HOME> ニュース> NGPは開発者たちのクリエイティビティーを刺激せずにはおかないハード【GDC 2011】

NGPは開発者たちのクリエイティビティーを刺激せずにはおかないハード【GDC 2011】


GDCの講演で、世界中のクリエイターに向けてNGPがお披露目された。ふんだんにデモなども盛り込まれた講演に、聴講者たちの目も輝く。

●『アンチャーテッド』やAR(拡張現実)など、ふんだんにデモを披露

 2011年2月28日〜3月4日、アメリカ、サンフランシスコのモスコーニセンターにて、GDC(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス)2011が開催。世界中のゲームクリエイターによる、世界最大規模の技術交流カンファレンスの模様を、ファミ通.comでは総力リポートでお届けする。

DSC_5822

▲デヴィット・コームブス氏

 つい先日発表されたばかりのソニー・コンピュータエンタテインメントによる次世代携帯ゲーム機NGP。そのNGPの開発者へのお披露目といった趣きとなったセッションが、ソニー・コンピュータエンタテインメントアメリカのデヴィット・コームブス氏らにより2011年3月2日に行われた“Next Generation Portable Platform”だ。

  講演では、プレイステーション・ポータブル(PSP)やプレイステーション3との比較などを通して、NGPのマシンスペックが説明された。やはりもっともアピールされたのはNGPの新機能。NGPでは、ボタンに加えタッチパッドでの操作が可能になるが、「両方ともに利点がありますね」とコームブス氏。ボタンは画面を見なくても正確に反応するので、ターンやジャンプ、歩行などに向いており、タッチパッドは直感的に操作できるので、フィールドをナビゲートするといったことに向いている。それぞれの強みを活かしたゲーム開発ができるということだろう。NGPのタッチパッドはマルチタップで、インプットの強弱を認識できるのが大きな特徴。さらに背面タッチパッドは、画面の邪魔にならないぶん、眼に見える合図が必要とのことだ。タッチパネルに関しては、「手のサイズや左利き対応などが課題です」(コームブス氏)なのだそうだ。

DSC_5728
DSC_5737
DSC_5789
DSC_5793
DSC_5767
DSC_5781
DSC_5784

▲講演では、NGPのポテンシャルを推し量るためのデモも実施された。まず行われたのはビッグビッグスタジオのシニアデザイナー、ジャスティン・クック氏による『Little Deviants』のデモ。背面タッチパッドを使って操作する本作。ゲーム自体はボールのキャラを動かしていくというものだが、動かすのは地面。まさに背面タッチパッドならではの1作と言えるだろう。

 また、カメラは前面と背面に搭載。前面のカメラは“パッシブカメラ”、背面のカメラは“アクティブカメラ”と呼ばれており、“パッシブカメラ”はプレイヤーが自分で撮影した自分の顔写真をゲーム中で使用するといったことが可能。一方の“アクティブカメラ”はいま流行りのAR(拡張現実)的な使いかたができる。講演では、ソニー・コンピュータエンタテインメントのソフトウェア ソリューション デベロップメント デパートメントの堀川勉氏がARのデモを披露した。まずデモを見せてくれたのは、『フリフリ!サルゲッチュ』のパッケージをカメラで写すと、NGPのモニター上にピポサルが出現するというもの。さらに、床に置かれたポスターのようなものを背面のカメラで読み込ませると、スクリーン上に巨大な恐竜が出現。会場からは大きな歓声が湧いた。

DSC_5827
DSC_5828
DSC_5833
DSC_5855
DSC_5869
DSC_5882
DSC_5888
DSC_5896
DSC_5968

 最後に行われたのは、フォスターシティスタジオのシニアスタッフプロデューサー、フランク・サイモン氏による『アンチャーテッド』のデモ。タッチパッドを叩いてキャラをジャンプさせたり……といったデモが披露された。さらには、視点を変えてのFPS(一人称視点シューティング)的な遊びかたや、スクラッチの容量でタッチパッドをこすると隠れていた紋章が浮き上がるといった遊びかたも紹介されており、NGPによりゲームプレイの幅が相当広がるとの印象だ。NGPのプレゼンは、開発者たちのクリエイティビティーを大いに刺激したのでは?

DSC_5927
DSC_5962
DSC_5975
DSC_5979
DSC_5988
DSC_5996
DSC_5999

▲まとめとして、「これまででもっともすぐれた携帯ゲーム機」などといった文字が(左)。「The power is now in your hands」のメッセージが最後にクリエイターに贈られた。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『ストV AE』はときど、ふ〜ど、板橋ザンギエフを含む有力候補たちがウィナーズでDAY2に進出。『KOF XIV』は決勝トーナメントのメンバーが決定【EVO Japan 2019】

2019年2月15日、福岡県の福岡国際センターにて、格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVO Japan 2019”のDAY1が実施された。

『ファークライ ニュードーン』プレイレビュー! あの“終末”から17年後を描くまさかの新作は、ポストアポカリプスに新たな文脈を加えた意欲作

ユービーアイソフトより2019年2月15日に発売された『ファークライ ニュードーン』。『ファークライ5』の17年後を舞台にした本作の“刺激”をレビューしていこう。

アプリ『プリンセスコネクト!Re:Dive』のテレビアニメ化が決定! 制作は『マナリアフレンズ』などを手掛けるCygamesPicturesが担当

サイゲームスより配信中のスマートフォン向けアプリ『プリンセスコネクト!Re:Dive』のテレビアニメ化が決定。

アニメ『ペルソナ5』で主人公たちが通う秀尽学園高校のジャージを商品化! こだわりの再現度を見よ

アニメ『ペルソナ5』より、主人公たちが通う秀尽学園高校のジャージを再現したアイテムが登場。アトラスDショップにて現在予約受付中。

原由実さん&原紗友里さんが『オーバークック2』とVRホラーゲーム『ホラー SENSE』を遊ぶ! ニコ生特番が2019年2月17日(日)20時より放送

『原由実の○○放送局 大盛』の特番が、2019年2月17日(日)20時より、ニコニコ生放送にてスタート。

ミンゴスが『ドラゴンクエストビルダーズ2』に挑戦する『今井麻美のニコニコSSG』特番が2019年2月16日(土)19時から配信!

2019年2月16日(土)19時より『今井麻美のニコニコSSG』の特番を配信決定。今回は、ミンゴスがリスナーさんといっしょに『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』をプレイします。

『デビル メイ クライ 5』発売前夜イベント“SSS Devil Night”開催決定! イベント参加者の募集を開始

『デビル メイ クライ 5』発売前夜イベント“SSS Devil Night”の開催が決定した。

ネタバレ注意! 『キングダム ハーツIII』最強キーブレードを入手しよう

『キングダム ハーツIII』に登場する最強のキーブレードの入手方法を紹介。これを入手すれば、あの敵も楽勝!?

『メトロ エクソダス』攻略情報! 過酷な世界を生き延びるために役立つ知識を伝授

2019年2月15日に発売された『メトロ エクソダス』で覚えておくべきテクニックをお伝えする。