“AVAれ祭2011”で人気3クランが激突【秋葉原PCゲームフェスタ】

ゲーム PC
2011年4月29日から5月5日まで、東京の秋葉原にあるベルサール秋葉原にて開催中の“秋葉原PCゲームフェスタ”。初日となる4月29日にはゲームオンの『Alliance of Valiant Arms』のオフラインイベント“AVAれ祭2011 秋葉原-春の陣-”が行われた。

●3つどもえの戦い、見事勝利したのは

 2011年4月29日から5月5日まで、東京の秋葉原にあるベルサール秋葉原にて開催中の“秋葉原PCゲームフェスタ”。会期中は地下1階にあるホールで大手PCメーカーによるステージイベントが日替わりで実施されており、初日となる4月29日にはゲームオンのオンラインFPS(一人称視点シューティング)『Alliance of Valiant Arms』(以下、『AVA』)のオフラインイベント“AVAれ祭2011 秋葉原-春の陣-”が行われた。目玉企画は、ユーザー投票で選出された人気の3クラン“SunSister”、“Risonanza”、“sleep”によるエキシビジョンマッチ。彼らの姿を生で拝むためか、もしくはふだんオンライン上でしか会えない仲間、ライバルたちと触れ合うためか理由は人それぞれだろうが、イベントには会場のキャパを遥かに越えるファンが訪れることに。メーカーの発表によればその数は1300人以上で、足を運んだものの入場制限でなくなく帰った人もいたそうだ……。そんな状況もあって、会場内は“AVAれ祭”の名にふさわしく開始前からお祭りのような盛り上がり、熱気となった。

DSCF3402
DSCF3503
DSCF3512

▲井上氏(左)とKeNNy氏(右)。

 エキシビジョンマッチに先立っては、運営プロデューサーの井上洋一郎氏、公認アドバイザーのKeNNy氏から先日実装された新モード“The INFECTION(感染モード)”の紹介が行われた。同モードはいわゆるゾンビモードで人間VS感染者でのバトルを楽しむことが可能となっている。敵側である感染者は近接攻撃のみということで、井上氏は「新規ユーザーやあまりFPSになれていない人」に、射撃の練習をする感覚で遊んでほしいと紹介。加えて、マップは通常モードと共通なのでマップ構成を勉強するのにも最適なモードであると話していた。

 また、AVAれ祭では恒例(?)となった運営チームと来場者選抜によるスペシャルマッチも実施。運営が負けた場合は、2011年4月30日〜5月9日までの期間お得なキャンペーンを実施するという、ある種お約束的な条件を設けて戦いはスタートしたのだが、KeNNy氏を筆頭に空気を読まない運営チームが来場者選抜に連勝してしまう。これには会場だけでなく司会進行の女性からも不満の声が上がる。けっきょく当初予定していた内容よりは若干お得度が下がるが、同じ期間でキャンペーンを実施することになった。

DSCF3539

▲モニターにある30%オフの部分を20%オフにして実施。

 ふたつのミニステージを終えて、いよいよエキシビジョンがスタート。ルールは“爆破ミッション”で、1試合7ラウンド先取という大会と同じ勝利条件が使用された。初戦は“SunSister”対“Risonanza”で、使用マップは井上氏いわく「攻略のしがいがある」“BLACK SCENT”。1ラウンド目はRisonanzaがメンバーをひとりも失わずに完全勝利するが、2ラウンド目はSunSisterが前ラウンドは様子見だったと言わんばかりに取り返す。以降、試合はSunSisterのペースとなり、見事同クランが7ラウンド先取。とは言え、圧倒的な実力差があるという印象はなく、つねにどちらが勝ってもおかしくはない内容となっていた。ちなみに、今回ゲームオンは韓国では以前から使われている大会専用のサーバーを国内で初めて使用。ここで行われるゲームは、観戦する際に各プレイヤーの体力ゲージ、使用武器のシルエットなどが表示されるので、見ている側はより戦いを把握しやすくなっていたのだ。

DSCF3575
DSCF3572

▲Risonanza(左)とSunSister(右)。

DSCF3585

 第2試合では、ファン投票で圧倒的な人気を示したsleepが、SunSisterと激突。マップは“HAMMER BLOW”で、井上氏によれば守る側が有利な作りとのことだが、最初の攻め守りの選択権を得たSunSisterは迷わず攻めを選ぶ。1試合目でも攻撃側からスタートして勝利を収めたので、その流れに再び乗ろうという考えだったのか。しかし、1ラウンド目は有利と言われていた守り側のsleepが制す。そこから4ラウンド目までは、取ったら取り返すのシーソーゲームが続くのだが、5ラウンド目からsleepがなんと5連勝で一気に試合を決めてしまう。こういったチーム戦では個人の実力よりも、指令塔の判断力や作戦といったチームとしての総合力が重要である……というのが一般的な考えだと思うが、sleepにはそれが確実に当てはまるわけではない印象を受ける。その理由はスナイパーの“Ak~ayS(しゃか)”と、ライフルマン“J4suMiNha1(じゃすみんはい)”選手の実力が化物じみていたからだ。立ち回り、エイムの巧みさは言わずもがな、驚かされるのは反射神経のよさ。見えたと思った瞬間にはキルしている(またはキルされている)さまは、まるでウエスタン映画における決闘シーンの決着を見ているよう。とにかく、このふたりの存在感はズバ抜けていた。

