HOME> ニュース> 明日のカルト作品? 『レッド シーズ プロファイル』のゲームデザイン【GDC 2011】

明日のカルト作品? 『レッド シーズ プロファイル』のゲームデザイン【GDC 2011】

ゲーム Xbox 360 プレイステーション3
GDC2011で、『レッド シーズ プロファイル』のゲームデザインについてディレクターのSWERY氏が語った。

●いかにしてプレイヤーを引き込むか?

DSCF2576

 2011年2月28日〜3月4日、アメリカ、サンフランシスコのモスコーニセンターにて、GDC(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス)2011が開催。世界中のゲームクリエイターによる、世界最大規模の技術交流カンファレンスの模様を、ファミ通.comでは総力リポートでお届けする。

 「時代遅れのグラフィックに、ひどい操作系」。これはGAMESPOTが『レッド シーズ プロファイル』について書いた文章。どれだけ酷評したのかって? とんでもない。これは本作を“Most Surprisingly Good Game(2010年の予想以上に良かったゲーム)”に選出して表彰した際のコメントの一部なのだ。だからこう続く。「だが、同時にすばらしい。思い切ったストーリーや忘れられないシーンの数々。それらがこのゲームにあるとは、誰が予測しただろうか?」。

 ストーリーやキャラクター“には”惹き込まれるものがあるという評価は、欧米の複数のゲームメディアが認めるところでもある。GDC開催4日目となる3月3日に行われた、本作のディレクターであるアクセスゲームズのSWERY氏による講演は、さまざまなゲームメディアの記者が本作の魅力を口々に語るビデオから始まった。

DSCF2563
DSCF2564
DSCF2565

 講演は、本作のゲームデザインにおいて重視された7つのポイントに沿って行われた。まずは“ゲームの外側と共鳴させろ!”。キャラクターとプレイヤーがシンクロするような表現をちりばめてあるのだという。キャラクターが何度もタバコを吸うのを見ているあいだに、タバコを吸いたくなれば儲けもの。でもゲーム中で“コーヒー占い”をした人は、コーヒーを飲む際に思わずカップを覗き込んでしまうかもしれないし、ゲーム中に出てきた映画を見かけた際に、ゲームのことも思い出すというのはありそうだ。

DSCF2577
DSCF2579

 ポイント2は“ゲームプレイの自由はタイミングの自由”。がんじがらめの物語を遊ぶことを強制させることは避けたい。オープンワールドのゲームではマルチエンディング、サイドクエストで自由度を感じさせるのではなく、途中でやめることをシステム的に組み込んで、心変わりを許容した。またクエスト失敗すると普通のゲームなら怒られるが、本作ではプレイヤーの行動(選択)を支持してくれる。さらに登場人物が「いつでもいいんだ」と語りかける。いつでもプレイを強制しないこと。行動を100%肯定して、自由にプレイしていいんだと思わせることで、ゲームへの協調性を高め、逆に思った行動を取ってくれることを狙っているのだとか。

DSCF2584
DSCF2585
DSCF2586

 そして、ストーリーも重要だが、ゲーム世界や登場人物もおなじぐらい重視するというのがポイント3。オープンワールド型のゲームを手掛けたことがあまりなかったことで、「プレイヤーがそこに居続けるあいだ、街が動き続けることが大事」と思ったとのことで、マップやキャラクターのディテールに注力したとのこと。

DSCF2589
DSCF2590

 クエストの構成は、海外ドラマなどで使われるクリフハンガー方式を採用。「物語の続きよりもエンディングが気になるゲームは終わっている」として、クエストの終了とともにプレイヤーの注意が離れてしまわないよう、次の展開(謎)をすぐに入れる“承転結起”の構成にすることで、ストーリーと興味がうまく回転していくようにしている。これがポイント4だ。

DSCF2594

 また、ポイント5として「キャラクターの名前が覚えられないのはクソゲーだ」と、キャラクターのディテールにもコダワリが。さまざまな要素を書きだして、履歴書を書いてみることで立体感を出すほか、決め台詞とか仕草を入れておいたり、いいところだけではなく嫌なところも必ず入れて、キャラが立つようにしているそうだ。

 となれば次はセリフ。「何を話したか覚えていないゲームはだめだ」ということで、ボイス収録を重視。英語音声の場合でも、洋楽のバンドなどを例示してトーンのイメージを指示したそう。ちなみにヨーク捜査官のセリフは「リバプールサウンドとブリティッシュ・インベイジョン」のイメージなんだとか。

