HOME > ニュース > 『planetarian〜ちいさなほしのゆめ〜 東北地方太平洋沖地震被災地チャリティー版』の発売が決定

『planetarian〜ちいさなほしのゆめ〜 東北地方太平洋沖地震被災地チャリティー版』の発売が決定

ゲーム PSP
プロトタイプより、PSP用ソフト『planetarian〜ちいさなほしのゆめ〜 東北地方太平洋沖地震被災地チャリティー版』が、リリースされることが明らかに。こちらは、イベント限定で発売されていたパッケージ版をチャリティー版としてリリースするものだ。

●プロトタイプの全収益が、義援金として日本赤十字社に寄付

pake

 プロトタイプより、PSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『planetarian〜ちいさなほしのゆめ〜 東北地方太平洋沖地震被災地チャリティー版』が、2011年5月12日にリリースされることが明らかに。価格は3000円[税込]。

 本作は、『AIR』や『CLANNAD』などでおなじみのKeyによるSFデジタルノベル。シナリオは、涼元悠一氏、原画およびメカニックデザインには駒都えーじ氏が起用されている。もともとの原作であるWindows版は、全年齢ソフトとして、2004年11月よりダウンロード販売。さらに、PSPパッケージ版は“イベント限定販売”として、2009年に販売され、幻のパッケージとなっていたものだ。今回そのPSPパッケージ版が、東日本大震災で被災された方々へのチャリティー版として再登場する。

 本作は、当初イベント限定販売だったため、初会生産分のみの販売となり、追加生産は行われないとのことだ。チャリティー版のパッケージは専用デザインで、当パッケージ販売でのプロトタイプの全利益を義援金として、日本赤十字社へ寄付されるとのことだ。以下、リリースをもとに本作の概要を紹介しよう。

img0005
img0009
img0023
img0026

【Story】
舞台は近未来。
全地球規模の人口超過と宇宙開拓の破綻が原因で、30年前に世界大戦が勃発。人口は激減し、厚い雲で覆われた地表では、止むことの無い雨が降り続いていた。そんな世界にある自律型戦闘マシンが跋扈する危険な都市を、一人の男が訪れた。そして、身を隠すために侵入したビルの中で、ある施設を発見する。

プラネタリウム──昔、満天の星々を眺め人々が心を癒やした空間。そこで彼を一人の少女が迎えてくれた。

少女の名は“ゆめみ”。30年もの間、訪れる人が誰もなかったプラネタリウムで、客を待ち続けていた解説員ロボットだった。彼は“ゆめみ”に乞われるまま、動かなくなってしまった投影機を直すために、時を忘れて修理を続ける。降り続く雨のなか、静かに流れていく“ゆめみ”と彼の日々……。

遠い郷愁のような毎日が彼の心を揺り動かす。人工の星空に、彼は何を想うのか?
そして“ゆめみ”の運命は──?

【ゲームシステム】
“映画を観る”ように、もしくは“小説のページをめくる”ように、ボタンを押すことのみで物語を進めて行くデジタルノベルです。
 過ぎるほどにシンプルな操作方法で、より感情移入しやすい環境を作った上、特殊かつ多様なエフェクトと映像、美しい音楽、そして秀逸なストーリーがプレイヤーを魅了します。

【登場キャラクター】
■屑屋(くずや) 声:小野大輔
主人公。戦争で放棄された都市から金目のものを発掘し生活している。自律型戦闘マシンに追われて逃げ込んだビルで“ゆめみ”と出会う。

tati

■ほしの ゆめみ 声:すずきけいこ
身長 155cm(帽子なしの頭頂高)
体重 不詳(同体形の人間よりは重め)

大戦前に生産された量販型コンパニオンロボット。
外観は15〜16歳の少女を模して造られており、一見人間と区別がつかない。
老舗百貨店である花菱デパート本店の屋上プラネタリウム館に配属され、人間の同僚たちに混じって接客およびプラネタリウム投影の解説業務を行っていた。

