【動画あり】『ストリートファイター』シリーズ2作品に海外メディアが熱狂!【CAPTIVATE 2011】

ゲーム プレイステーション3 Xbox 360 インタビュー
カプコンのプライベートイベント“CAPTIVATE 2011”で、カプコンの小野義徳プロデューサーがプレゼンテーションを実施。『スーパーストリートファイターIV アーケードエディション』の発売を発表したほか、『ストリートファイター X 鉄拳』の登場キャラクターを公開!

●どちらの作品も熱い! 格闘ゲームブームに火が点くか!?

 2011年4月6日〜7日、アメリカ有数のリゾート地・マイアミで、カプコンのプライベートイベント“CAPTIVATE 2011”が開催された。カプコンが毎年行っているこのイベントでは、欧米のメディア向けに数々の新作タイトルのプレゼンテーションが実施される。全世界をターゲットにタイトルを開発しているカプコンならではの本イベントに、ファミ通.comが日本のメディアとして単独取材を慣行! その模様をリポートする。

 本邦初公開となった『スーパーストリートファイターIV アーケードエディション』。プロデューサーの小野義徳氏は、いくつかのWebサイトですでに動画が公開されていたことに驚きつつも、最新版の動画で殺意の波動に目覚めたリュウ、“狂オシキ鬼”を公開。会場の海外メディアの注目を大いに集めた。また、本作からの新登場となるキャラのユンとヤン、強化されたリプレイチャンネルなども併せて紹介を進めた。「『ストリートファイターIV』シリーズのユーザーみんなが、共通してオンラインサービスを楽しめるように制作しています」(小野氏)とのことで、システムアップロードが行われることやダウンロード版の販売も判明した。

 続けて、『ストリートファイター X(クロス) 鉄拳』のプレゼンがスタート。リュウとケンの『ストリートファイター』勢、一八とニーナの『鉄拳』勢がそれぞれが絡み合うプロモーションムービーに会場は騒然。その後は、実際にメディアの方々にプレイしてもらいながらのゲーム紹介となった。小野氏は「『ストリートファイター』シリーズのプレイヤーはもちろんですが、『鉄拳』シリーズのプレイヤーもすぐに操作に慣れるような工夫をしてあります」と語り、一八の固有技、魔神烈衝拳を披露。4つのボタンによる『鉄拳』のコンボなど、操作に関してさまざまなアイデアが盛り込まれていることを明かした。気になる記者も、さっそく実機に挑戦。なるほど、確かに『ストリートファイター』シリーズがベースになっているのだが、『鉄拳』キャラのコンボもスムーズに出せる。技が決まったときの爽快感もなかなかのものだった。また、登場キャラを10体紹介し、それぞれの技や連携がわかるムービーも披露。さらなる新キャラも続々とリリースしていくということで、今後の新情報を期待せずにはいられないプレゼンであった。

●両タイトルのカギを握るキーマン、小野氏を直撃!

――これらのタイトルを発表した、いまの手ごたえを教えてください。まず、『スーパーストリートファイターIV アーケードエディション』はどうでしょう?
小野 何が情報源かわかりませんが、あちこちのWebサイトで先にプレイアブル動画が流れてしまっていて。でも、いろいろ情報が出ていたわりには、リプレイチャンネルを強化したとか、オンライン関係の話は流れておらず、今日手ごたえを感じられたのはありがたかったですね。ダウンロード版の値段も好印象だったみたいで。

――『ストリートファイター X 鉄拳』についてはいかがですか?
小野 思っていたよりも評価が高いですね。以前、コミコン(アメリカのサンディエゴで行われるコミコン・インターナショナルのこと。コミックやSF映画などを中心とした、大衆文化のイベント)で発表したときは、出せるものがなかったからみんな想像だけしていたと思うんですけど、今回は一気に10キャラも出して触ってもらったワケです。結果、『鉄拳』ファンで、いろいろと心配されていた方も「プレイしてみたら、ふつうに『鉄拳』テイストを味わえて楽しめました」と言ってくれて。安心したのが最初の印象ですね。

