任天堂、平成23年3月期決算短信を発表 営業利益前期比52%減

ゲーム ビジネス
2011年4月25日、任天堂は平成23年3月期の決算短信を発表した。

●売上高1兆143億円(前期比29.3%減)、営業利益1710億円(前期比52%減)

 2011年4月25日、任天堂は平成23年3月期の決算短信を発表した。

 当期の経営成績としては、『スーパーマリオブラザーズ』の発売25周年を記念した各種タイトルや、『ポケットモンスターブラック・ホワイト』の国内外での順調な売上、『スーパーマリオギャラクシー2』、『Wii Party』、『New スーパーマリオブラザーズ Wii』や『Wii Fit Plus』などが好調に推移したことを言及し、ニンテンドー3DSについても、順調な滑り出しを見せたと分析。

 しかしながら、とくに米国のホリデーシーズンにおいて、ハードウェア月間販売台数が、ニンテンドーDSおよびWiiの双方で史上最高を記録した前記と比較して減少し、ニンテンドーDSシリーズが1752万台(全世界。前年度2711万台)、Wiiが1508万台(前年度2053万台)になったとし、ソフトウェアの販売本数については、ニンテンドーDSシリーズが1億2098万本(前年度1億5159万本)で、Wiiが1億7126万本(前年度1億9181万本)と同様に減少している。なお、ニンテンドー3DSはこれとは別に全世界でハードで361万台、ソフトが943万本を記録している。

 そして、為替レートが円高で推移したこと、ニンテンドーDSシリーズの本体価格の値下げを実行したことにより、売上高で1兆143億円(うち海外売上高比率83.4%)で前期比29.3%減、営業利益は1710億円で前期比52%減となり、外貨建て資産の評価替え等による為替差損494億円が発生したことを加えて、経常利益は1281億円(前期比64.8%減)、当期純利益で776億円(前期比66.1%減)としている。なお、総資産は1266億円減の1兆6324億円で、負債は719億円減の3524億円、純資産は547億円減の1兆2818億円。キャッシュフローは2069億円減の7234億円。

 Wii後継機の発表で気になる次期の見通しについては、東日本大震災による国内消費動向の落ち込みなどを懸念しつつも、ソフトメーカー各社と協力してソフトを継続的に投入する一方、ニンテンドーeショップをはじめとするインターネットを活用したサービスも展開して、ニンテンドー3DSの本格的な普及を目指していくという。また、ニンテンドーDSやWiiについても、『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』などの新製品やロングヒットしているタイトル群により、まだハードを所有していない層へのさらなる普及を目指すとのこと。なお、Wii後継機の販売そのものは2012年3月期の業績予想には含まれていない。

 次期業績については、売上高1兆1000億円、営業利益1750億円、経常利益1850億円、当期純利益1100億円の見込。ハードウェアはニンテンドーDSは1100万台・ソフト6700万本で、ニンテンドー3DSは1600万台・ソフト6200万本を見込んでおり、ニンテンドー3DSがハード面でニンテンドーDSシリーズを上回り、ソフト面でも同等レベルの販売本数に達するとする予想を示している。Wiiについては、ハード1300万台・ソフト1億2000万本で、やや減少の予想。

 中長期的視点では、事業の展開において「世界のユーザーへ、かつて経験したことのない楽しさ、面白さを持った「遊びの世界」を提供することを最も重視」するとして、引き続き、ゲーム人口の拡大を目指していくとしている。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『銃夢』の実写映画『アリータ』 迫力の “モーターボール”の場面を含む最新予告編映像が解禁

伝説のSFマンガ『銃夢』をハリウッドが実写映画化し、2019年2月22日に公開が予定されている映画『アリータ:バトル・エンジェル』。ファンからも絶賛されているバトルロイヤルゲーム “モーターボール”の場面を含む最新予告編映像が公開された。

コースをインクで埋め尽くせ! “塗る”レースゲーム『トレイルブレイザーズ』プレイレビュー

『スプラトゥーン』のようなレースゲーム!? 2018年11月15日(木)にNintendo Switchで配信開始となった『トレイルブレイザーズ』のプレイレビューをお届け。

週刊ファミ通をTSUTAYAで買うと、『英雄伝説 閃の軌跡IV』限定ポストカードがもらえる! プレゼントキャンペーン実施中(2018年11月15日発売号)

TSUTAYAの対象店舗にて、週刊ファミ通2018年11月29日号(2018年11月15日)を購入すると、『英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA-』限定ポストカードがもらえるキャンペーンが実施されます。

『ポケモン ピカ・ブイ』発売直前特集! 中村光一氏の新作『テクテクテクテク』や『FF』ジョブ総選挙も!!(2018年11月15日発売号)【今週の週刊ファミ通】

本日(2018年11月15日)発売の週刊ファミ通の表紙を飾るのは、スマートフォン用RPG『テクテクテクテク』。中村光一氏のいる竹書房のビル+ポプ子(ポプテピピック)+巨大な小林幸子さんという、斬新すぎる組み合わせの表紙が目印!

『LEFT ALIVE』ストーリートレーラーが公開! 待望のヴァンツァーの詳細や新キャラクターも判明

スクウェア・エニックスより、2019年2月28日(PC版は2019年3月6日)発売予定のプレイステーション4/PC用のサバイバルアクションゲーム『LEFT ALIVE』。ストーリートレーラーが公開され、公式Twitterの運用が開始されたほか、“ヴァンツァー”の詳細や世界設定、新キャラクターが判明。さらに“選択”や“クラフティング”といった重要なシステムも明らかになった。

【プレゼントあり】ファミ通.com読者アンケートにご協力ください! 抽選で20名様にAmazonギフトカード(1000円相当)を進呈

ファミ通.comでは、今後の運営・サービス向上の参考にするため、サイトをご利用いただいている皆様の属性やゲームライフに関するアンケートを実施します。

青山吉能さんがファミ通チャンネルをジャック!? 特別企画“青山吉能がファミ通チャンネルにやってくる!”配信――2018年11月15日(木)22時00分より生放送!

声優の青山吉能さんが、ファミ通チャンネルで“何か”を行う特別企画“青山吉能がファミ通チャンネルにやってくる!”が、2018年11月15日(木)22時00分よりニコニコ生放送とYouTubeにて配信されることが決定した。

『ディシディアFF オペラオムニア』メインストーリー第2部4章配信&『FFX-2』よりパイン参戦!

スクウェア・エニックスは、本日(2018年11月14日)より、メインストーリー第2部4章“誰が為に”を配信した。また、『ファイナルファンタジー X-2』より“パイン”が参戦した。

『青木瑠璃子のアイコン』2ヵ月連続特番、第1弾は五十嵐裕美さん&大坪由佳さんをゲストに『スーパーマリオ パーティ』などでゲーム三昧!

FPSやマルチプレイのゲームなど、コアなゲームをやり込む女性声優として話題の“るーりぃ”こと、青木瑠璃子さん。彼女といっしょにゲームを楽しむニコニコ生放送!

【俺たちのアケアカ】本日、2018年11月14日22時より生放送!【ファミ通チャンネル】

週刊ファミ通のででおとみさいル小野のふたりで、名作クラシックゲームをゆる〜く遊ぶ番組。今回は任天堂の対戦格闘ゲーム『アーケードアーカイブス アーバンチャンピオン』を遊びます!