HOME> ニュース> 『アーマード・コア V』他チームの侵攻から領地を守れ

『アーマード・コア V』他チームの侵攻から領地を守れ

ゲーム プレイステーション3 Xbox 360
『アーマード・コア』シリーズが持つ魅力を引き継ぎながら、チームを組んでのオンラインプレイを主体とする、新たな“遊び”を実現した本作。チームでの戦い、領地の奪い合いという、これまでにないバトルがプレイヤーを待ち受ける。

●領地カスタマイズやオペレーターモードを紹介

 『アーマード・コア』シリーズが持つ魅力を引き継ぎながら、チームを組んでのオンラインプレイを主体とする、新たな“遊び”を実現した本作。チームでの戦い、領地の奪い合いという、これまでにないバトルがプレイヤーを待ち受ける。今回は、他チームから領地を守る際に欠かせない、領地カスタマイズの情報からお届けする。

■領地をカスタマイズし、侵攻を阻止せよ!

 チームは最初、領地を持たない状態から始まるのだが、戦いをくり広げて領地を獲得すると、今度は領地を防衛する必要に迫られる。各チームは、敵チームの侵攻に備えて砲台などのオブジェクトを領地内に設置し、領地のカスタマイズを行うのだ。カスタマイズされた領地は迎撃ミッションとして配信され、他チームがいつでもチャレンジできるようになる。カスタマイズで強固な領地を作ろう。

acv01
acv05
acv02
acv03
acv04

■プレイヤーが迎撃することも可能

 侵攻を受けた際にチームメンバーがログインしていれば、直接迎撃することができる。その逆もまた然り。自分のチームが侵攻した際に、プレイヤーに迎撃されることもある。

acv06
acv07

■チームを指揮して勝利へ導け

 ミッションに出撃する場合は、最大5人まで出撃できる。その内のひとりは、オペレーターとしてチームの指揮を執り、アクションとは異なる頭脳スキルを駆使し、チームを勝利へ導くことになるのだ。ここからは、過去の『アーマード・コア』シリーズにはない、新たな要素となる“オペレーターモード”について紹介していく。オペレーターとなったプレイヤーには、専用の画面が用意される。マップ全体を上から見たオペレーターモードの専用画面で、味方の状況や配置、敵の能力や動きなど、戦場の情報を取得。手に入れた情報をもとに、ボイスチャットやマップ上に表示できるマーカーを使って、味方に指示を出そう。作戦を優位に進めるためには、オペレーターの指示が重要だ。

acv08
acv09
acv10
acv11

■スキャンモードで敵を解析

 ミッション出撃中、戦場にいるプレイヤーは、戦闘モードからスキャンモードへと画面を切り換えられる。スキャンモードで敵をスキャンすることで、敵の能力を把握可能だ。また、機体に搭載されている新パーツ“リコン”(小型索敵ユニット)を使えば、リコン周辺の索敵が行える。リコンで取得した情報は、オペレーターへ送信され、仲間と共有できる。

acv12
acv13

▲スキャンして得られる情報は非常に多い。取得した情報をもとに敵との戦いかたを切り換えたり、ボイスチャットを使って仲間と情報を共有し、作戦を有利に進めよう。

■機体パーツの設定画を極秘入手

 一新されたパーツデザインの中から、設定画の一部を公開。各パーツカテゴリには複数の基本コンセプトパーツがあり、性能ごとにデザインが派生していく。

acv16

▲こちらはコアパーツの変遷がわかるデザイン画。重量タイプのコアパーツとなっており、イチバン左のデザインが基本タイプである。右側のデザインには形の違う防御装甲が付けられている。

acv18
acv17

▲頭部パーツのデザイン。左の設定画では、基本デザインから異なる性能のモノに変遷している。

acv15

▲こちらは、キャノンタイプの武器パーツのデザイン画だ。もちろん、武器パーツもデザインが一新されている。

acv21
acv20

▲二脚タイプの脚部パーツデザイン。左のイラストに比べ、右のイラストは装甲が追加されている。

acv19

▲脚部パーツに、多種多様な装甲を追加。どこまで派生するのか?

