HOME > ニュース > 『グングニル -魔槍の軍神と英雄戦争-』本作の要となるバトルシステムを公開!

『グングニル -魔槍の軍神と英雄戦争-』本作の要となるバトルシステムを公開!

ゲーム PSP
戦場で手にした魔槍グングニルを使い、反帝国勢力エスペランサの一員として戦う、主人公ジュリオの活躍を描くシミュレーションRPG。今回は、バトルのシステムと4人の新たな仲間を紹介。

●バトルに戦略性を追加する応用システム

■スクランブル

 スクランブルは、キャラクターの行動を割り込みで行うことができるシステム。マップ中の拠点を制圧していくと溜まる“タクティクスゲージ”を消費して行う。キャラクターの行動順を決める“アクトシーケンス”ゲージの待ち時間を強制的に0にし、行動させたいキャラクターをすぐに行動させることが可能だ。

scramble01
scramble02
scramble03

▲傷ついた仲間を、スクランブルで行動順を早めたパウロが回復!

■ブースト

 ブーストは、仲間による攻撃支援システム。行動するユニットから見て十字の範囲にいる自軍ユニットから、最大4人までのブースト効果を得ることが可能だ。ブーストは、行動ユニットと仲間のあいだに敵や障害物があると発動することができず、また仲間はブースト効果を持った防具を装備している必要がある。また、防具によって効果はそれぞれ異なるぞ。

boost01
boost02
boost03

▲仲間からのブースト効果をグングニルに込めて、ジュリオの強力な一撃が炸裂!

■ビート

 ビートは、仲間による連携攻撃。攻撃対象(敵)の十字の範囲にいるユニットが、連続で攻撃を行ってくれるシステムだ。ブーストと同様、あいだに敵や障害物がある場合は発動せず、最大4人まで参加が可能だ。また、ビートは繋いだ数だけ攻撃力が高まって行くので、最後に攻撃するキャラクターほど大ダメージを与えることが可能だ。

beat01
beat02
beat03

●新たな4人の仲間たち

i
i
p
p

ナタリア・レイモンド

14歳にして騎士勲章を手にした天才剣士。ストイックに剣と学問の道を究めることを第一とする、生真面目な女性。独裁を目論む皇帝派議長の動きに反発し、反乱を起こそうと画策している。

パウロ

もとはガルガンディア帝国の宮廷魔道士だったが、ある事件をきっかけに国を追われ、エスパーダに流れ着く。そこでジュリオやラグナスたちの父とともにエスペランサを設立し、以来長老的存在として組織に身を置いている。
早くに両親を失ったジュリオ、ラグナス、フィオナにとっては親代わりでもある。普段は、好々爺然とした気のいい老人を装う。

@
@
t
t

ヴァレリィ・ブリギット

皇帝派の議長の陰謀により、帝国を追われることになったダルタニアの女性。ジュリオたちエスペランサとは人種が違うが、反帝国のために手を組む。
もとは戦いには無縁の生活をしていたが、あだ討ちのために戦う術を学んだ。共和派再興のために、時に身勝手とも思える行動を取ることもあるが、性根はまっすぐ。

フィオナ・ラグウェル

ジュリオの実の姉。エスパーダに生まれ、スパーダに育った。15年前の悲劇によって父を、ほどなくして母を失ったため、肉親への思いは人一倍強い。
誰からも愛される明るい性格の持ち主だが、ジュリオ至上主義とも言うべき過保護な一面もある。

グングニル -魔槍の軍神と英雄戦争-
メーカー アトラス
対応機種 PSP(プレイステーション・ポータブル)
発売日 2011年5月19日発売予定
価格 6279円[税込]
ジャンル シミュレーション・RPG / 戦争・ファンタジー
備考 企画・原案:伊藤真一、キャラクターデザイン:きゆづきさとこ、シナリオ:浅井大樹、サウンド:林 茂樹、開発:スティング
(C)Index Corporation 2011 Published by ATLUS ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

ハル研究所がスマートフォン事業の新ブランド“HAL Egg”を立ち上げ、第1弾は2017年秋にリリース予定

『星のカービィ』や『ハコボーイ!』シリーズで知られるハル研究所が、スマートフォン向け新規キャラクターのゲームアプリ第1弾を、2017年秋にリリースすることを発表した。

gamescom 2017がいよいよ開幕! 欧州最大規模のゲームイベントに注目【gamescom 2017】

2017年8月22日〜26日(現地時間)ヨーロッパ最大規模のゲームイベントgamescom 2017がドイツ・ケルンのケルンメッセにて開催される。

古代祐三氏らによる歴代サウンドの生演奏に、ボウケンシャーたちも感涙! 『世界樹の迷宮』10周年記念ライブリポート

2017年8月14日、新宿 ReNYにて、アトラスの人気RPG『世界樹の迷宮』シリーズの10周年を記念したライブ“世界樹の迷宮 10th Anniversary LIVE 〜イザツドエ!ボウケンシャー!!〜”が行われた。本記事では、その模様をリポートする。

『GET EVEN』話題のスリラーADVの魅力に迫るプロデューサーインタビュー完全版を紹介

2017年8月18日より日本での配信が始まった1人称スリラーアドベンチャー『GET EVEN』。週刊ファミ通8月24・31日合併号(8月10日発売)で掲載されたプロデューサーインタビューを編集、加筆、再構成してお届け。

『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』25周年記念3Dクリスタル付プレミアムセットが登場!

2017年10月26日に発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』。シリーズを象徴する悪魔“ジャックフロスト”を3D立体レーザー彫刻で再現した3Dクリスタルがセットになった“25周年記念スペシャルボックス”がECサイトのエビテン内アトラス”D”ショップに登場。

PC版『FFXV WINDOWS EDITION』の発売が決定! 4K(最大8K)解像度をサポートし、HDR10にも対応する“究極の『FFXV』”に

スクウェア・エニックスは、『ファイナルファンタジーXV』のPC版『ファイナルファンタジーXV WINDOWS EDTION』を、2018年に発売することを発表した。PC版は4K(最大8K)解像度をサポートし、HDR10にも対応。超高精細な映像を表現する“究極の『FFXV』”になるという。

『ご当地鉄道 for Nintendo Switch!!』 さまざまな新要素を搭載して、今冬発売決定!

バンダイナムコエンターテインメントは、Nintendo Switch用ソフト『ご当地鉄道 for Nintendo Switch!!』を、今冬発売予定であることを明らかにした。

『実況パワフルプロ野球』テレビCM第6弾“大谷翔平”篇公開、ゲーム内には本人監修のイベントキャラ“大谷翔平”が登場

KONAMIは、配信中のスマートフォン向けアプリ『実況パワフルプロ野球』において、テレビCM第6弾“大谷翔平”篇を公開したことを発表した。

『スプラトゥーン2』初の公式大会“第3回スプラトゥーン甲子園”大会詳細が発表、決勝は闘会議2018で開催

ドワンゴとGzブレインは、2018年2月10日(土)、11日(日)に両社が主催する日本最大級の“ユーザー参加型”ゲームイベント“闘会議2018”にて、Nintendo Switch用ソフト『スプラトゥーン2』の公式全国大会“第3回スプラトゥーン甲子園”の決勝大会を開催することを発表した。

対戦弾幕シューティングアクション『旋光の輪舞』シリーズのドラマCDが発売決定

角川ゲームスより、2017年9月7日発売予定のプレイステーション4、Steam(PC)用ソフト『旋光の輪舞2』をより深く楽しむためのドラマCDが登場!