『El Shaddai ASCENSION OF THE METATRON(エルシャダイ アセンション オブ ザ メタトロン)』プレイインプレッション

ゲーム プレイステーション3 Xbox 360 インプレッション
2011年4月28日発売のPS3/Xbox 360用ファンタジーアクションゲーム『El Shaddai(エルシャダイ)』。そのプレイインプレッションを、週刊ファミ通編集部のハタハタがいち早くお届け。

●私と『El Shaddai(エルシャダイ)』の出会い

 私が初めてこの作品と出会ったのは、東京ゲームショウ2010(以下、TGS2010)。その当時の私の『El Shaddai(エルシャダイ)』に対する印象は、いまとはまったく違うものでした。と言うのも、イグニッション・エンターテインメント・リミテッド(以下、イグニッション)のブースへと向かう中、私が考えていたことは、「とてつもなく個性的な主人公、イーノック。彼はすごいな……。」とか、「主人公が履いているジーンズが、ジーンズブランド“エドウィン”とコラボレーションか。おもしろいな」とかぜんぜんゲーム内容とは関係ないことばかりでした。しかし、そんな考えは、イグニッションのブースに到着したときには、すっかり吹き飛んでいました。自分の目に映っていたのは、ゲームの世界を再現したような独自のブース。幻想的な照明とほかに見ない一風変わった入り口の作りが、ゲームに対する好奇心を抱かせ……そして、そこに流れる荘厳な音楽が、展開に足を踏み入れたかのような気分にしてくれていました。そんな雰囲気の中、TGS2010バージョン『El Shaddai(エルシャダイ)』体験版をプレイ。このときには難易度を選べなかったのですが、中ボスのような存在との戦いやジャンプアクションでけっこう苦労したのを覚えています。

photo01
photo2

『El Shaddai(エルシャダイ)』が展示されていたブースの写真。ちょっとチャプター1の帳っぽいイメージがあります。

何とも言えない表情を見せる主人公のイーノック。一度見たら忘れられない、いい意味でとても濃いキャラクターですよね。

 そして、今回の製品版をプレイしてみたところ、TGS2010で感じた幻想的な世界設定には磨きがかかり、歯ごたえのあるアクション部分は、アクションが苦手な人から得意な人まで楽しめるような作りに仕上がっていました。
 2010年、私があのときに感じた本作の楽しさは、本物でした。
 今回は、このゲームの製品版をプレイして、改めておもしろいと感じたポイントを3つ挙げて紹介します。

●誰でも遊べる間口が広い作品

 仕事柄、いろいろなジャンルのゲームをプレイする私ですが、アクションゲームはどちらかというとあまり得意ではないタイプ。「そこ、危ないってば!」、「また同じミスくり返している」、なんて言葉を同僚に投げかけられながらのプレイになることも多いです(笑)。そんな私ですが、『El Shaddai(エルシャダイ)』はとくに詰まることなくクリアーできたんです。その理由として、大きかったのがDifficulty(難易度)の存在。難易度は、ゲーム開始時にEASY、NORMALのどちらかから選べるのですが、私は迷わずEASYを選択! ちなみにNORMALだと、標準的な難易度でのプレイになりますが、EASYでは、イーノックの攻撃力が強いので、敵を倒しやすいんですよね。ゲームを進めていくと、当然敵との戦いが訪れるわけですが、私はEASYだったので攻撃ボタンを連打していれば、まず相手に負けることはなかったです。それくらい、イーノックが強かったですね。もちろんボスはひと筋縄ではいきませんが、たとえ倒れそうになっても“連打復帰”をすることでスグに体力を回復できるので、ちょっとぐらい体力が減ってきても「連打復帰があるから大丈夫だ、問題ない!」と、気軽にプレイできます。
 また、EASYでは、私の好きな武器ベイルをずっと使って進めることができました。NORMALでは、やはり3種類ある武器どうしの相性などを考えなくてはいけないのですが、EASYではさほど影響はなく、ひたすらガシガシと敵を攻撃して殲滅させてけばオーケー。初心者でも、アクションが苦手な人でも楽しめるのは本作の大きな魅力のひとつ、懐の深さですね。

●プレイする者の心を掴む数々のチャプター

 本作に登場するチャプターは、それぞれが違うデザインコンセプトで構築されているということになります。どれもオリジナリティーに溢れていて、つねに新鮮な気持ちでそれぞれチャプターを迎えることができるのが特徴。例に、チャプター2とチャプター4を挙げてみます。

photo3
photo4

チャプター2(タワーへ続く道)。地上界のヒトたちが堕天使たちを讃えているチャプターで、ゲームプレイ中バックに流れるのは花火が上がる音、そしてヒトたちの歌声だ。登場する敵も中にはキラキラしているものもいて、見る者を楽しませます。

チャプター4(サリエルの幻惑)。この物語の軸であり、私の大好きなネフィリムがたくさん登場します。チャプター2と比べると、かなりポップに描かれており、遊び心満載のステージなんです。

 このふたつはどちらも筆者のお気に入りのステージですが、いかがでしょうか? とても同じゲームとは思えないほどデザインが違いますよね。ひとつのチャプターをクリアーしていくごとに「つぎはいったいどんなチャプターが登場するんだろう?」という期待を抱かせてくれるんです。そして、それはエンディングまでしっかり続いていきます。このこだわり、スゴイです。