――『ストリートファイター X 鉄拳』に関しては、ここまで具体的な内容が明らかになったのは初めてですよね。
小野 今回、かなりお見せできるようにがんばりました。もし、『鉄拳』を知らない人がこれを観ても「あ、『ストリートファイター』シリーズの作品に新キャラが出たんだ」と思うぐらい、『鉄拳』のキャラをなじませることができましたし、逆に『鉄拳』しか知らない人が観たら、「『鉄拳』が新しいテイストの作品として、新キャラを加えつつ出るんだ」と思ってもらえるかもしれません。今回の発表会で、海外のメディアの方の反応を見る限りでは、うまくいきましたね。

――海外のメディアには辛口な方も多くいらっしゃいますけど、納得されていたと。
小野 ただ、まだ数時間しか今回の体験版をプレイできていない状況ですよね。正念場は、次回のE3かと思います。冷静になってじっくり動画を見た後、いろいろなツッコミをしてくるんじゃないですかね。まあでも、みんなが最初からこの作品に食い付いてくれなかったら話にもならなかったと思うので、そういう意味では安心しました。

――よく10体もプレイアブルなキャラを用意されましたね。
小野 中途半端な数では出せませんからね。タッグチームで闘うということもありますが、触ってみたいと思ったときに4キャラしかいないと、組み合わせが少なすぎると思いますので。『ストリートファイターII』は全部で8キャラでしたが、少なくともそれ以上は出したいなと。オンラインでつなげて実際に対人戦をさせるというのも、いまの格闘ゲームの状況を考えれば当然だろうと考えていました。

――タッグ戦ということで、キャラのペアを中心に紹介したのでしょうか?
小野 ペアで見せたのは、あくまでストーリーやわかりやすさなどを踏まえたテンプレートみたいなものだからです。タッグで闘うことにしたのは、どちらかのキャラを機軸として、もう片方のキャラを必殺技として使ってもらうくらいの感触で試してもらいたいという意図があるから。だから、ニーナを軸にしたときに一八を選んでもいいし、春麗とかほかのキャラを選んでもいい。あくまで選ぶパートナーは、自分のメインキャラを引き立てるためのカバー役というニュアンスで最初はプレイしてもらいたいです。その組み合わせは、自由にいろいろと試してもらえればと。べつにリュウとケンが組むからといって、特別な必殺技を用意しているワケではありません。

――今回、体験版をプレイしてもらったメディアの方々を始め、ユーザーの意見なども取り入れていく予定はあるのでしょうか?
小野 もちろんです。いまは開発の真っ只中なので、「ここがおかしい!」というような話はなるべく聞き入れていきたいと思っています。内容に関しては、我々もバンダイナムコさんの検閲なしに好きにさせてもらっているのですが、最終的に触るのは当然プレイヤーじゃないですか。つまり、一八使いの方が求めている操作感をリアルにイメージ必要があります。たとえば、大工さんがトンカチを必要としているところに、千枚通しを持っていってもしょうがないですよね。「俺は釘が打ちたいのに、なぜトンカチを持ってこないのか」と。かと言って、その人が描いているイメージと完全一致させるのはゲームとして面白くありませんよね。そうなると、『鉄拳』をやってくれよという話になってしまうので。「トンカチは用意しました。でも鉄拳のトンカチとは少し違いますよ。」といったところでしょうか。いまはその調整がおもしろい反面、たいへんだったりもします。でもまあ、楽しいという気持ちのほうが強いかな。あと20年は、こんなに大きなタイトル同士がコラボした格闘ゲームを作れないと思うので。

――ちょっと話は変わりますが、世界規模で見たとき、格闘ゲームのファンの思考や想いは国や地域で違うものなのでしょうか?
小野 格闘ゲームに関しては、思考はそんなに違わないと思っているんですよ。でも、国や地域ごとに人間の分母の数は違いますよね。日本は約1億人だけど、そのほかの国に68億人も存在するわけで。格闘ゲームは日本では売れていなくて、海外で売れていると言われますが、人口の分母を考えたら日本の売上は現状が適正なのかもしれません。ただ、目指す所は、先輩方が創り上げた『ストII』時代の層への数量はいつも目指したいとおもっていますけどね。僕たちが作っているのは、いわばトランプみたいな遊びのツール。トランプは、その国の人口に応じた数しか売れないじゃないですか。トランプがやたらと売れまくる国というのは、多分ないと思うので。そう考えると、日本もアメリカも変わりません。ただ、今回のような発表の場における、作品の見せかたというのは違ってきます。日本のプレイヤーの場合は、10キャラを広く見せるよりも、完成された4キャラを腰を据えて見せたほうがよかったりするんじゃないでしょうか。「ああ、なるほど、ここはそうなるよね。まあこれなら、あと何体キャラが増えても問題ないかな」とか判断されるので。一方で海外の方には、まずある程度のキャラ数やゲームの規模を見せる必要があります。ただし、ゲームの内容そのものに関しては、日本向けとかアメリカ向けとか、考えてはいません。