 Risonanzaは昨年末に行われた“冬の陣”で、sleepに大敗を喫したという過去がある。最後のRisonanz対sleepは、Risonanzaがその雪辱を晴らせるのかという点にも注目が集まったが、蓋を開けてみると試合は完全にsleepのペース。さきに紹介したAk~ayS、J4suMiNha1両選手の活躍はもちろんのこと、相手が逃げる方向に仲間をしっかり待機させておくなどチームワークのよさも印象に残る見事な試合運びで勝利を収めた。

DSCF3605
DSCF3596

 そんな圧倒的とも言える実力でエキシビジョンマッチを優勝したsleepだが、チームリーダーのJ4suMiNha1は、表彰式でKeNNy氏から「sleepを目標とする人たちにひと言」と求められると「僕らに勝てたとしてもASTRICKには勝てないので、ASTRICKを目指してがんばってください」と韓国最強クランの名を挙げる。ご存の方も多いと思うが、sleepは昨年末に行われた“冬の陣”でASTRICKに僅差で敗れているのだ。しかし、あれから約5ヵ月が経過しsleepの面々もさらに実力がアップしているのは、今日の戦いぶりを見れば明らかだ。ぜひとも、つぎのAVAれ祭ではsleep対ASTRICKのリベンジマッチが見てみたいものである。

DSCF3627
DSCF3631

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

週刊ファミ通企画:読者によるゲーム採点 USER'S EYE

『週刊ファミ通』に毎号掲載されている、読者の方々に最近のゲームを採点していただくコーナー「ユーザーズアイ」への投稿を募集いたします。

プロライセンス発行大会「闘会議2018鉄拳7〜Break the world〜」オンライン予選の組み合わせが決定!

「闘会議2018鉄拳7〜Break the world〜」。そのオンライン予選のトーナメント表が公開された。

初代『魔界戦記ディスガイア』高解像度版が2018年夏に発売決定! さらに、シリーズ次回作も動き出す!?

『魔界戦記ディスガイア』の第1作を高解像度化する、リメイク作品が開発中であることが明らかに。発売時期は2018年夏。

『project Nightmare』日本一ソフトウェアの新作は、実写映像とアドベンチャーを組み合わせたホラー作品

2018年1月18日、日本一ソフトウェアが、新作タイトルを紹介する動画を公開。この動画に出演した新川宗平代表取締役社長が、新プロジェクト『project Nightmare』を発表した。

日本一ソフトウェア新作『嘘つき姫と盲目王子』、絵本のようなビジュアルのまま動くショートプレイ動画を独占公開!

日本一ソフトウェアが公開した動画で発表された、新作タイトル『嘘つき姫と盲目王子』。本作の動画と開発者コメントを、ファミ通.comで独占公開!

日本一ソフトウェアが完全新作『嘘つき姫と盲目王子』を発表、お姫様に扮したバケモノと盲目の王子の切ない物語

日本一ソフトウェアが、新作家庭用ゲームタイトルを紹介する動画を公開。この中で、完全新作タイトルとなる『嘘つき姫と盲目王子』が発表された。

コンピュータ町内会 各投稿コーナー更新!

ナッツ・ザ・レジェンドを始め、4つの投稿コーナーを更新。1月9日放送分の生町内会動画もアップ。2018年1月の投稿者ランキングも決着。受験生、ヒジをイスにぶつけたときのピリッとなるやつに負けるな!

『FFXIV』“パッチ4.2 暁光の刻”の新要素、ファッションチェックとは?

『ファイナルファンタジーXIV』の次期アップデート、“パッチ4.2 暁光の刻”の新情報・第4弾が編集部に到着! さっそくその内容を紹介していこう。

『DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation』新ヴィーナス“ルナ”が登場 時間停止ウォッチがもらえるログインボーナスも実施

コーエーテクモゲームスは、サービス中のWindows PC用バカンスゲーム『DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation』において、本日2018年1月18日(木)より新キャラクター“ルナ”を追加した。

『PUBG』DMM GAMES公式大会 αリーグ予選(1月20日・21日)の公式配信がtwitchにて配信

DMM GAMESは、PUBG Corp.と協業してサービス中の『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』について、DMM GAMES公式大会“PUBG JAPAN SERIES”αリーグ予選の公式配信を行うことを発表した。