●主人公イーノックを支える大天使

 このゲームを語るのに欠かせないのが、登場キャラクターたちの個性の強さ。それが=本作の魅力のひとつにもなっています。主人公イーノックに始まり、イーノックをサポートする大天使ルシフェル、アークエンジェルたち、そして堕天使たちと、数え上げればキリがないほど。そんな中でもとくに印象的なのはルシフェルです。つねにプレイヤーの側にいて、見守ってくれる存在。ルシフェルには実体がないので、ゲーム中に触れようとするとすり抜けてしまいますが、進む先々でプレイヤーを待っていてくれて、彼が持つ携帯の向こう側にいる誰かにその報告をしているところを見ると、ちょっとうれしくなります。ともに戦うことはできないのですが、“誰かが見守ってくれている”というその状況が、何より長い冒険を進めていくうえでの励みになるのです。冒険の途中にルシフェルの近くで立ち止まってみるのもいいでしょう。とくに何も起きませが、彼の姿にほんのり癒されますよ。

photo5

大天使ルシフェルはとてもミステリアス。その掴みどころのないところが魅力なんです。

■筆者紹介 ハタハタ

週刊ファミ通の編集者。ふだんは乙女ゲーをプレイしては、夢のような世界に浸っている。『El Shaddai(エルシャダイ)』では、ネフィリムが大好き。このまま冬までいっしょに眠りたい。

El Shaddai ASCENSION OF THE METATRON(エルシャダイ アセンション オブ ザ メタトロン)
メーカー イグニッション・エンターテイメント・リミテッド
対応機種 プレイステーション3 / Xbox 360
発売日 2011年4月28日発売
価格 各7980円[税込]
ジャンル アクション / ジャンル
備考 ディレクター:竹安佐和記(クリム)、プロデューサー:木村雅人
(C)2011 Ignition Entertainment Ltd. All Rights Reserved.

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

ファン待望の一冊!『メルクストーリア オフィシャルビジュアルワークス4』が本日(6/17)発売

『メルスト』ファン必携! 『メルクストーリア オフィシャルビジュアルワークス4』がファミ通から発売中。ページをめくるたびに『メルスト』愛があふれる!

【最大85%OFF】THQ NordicがPS Store、ニンテンドーeショップで初夏セール第6弾を開催。『ダークサイダーズ ウォーマスターエディション』など11タイトルがお買い得!

THQ Nordic Japanは、ニンテンドーeショップ、PlayStation Storeにて“THQ Nordic初夏セール2021 第6弾”を開催している。

早期アクセス版『GetsuFumaDen: Undying Moon』に新キャラクター“月蓮華”が追加。“秘伝”の解放条件の緩和などのバランス調整も

コナミデジタルエンタテインメントは、『GetsuFumaDen: Undying Moon』の早期アクセス版にて、本日2021年6月17日(木)よりアップデートを実施。2人目のプレイアブルキャラクター“月蓮華”の追加や、能力強化“秘伝”における序盤の解放条件の緩和などが行われた。

Switch『-右脳の達人- まちがいさがしミュージアム』お絵描き大好きよしもと芸人とのコラボが決定。コラボイラストが登場するアップデートは夏ごろ実施予定

2021年6月17日、バンダイナムコエンターテインメントは、Nintendo Switch用ソフト『-右脳の達人- まちがいさがしミュージアム for Nintendo Switch』にて、お絵描きが大好きなよしもと芸人とのコラボを決定した。

【投稿募集】あのゲーム帝国は滅亡していなかった!? 令和の世に伝説のコーナーが降臨する【ファミ通35周年&1700号突破記念】

週刊ファミ通2021年8月5日号(2021年7月21日発売)にて、創刊35周年&1700号突破を記念して、伝説の連載コーナー「ゲーム帝国」が復活します。読者の方々の投稿を絶賛募集中!

『リトルナイトメア2』や『-右脳の達人- まちがいさがしミュージアム』などバンナムのSwitch版DLタイトルが最大68%OFFで購入できるアーリーサマーセールが開催

バンダイナムコエンターテインメントは、本日2021年6月17日(木)より、Nintendo Switchのダウンロード版ソフトがお得に購入できるNintendo Switch アーリーサマーセールを開催した。

『ロマサガRS』6/17生放送まとめ。2.5周年イベントの新情報が公開予定【随時更新】

Web番組“『ロマンシング サガ リ・ユニバース』公式生放送 #11 2.5周年開催中&オケコン祭開催直前スペシャル”にて公開される、スマートフォン向けRPG『ロマサガRS』の最新情報を随時更新でお届けする。

Switch/PC『ProtoCorgi』8月26日に発売決定。Steam Next Festで“レベルエディター”機能を含む最新の体験版が配信開始

2021年6月17日、Kemono GamesおよびRavenscourtは、Nintendo Switch、PC用ソフト『ProtoCorgi』を8月26日に発売すると決定した。

【ますますマンガで分かるFGO】マシュの背後にもう1人のセンパイの姿が。漫画200話“うしろのヤツ”が公開

FGO PROJECTは、公式Web漫画“ますますマンガで分かる!Fate/Grand Order”の第200話“うしろのヤツ”を公開した。

『ポケモンGO』レジギガスが伝説レイドバトルに登場する“季節イベント”が開催。色違いにも出会えるかも!?

2021年6月17日より、配信中のゲームアプリ『ポケモンGO』において、レジギガスなどが登場する季節イベントが開催される。