HOME> ニュース> 『ファンタシースターポータブル2 インフィニティ』プレイインプレッション

『ファンタシースターポータブル2 インフィニティ』プレイインプレッション

ゲーム PSP インプレッション
2011年2月24日に発売となるプレイステーション・ポータブル用RPG『ファンタシースターポータブル2 インフィニティ』。『ファンタシースターオンライン』10周年記念作品となる本作のプレイインプレッションをお届けする。

psp2_logo

●体験版の配信から1ヵ月半。いよいよ本格始動

 2011年1月11日から配信を開始したスペシャル体験版でストーリーモードの序盤やレベル100までのレベル上げなどを体験できていたが、発売日を迎えるとやはりテンションが上がる! さっそく製品版のリトルウィングへ降り立ったので、その模様をお伝えしていく。

●敷居の高さを感じさせない丁寧な作り

 『ファンタシースター』シリーズをプレイしたことがない人の中には、「何か固有名詞が多いし、難しそう……」と、敷居の高さを感じている人がいるのではないだろうか? 僕も前作『ファンタシースターポータブル2』をプレイし始めたとき、「タイプLVって何?」、「ダム・グランツって?」と、わからない単語だらけで不安を感じていたので、食わず嫌いを起こす人の気持ちもよくわかる。でも、実際にプレイしてみれば、シリーズ初心者にとてもやさしい作りになっていることに気付くはず。その理由は、チュートリアル機能が充実していることが挙げられる。それも、単に説明項目が並んでいるようなチュートリアルではなく、バトル中の基本操作からオンラインでのチャットにいたるまで、任務を楽しみながら覚えられるのだ。お金や初期のミッションで役立つ装備などが報酬でもらえるので、チュートリアルを“やらされている感”はまったく感じない。ストーリーミッションの序盤で基本操作を教えてくれるあたりも親切だと思う。

psp2_01

●ボリュームは前作の1.5倍以上! グイグイ惹き込まれるストーリー

 ひとりでじっくり遊べるストーリーモードには、前作にも収録されていた“エピソード1”に加え、エピソード1クリアー後の物語が描かれる“エピソード2”、さらに数々のサイドストーリーが追加されている。僕は前作をクリアー済みだったが、新種族“デューマン”でイチから始めたので、データ的にはどちらのエピソードも未クリアーな状態。そこで、エピソード1と2を交互に進めることにした。こうすることで、1年前に体験したストーリーを思い出しつつ、新たなエピソードを堪能できると思ったからだ。このように、自由なプレイスタイルで遊べることも本作の魅力だろう。

psp2_02

 エピソード2の物語は、“ナギサ”という名の少女を中心に展開されていく。ナギサはエピソード2で初めて登場し、出生や生い立ちなどは一切謎の存在だ。ところかまわず抜刀して暴れまくるという世間知らずなナギサが、徐々に主人公一行と打ち解けていく様子はプレイヤーを飽きさせない。ちなみに、イベント中には選択肢が出ることがあり、プレイヤーがどの回答を選ぶかによって結末が変化するようだ。

●やり込み要素も無限大! インフィニティミッション

 新要素のひとつであるインフィニティミッションは、“ミッションコード”と呼ばれるアイテムを拾うことで、新たなミッションに挑戦できるというもの。そのミッションをクリアーすると、さらに新たなミッションコードを入手できることもあり、文字通り無限のミッションを創り出せるというわけだ。これらのミッションは、レベル上げやお金稼ぎに利用したり、アイテム探しに活用したり……と、さまざまな遊びが楽しめる。そして、インフィニティミッション最大の特徴は、ふたつのミッションコードを合成して、任意のミッションコードを生み出せるということ。つまり、“経験値を稼ぎやすいミッション”と、“ドラゴンが登場するミッション”を合成すると、“経験値が稼ぎやすく、ドラゴンが登場するミッション”を創り出せるというわけ。ミッションの配合をくり返していけば、最終的にいいことづくめのミッションが完成するはずだ。さらに、ミッションコードは“フレンドサーチ”と呼ばれる機能で周囲のプレイヤーに配ったり、オンラインでほかのプレイヤーと交換することもできる。手塩にかけて創り上げたミッションコードをフレンドどうしで持ち寄って冒険したり、互いのミッションコードを掛け合わせてさらに新しいミッションコードを生み出す……など、できることはまさに無限大だ。ミッションコードの発見者の名前は記録されるので、レアアイテムが出やすいミッションを配りまくれば「ででおっていう人のミッション、すげえ便利だな」と、ちょっとした話題になるかも!?

psp2_03
psp2_04

●RPGの醍醐味が詰め込まれた究極の1本

 ほかにも、何度でもレベル上げを楽しめる“転生”システムや、全国のプレイヤーといっしょに冒険できるインターネットマルチモードなど、本作の魅力は語り切れないほどある。「無人島にゲームを1本だけ持っていけるとしたら何にする?」と聞かれたら、間違いなく「『ファンタシースターポータブル2 インフィニティ』。あと無線LANの環境も!」と答えたい。これを読んでいる皆さんも、ぜひ本作の深さを味わってほしい。

