プレイヤーは全権監督! 監督自身を成長させることができる
サカつく7』でのプレイヤーの役割は、クラブの経営から人事、選手育成などのすべてを統括する“全権監督”。そして、シリーズ初の要素として、今作では監督自身にも成長要素が盛り込まれている。プレイヤーである監督は、クラブが成長する過程で経験を積み、スキルを獲得することで能力がアップし、クラブとして結果を残せば名声も高めていくことが可能。名声が高まれば、強豪クラブからもオファーが届くようになり、自分の意思で移籍できるようになる。これまでの“地元のクラブを一途に育てて世界に挑む”プレイはもちろん、“みずからをキャリアアップさせながら世界の名将を目指す”というプレイも楽しめる。

■より自由な育成が楽しめる“秘蔵っ子育成システム”
サカつく7』に登場する選手は約1万7000人。この中から誰を獲得し、どう育て、どんなチームにしていくか、その過程が『サカつく』の醍醐味だが、今作では“秘蔵っ子育成システム”が新たに登場。所属選手の中から重点的に鍛えたいと思った選手を秘蔵っ子に指定することで、練習効果のアップや成長タイプの変化、プレイスタイルや特徴の新規獲得など、さまざまな強化を図ることができる。秘蔵っ子の育成は設定期間が長いほど効果も高くなるが、秘蔵っ子に指定できるのは最初はひとりのみ。特定の選手を優先的に鍛えるか、複数の選手を順番に指定して全体的に底上げを行うか。秘蔵っ子育成システムをどう活用し、どんなチームにしていくか、すべてはプレイヤー次第となる。

■ストイコビッチ氏がゲーム中に選手として登場!
プロモーションキャラクターに起用されたストイコビッチ氏がゲーム内に登場。彼がJリーグに移籍してからのおもなエピソードが展開され、ストイコビッチ氏のJヒストリーを追体験することができる。

m002_
m004_
m013_
m014_
m018_
m022_
m023_
{髭髭
l訂_
I
t礦
v碎砠
-苫
-
-
K邂

 ここで、ストイコビッチ氏からのビデオメッセージが上映。「このゲームでは、皆さんもサッカークラブの監督になれるとのこと。私の経験から言うと、監督にとってもっともも必要なもの、それは強い信念です。私が目指すのは、攻撃的で魅力的なサッカーですが、皆さんもゲームの中で信念を持って、サポーターを楽しませるサッカーをしてください」とコメントした。

 本作に出演する女優の片瀬那奈、お笑い芸人のU字工事、タレントのパンツェッタ・ジローラモ、トニー・クロスビーによるトークセッションでは、「『サカつく』シリーズをプレイしていたので、自分がゲームに出るなんて夢のようです」(片瀬)とゲーム出演に関しての感想が語られたほか、CG撮影ではセガのスタジオで撮影を行った片瀬、パンツェッタ・ジローラモ、トニー・クロスビーに対し、U字工事はマネージャーによる撮影(しかも携帯電話の写メール)だったことを明かすなど、楽しいトークが展開された。

006
005
aa

▲トークセッションでは、自分のクラブにほしい選手は? という質問も。落ちを担当した益子は……。

 最後に山田氏は、本作の予約特典として“強力助っ人衆プロダクトコード”を予定していることを明かした。これは、ゲームをスタートし、クラブを作った後の初期の補強選手の中に強力な助っ人選手が登場するというもの。どの選手はなるかはまだ選定中とのことだが、『サカつく』ファンはもちろん、サッカーファンなら誰でも使いたくなる実名選手になるという。また、本作の公式サイトにて“サカつく7ch”というコンテンツがスタートするほか、ブラウザコンテンツとして『サカつく7 ブラウザバトル』が用意されていることも発表された。『サカつく7 ブラウザバトル』では、チームの制作や選手の育成、他プレイヤーとの対戦が無料で楽しめることに加え、『サカつく7』のデータをアップロードすることで、『サカつく7』のチームで他のプレイヤーと対戦することができるとのこと。

010
011
012
00
(C)SEGA LICENCED BY J.LEAGUE Stats Stadium The use of real player names and images is authorised by FIFPro Commercial Enterprises BV.

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

【シェインの正体 “戦争×復讐×ケモノ”マンガ】『戦場のフーガ 鋼鉄のメロディ』第50話

ファミ通.comで連載されている“戦争×復讐×ケモノ”をテーマにしたドラマティックシミュレーションRPG『戦場のフーガ』の公式コミカライズ、『戦場のフーガ 鋼鉄のメロディ』の第50話を掲載。

【漫画の裏側を語る!】『チェイサーゲーム』原作コラム 『デバッグルーム』シーズン2 第32回

サイバーコネクトツー松山社長が『チェイサーゲーム』の短期連載期間中、ゲーム業界のウラ秘話を赤裸々に解説する『デバッグルーム』のシーズン2の第32回をお届け。

【『戦場のフーガ』開発記録】『インターミッション』第49回

サイバーコネクトツー松山社長が『戦場のフーガ』の開発秘話を赤裸々に解説する『インターミッション』。第49回をお届け。

【宮崎太一郎氏、享年52歳】『チェイサーゲーム』シーズン2 第32話 浮沈要塞(11)

アニメ業界の闇に切り込む内容となったシーズン2の『チェイサーゲーム』は、実在のゲーム制作会社サイバーコネクトツーを舞台にしたゲーム業界お仕事マンガ。シーズン2の第32話を掲載。

【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】集計期間:2024年06月24日〜2024年06月30日

HDリメイク作品『ルイージマンション 2 HD』が首位を獲得

ほのぼのコメディ漫画『ELDEN RING 遠き狭間の物語』が本日7月4日より連載スタート。第1話の主人公はローデリカ!

『エルデンリング』をもとにしたほのぼのコメディ漫画『ELDEN RING 遠き狭間の物語』の第1話が、“COMIC Hu(コミックヒュー)”にて2024年7月4日に公開となった。

ギャグ漫画『ELDEN RING 黄金樹への道』第46話公開。ラニの臣下となった褪夫のつぎなる目的地は……?

アクションRPG『エルデンリング』をもとにしたギャグ漫画作品『ELDEN RING 黄金樹への道』が、“COMIC Hu(コミックヒュー)”にて2024年7月4日に更新され、新たに第46話が公開となった。

【ジルとの決戦 “戦争×復讐×ケモノ”マンガ】『戦場のフーガ 鋼鉄のメロディ』第49話

ファミ通.comで連載されている“戦争×復讐×ケモノ”をテーマにしたドラマティックシミュレーションRPG『戦場のフーガ』の公式コミカライズ、『戦場のフーガ 鋼鉄のメロディ』の第49話を掲載。

【漫画の裏側を語る!】『チェイサーゲーム』原作コラム 『デバッグルーム』シーズン2 第31回

サイバーコネクトツー松山社長が『チェイサーゲーム』の短期連載期間中、ゲーム業界のウラ秘話を赤裸々に解説する『デバッグルーム』のシーズン2の第31回をお届け。