プレイステーション3の全世界累計売上台数が5000万台を達成

ゲーム プレイステーション3 ビジネス
ソニー・コンピュータエンタテインメントはプレイステーション3の全世界累計売上台数が、2011年3月29日時点で5000万台を超えたことを発表した。

●PlayStation Move モーションコントローラの販売台数は800万台を突破

 ソニー・コンピュータエンタテインメントはプレイステーション3の全世界累計売上台数が、2011年3月29日時点で5000万台(※1)を超えたことを発表した。また、プレイステーション3専用PlayStation Move モーションコントローラの販売台数は同年4月3日現在で、800万台(※1)を超えたことも明らかにされた。

以下、リリースより抜粋。

 


 高い演算能力を持つCell Broadband EngineやRSX等の先端技術に加え、Blu-ray再生機能・HDMI等を採用したPS3は、発売当初から高精細かつ高画質なエンタテインメント体験をユーザーの皆様に提供するとともに、継続的なシステムソフトウェアのバージョンアップを通じて、新機能を追加しながら、進化してまいりました。

 プレイステーションユーザー向けに提供するネットワークサービス、PlayStation Networkは2006年11月のPS3の発売と同時に開始し、現在、その展開国・地域数は59に、累計登録アカウント数は7500万(※2)にまで拡大しています。オンライン対戦やPlayStation Home(※3)などのオンラインコミュニティサービスはもちろんのこと、ネットワーク上の店舗であるPlayStation Storeを経由して、ゲームやビデオなどの豊富かつ多彩なコンテンツをダウンロードしてお楽しみいただけます。PlayStation Storeでは、2011年2月末現在、32,840のゲームコンテンツを含めて105,988種類にも及ぶライブラリーを提供しています。さらに、2009年9月には新型PS3を発売し、基本機能を踏襲しながら大幅に薄型・軽量化してさらなる静粛性・省電力化を実現しました。これにより、PS3プラットフォームの普及拡大は一気に加速しています。

 PS3ならではのエンタテインメントの世界をさらに拡げるため、無料のシステムソフトウェアアップデート(※4)により、2010年4月には3D立体視ゲームに、続く9月には、Blu-ray 3Dディスクに収録された3D映像コンテンツの再生にも対応しました。PS3ユーザーの皆様は3D〈ブラビア〉などの3D対応テレビに、PS3をHDMIケーブルで接続するだけで、臨場感あふれる3D映像コンテンツをご家庭でお楽しみいただけます。3D立体視対応ゲームタイトルは、2011年4月1日時点で、89本に達しております。

 さらに同年9月には、欧州・アジア・北米で、翌月には日本でPlayStation Moveを発売しました。PlayStation Moveは、PS3用USBカメラ「PlayStation Eye」と組み合わせて使用することにより、プレイヤーの動きを忠実にゲームに反映します。より自然で直感的な操作を可能とし、幅広いゲームに対応したPS3の新たな楽しみ方が大変好評を博し、『スポーツチャンピオン』や 『SingStar Dance 』、『KILLZONE 3』(※5)をはじめ、 PlayStation Move専用・対応タイトルは2011年3月24日時点で155本に達しております。SCEは、今後も『SOCOM 4: U.S. Navy SEALs』(※6)などの魅力的なタイトルの投入により、新たなゲーム体験を拡げてまいります。

 日々進化を続けるエンタテインメントシステムとして、PS3は、全世界の幅広いユーザーの皆様およびソフトウェアメーカー各社様から強力なサポートをいただいております。これまでに発売されたPS3専用タイトル数は、2,128本、累計売上本数は4億800万本(※7)に達し、自社の人気シリーズ最新作、『グランツーリスモ5』、『リトルビッグプラネット2』、『KILLZONE 3』 も大変ご好評をいただいております。今後もソフトウェアメーカー各社様および自社より期待のタイトル発売を予定しており、更なるラインアップの充実に努めてまいります。SCEは、引き続きプレイステーションプラットフォームの一層の拡大を図り、プレイステーションならではのコンピュータエンタテインメントの世界の創造を推進してまいります。

※1 SCEから販売店等に引き渡された数量。
※2 2011年3月20日現在。
※3 高解像度の3D空間の中で、ユーザー同士が出会い、ゲーム体験を共有したり、コミュニケーションを楽しむことができるオンラインコミュニティ。ユーザーの皆様は、アバター(自分の分身として作るキャラクター)を操り、自分の部屋を持って家具を飾ったり、シアタールームでゲームのプロモーションビデオを鑑賞したり、他のユーザーとのコミュニケーションやゲームプレイをすることが可能です。PlayStation Homeは、オンライン接続されたPS3R上のPlayStationRHomeアイコンをクリックするだけで、どなたでも無料でお楽しみいただけます。一部有料のコンテンツもあります。
※4 PS3システムソフトウェアはバージョン3.30以上が必要です。
※5 タイトルラインアップ、発売日につきましては、各地域により異なります。
※6 3D立体視ゲームにも対応
※7 2010年12月末現在

