任天堂、平成23年3月期決算短信を発表 営業利益前期比52%減

ゲーム ビジネス
2011年4月25日、任天堂は平成23年3月期の決算短信を発表した。

●売上高1兆143億円(前期比29.3%減)、営業利益1710億円(前期比52%減)

 2011年4月25日、任天堂は平成23年3月期の決算短信を発表した。

 当期の経営成績としては、『スーパーマリオブラザーズ』の発売25周年を記念した各種タイトルや、『ポケットモンスターブラック・ホワイト』の国内外での順調な売上、『スーパーマリオギャラクシー2』、『Wii Party』、『New スーパーマリオブラザーズ Wii』や『Wii Fit Plus』などが好調に推移したことを言及し、ニンテンドー3DSについても、順調な滑り出しを見せたと分析。

 しかしながら、とくに米国のホリデーシーズンにおいて、ハードウェア月間販売台数が、ニンテンドーDSおよびWiiの双方で史上最高を記録した前記と比較して減少し、ニンテンドーDSシリーズが1752万台(全世界。前年度2711万台)、Wiiが1508万台(前年度2053万台)になったとし、ソフトウェアの販売本数については、ニンテンドーDSシリーズが1億2098万本(前年度1億5159万本)で、Wiiが1億7126万本(前年度1億9181万本)と同様に減少している。なお、ニンテンドー3DSはこれとは別に全世界でハードで361万台、ソフトが943万本を記録している。

 そして、為替レートが円高で推移したこと、ニンテンドーDSシリーズの本体価格の値下げを実行したことにより、売上高で1兆143億円(うち海外売上高比率83.4%)で前期比29.3%減、営業利益は1710億円で前期比52%減となり、外貨建て資産の評価替え等による為替差損494億円が発生したことを加えて、経常利益は1281億円(前期比64.8%減)、当期純利益で776億円(前期比66.1%減)としている。なお、総資産は1266億円減の1兆6324億円で、負債は719億円減の3524億円、純資産は547億円減の1兆2818億円。キャッシュフローは2069億円減の7234億円。

 Wii後継機の発表で気になる次期の見通しについては、東日本大震災による国内消費動向の落ち込みなどを懸念しつつも、ソフトメーカー各社と協力してソフトを継続的に投入する一方、ニンテンドーeショップをはじめとするインターネットを活用したサービスも展開して、ニンテンドー3DSの本格的な普及を目指していくという。また、ニンテンドーDSやWiiについても、『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』などの新製品やロングヒットしているタイトル群により、まだハードを所有していない層へのさらなる普及を目指すとのこと。なお、Wii後継機の販売そのものは2012年3月期の業績予想には含まれていない。

 次期業績については、売上高1兆1000億円、営業利益1750億円、経常利益1850億円、当期純利益1100億円の見込。ハードウェアはニンテンドーDSは1100万台・ソフト6700万本で、ニンテンドー3DSは1600万台・ソフト6200万本を見込んでおり、ニンテンドー3DSがハード面でニンテンドーDSシリーズを上回り、ソフト面でも同等レベルの販売本数に達するとする予想を示している。Wiiについては、ハード1300万台・ソフト1億2000万本で、やや減少の予想。

 中長期的視点では、事業の展開において「世界のユーザーへ、かつて経験したことのない楽しさ、面白さを持った「遊びの世界」を提供することを最も重視」するとして、引き続き、ゲーム人口の拡大を目指していくとしている。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

映画『移動都市/モータル・エンジン』石川由依さん、島崎信長さん、下野紘さんなど第1弾日本語吹き替え声優が発表!

2019年3月1日に公開予定の映画『移動都市/モータル・エンジン』について、第1弾となる日本語吹き替え声優が発表された。

“eBASEBALL パワプロ・プロリーグ”初の日本一は埼玉西武ライオンズ! NPB斉藤コミッショナーが第2回開催も発表。詳細リポート&インタビュー!

2019年1月12日ビッグサイトTFTホールにて行われた、KONAMIと野球機構(NPB)が共催するプロ野球eスポーツリーグ“eBASEBALL パワプロ・プロリーグ”の“SMBC e日本シリーズ 2018-19”の模様をリポートする。

『エースコンバット7』レビュー。最新ハードで大幅に進化した“かつてない大空”がエースパイロットを待つ!【動画あり】

2019年1月17日に発売を迎える、人気フライトシューティングのシリーズ最新作『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』。作品の魅力を記事担当ライターが語る!

『バイオハザード RE:2』&『キングダム ハーツIII』発売直前特集! 2018年クロスレビュー総まとめPart2も!!(2019年1月17日発売号)【今週の週刊ファミ通】

本日(2019年1月17日)発売の週刊ファミ通2019年1月31日号の表紙を飾るのは、カプコンから2019年1月25日に発売予定のプレイステーション4/Xbox One/PC用サバイバルホラー最新作『バイオハザード RE:2』。悪夢に翻弄される4人のキャラクター、レオン、クレア、エイダ、シェリーの表紙が目印です。

FPS『メトロ エクソダス』海外試遊イベントから“カスピ砂漠”エリアのプレイリポートをお届け。セミオープンワールド化で廃墟探索がより面白く!

2月15日発売予定のFPS『メトロ エクソダス』の新エリア“カスピ砂漠”のプレイリポートをお届け。システム面の変化などもまとめて紹介。

『黒い砂漠』最大50人によるバトルロイヤルモード“影の戦場”が実装

2019年1月16日、ゲームオンはPC用オンラインRPG『黒い砂漠』において、バトルロイヤルモード“影の戦場”を実装した。

『World of Tanks』年の始めにレッツバトル! 珍プレー好プレー満載の“紅白WoT合戦”をリポート

2019年1月13日、『World of Tanks』のオフラインイベント“紅白WoT合戦”が開催された。バトルイベントや併催大会で盛り上がった会場の模様をお届けする。

『Strange Telephone』1月21日より配信決定、Ver.2.0によりエンディングやアイテムなどが大幅に追加され、より楽しめるように

“PLAYISM”は、2019年1月21日よりSteam/PC版『Strange Telephone(ストレンジテレフォン)』を配信開始することを決定した。

無線接続&高速充電対応のマウス“Rival 650 Wireless”とBluetooth対応ヘッドセット“Arctis 3 Bluetooth”が登場!

SteelSeriesより、無線接続に対応、USBによる高速充電機能を備えたワイヤレスゲーミングマウス“Rival 650 Wireless”と、Bluetoothおよびアナログ接続対応のゲーミングヘッドセット“Arctis 3 Bluetooth 2019 Edition”が登場。

文化系ボンクラたちが世界を救う? インディーRPG『YIIK: A Postmodern RPG』が1月31日にPS4/Switchで国内配信決定

海外インディースタジオによるRPG『YIIK: A Postmodern RPG』が1月31日にPS4/Switchで国内配信決定。PC版も同日にアップデートで日本語を追加予定。