DSCF2596
DSCF2597
DSCF2598

 ラストとなるポイント7は「あなたのアイデアはどんどん使ってください」ということ。意味がなくてもとにかく盛り込んでおくこと。コレは記者の主観だが、ゲームに限らず、カルト作品と呼ばれるものは、多かれ少なかれこういった性格を持っている。

 もちろん、メジャーなタイトルなら適用できない部分もあるだろう。すべてが狙い通りに成功したかも検証が必要だ。だが事実として、遊んだ人の一部を確かに惹きつけたのは間違いないようだ。講演の終了後、次回作への質問がいくつか飛んだかと思えば、受講者のいくらかは記念写真やサインを求めて列をなしていたのだから。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『レゴ ニンジャゴー ムービー ザ・ゲーム』はバトルアクションにこだわりつつ、『レゴ』ゲームのさらに進化した形を追求【TGS2017】

ワーナー ブラザース ジャパンが東京ゲームショウの会期に合わせてメディアセッションを開催するのはすっかりおなじみ。ここでは、『レゴ ニンジャゴー ムービー ザ・ゲーム』のプレゼンの模様をお届けしよう。

『SAO フェイタル・バレット』の発売日や、スマホ新作『SAO インテグラル・ファクター』の発表も! “ソードアート・オンラインゲームLIVE”ステージリポート【TGS2017】

東京ゲームショウ2017のバンダイナムコエンターテインメントブースにて行われた、『ソードアート・オンライン』のゲームに関するステージ“ソードアート・オンラインゲームLIVE in TGS2017”のリポートをお届け。

ウォーゲーミング新作『Total War: ARENA』の魅力とは? 4人がかりでみっちりプレゼンを受けた【TGS2017】

東京ゲームショウ2017の会期中、Wargamingの新作『Total War:ARENA』について開発チームから解説していただいた。本作の魅力とプレイフィールが伝わってきた、プレゼンテーションの内容をお届けする。

『PSO2』大型アップデート“EPISODE 5”に対する大規模なバランス調整が発表!【TGS2017】

2017年9月21日(木)から4日間にわたり、千葉の幕張メッセで開催されている東京ゲームショウ2017。セガブースでは、22日と23日に、オンラインゲーム『ファンタシースターオンライン2』ステージイベントが実施された。

『CIRCLET PRINCESS』本邦初公開の情報盛りだくさんのステージをリポート【TGS2017】

2017年9月21日(木)から9月24日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2017(21日・22日はビジネスデイ)。23日のDMM GAMESブースにて、『CIRCLET PRINCESS』の“CIRCLET PRINCESS TGS初公開ステージ”が行われた。ここではその模様をお届けしていく。

『アイドルマスター』のキャスト陣がゲーム対決! 新曲『ToP!!!!!!!!!!!!!』のライブ初披露も行われたイベントをリポート【TGS2017】

2017年9月21日(木)から9月24日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2017(21日・22日はビジネスデイ)。一般公開日初日となる23日に主催社ステージにて行われた『アイドルマスター』シリーズのステージイベント“IM@S GAME SHOW 2017”のリポートをお届けする。

『龍が如く 極2』のテーマ曲を手がけるSiMが桐生の新曲に挑戦!? 『北斗が如く』『龍が如く ONLINE』の最新情報も【TGS2017】

千葉・幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ2017(21日・22日はビジネスデイ)にて、2日目に行われた“「龍が如くスタジオ」スペシャルステージ”のもようをレポート。

『真・三國無双8』のスペシャルステージで、小野坂昌也と伊藤かな恵がオープンワールドの広さと感激しつつ妙技を披露【TGS2017】

コーエーテクモゲームスブースにて、『真・三國無双8』スペシャルステージが行われ、小野坂昌也と伊藤かな恵が実機によるデモプレイを披露。

SIEJA盛田厚氏に聞く、PSの現状と今後「ハードの普及とソフトの充実が進み、意欲作が生まれる土壌ができた」【TGS2017】

東京ゲームショウ開幕後に行った、SIEJA盛田厚プレジデントのインタビューをお届け。プレイステーションプラットフォームの現状や、今後の展望についてうかがった。

ゲームのデジタル販売は今後ますます拡大! そのメリットと課題とは【TGS2017】

千葉・幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ2017(21日・22日はビジネスデイ)にて、初日に行われたグローバル・ゲーム・ビジネス・サミット“ゲームのデジタル流通”の模様をレポート。