■筆者紹介 ででお

週刊ファミ通編集部の編集者。“ででお02”という名前でデューマンを育成している。得意な武器はツインハンドガン。

ファンタシースターポータブル2 インフィニティ
メーカー セガ
対応機種 PSP(プレイステーション・ポータブル)
発売日 2011年2月24日発売
価格 5040円[税込]
ジャンル RPG / SF・ファンタジー
備考 無線LAN機能(アドホックモード、インフラストラクチャーモード)対応、
PS Store ダウンロード版は4500円[税込]、プレミアムボックスは8379円[税込]、
プロデューサー:酒井智史 シニアディレクター:寺田貴治 ディレクター:菅沼 裕
(C)SEGA

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

伝説の怪盗“ゾロ”の活躍を描く『ゾロ ザ クロニクルズ』が8月4日にSwitch/PS5/PS4で発売。痛快なアクションで悪者に挑むアクションADV

2022年5月19日(木)、サングーは、世界中で愛される人気ヒーロー“ゾロ”が主人公となるアクションアドベンチャー『ゾロ ザ クロニクルズ』をNintendo Switch(パッケージ/ダウンロード版)、プレイステーション5/プレイステーション4(ダウンロード版のみ)で2022年8月4日に発売することを発表した。

『プチコン4 SmileBASIC』が50%オフとなる超お買い得なセールが開催中。Switchで本格的なゲーム作りが楽しめるプログラミングソフト

2022年5月18日、スマイルブームは、Nintendo Switch用ソフト『プチコン4 SmileBASIC』が50%オフとなるセールを、2022年5月19日から5月30日までの期間、開催することを発表した。

DS版『脳トレ』が発売された日。脳年齢チェックで一喜一憂、世界で1900万本以上のヒットを記録して大ブームとなった脳の活性化ソフト【今日は何の日?】

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。いまから17年前の2005年(平成17年)5月19日は、ニンテンドーDS用『東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング』が発売された日。

『FF7』25周年関連の続報は6月上旬に公開予定。『FF7 リメイク』や『FF7 エバークライシス』の続報に期待が高まる

『ファイナルファンタジーVII』25周年記念の新情報の公開時期が決定。『FFVII リメイク』やスマホ『FFVII エバークライシス』に関する情報が登場するか?

『ドラゴンボールマンチョコ超』第2弾が5月24日より東日本で先行発売。シールは新作映画のキャラを書き下ろした全24種で、シークレットはビックリマンとのコラボVer.

ロッテは、『ドラゴンボール』と『ビックリマン』のコラボ商品『ドラゴンボールマンチョコ超』第2弾を2022年5月24日(火)より東日本で先行販売する。パッケージは2種類、描き下しのコレクターシールは全24種。

『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オフライン』最新情報。役立つアイテムを作り出す“れんきんがま”のシステムと希少な魔物“転生モンスター”を紹介!

スクウェア・エニックスより2022年夏発売予定の『ドラクエ10 目覚めし五つの種族 オフライン』。今回は冒険に役立つアイテムが作り出せる“れんきんがま”のシステムと、希少な魔物ながら倒すと貴重なアイテムを入手できる”転生モンスター”を紹介。

『FF11』20周年記念特集! 『フェアリーフェンサー エフ Refrain Chord』や『冤罪執行遊戯ユルキル』など注目情報が満載(2022年5月19日発売号)【今週の週刊ファミ通】

本日(2022年5月19日)発売の週刊ファミ通2022年6月2日号 No.1746は、2002年5月16日に『ファイナルファンタジー』シリーズ初のオンラインタイトルとして発売された『ファイナルファンタジーXI』の20周年を記念した“『ファイナルファンタジーXI』20周年記念特集”を掲載。

小説『TOKYOHEAD NONFIX』が5月27日に発売。大塚ギチ氏が行ったインタビューをもとに90年代〜現在の『バーチャファイター』シーンの変遷を描く

2022年5月27日(金)、INHは格闘ゲーマーの生き様を描いた小説『TOKYOHEAD NONFIX』が発売する。故・大塚ギチ氏の資料をもとに1990年代〜現在のアーケードシーンが描かれている。

PS5/PS4向け多人数参加型サバイバルACT『DEATHVERSE:LET IT DIE』のオープンベータテストが開催決定。本日よりPS Storeでクライアントがダウンロード可能

2022年5月18日(水)、ガンホー・オンライン・エンターテイメントとスーパートリック・ゲームズより発売予定のプレイステーション5/プレイステーション4『DEATHVERSE:LET IT DIE』について、オープンベータテスト“Limited Time Open Beta: Destroy the server!”が期間限定で開催されることが発表された。