■次回はストーリーミッションを紹介

 オンラインに接続して仲間たちとチームを組み、領地の奪い合いを行うことになる『アーマード・コア V』。オンライン要素についての情報を詳しく紹介してきたが、つぎの情報公開時には、ストーリーミッションについての情報をお届けしていく予定だ。チーム戦だけではない、ストーリーミッションの充実ぶりを、ぜひともその目で確認してほしい。

acv14
アーマード・コア V
メーカー フロム・ソフトウェア
対応機種
発売日 2011年発売予定
価格 価格未定
ジャンル アクション / SF・ロボット
備考 プレイステーション3版はPlayStation Network対応、Xbox 360版はXbox LIVE対応、プロデューサー:鍋島俊文
(C)2011 NBGI (C)1997-2011 FromSoftware, Inc. All rights reserved. ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』がニンテンドーDSで発売された日。Wi-Fiを利用して交換やバトルがグッと楽になった【今日は何の日?】

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。2006年(平成18年)9月28日は、ニンテンドーDS用ソフト『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』が発売された日。

『グラディウスIII 伝説から神話へ』開発中! 『アーケードアーカイブス』今後リリース予定のタイトル一覧が公開【TGS2020】

2020年9月25日〜27日、ハムスターの公式配信にて、すでに公開中の8タイトルに加え、18タイトルが開発中であることが発表された。

【バイオ8】『バイオハザード ヴィレッジ』を狩野英孝さんが体験。『ヴィレッジ』は棚を倒して敵を足止めしたり、アクション性が増した作品に【TGS2020】

2020年9月23日〜27日に開催中の東京ゲームショウ2020 オンライン(TGS2020 オンライン)。9月27日には、カプコンの番組“CAPCOM TGS LIVE 2020”にて、狩野英孝さんが『バイオハザード ヴィレッジ』をプレイする様子が公開された。

『バイオハザード』オリジナルドラマ『BIOHAZARD:Infinite Darkness』のティザーPVが公開。レオンとクレアの物語がフル3DCGアニメで描かれる

サバイバルホラーゲーム『バイオハザード』シリーズ初となる連続CGドラマが制作決定。Netflixにて2021年に全世界独占配信される。

『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』公式生放送リポート。『クロスブレイド』10/22稼動開始&『魂の絆』のさらなる詳細が明らかに【TGS2020】

2020年9月27日、“SQUARE ENIX PRESENTS at TGS 2020 Online”で対戦カードアーケードゲーム『ドラゴンクエスト ダイの大冒険 クロスブレイド』と、スマートフォン向けの爽快“大爆進”RPG『ドラゴンクエスト ダイの大冒険-魂の絆-』の最新情報が公開された。

『リトルナイトメア2』日本で初めての同作のゲーム実況で、人気YouTuberも思わず絶叫【TGS2020】

東京ゲームショウ2020 オンライン最終日となる9月27日に、“バンダイナムコエンターテインメントPresents TGS2020 ONLINE バンナム8時間TV”にて、“ホラーナイト:「リトルナイトメア2」ゲーム紹介&実況スペシャル”が配信された。その模様をお届けしよう。

『DMC5』超絶クオリティのダンテ1/2スケールスタチューが登場。カプコンカフェ イオンレイクタウン店でコラボ開催決定【TGS2020】

東京ゲームショウ2020 オンライン(TGS2020 オンライン)で9月27日に配信されたカプコンの番組“CAPCOM TGS LIVE 2020”で『デビル メイ クライ 5』関連の最新情報が公開された。

『バイオハザード』シリーズ初の連続CGドラマ『BIOHAZARD:Infinite Darkness』がNetflixで2021年に配信決定! レオンとクレアの物語が描かれる【TGS2020】

2020年9月23日〜27日に開催中の東京ゲームショウ2020 オンライン(TGS2020 オンライン)。9月27日には、カプコンの番組“CAPCOM TGS LIVE 2020”で『バイオハザード』シリーズ初の連続CGドラマ『BIOHAZARD:Infinite Darkness』がNetflixで2021年に独占配信されることが発表。

『バブルボブル4 フレンズ すかるもんすたの逆襲』&『ダライアス コズミックリベレーション』世界初の実機プレイでその魅力に迫る。公式生配信の模様をリポート【GLJ2020】

“GAME LIVE JAPAN 2020”の公式生配信において、タイトーより2020年11月19日発売予定の『バブルボブル 4 フレンズ すかるもんすたの逆襲』と、今冬発売予定の『ダライアス コズミックリベレーション』が実機プレイとともに紹介された。その模様をリポート!