“AVAれ祭2011”で人気3クランが激突【秋葉原PCゲームフェスタ】

ゲーム PC
2011年4月29日から5月5日まで、東京の秋葉原にあるベルサール秋葉原にて開催中の“秋葉原PCゲームフェスタ”。初日となる4月29日にはゲームオンの『Alliance of Valiant Arms』のオフラインイベント“AVAれ祭2011 秋葉原-春の陣-”が行われた。

●3つどもえの戦い、見事勝利したのは

 2011年4月29日から5月5日まで、東京の秋葉原にあるベルサール秋葉原にて開催中の“秋葉原PCゲームフェスタ”。会期中は地下1階にあるホールで大手PCメーカーによるステージイベントが日替わりで実施されており、初日となる4月29日にはゲームオンのオンラインFPS(一人称視点シューティング)『Alliance of Valiant Arms』(以下、『AVA』)のオフラインイベント“AVAれ祭2011 秋葉原-春の陣-”が行われた。目玉企画は、ユーザー投票で選出された人気の3クラン“SunSister”、“Risonanza”、“sleep”によるエキシビジョンマッチ。彼らの姿を生で拝むためか、もしくはふだんオンライン上でしか会えない仲間、ライバルたちと触れ合うためか理由は人それぞれだろうが、イベントには会場のキャパを遥かに越えるファンが訪れることに。メーカーの発表によればその数は1300人以上で、足を運んだものの入場制限でなくなく帰った人もいたそうだ……。そんな状況もあって、会場内は“AVAれ祭”の名にふさわしく開始前からお祭りのような盛り上がり、熱気となった。

DSCF3402
DSCF3503
DSCF3512

▲井上氏(左)とKeNNy氏(右)。

 エキシビジョンマッチに先立っては、運営プロデューサーの井上洋一郎氏、公認アドバイザーのKeNNy氏から先日実装された新モード“The INFECTION(感染モード)”の紹介が行われた。同モードはいわゆるゾンビモードで人間VS感染者でのバトルを楽しむことが可能となっている。敵側である感染者は近接攻撃のみということで、井上氏は「新規ユーザーやあまりFPSになれていない人」に、射撃の練習をする感覚で遊んでほしいと紹介。加えて、マップは通常モードと共通なのでマップ構成を勉強するのにも最適なモードであると話していた。

 また、AVAれ祭では恒例(?)となった運営チームと来場者選抜によるスペシャルマッチも実施。運営が負けた場合は、2011年4月30日〜5月9日までの期間お得なキャンペーンを実施するという、ある種お約束的な条件を設けて戦いはスタートしたのだが、KeNNy氏を筆頭に空気を読まない運営チームが来場者選抜に連勝してしまう。これには会場だけでなく司会進行の女性からも不満の声が上がる。けっきょく当初予定していた内容よりは若干お得度が下がるが、同じ期間でキャンペーンを実施することになった。

DSCF3539

▲モニターにある30%オフの部分を20%オフにして実施。

 ふたつのミニステージを終えて、いよいよエキシビジョンがスタート。ルールは“爆破ミッション”で、1試合7ラウンド先取という大会と同じ勝利条件が使用された。初戦は“SunSister”対“Risonanza”で、使用マップは井上氏いわく「攻略のしがいがある」“BLACK SCENT”。1ラウンド目はRisonanzaがメンバーをひとりも失わずに完全勝利するが、2ラウンド目はSunSisterが前ラウンドは様子見だったと言わんばかりに取り返す。以降、試合はSunSisterのペースとなり、見事同クランが7ラウンド先取。とは言え、圧倒的な実力差があるという印象はなく、つねにどちらが勝ってもおかしくはない内容となっていた。ちなみに、今回ゲームオンは韓国では以前から使われている大会専用のサーバーを国内で初めて使用。ここで行われるゲームは、観戦する際に各プレイヤーの体力ゲージ、使用武器のシルエットなどが表示されるので、見ている側はより戦いを把握しやすくなっていたのだ。

DSCF3575
DSCF3572

▲Risonanza(左)とSunSister(右)。

DSCF3585

 第2試合では、ファン投票で圧倒的な人気を示したsleepが、SunSisterと激突。マップは“HAMMER BLOW”で、井上氏によれば守る側が有利な作りとのことだが、最初の攻め守りの選択権を得たSunSisterは迷わず攻めを選ぶ。1試合目でも攻撃側からスタートして勝利を収めたので、その流れに再び乗ろうという考えだったのか。しかし、1ラウンド目は有利と言われていた守り側のsleepが制す。そこから4ラウンド目までは、取ったら取り返すのシーソーゲームが続くのだが、5ラウンド目からsleepがなんと5連勝で一気に試合を決めてしまう。こういったチーム戦では個人の実力よりも、指令塔の判断力や作戦といったチームとしての総合力が重要である……というのが一般的な考えだと思うが、sleepにはそれが確実に当てはまるわけではない印象を受ける。その理由はスナイパーの“Ak~ayS(しゃか)”と、ライフルマン“J4suMiNha1(じゃすみんはい)”選手の実力が化物じみていたからだ。立ち回り、エイムの巧みさは言わずもがな、驚かされるのは反射神経のよさ。見えたと思った瞬間にはキルしている(またはキルされている)さまは、まるでウエスタン映画における決闘シーンの決着を見ているよう。とにかく、このふたりの存在感はズバ抜けていた。