30年前の戦争勃発直後、職場のある都市が細菌攻撃を受けて放棄されたとき、そのままプラネタリウムに取り残される。
その際に設定を初期化されることも、電源を切られることもなかったために、彼女は「客が来ないのは流行が変わったせい、スタッフがいないのは慰安旅行に出かけたせい」と思い込んだまま、来るはずのない客を平然と待ち続けていた。

基本ソフトウェアにバグがあり、人間相手に冗長な会話をくり返してしまうという悪癖を持つ。ロボット特有の杓子定規な思考と同時に、ガラクタを集めて花束を自作したり、上位機種の“涙を流す機能”にあこがれたりと、多彩な面を見せる。観客やスタッフたちに長いあいだ愛されていた、おしゃべりで幸せなロボット。

(C)2011 Key/VisualArt's/PROTOTYPE

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

『デス・ストランディング』公式アートブックの日本語版がいよいよ発売!【ファミ通の攻略本】

 コジマプロダクションが開発し、ソニー・インタラクティブエンタテインメントから2019年11月8日に発売されたプレイステーション4用ソフト『DEATH STRANDING(デス・ストランディング)』。本作の公式アートブック『THE ART OF DEATH STRANDING』の日本語翻訳版がついに発売された。

『ポケモンHOME』情報まとめ。ソフト連携や料金プランの詳細をチェック!

クラウドサービス『ポケモンホーム』の詳細が公開された。

『Journey To The Savage Planet』コミカルな惑星探索アドベンチャーゲームのPC版が世界各国で発売開始! PS4版の国内発売が5月28日に決定

505 GamesとTyphoon Studiosは、本日(2020年1月28日)、『Journey To The Savage Planet』のPC版を世界同時発売したことを発表した。また、プレイステーション4版は日本国内で5月28日に発売される予定だ。

『奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ』Switch版が本日配信! 破壊と復讐の旅が始まる

本日2020年1月28日(火)より、ニンテンドーeショップにて1人用カードバトルRPG『奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ』のNintendo Switch版の配信が開始された。

『グラブル』月イチ連載企画――月末シナリオイベントは“組織”に関するストーリー!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2020年2月13日号(2020年1月30日発売)に、『グランブルーファンタジー』の月イチ連載記事“グラ通”第41回を掲載! 2020年1月月末シナリオイベントや『グラブル』に追加された便利機能についてお届けする。

“GTMF2020”が大阪・東京で今年も開催決定。アプリ・ゲームの開発、運営に関わるソリューションが一堂に集う

“18th Game Tools & Middleware Forum(GTMF2020)”が2020年6月26日に大阪、2020年7月10日に東京で開催決定。併せてスポンサー募集も開始された。

Twitterゲームコンテンツの責任者リシ・チャダ氏に聞く。ゲーム・eスポーツとTwitterは相思相愛の関係にある

Twitterゲーム コンテンツパートナーシップ グローバル統括責任者 リシ・チャダ氏が来日。ファミ通.comのインタビューに応えてくれた。ゲームと親和性が高いというTwitterだが、そのもたらすものを聞いた。

『アイドルマスター』15年の歴史と家庭用最新作『スターリットシーズン』の情報を24ページにわたって紹介! インタビューでは楽曲や歌い分けに関する情報も【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2020年2月13日号(2020年1月30日発売)では、『アイドルマスター』シリーズ15年間の歴史や家庭用最新作『アイドルマスター スターリットシーズン』の情報を24ページにわたって紹介!

『鬼滅の刃』最新19巻初版150万部&シリーズ累計4000万部突破。表紙は蛇柱・伊黒小芭内

吾峠呼世晴氏が描く人気コミック『鬼滅の刃』の19巻の初版発行部数が150万部を突破し、シリーズ累計発行部数が400万部を突破したことが明らかになった。