HOME > ニュース > ネクソン、『アラド戦記』をXbox 360向けに共同開発

ネクソン、『アラド戦記』をXbox 360向けに共同開発

ゲーム Xbox 360
オンラインゲーム配信事業を行うネクソンの子会社であるNEXON Korea Corporationは2011年3月24日、グループ会社であるNEOPLE Incと韓国のオンラインゲーム開発会社であるSoftmax、米国マイクロソフトとアクションRPG『アラド戦記』をXbox 360向けに共同開発すると発表した。

●年内のサービス開始を目標

 オンラインゲーム配信事業を行うネクソンの子会社であるNEXON Korea Corporationは2011年3月24日、グループ会社であるNEOPLE Incと韓国のオンラインゲーム開発会社であるSoftmax、米国マイクロソフトとアクションRPG『アラド戦記』をXbox 360向けに共同開発すると発表した。年内のサービス開始を目標としている。以下、詳細をリリースより抜粋する。


 『アラド戦記』の開発会社であるネオプルとコンソールゲームの開発ノウハウを持つSoftmax社が主に共同開発を行い、全世界の流通を含めたマーケティング活動は米国Microsoft社が行う予定です。また、Xbox360向け『アラド戦記』のグローバル展開におけるローカライズは、ネクソンコリアが英語・中国語・韓国語を担当し、米国Microsoft社が日本語・ドイツ語・スペイン語・イタリア語・フランス語を担当する予定です。

 ネクソンのオンラインゲームがXbox360向けのタイトルとしてサービスされるのは今回が初めてであり、今回の開発を通じてマルチプラットフォームへの進出が一段と強化されたことは勿論、自社の優良なコンテンツを全世界のゲームユーザーにお披露目することが可能になりました。

 ネクソンはオンラインを超えたマルチプラットフォームへの進出を目指しており、米国Microsoft社はXbox LIVE Arcadeなど新たなプラットフォームへの進出を積極的に展開しております。この両社間において、長年積みあげて来た開発及びローカライズノウハウを基盤とし、 PCバージョンより更に高い完成度のゲームをお披露目したいと考えております。Xbox360向け『アラド戦記』は、ネットワーク網である ‘Xbox LIVE’を通じてオンライン上でプレイする方式として、既存のサービスと同様にMORPGとして開発され、年内の発売開始を予定しております。

 現在、PCオンラインゲーム『アラド戦記』は、全世界で 2億IDを保有している高い人気のアクションRPGで、中国での最高同時接続者数220万、韓国での最高同時接続者28万を記録するなど、驚異的な記録を次々に更新しています。

 ネクソンは、全世界の多くのユーザーが利用するグローバルプラットフォームを通じ、ネクソンの代表的なコンテンツをグローバル市場に向けてサービス展開することができることを嬉しく思います。今後も、グローバルに展開するオンラインゲームのリーディングカンパニーとして、あらゆるプラットフォームに対応するコンテンツの開発及びサービスを積極的に行い、世界のオンラインゲーム市場の活性化を図って参ります。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

“黒川塾(四十七)”はeスポーツの現状と課題をテーマに関係者が熱く語る eスポーツの明日はどこにあるのか?

2017年5月24日、黒川文雄氏が主催するトークイベント“エンタテインメントの未来を考える会”(黒川塾)の第47回が開催された。その模様を大ボリュームでリポートする。

『ペルソナ5』の怪盗団をイメージしたTシャツ、キャンバスアートなどが受注開始

オリジナルグッズを展開する通販サイト“AMNIBUS”にて、アトラスの人気RPG『ペルソナ5』のアイテムの受注が開始された。

『スプラトゥーン2』ギアブランド“シグレニ”の情報が公開、どんな過酷な環境下でも抜群の機能性を発揮

任天堂は、2017年7月21日発売予定のNintendo Switch用ソフト『スプラトゥーン2』について、同作の公式総合アカウント(@SplatoonJP)にて、ギアブランド“シグレニ”の情報を公開した。

『スカッとゴルフ パンヤ』×『わグルま!』コラボイベントと衣装が登場

2017年5月25日、GMOゲームポットはPC用オンラインゴルフゲーム『スカッとゴルフ パンヤ』においてアップデートを行い、『わグルま!』コラボイベント“ドキドキ魔界のおにぎりパニック”をスタートさせた。

“VRプロレス×大日本プロレス”8月12日後楽園ホール大会のVR化が決定!

『VRプロレス』の企画・制作をしているKlampは、2017年8月12日に東京・後楽園ホールで行われる大日本プロレスの試合をVR化すると発表した。

昭和女子大学とケンタッキーのコラボ企画第3弾“たっぷり野菜のチキンラップ”2種が5月31日より発売

日本ケンタッキー・フライド・チキンは、“食と健康”を学んでいる昭和女子大学の生活科学部健康デザイン学科の学生とのメニュー共同開発の取り組みの第3弾として、新サンドメニュー“たっぷり野菜のチキンラップ”2種を2017年5月31日より店舗限定で発売する。

“ソニーのおもちゃ”が6月1日発表、ティザー映像が公開! 新たなトイ・プラットフォームが誕生か

ソニーのサービスプラットフォーム“First Flight”公式サイトにて、“ソニーのおもちゃ、6/1発表。 ”というティザー映像が公開された。

『三國志13 with パワーアップキット』発売、“英傑伝”でプレイできる新ステージなどのDLCも配信

コーエーテクモゲームスのプレイステーション Vita用ソフト『三國志13 with パワーアップキット』が発売となり、さまざまなダウンロードコンテンツが配信開始となった。

BNEのキャラクターIPと、ドリコムのHTML技術を合わせた新会社“BXD”が設立へ モバイル用ブラウザゲーム、プラットフォームを展開

2017年5月25日、バンダイナムコエンターテインメントとドリコムの共同出資による新会社“BXD”設立に関する発表会が行われた。本稿では、発表会の内容をお届けする。

任天堂のインディーゲーム担当に聞く 「Nintendo Switchに興味を持ってくれるインディーゲームクリエイターは多い」【A 5th of BitSummit】

2017年5月20日、21日に京都市勧業館「みやこめっせ」にて開催されたインディーゲームの一大祭典“A 5th of BitSummit”。同イベントにて、任天堂は昨年に引き続きブースを展開。11本のNintendo Switch用インディーゲームを出展し、大盛況だった。今回、会期中に任天堂のインディーゲームの担当者に取材する機会を得た。