 Risonanzaは昨年末に行われた“冬の陣”で、sleepに大敗を喫したという過去がある。最後のRisonanz対sleepは、Risonanzaがその雪辱を晴らせるのかという点にも注目が集まったが、蓋を開けてみると試合は完全にsleepのペース。さきに紹介したAk~ayS、J4suMiNha1両選手の活躍はもちろんのこと、相手が逃げる方向に仲間をしっかり待機させておくなどチームワークのよさも印象に残る見事な試合運びで勝利を収めた。

DSCF3605
DSCF3596

 そんな圧倒的とも言える実力でエキシビジョンマッチを優勝したsleepだが、チームリーダーのJ4suMiNha1は、表彰式でKeNNy氏から「sleepを目標とする人たちにひと言」と求められると「僕らに勝てたとしてもASTRICKには勝てないので、ASTRICKを目指してがんばってください」と韓国最強クランの名を挙げる。ご存の方も多いと思うが、sleepは昨年末に行われた“冬の陣”でASTRICKに僅差で敗れているのだ。しかし、あれから約5ヵ月が経過しsleepの面々もさらに実力がアップしているのは、今日の戦いぶりを見れば明らかだ。ぜひとも、つぎのAVAれ祭ではsleep対ASTRICKのリベンジマッチが見てみたいものである。

DSCF3627
DSCF3631

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『MHF-Z』10周年記念大型アップデートの目玉“狩煉道”のガチ狩りをひと足先に体験!

『モンスターハンター フロンティアZ』で2017年7月5日に実施される10周年記念大型アップデートにて追加の新コンテンツ“狩煉道”を実際に体験して紹介。

“ファミ通×電撃ゲーム実況エクストリーム”6月19日〜6月25日のオススメゲーム実況動画をピックアップして紹介!

“ファミ通×電撃ゲーム実況エクストリーム”2017年6月19日〜6月25日の期間内に大きな注目を集めた動画&再生回数の多かった動画をお届け。

“プレイステーション presents 『ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ』”7月1日&7月8日は小出祐介がゲスト

毎週土曜日24:00よりTBSラジオで放送中の“プレイステーション presents 『ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ』”。2017年7月1日、7月8日放送回に小出祐介がゲストとして登場。

『Ever Oasis 精霊とタネビトの蜃気楼』オアシスでの生活やバトルシステムの紹介映像を公開

任天堂は、2017年7月13日に発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『Ever Oasis 精霊とタネビトの蜃気楼』について、オアシスでの生活やバトルシステムなどに関する紹介映像を公開した。

『信長の野望 Online』映画『忍びの国』とのコラボイベントが開催

コーエーテクモゲームスは、サービス中の『信長の野望 Online』について、全国東宝系にて2017年7月1日に公開の映画『忍びの国』とのコラボイベント“『忍びの国』コラボイベント〜侍vs忍者・天正伊賀の乱〜”を、6月28日より開始した。

『ファイアーエムブレム無双』公式設定資料集やオリジナルサウンドトラックが同梱された『プレミアムBOX』と『TREASURE BOX』アイテム画像を公開

コーエーテクモゲームスは、2017年9月28日発売予定のNintendo Switch、ニンテンドー3DS用ソフト『ファイアーエムブレム無双』について、『プレミアムBOX』と『TREASURE BOX』に同梱するアイテムのイメージ画像を公開した。

アミューズメント施設向け筐体“VR センス”対応ソフトに『デッド オア アライブ エクストリーム』が追加ラインアップ 

コーエーテクモグループのコーエーテクモウェーブが手掛けるアミューズメント施設向け筐体“VR センス”について、完成&新作ソフト発表会が開催。同発表会にて、『デッド オア アライブ エクストリーム』が追加タイトルとしてラインアップされることが発表された。

『ニューダンガンロンパV3』希望ヶ峰購買部 出張版の専売商品として缶バッジとジョイントアクリルコレクションが登場

ECサイト“エビテン[ebten]”内、希望ヶ峰購買部 出張版にて、専売商品となる『ニューダンガンロンパV3』グッズ“ジョイントアクリルコレクション -じょいこれ-”と、議論スクラムイラストを使用した缶バッジの予約受付がスタートした。

『めがみめぐり』ソトオリヒメ役の大塚紗英さんによるトーク&特典お渡し会が開催決定

ニンテンドー3DS用ソフト『めがみめぐり』のキャラクターソングCD第3弾が2017年6月28日に発売。本CDの発売を記念して、ソトオリヒメ役の大塚紗英さんによるトーク&特典お渡し会が開催される。

Nintendo Switch、国内推定累計販売台数が100万台を突破 歴代ソフト売上トップは『マリオカート8 デラックス』

ゲーム総合情報メディア“ファミ通”は、任天堂より2017年3月3日に発売開始した“Nintendo Switch”の国内推定累計販売台数を発表した。