『閃乱カグラ -少女達の真影-』お色気満載ガールズアクションゲーム

ゲーム ニンテンドー3DS
セクシーな“くのいち”が華麗に舞い、戦う。お色気たっぷりの学園ガールズアクションゲームが登場。

●たわわに爆乳、飛び出すハイパーバトル

logo

 『勇者30』などで知られる高木謙一郎氏が企画・原作を務める、ちょっとエッチな爽快アクションゲーム『閃乱カグラ -少女達の真影-』がニンテンドー3DSで登場。忍者の育成機関“国立半蔵学院”に在籍する少女たちを操作して、悪の勢力に立ち向かう。そんな本作の物語を彩る5人の主人公と、彼女たちのセクシーな魅力を紹介しよう。

kagura01
kagura02

■飛鳥(あすか) 声:原田ひとみ
国立半蔵学院の2年生。いつも元気いっぱいで、どんなことにも一生懸命。忍としての実力はまだまだだが、潜在能力は抜群。

kagura03

■斑鳩(いかるが) 声:今井麻美
国立半蔵学院の3年生。冷静沈着な優等生で、クラス委員も務める。ふだんはやさしいが、いったん怒ると手がつけられなくなる。

kagura04

■葛城(かつらぎ) 声:小林ゆう
国立半蔵学院の3年生。涙もろい親分肌で、考える前に行動するタイプ。かわいい女の子を見ると、ついセクハラしたくなる。

kagura05

■柳生(やぎゅう) 声:水橋かおり
国立半蔵学院の1年生。新入生でありながら、すぐれた忍の実力を持つ。ムダなことが嫌いで、感情を出さないようにしている。

kagura06

■雲雀(ひばり) 声:井口裕香
国立半蔵学院の1年生。本人はがんばっているが、よく問題を起こすトラブルメーカー。戦闘はやや苦手で、諜報活動が得意。

●メインパートは横スクロール型のアクションゲーム

 本作のメインは、横スクロール型のアクションゲーム。くのいちを操って、敵の軍勢をなぎ倒していく。注目ポイントは、スピーディーな忍者アクション。ダッシュや2段ジャンプ、空中コンボなどを駆使した、爽快感溢れるゲームプレイが楽しめる。

kagura07
kagura08

少女たちは、それぞれ異なる能力を持つ。長所を活かせば、戦いを有利に進められる。

●超本格志向のストーリー

 本作は、おっぱいだけのゲームではない。国立半蔵学院の忍者として生きる少女たちの日常と、それぞれの信念が交錯する、美しくもはかないストーリーにも注目してほしい。

kagura09
kagura10

『428 〜封鎖された渋谷で〜』などのシナリオを手掛けた、北島行徳氏の入魂のドラマは必見。

●前代未聞の飛び出す乳から目が離せない

 特定の条件を満たすと、ド迫力のカットシーンが挿入される。カットシーンでは、各キャラクターのお色気アクションが炸裂。彼女たちのおっぱいやお尻が、臨場感たっぷりの3D立体視で堪能できる。可憐な美少女たちの姿に、釘付けになること間違いなしだ。

kagura11
kagura12
kagura13
kagura14
kagura15
kagura16
kagura17
kagura18


※詳しくは週刊ファミ通2011年4月28日号(2011年4月14日発売)をチェック!

閃乱カグラ -少女達の真影-
メーカー マーベラスエンターテイメント
対応機種 ニンテンドー3DS
発売日 2011年夏発売予定
価格 5980円[税込]
ジャンル アクション / 学園・忍者
備考 企画・原作:高木謙一郎、シナリオ:北島行徳、キャラクターデザイン:八重樫南
(C)2011 Marvelous Entertainment Inc. ※画面は開発中のものです。 ※ニンテンドー3DSの3D映像は、同本体でしか見ることができません。画面写真は2D表示のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

闘うニューヒロインの誕生 映画『トゥームレイダー ファースト・ミッション』予告編映像が解禁

2018年3月に国内にて公開予定の『トゥームレイダーファースト・ミッション』。本作の日本版トレーラーが公開された。

『スーパーマリオ オデッセイ』日本初のプレイアブル出展に、大人も子どもも大はしゃぎ! “RAGE Vol.5”内ブースリポート&プレイインプレッション

2017年9月18日、東京ビッグサイトにて“RAGE Vol.5 with シャドバフェス”が開催された。その中で行われた『スーパーマリオ オデッセイ』の体験会と、スペシャルステージの模様をリポート。

『デッド オア アライブ エクストリーム ヴィーナス バケーション』女神たちが競い合うニューバカンス

コーエーテクモゲームスは、週刊ファミ通2017年10月5日号(2017年9月21日発売)にて、PC用ソフト『デッド オア アライブ エクストリーム ヴィーナス バケーション』の最新情報を公開した。

『ドラゴンズクラウン・プロ』キミの冒険がより美しく生まれ変わる!

アトラスは、週刊ファミ通2017年10月5日号(2017年9月21日発売)にて、プレイステーション4用ソフト『ドラゴンズクラウン・プロ』の最新情報を公開した。

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか インフィニト・コンバーテ』ベルとアイズのふたりの視点で進行

5pb.は、週刊ファミ通2017年10月5日号(2017年9月21日発売)にて、プレイステーション Vita、プレイステーション4用ソフト『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか インフィニト・コンバーテ』の最新情報を公開した。

『ドラゴンクエストX 5000年の旅路 遥かなる故郷へ オンライン』 エテーネ王国の王都は錬金術が発達したキィンベル! そこで出会う美しい姉妹とは?

スクウェア・エニックスより2017年11月16日発売予定の、MMORPG『ドラゴンクエストX オンライン』の新バージョン『ドラゴンクエストX 5000年の旅路 遥かなる故郷へ オンライン』。今回は、エテーネ王国の王都キィンベルの情報を紹介。

『フロントミッション』のDNAを継ぐ『LEFT ALIVE』ほか、新作大量スクープ!!(2017年9月21日発売号)【今週の週刊ファミ通】

本日(2017年9月21日)発売の週刊ファミ通2017年10月5日号の表紙を飾るのは、プレイステーション4とPCで発売される、スクウェア・エニックスの完全新作『LEFT ALIVE』。新川洋司の描くキービジュアルが目印です。

『ANUBIS:ZONE OF THE ENDERS M∀RS』名作がPS4とSteamで登場

KONAMIは、週刊ファミ通2017年10月5日号(2017年9月21日発売)にて、プレイステーション4、PC用ソフト『ANUBIS:ZONE OF THE ENDERS M∀RS』の最新情報を公開した。

【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】集計期間:2017年09月11日〜2017年09月17日

人気シリーズの最新作が上位に、プレイステーション4版『ウイニングイレブン 2018』が首位を獲得

『ディシディア ファイナルファンタジー』ハザマ軍VS鯨岡軍の“神々の闘争”が勃発!? “タイトーステーション新宿南口GW店 優勝記念イベント”リポート

2017年7月16日に行われた“DISSIDIA FINAL FANTASY 公式全国オンライン大会2017”にて、見事優勝を飾ったタイトーステーション新宿南口GW店。2017年9月16日に開催された公式イベント“タイトーステーション新宿南口GW店 優勝記念イベント”の模様をリポートする。