2010年度国内ゲーム市場規模は約4726億円――PSPがDSを、PS3がWiiを初めて上回る

ゲーム
エンターブレインは2011年4月1日、2010年度の国内家庭用ゲーム市場規模の速報を発表した。

●もっとも売れたソフトは『ポケットモンスターブラック・ホワイト

 エンターブレインは2011年4月1日、2010年度の国内家庭用ゲーム市場規模の速報を発表した。集計期間は2010年3月29日〜2011年3月27日までで、全体で4726億円という規模に。内訳はハード市場が1706億8000万円、ソフト市場が3019億2000万円となっている。昨年度と比較して、ともに縮小という結果になった。

【市場規模比較】(2009年度の集計期間は2009年3月30日〜2010年3月28日)
2010年度(52週)
ハード:1706億8000万円(前年比79.0%)
ソフト:3019億2000万円(前年比90.7%)
合計:4726億円(前年比86.1%)

2009年度(52週)
ハード:2161億8000万円
ソフト:3328億9000万円
合計:5490億7000万円

080821k

 2010年度もっとも売れたハードはPSPで、264万499台。つぎに売れたのはニンテンドーDSで252万3142台となっている。2月26日に国内発売された新型ケータイゲーム機のニンテンドー3DSは、約1ヵ月で80万1423台を売り上げた。据え置き機ではプレイステーション3が140万7126台でトップ。続いてWii、Xbox 360という並びになっている。

 なお、年度の集計でPSPがニンテンドーDSを、プレイステーション3がWiiの販売台数を上回るのはともに初めてのこと。

【各ハードの販売台数】(累計販売台数の集計期間は各発売日〜2011年3月27日)
ニンテンドーDS(※1)
推定販売台数:252万3142台(累計:3259万8870台)

ニンテンドー3DS
推定販売台数:80万1423台

PSP(※2)
推定販売台数:264万499台(累計:1686万7853台)

Wii
推定販売台数:139万7498台(累計:1153万4590台)

プレイステーション3
推定販売台数:140万7126台(累計:634万1950台)

Xbox 360
19万5563台(累計:144万8665台)

※1.ニンテンドーDS、ニンテンドーDS Lite、ニンテンドーDSiおよびニンテンドーDSi LLの合計値です。
※2.プレイステーション・ポータブル、PSP goの合計値です。

 ソフトではポケモンのニンテンドーDS用ソフト『ポケットモンスターブラック・ホワイト』が514万9022本を販売してトップ。2位はカプコンのPSP用ソフト『モンスターハンターポータブル 3rd』で、販売本数は437万2182本となっている。

DnRr55oN1Mx2cp62Qr2nnY9c4o7PE9L6
SJRL8gU89kcN2doS12ZyX6Nvw1GgcbeX

【2010年度ソフト販売本数TOP5】
1位 ポケットモンスターブラック・ホワイト
機種:ニンテンドーDS/メーカー:ポケモン/発売日:2010年9月18日
推定販売本数:514万9022本

2位 モンスターハンターポータブル 3rd
機種:PSP/メーカー:カプコン/発売日:2010年12月1日
推定販売本数:437万2182本

3位 Wii Party
機種:Wii/メーカー:任天堂/発売日:2010年7月8日
推定販売本数:182万6857本

4位 ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2
機種:ニンテンドーDS/メーカー:スクウェア・エニックス/発売日:2010年4月28日
推定販売本数:128万3423本

5位 スーパーマリオギャラクシー2
機種:Wii/メーカー:任天堂/発売日:2010年5月27日
推定販売本数:95万6853本

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『七つの大罪 ブリタニアの旅人』“DUEL”モードで使えるプレイアブルキャラクターが公開

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年1月25日発売予定のプレイステーション4用ソフト『七つの大罪 ブリタニアの旅人』について、“DUEL”モードで使用可能なキャラクターの一部を公開した。

舞台『真・三國無双』(仮称)第1弾キャストとして前回公演より続投の6名が公開

コーエーテクモゲームスは、2018年4月より東京・大阪にて上演予定の舞台『真・三國無双』(仮称)の第1弾キャスト情報として、前回公演より続投の6名のキャストを公開した。

『NieR RepliCant/Gestalt』、『NieR:Automata』SQUARE ENIX CAFE第3期コラボレーションが1月27日より開催

スクウェア・エニックスは、アクションRPG『NieR RepliCant/Gestalt』、『NieR:Automata』について、東京秋葉原の“SQUARE ENIX CAFE”および大阪梅田の“SQUARE ENIX CAFE OSAKA”にて、第3期コラボレーションを2018年1月27日(土)から開催することを決定した。

『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch』追加ダウンロードコンテンツもすべて収録して4月26日発売!【先出し週刊ファミ通】

2018年1月18日発売の週刊ファミ通2018年2月1・8日合併号では、Nintendo Switch初のガンダムゲームとなる、『SDガンダム ジージェネレーション』シリーズ最新作の情報をお届け!

『スーパーロボット大戦X』、『魔神英雄伝ワタル』より幻神丸&戦神丸参戦! スキルルートなどのゲームシステムを初公開!【先出し週刊ファミ通】

2018年1月18日発売の週刊ファミ通2018年2月1・8日合併号では、ゲームシステムの一部と初公開機体をたっぷりお届け!

『モンスターハンター:ワールド』いよいよ発売直前! 全50ページの大特集をお届け! 新情報もアリ!!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年2月1・8日合併号(2018年1月18日発売)では、カプコンのハンティングアクション最新作『モンスターハンター:ワールド』発売直前特集を掲載!

新生『ボーダーブレイク』戦場はアーケードから新たなる舞台(PS4)へ!【先出し週刊ファミ通】

2018年1月18日発売の週刊ファミ通2018年2月1・8日合併号では、ハイスピードロボットチームバトルゲーム『ボーダーブレイク』のプレイステーション4版をスクープ!

『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』ラビッツたちの暴走をくい止められるか!? ワンポイント攻略でバトルのコツを解説!!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年2月1・8日合併号(2018年1月18日発売)では、2018年1月18日にNintendo Switchで発売される『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』の発売記念特集をお届け!

33メーカー様からの145名様へのプレゼント企画! 今年も始まりました“ニューイヤーもみ手団”!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年2月1・8日合併号(2018年1月18日発売)では、おめでたい新年ということで、超豪華プレゼント企画を実施! おバカな編集者軍団がゲームメーカーに本気でおねだりしてみた!