HOME> ニュース> 『Halo(ヘイロー): Reach』をワンランク上のゲームに押し上げた効率化とエフェクトとは?【GDC 2011】

『Halo(ヘイロー): Reach』をワンランク上のゲームに押し上げた効率化とエフェクトとは?【GDC 2011】

ゲーム Xbox 360
開発会社バンジーにとってシリーズの集大成”として位置付けられていたマイクロソフトのXbox 360用ソフト『Halo(ヘイロー): Reach』。同作の凄みの一端をうかがい知ることができるふたつの講義が、GDC 2011の開催最終日にあたる2011年3月4日に行われた。

●効率化とエフェクトに迫る

 2011年2月28日〜3月4日、アメリカ、サンフランシスコのモスコーニセンターにて、GDC(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス)2011が開催。世界中のゲームクリエイターによる、世界最大規模の技術交流カンファレンスの模様を、ファミ通.comでは総力リポートでお届けする。

 開発会社バンジーにとって“『Halo(ヘイロー)』シリーズの集大成”として位置付けられていたマイクロソフトのXbox 360用ソフト『Halo(ヘイロー): Reach』。同作の凄みの一端をうかがい知ることができるふたつの講義が、GDC 2011の開催最終日にあたる2011年3月4日に行われた

DSC_7606

▲バンジーのシャイ・ワン氏。

 まずは、バンジーのシニアエンジニア、シャイ・ワン氏による“Automated Level of Detail Generation for HALO REACH”で、ここで取り上げられた“レベル・オブ・ディテール(LoD)”とは、遠方に表示されるオブジェクトのポリゴン数を削ったり、テクスチャを簡略化すること。『Halo(ヘイロー): Reach』では、距離に応じてその詳細さを自動生成できるようにした。プレイヤーの遠方にあって見えないものを詳細に描写しても意味がないという発想だ。“LoD”は『Halo(ヘイロー)』三部作や『Halo 3(ヘイロー3):ODST』には搭載されていなかったが、『Halo 3(ヘイロー3)』や『Halo 3(ヘイロー3):ODST』から『Halo(ヘイロー): Reach』を開発するにあたって、さらにクオリティーを挙げるために、どこかで効率化を図らないといけない……という試行錯誤の中で生まれたものだ。この“LoD”は、動きのある敵のみならず、岩などの動かないものにも適用される。これにより、作業の効率化が大幅に図られたとのことだ。

DSC_7602
DSC_7611
DSC_7615

▲“Imposter”本来には偽りの見せかけをする人”といった意味あいがあるようだ。ほかの部分に労力を割くためには、こういった効率化が不可欠だった。

DSC_7617
DSC_7629
DSC_7641

▲プレイヤーは遠方では簡略化された敵と戦う。

DSC_7685
DSC_7690
DSC_7698

▲背景なども遠方にいくに従い簡略化が図られていくことに。

DSC_7699

▲“LoD”の導入により大きな効率化が図られたという。

DSC_7711

▲クリス・トチョウ氏。

 一方のバンジーのグラフィック担当クリス・トチョウ氏による“HALO: REACH Effects Tech”はエフェクトがテーマ。『Halo(ヘイロー): Reach』におけるエフェクトの目標は“雰囲気に富んでいる”、“高密度で直感的”、“美しい”、“使いやすい”、“速い”の5つにあったとするキチョウ氏は試行錯誤のうえにいくつかのグラフィックテクニックにたどり着く。また、シールドのエフェクトは『Halo 3(ヘイロー3)』から、“キャラクターを隠さない”、“中の状況がわかる”などの方針を立てたという。

 そのほか、低解像度の透明レンダリングによってかすんだような感じになる。これを高解像度の透明レンダリングと効果的に混ぜることで、効果的なエフェクトが生まれる……など、さまざまなアイデアを駆使した。そうしたひとつひとつの地道な積み重ねの上に、『Halo(ヘイロー): Reach』の密度のある世界観は構築されたのだ。

DSC_7717
DSC_7724

▲『Halo(ヘイロー): Reach』のエフェクトの指針となったのは、“雰囲気に富んだ”、“高密度/直感的”、“うまい”、“使いやすい”、“速い”の5つ。

▲テクノロジーの方向性も立てられた。

DSC_7787
DSC_7791
DSC_7795
DSC_7800

▲シールド制作にあたっての方針も立てられた。

DSC_7810
DSC_7814

▲“カスタムエッジフェード”を調整することで、いろいろなエフェクトを与えることができる。

DSC_7823
DSC_7831
DSC_7840

▲世界観を構築するためのさまざまなエフェクトが考え出された。

DSC_7844
DSC_7919

▲「作り手は何をしたいのか?」。それを突き詰めた努力の先に成果がある。もちろん、技術の裏打ちは必要ではあるが……。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『ストV AE』はときど、ふ〜ど、板橋ザンギエフを含む有力候補たちがウィナーズでDAY2に進出。『KOF XIV』は決勝トーナメントのメンバーが決定【EVO Japan 2019】

2019年2月15日、福岡県の福岡国際センターにて、格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVO Japan 2019”のDAY1が実施された。

『ファークライ ニュードーン』プレイレビュー! あの“終末”から17年後を描くまさかの新作は、ポストアポカリプスに新たな文脈を加えた意欲作

ユービーアイソフトより2019年2月15日に発売された『ファークライ ニュードーン』。『ファークライ5』の17年後を舞台にした本作の“刺激”をレビューしていこう。

アプリ『プリンセスコネクト!Re:Dive』のテレビアニメ化が決定! 制作は『マナリアフレンズ』などを手掛けるCygamesPicturesが担当

サイゲームスより配信中のスマートフォン向けアプリ『プリンセスコネクト!Re:Dive』のテレビアニメ化が決定。

アニメ『ペルソナ5』で主人公たちが通う秀尽学園高校のジャージを商品化! こだわりの再現度を見よ

アニメ『ペルソナ5』より、主人公たちが通う秀尽学園高校のジャージを再現したアイテムが登場。アトラスDショップにて現在予約受付中。

原由実さん&原紗友里さんが『オーバークック2』とVRホラーゲーム『ホラー SENSE』を遊ぶ! ニコ生特番が2019年2月17日(日)20時より放送

『原由実の○○放送局 大盛』の特番が、2019年2月17日(日)20時より、ニコニコ生放送にてスタート。

ミンゴスが『ドラゴンクエストビルダーズ2』に挑戦する『今井麻美のニコニコSSG』特番が2019年2月16日(土)19時から配信!

2019年2月16日(土)19時より『今井麻美のニコニコSSG』の特番を配信決定。今回は、ミンゴスがリスナーさんといっしょに『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』をプレイします。

『デビル メイ クライ 5』発売前夜イベント“SSS Devil Night”開催決定! イベント参加者の募集を開始

『デビル メイ クライ 5』発売前夜イベント“SSS Devil Night”の開催が決定した。

ネタバレ注意! 『キングダム ハーツIII』最強キーブレードを入手しよう

『キングダム ハーツIII』に登場する最強のキーブレードの入手方法を紹介。これを入手すれば、あの敵も楽勝!?

『メトロ エクソダス』攻略情報! 過酷な世界を生き延びるために役立つ知識を伝授

2019年2月15日に発売された『メトロ エクソダス』で覚えておくべきテクニックをお伝えする。