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

Switch『ダンジョン オブ ザ エンドレス』発売決定。墜落した囚人船の乗組員とともに未知のダンジョンの出口を目指す探索RPG

ワーカービーは、ローグライクなダンジョン防衛ゲーム『ダンジョン オブ ザ エンドレス(Dungeon of the ENDLESS)』をNintendo Switch向けに発売する。

【ホロライブ】ホラープロジェクト『hololive ERROR』<真相編>特設サイトが公開。赤鐘まり(宝鐘マリン)のページには謎の文字化けが……

2022年7月1日(金)、カバーは、VTuberグループ“ホロライブ”のホラープロジェクト『hololive ERROR』について、<真相編>の特設サイトを公開した。

『FF14』を吉本芸人のゆいP、板倉俊之、小杉竜一、高井佳佑が遊びつくす番組がBSよしもとチャンネルで7月9日よりスタート

“ファイナルファンタジーXIV パーティメンバー募集中!”が、BSよしもとチャンネルで2022年7月9日25時より毎週土曜日に放送。演出は、ドラマ・映画『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』のエオルゼアパートの監督を務めた山本清史さんが担当する。

【CEDEC2022】本日(7/1)より受講登録と“CEDEC AWARDS 2022”の投票受付が開始。ペラ企画コンテスト“PERACON2022”の開催も決定

2022年8月23日〜25日にオンラインで開催される“CEDEC2022”(コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス2022)について、受講登録と“CEDEC AWARDS 2022”の投票受付が本日7月1日より開始された。

【FGOフェス2022】カーマの描き下ろしイラストが公開。英霊召喚フォトスタジオのコンセプトアートも解禁

“Fate/Grand Order カルデア・ラジオ局 Plus”(2022年7月1日配信)にて、『Fate/Grand Order』(FGO)の7周年を祝うリアルイベント“Fate/Grand Order Fes. 2022 〜7th Anniversary〜”の最新情報が公開された。

ASUS“ROG”×『エヴァンゲリオン』初号機をイメージしたPCケースやゲーミングデバイス、マザーボードなどの予約が開始

ASUS JAPANのゲーミングブランド“Republic of Gamers”は、『エヴァンゲリオン』とのコラボ商品の予約受付を開始した。商品は2022年7月15日(金)より販売される。

【ホロライブ】『ホロぐら』名場面Tシャツ第2弾が発売。前回のホロライブの湊あくあ、ころね王国のおーさま、事務所の窓を突き破る百鬼あやめなど、あのシーンがプリント!

2022年7月1日、VTuberグループ“ホロライブ”において、公式アニメ『ホロのぐらふぃてぃ』(ホロぐら)の名場面Tシャツ第2弾を発売開始した。湊あくあ、紫咲シオン、百鬼あやめ、大空スバル、癒月ちょこら2期生、大神ミオ、猫又おかゆ、戌神ころねらゲーマーズがラインアップ。

【今週のエルデンリング】“ワンフェス2022[夏]”で“壺人”ソフビが発売、ゴッド・フレイ&ホーラ・ルー2連戦にラダゴン戦など役立つ攻略動画などをお届け!

2022年2月25日に発売されたフロム・ソフトウェアのアクションRPG『ELDEN RING』(エルデンリング)。“今週のエルデンリング』最新情報”は、“ワンフェス2022[夏]”で“壺人”ソフビ発売決定のニュースや、ゴッド・フレイ&ホーラ・ルー2連戦にラダゴン戦など役立つ攻略動画などをお届け。

ポケモンカフェにピカチュウの“ほうでん”やイーブイの“まねっこ”をイメージした新メニューが登場。それぞれの顔をデザインしたキュートなプレートでいただきます

ポケモンは、2022年7月16日(土)よりポケモンカフェにて、ピカチュウとイーブイのプレートを使った新メニューを発売することを発表した。

『エースコンバット』シリーズなどを開発予定の新会社“バンダイナムコエイセス”が設立。フォトリアルな表現を追求したゲーム開発力の強化を図る

2022年7月1日(金)、バンダイナムコエンターテインメントとゲーム・映像制作会社イルカは新会社“バンダイナムコエイセス”を設立した。『エースコンバット』シリーズなど、より写実的でハイエンドなゲームの開発を予定している。