――では最後に、ファンの皆さんにメッセージをお願いします。
小野 まず『スーパーストリートファイターIV アーケードエディション』に関してですが、先行のアーケード版を多くの方にプレイしていただきまして、本当にありがとうございます。このタイトルに関しては、いまは日本のユーザーが海外のユーザーより半歩ぐらい腕前がリードしていると思いますが、発売日以降はどうなるかわかりません。僕としては、そのリードを守ったまま夏以降に行われる世界大会で優勝してほしいですね。それから、日本でも新たな大会を考えていますので、ぜひそちらも参加していただければと。『ストリートファイター X 鉄拳』のほうは、やっと具体的なゲーム内容をお見せできてよかったと思います。さらに新しい情報は、E3や秋に行われる東京ゲームショウなどで提供していきますので、皆さんも是非この一世一代の祭りに参加してください!

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

“エムツー ショット トリガーズ”第2弾『弾銃フィーバロン』発売記念ロングインタビュー ダンスエナジー全開で制作された熱い情熱を、開発スタッフに聞く

“エムツー ショット トリガーズ”第2弾『弾銃フィーバロン』が2017年4月28日に配信開始! ここでは、エムツーのスタッフによるインタビューをお届けする。

週刊ファミ通企画:読者によるゲーム採点 USER'S EYE

『週刊ファミ通』に毎号掲載されている、読者の方々に最近のゲームを採点していただくコーナー「ユーザーズアイ」への投稿を募集いたします。

【プレゼントあり】スーパーそに子が涼しげな“クリスマスVer.”でフィギュア化決定

ヴェルテクスは、フィギュア“すーぱーそに子 クリスマスVer.”を、2017年8月に発売することを決定した。

『モンスターハンターダブルクロス』ハンター待望の“鈍器本”こと公式ガイドブックがついに登場!【ファミ通の攻略本】

『モンスターハンターダブルクロス』G級攻略テクニック&確率データなど新情報を本書で初公開!!

【アンケート】祝『アトリエ』シリーズ20周年! 『アトリエ』に関するアンケートにご協力ください!!

週刊ファミ通2017年6月8日号(2017年5月25日発売)では、『アトリエ』シリーズの20周年を記念する特集を実施予定です。こちらの特集記事に掲載するアンケートにご協力ください!

任天堂のハード開発に携わってきた竹田玄洋技術フェローが、任期満了により退任することが明らかに

任天堂は、2017年4月27日に開催された取締役会にて、代表取締役 技術フェローを務めていた竹田玄洋氏が、2017年6月29日開催の第77期定時株主総会の集結をもって任期満了を迎え、退任すると発表した。

『デジモン』20周年企画展“デジモンアドベンチャー THE REAL WORLD”の詳細が決定!!

2017年5月3日から5月14日まで、ラフォーレミュージアム原宿にて開催される企画展“デジモンアドベンチャー THE REAL WORLD”の詳細が発表された。

ハードロック好き&メタラー必見! アクションRPG『Victor Vran』のモーターヘッド公認DLCが5月30日に配信決定。日本語にも対応予定

アクションRPG『Victor Vran』のDLC2本と、全部入り版“VICTOR VRAN: OVERKILL EDITION”が5月30日に配信されることが発表された。

PS4用シューティングゲーム『弾銃フィーバロン』のAC版が4月28日より期間限定で稼動決定

エムツーは、2017年4月28日配信予定のプレイステーション4用ソフト『弾銃フィーバロン』と同一仕様のものを、秋葉原Heyにて期間限定AC稼働させることを発表した。

2017年4月28日20時からの『女流棋士・香川愛生のゲーム番長』は、『マリオカート8 デラックス』をプレイ!

niconicoのファミ通チャンネルとYouTubeのファミ通TUBEにて配信中の『女流棋士・香川愛生のゲーム番長』。最新回は2017年4月28日(金)20時からスタート